2019年06月14日

<ロイヤル・ガラ>全上演作品、配役決定。/他

<ロイヤル・ガラ>の詳細が出ました。
3つのパ・ド・ドゥが予定されていた『マノン』は、第1幕のパ・ド・ドゥのみに。『白鳥の湖』は『オンディーヌ』に変更。『三人姉妹』は全編上演することになったそうです。予定されていたウィールドン、マクレガー、スカーレットの作品は、なくなったみたいですね。ワトソンとコラレスと『眠り』の4人の王子には後ろ髪を引かれますが、今回は見に行かない予定です。

英国ロイヤル・バレエ団2019年日本公演
<ロイヤル・ガラ> ープログラムと主な配役ー

『三人姉妹』(ケスネ・マクミラン振付) 全編上演
6月29日(土)
  サラ・ラム、ワディム・ムンタギロフ、ヤスミン・ナグディ、イツィアール・メディンザバル
6月30日(日)
  ラウラ・モレーラ、平野亮一、ヤスミン・ナグディ、クレア・カルヴァート

<マーゴ・フォンテインに捧ぐ>より
『眠れる森の美女』よりWローズ・アダージオW(マリウス・プティパ振付)
6月29日(土)・30日(日)
  マリアネラ・ヌニェス
  ギャリー・エイヴィス、ニーマイア・キッシュ、トーマス・ホワイトヘッド、ニコル・エドモンズ

『マノン』より第1幕のパ・ド・ドゥ(ケスネ・マクミラン振付)
6月29日(土)
  ラウラ・モレーラ、平野亮一
6月30日(日)
  ローレン・カスバートソン、ワディム・ムンタギロフ

『オンディーヌ』よりパ・ド・ドゥ(フレデリック・アシュトン振付)
6月29日(土)・30日(日)
  フランチェスカ・ヘイワード、エドワード・ワトソン

『ロミオとジュリエット』より第1幕のパ・ド・ドゥ(ケスネ・マクミラン振付)
6月29日(土)・30日(日)
  ナターリヤ・オシポワ、セザール・コラレス

『シンフォニー・イン・C』(ジョージ・バランシン振付)
6月29日(土)
  金子扶生、マリアネラ・ヌニェス、崔由姫、ヤスミン・ナグディ
  マシュー・ボール、平野亮一、アレクサンダー・キャンベル、ヴァレンティノ・ズケッティ
6月30日(日)
  金子扶生、サラ・ラム、マヤラ・マグリ、フランチェスカ・ヘイワード
  マシュー・ボール、リース・クラーク、マルセリーノ・サンベ、アクリ瑠嘉

→ NBS

ロイヤルとは全然関係ないんですが、今日はキエフ・バレエの先行発売の日でした。今日発売の東京公演は各種セット券のみで、単券の発売は8月上旬とのこと。全国公演の単券発売が今日、14日(金)からでした。仕事前にサクッと確保。神奈川のSS席を取ろうと思ったら、センターブロックしか出てこなかったので、もしやと思ってS席にランクを下げたら、サイドブロックは最前列から全てS席でした。S席だけ割引もあるし、サイドブロックでも問題ないので、S席に変更。落ち着いてからよく見たら、「SS席は6〜22列の中央ブロックとなります」とちゃんと書いてくれてました(苦笑)。もう来年のチケットを取る時期になったのか〜。早いな〜。まだまだだと思ってても、BBLの公演もあっという間に来ちゃいそうです。
posted by uno at 11:56| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

『パリ・オペラ座バレエのイタリア人たち』にマリ=アニエス・ジローが出演。

8月に開催される『パリ・オペラ座バレエのイタリア人たち』に、マリ=アニエス・ジローの出演が決まったとのこと。ヴァランティーヌ・コラサントとポール・マルクの降板に伴うキャスト変更なんですが、ジロが出演とは驚きました〜。オペラ座は引退しましたから、貴重な機会ですよね。因みに2人の降板はバレエ団の事情によるもので、怪我ではないようです。コラサントは全公演キャンセル。ポール・マルクは金沢公演のみ出演し、そこで帰国するとのこと。ポール・マルクが抜けた東京/名古屋/大阪には、新たにマルク・モローの出演も決まっています。
演目の詳細も出ています。島ア徹さんの新作を、レティシア・プジョルと島アさんご本人が踊ることになっていたと思うんですが、プジョルのパートナーがアレッシオ・カルボーネになっています。変更になったのかしら、、。

■ 『パリ・オペラ座バレエのイタリア人たち』

【金沢】
8月23日(金)18:30
会場:本多の森ホール
SS席:11,000円 S席:9,000円 A席:7,500円 B席:6,000円

【東京】
8月26日(月)18:30
会場:メルパルクホール
S席:12,000円 A席:9,500円 B席:7,500円

【名古屋】
8月27日(火)18:30
会場:愛知県芸術劇場大ホール
S席:11,500円 A席:8,500円 B席:6,500円

【大阪】
8月30日(金)18:30
会場:NHK大阪ホール
S席:12,000円 A席:9,500円 B席:7,500円

一般発売:6月15日(土)

<プログラム(予定)>

『天井桟敷の人々』より スカルラッティ・パ・ド・ドゥ
振付:ジョゼ・マルティネス 音楽:D.スカルラッティ
  ソフィア・ロソリーニ、アントニオ・コンフォルティ
  ピアノ:アンドレア・トゥーラ

「ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ」
振付:マニュエル・ルグリ 音楽:G.ドニゼッティ
  アンブル・シアルコッソ、フランチェスコ・ムーラ

「さくら」
振付:島ア徹 音楽:L.ベートーヴェン
  レティシア・プジョル、アレッシオ・カルボーネ

『海賊』より
振付:ジュール・ペロー 音楽:A.アダン
  レティツィア・ガローニ、ジョルジョ・フォーレ

『シーニュ』より
振付:カロリン・カールソン 音楽:R.オーブリー
  マリ=アニエス・ジロー、アントニオ・コンフォルティ

『ドン・キホーテ』より
振付:ルドルフ・ヌレエフ 音楽:L.ミンクス
  エロイーズ・ブルドン
  ポール・マルク(金沢)、マルク・モロー(東京、名古屋、大阪)

「レ・ブルジョワ」
振付:ベン・ファン・コーウェンベルク 音楽:J.ブレル
  ジョルジョ・フォーレ

『ル・パルク』より
振付:アンジュラン・プレルジョカージュ 音楽:W.A.モーツァルト
  レティシア・プジョル、アレッシオ・カルボーネ

「ドリーブ組曲」
振付:ジョゼ・マルティネス 音楽:L.ドリーブ
  アンブル・シアルコッソ
  ポール・マルク(金沢)、マルク・モロー(東京、名古屋、大阪)

『白鳥の湖』より
振付:ルドルフ・ヌレエフ 音楽:P.I.チャイコフスキー
  エロイーズ・ブルドン、ジョルジョ・フォーレ

「Ma!」(日本初演)
振付:シモン・ヴァラストロ 音楽:P.グラス
  レティツィア・ガローニ
  ピアノ:アンドレア・トゥーラ

「オーニス」
振付:ジャック・ガルニエ 音楽:M.パシェール
  フランチェスコ・ムーラ、シモン・ヴァラストロ、アントニオ・コンフォルティ

「フォー・ジェームス」(賛助出演)
振付:島ア徹 音楽:L.ベートーヴェン
  島ア徹セレクトメンバー【Dance Barbizon】
  金愛珠、駿川知世、平雛子、田頭綾女、服部千尋、本間紗世
  村林楽穂、渡邉はるか、相川友貴、佐藤惟、本城祐哉、矢木一帆

posted by uno at 15:48| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

キエフ・バレエ日本公演の情報が出ました。

光藍社さんの予告通り本日、キエフ・バレエの公演情報が解禁になりました。Twitterのほうで、今度のキエフ・バレエの『白鳥』にノヴィコワとサラファーノフが出演するという情報を教えて頂き、詳細が出るのを楽しみにしていました。以前の私だったら、正直、ノヴィコワとサラファーノフが踊ると聞いても見に行かなかったと思うんですが(すみません、、、)、去年のバレエフェスで2人にに対する気持ちがガラリと変わりました。2人とも優れたダンサーだとは思っていたんですが、私的「きゃ〜♪」という存在ではなかったんです(重ねてすみません、、、)。でも、去年のバレエフェスでの2人のパフォーマンスはとっても素敵でした。あのときは一緒に踊ったわけではありませんでしたが、近いうちに彼らのパフォーマンスが見られたらいいなぁと思わずにはいられませんでした。私は、一度抱いた印象を変えることが難しいという、少々面倒くさい人間なんですが、だからこそ、こうしてダンサーに対する見方が変わる瞬間は大きな喜びでもあります。そうして好きになると、今度は少々の不満は見えなくなる(気にならなくなる)という、簡単な人間でもあるわけですが(苦笑)。
コラレスの降板で、急遽コジョカルと組んで踊った『ドン・キ』全幕では、サラファーノフの変わらぬテクニックとスマートな佇まいに惚れ惚れしたし、黒鳥のPDDでは王子の内面を表現し、『タランテラ』ではこれぞサラファーノフという軽快な踊りを見せてくれました。ノヴィコワの美しい『アポロ』、非の打ちどころのないオーロラ、そしてこれぞロシア・バレエというオデット。特に、オデットが羽(両腕)を後方に伸ばす動きは、人間のものとは思えない美しさでした。
予定外の出費でちょっと辛いんだけど、これは見ておきたいな〜と。公演は年をまたいで『くるみ』『初夢バレエ・ガラ』『白鳥の湖』の順で上演されます。ノヴィコワとサラファーノフが踊るのは、大阪、東京、神奈川の『白鳥』です。さらに、エレーナ・フィリピエワが『白鳥』全幕を踊るのは今回が最後とのこと。これも気になる、、、。フィリピエワの『白鳥』は東京1回のみ。因みに、今回発表された公演以外に、仙台、秋田、水戸、府中などで公演が予定されているとのこと。そちらの詳細は、8月上旬に発表予定だそうです。

■ キエフ・バレエ

『くるみ割り人形』
2019年
12月22日(日)13:00 東京国際フォーラム ホールA
  アンナ・ムロツェワ、ニキータ・スハルコフ
12月26日(木)15:00 東京文化会館
  オレシア・シャイターノワ、アンドリー・ガブリシキフ

SS席:18,000円 S席:16,000円 A席:13,000円 B席:11,000円
C席:9,000円 D席:7,000円 U25チケット:4,000円
一般発売:8月28日(水)

<初夢バレエ・ガラ>
2020年
1月3日(金)12:00/16:00 東京国際フォーラム ホールA
  フィリピエワ、ムロツェワ、シャイターノワ、ヴァーニャ、スハルコフ、他

お年玉価格 全席指定 一般:9,000円 子ども:4,500円
一般発売:6月26日(水)

『白鳥の湖』
2020年
1月5日(日)15:00 静岡市民文化会館 大ホール
  アンナ・ムロツェワ、ヤン・ヴァーニャ

S席:14,000円 A席:11,000円 B席:9,000円
C席:7,000円 D席:5,000円
一般発売:6月26日(水)

1月8日(水)18:30 フェスティバルホール
  オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ

S席:16,000円 A席:13,000円 B席:11,000円
C席:9,000円 D席:7,000円 BOX席:18,000円
一般発売:6月26日(水)

1月10日(金)18:30
  オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ
1月11日(土)12:00
  アンナ・ムロツェワ、ヤン・ヴァーニャ
1月11日(土)17:00
  エレーナ・フィリピエワ、ニキータ・スハルコフ
会場:東京文化会館

SS席:18,000円 S席:16,000円 A席13,000円
B席:11,000円 C席:9,000円 D席:7,000円 U25:4,000円
一般発売:8月28日(水)

1月12日(日)16:00 昌賢学園まえばしホール 大ホール
  アンナ・ムロツェワ、ヤン・ヴァーニャ

SS席:9,500円 S席:8,500円 A席:7,000円
B席:5,500円 C席:4,000円 D席:3,000円
一般発売:6月26日(水)

1月13日(月・祝)15:00 神奈川県民ホール 大ホール
  オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ

SS席:16,000円 S席:15,000円 A席:12,000円
B席:10,000円 C席:8,000円 D席:6,000円
一般発売:6月26日(水)

→ 光藍社

ロームシアター京都でも『白鳥』の公演があり、ノヴィコワとサラファーノフが踊る予定になっています。チケットぴあには情報が出ているんですが、光藍社のHPではまだ発表になっていないですね。一応、書いておきます〜。

『白鳥の湖』
2020年
1月7日(火)18:30
会場:ロームシアター京都 メインホール

  オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ

SS席:16,000円 S席:15,000円 A席:12,000円
B席:10,000円 C席:8,000円 D席:6,000円
一般発売:6月29日(土)


各種セット券が6月14日(金)から発売開始。<初夢バレエ・ガラ>と、東京以外の静岡、大阪、前橋、横浜の公演も、6月14日(金)から光藍社先行割引販売が開始します。
posted by uno at 15:42| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

『アニエス・ルテステュ 変貌する美』、宮城公演もありました。

アニエス・ルテステュがピアノとコラボする公演、『アニエス・ルテステュ 変貌する美』の宮城公演の情報が出ました。岐阜サラマンカホールの公演情報も更新され、公演タイトルは『変貌する美』で統一されたようです。パートナーはやはりヴァンサン・シャイエのようです。更新されたサラマンカホールのサイトでもシャイエになっているし、つい先日までルパート・ペネファーアーとなっていたはずの札幌の出演者も、ヴァンサン・シャイエになっています(チケットぴあ)。

■ 『アニエス・ルテステュ 変貌する美』 【宮城】

2019年9月28日(土)14:00
会場:多賀城市民会館 大ホール

SS席:7,000円(子ども:3,500円)
S席:5,500円(子ども:2,500円)
A席:3,500円(子ども:1,500円)

一般発売:発売中


『アニエス・ルテステュ 変貌する美』
【札幌】9月26日(木)19:00 札幌市教育文化会館 大ホール
【宮城】9月28日(土)14:00 多賀城市民会館 大ホール
【岐阜】10月6日(日)15:00 サラマンカホール
posted by uno at 12:05| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

東バ 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』全国公演キャスト。

東バの公式に、『ドン・キホーテの夢』全国公演のキャストが出ました。新たに福島の公演が判明。白河ってどうやって行くんだろうな〜と、しばし列車などを調べてしまいました。
キャストは東京の2キャストの他に、川島&秋元、沖&宮川もあります。

東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』全国公演

【茅ヶ崎】
8月3日(土)14:00
会場:茅ヶ崎市民文化会館(神奈川)
  キトリ:秋山瑛 バジル:池本祥真

【福岡】
8月6日(火)15:00
会場:アクロス福岡(福岡)
  キトリ:伝田陽美 バジル:柄本弾

【別府】
8月8日(木)14:00
会場:ビーコンプラザ フィルハーモニアホール(大分)
  キトリ:秋山瑛 バジル:池本祥真

【米子】
8月10日(土)13:30
会場:米子市公会堂(鳥取)
  キトリ:川島麻実子 バジル:秋元康臣

【幸田】
8月11日(日)16:00
会場:幸田町民会館 さくらホール(愛知)
  キトリ:伝田陽美 バジル:柄本弾

【豊中】
8月12日(月・祝)15:00
会場:豊中市立文化芸術センター 大ホール(大阪)
  キトリ:川島麻実子 バジル:秋元康臣

【見附】
8月17日(土)14:00
  キトリ:伝田陽美 バジル:柄本弾

【白河】
8月18日(日)15:00
  キトリ:沖香菜子 バジル:宮川新大

posted by uno at 12:54| Comment(2) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

<東京バレエ団×勅使川原三郎 新作世界初演>公演情報。

10月に開催される<東京バレエ団×勅使川原三郎 新作世界初演>の公演情報が出ました。併演は、バランシンの「セレナーデ」とベジャールの「春の祭典」です。でも、キャストはまだ未発表。うぅ〜、気になる〜。BBLの那須野さんが来日して2週間、「春の祭典」の指導を行ったとのこと。東バがUPしてくれた写真を見る限りでは、秋元さんが生贄を踊るようです。秋元さんはどちらかというとリーダーなイメージだったので、ちょっと意外でした。池本さんと樋口さんあたりかな〜なんて、勝手に想像していたので。それとも宮川さん? いや〜しかし、秋元さんがどんな生贄を踊るのか、すごく楽しみです。女性は奈良さんと伝田さんで変わらないようです。どちらも楽しみ〜♪ 

勅使川原さんの作品には、佐東利穂子さんも出演とのこと。東バが日本人の振付家の作品を、日本人のゲストを招いて上演するなんて、新しすぎるし、楽しみすぎる〜。音楽は武満徹さんです。演奏が東京シティ・フィルハーモニー管弦楽団となっているので、どうやら生オケで上演するみたいですね。全演目かどうかはわからないんですが、、。

各日プレトークがあり、内容が違います。初日のプレトークの小沼純一さんは、山海塾のアフタートークでお馴染みの、あの小沼さんかな。

■ <東京バレエ団×勅使川原三郎 新作世界初演>

2019年
10月26日(土)14:00
10月27日(日)14:00
会場:東京文化会館

東京バレエ団×勅使川原三郎<新作>世界初演
  演出・振付・照明・美術:勅使川原三郎
  音楽:武満徹
「セレナーデ」
  振付:ジョージ・バランシン
  音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
「春の祭典」
  振付:モーリス・ベジャール
  音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー

共演(勅使川原三郎):佐東利穂子(KARAS)

指揮:ベンジャミン・ポープ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

上演時間:約2時間(休憩2回含む)

各日、開演前にプレトークあり
10/26(土)「武満徹の音楽について」小沼純一 13:30〜13:50
10/27(日)「勅使川原三郎の世界」岡見さえ 13:30〜13:50

S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円
C席:5,000円 D席:4,000円 E席:3,000円
クラブ・アッサンブレWEB先行発売:7月2日(火)21:00〜13日(土)18:00
一般発売:7月20日(土)10:00

→ NBS
posted by uno at 11:12| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

ロイヤル日本公演、変更後のキャストと主な配役決定。

高田茜さんとスティーヴン・マックレーが怪我のため降板した『ドン・キホーテ』の、新しいキャストが発表になりました。同時に、その他の主な配役も決定。高田さんとマックレーの日は、ヤスミン・ナグディとマルセリーノ・サンベが踊ります。ヤスミン・ナグディが元々踊るはずだった6月22日(土)13:00は、マヤラ・マグリに変更。押し出し、一ヵ所だけ出ちゃいましたね、、、。
メルセデス、エスパーダ、ドリアードの女王のキャストも出ました。平野さんのエスパーダに当たらなかった〜。残念、、、。金子さんのドリアードも見てみたかったです。でも、自分が見に行く日のキャストもとっても楽しみです〜。

<英国ロイヤル・バレエ団2019年日本公演『ドン・キホーテ』主要キャスト>

6月21日(金)18:30
  キトリ:マリアネラ・ヌニェス
  バジル:ワディム・ムンタギロフ
  メルセデス:ラウラ・モレーラ
  エスパーダ:平野亮一
  ドリアードの女王:金子扶生

6月22日(土)13:00
  キトリ:ヤスミン・ナグティ → マヤラ・マグリ
  バジル:アレクサンダー・キャンベル
  メルセデス:イツィアール・メンディザバル
  エスパーダ:ニコル・エドモンズ
  ドリアードの女王:崔由姫

6月22日(土)18:00
  キトリ:高田茜 → ヤスミン・ナグディ
  バジル:スティーヴン・マックレー → マルセリーノ・サンベ
  メルセデス:ラウラ・モレーラ
  エスパーダ:平野亮一
  ドリアードの女王:金子扶生

6月23日(日)13:00
  キトリ:ローレン・カスバートソン
  バジル:マシュー・ボール
  メルセデス:クレア・カルヴァート
  エスパーダ:リース・クラーク
  ドリアードの女王:崔由姫

6月25日(火)18:30
  キトリ:高田茜 → ヤスミン・ナグディ
  バジル:スティーヴン・マックレー → マルセリーノ・サンベ
  メルセデス:ラウラ・モレーラ
  エスパーダ:平野亮一
  ドリアードの女王:金子扶生

6月26日(水)18:30
  キトリ:ナターリヤ・オシポワ
  バジル:ワディム・ムンタギロフ
  メルセデス:ベアトリス・スティックス=ブルネル
  エスパーダ:ヴァレンティノ・ズケッティ
  ドリアードの女王:クレア・カルヴァート

→ NBS
posted by uno at 13:01| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

7月の【WOWOW】「ロシアバレエの宝石たち」#6〜#10

WOWOWの7月の放送予定が出ていました。なかなか6月のバレエ関連の放送予定が出ないな〜と思っていたら、7月が出ちゃいました。6月はバレエ関連の放送はほとんどないようです(プレルジョカージュ『in N.Y』の再放送が一つ)。7月には、今月放送された「ロシアバレエの宝石たち」の続編が放送されます。続きがあったんですね〜。まだ#1〜#5も見ていないので、続きがありそうな内容かどうかもわかっていませんでした、、、。初回放送となるのは、この「ロシアバレエの宝石たち」だけで、あとは再放送のようです。

【WOWOWライブ】
7月15日(月・祝)15:30
「ロシアバレエの宝石たち」#6〜#10

<再放送>
7月12日(金)13:15
「ロシアバレエの宝石たち」#1〜#5

posted by uno at 10:45| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

小林紀子バレエ・シアター第116回公演『ミックス・プログラム』公演情報

小林紀子バレエ・シアターの公演情報が出ました。今年は9月にミックス・プログラムを上演します。久々に「エリート・シンコペーションズ」をフル・ヴァージョンで見たいな〜。ゲストにジェームス・ストリーター。久々に八幡顕光さんも出ますね。「エリート・シンコペーションズ」でしょうか。

12月の『くるみ』まで公演情報が更新されているんですが、『くるみ』の会場が東京建物 Brillia HALLとなっていました。11月にオープンする新しいホールですよね。と思ったら、Brillia HALLのサイトにも小林紀子BTの公演情報が出ていました(詳細までは出ていません)。Brillia HALLのキャパは1300とのこと。ゆうぽうとくらい? バレエにはちょうどよさそうですね。1階席の段差が気になるところですね〜。因みに、11月の開会式典に、小林紀子BTも出演するようです。

■ 小林紀子バレエ・シアター 第116回公演『ミックス・プログラム』

2019年
9月7日(土)17:00
9月8日(日)15:00
会場:新国立劇場 中劇場

「コンチェルト」
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ
ステイジド・バイ:アントニー・ダウスン
美術:デボラ・マクミラン

「レ・パティヌール」
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:ジャコモ・マイヤベール
編曲:コンスタント・ランベート
ステイジド・バイ:アントニー・ダウスン
美術:ウィルアム・チャペル

「エリート・シンコペーションズ」
振付:ケネス・マクミラン
音楽:スコット・ジョップリン/他
ステイジド・バイ:アントニー・ダウスン
美術:イアン・スパーリング

【主な出演】
島添亮子、ジェームス・ストリーター、高橋怜子、八幡顕光
上月侑馬、冨川直樹、萱嶋みゆき、真野琴絵、他

指揮:ポール・ストバート
演奏:東京ニューフィルハーモニック管弦楽団

一般発売:6月18日(火)


ちゃんと探したと思うんですが、チケットの代金がどこにも書かれていませんでした。まだイープラスやチケットぴあにも情報は出ていないみたいだし。S席:10,000円くらいでしょうか。
posted by uno at 18:19| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

【BS-TBS】「かくもバレエは美しい〜パリ・オペラ座エトワールたちの饗宴」6/1

BS-TBSにて、「かくもバレエは美しい〜パリ・オペラ座エトワールたちの饗宴」という番組が放送されます。7月の『ル・グラン・ガラ2019』で世界初演されるジョルジュ・マンチーニ振付の「マリア・カラス〜踊る歌声」のメイキングに密着とのこと。リハーサル映像、ダンサーのインタビューなども見られるようです。30分枠の番組です。

【BS-TBS】
6月1日(土)11:30〜12:00

「かくもバレエは美しい〜パリ・オペラ座エトワールたちの饗宴」

posted by uno at 12:09| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする