2017年07月15日

ENB『海賊』初日の舞台上でセザール・コラレスがプリンシパルに任命。

昨日、イングリッシュ・ナショナル・バレエ『海賊』の初日を見てまいりました。既に皆さんご存知だと思いますが、終演後のカーテンコールで、この日アリを踊ったセザール・コラレスがプリンシパルに任命されました。NBSによると、ENBではプリンシパルの昇格を公演終了後に発表することが恒例となっているそうです。今年の3月には、パリ・オペラ座バレエ団の日本公演で、ユーゴ・マルシャンが終演後にエトワールに任命されて話題になったばかりですよね。私も見てみたいな〜と思っていたんですが、まさか本当にその瞬間が訪れるとは思ってもみませんでした。何度目かのカーテンコールの後、メドーラを踊ったロホの姿がなく、まさかどこか痛めたのかと不安が広がる中、黒のドレスに着替えたロホが通訳の方と登場。「え? も、もしかして?」とドキドキしていたら、セザール・コラレスのプリンシパル昇格が発表されました。ぶらあぼの速報が本当に早くて、終演後に会見するコラレスの写真とコメントをいち早く掲載してくれました。それによると、プリンシパル昇格は事前にロホから聞いていたそうで、だからそれほど驚かなかったのか〜、と。コラレスは初見のダンサーでしたが、この日の彼の踊り、そしてそれに対する会場の拍手が、文句なしの任命だと物語っていたと思います。発表の瞬間、1階席はほぼスタンディングオベーションになりました。
とにかくすごいアリだったんです。もうなんか笑っちゃうほどすごくて、とっても楽しませてくれました。どうやったらそんなに高く跳べるんだという跳躍は、もう「飛ぶ」という表現を使いたくなるほど。パワフルな回転。その脚どうなってるの?と、もはや肉眼では解析できないジャンプ。会場からどよめきが起こるほどの鮮やかな超絶技巧の数々。でも、それらも素晴らしかったんだけど、同じくらい魅力的だったのは彼の佇まいかもしれません。まだ20歳と若いコラレスですが、只者ではないオーラを放っていました。それは、アリという役柄もあったのかもしれないけど。2幕のでは、どんなに大きな拍手をもらっても、メドーラとコンラッドから2歩も3歩も下がったところでレベランスするコラレスも印象的でした。不敵だけど謙虚という、魅力的なダンサーでした。

今回のENBのプログラムは、ダンサーのプロフィールを読むのも楽しかったです。レパートリーがズラ〜っと書かれた最後に、メディア評と、ダンサーのプチ情報が書かれていました。休日の過ごし方とか、趣味とか、犬がいるとか。コラレスはメキシコ生まれのカナダ育ちだそうですが、プロフィールによると両親がキューバ人だそうなので、彼もキューバ人ということになるのかな? 

大好きなロホの貴重な全幕と、芸術監督としての彼女の姿を見ることができて、声まで聞けて、そして何よりプリンシパル任命の瞬間を見られるという、ロホからのプレゼントのような舞台でした。

posted by uno at 16:44| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

谷桃子バレエ団『くるみ割り人形』川崎公演の詳細。

以前、谷桃子バレエ団の川崎公演の記事を書いたんですが、川崎市スポーツ・文化総合センターのサイトに公演の詳細が出ていました。子役の募集もしています。指揮者の方は女性かな?と思ったら、男性のようです。

■ 谷桃子バレエ団『くるみ割り人形』全幕 【川崎】

2017年12月17日(日)15:00
会場:川崎市スポーツ・文化総合センター ホール
S席:8,000円 A席:6,000円 高校生以下:3,000円
一般発売:7月29日(土)

配役:斎藤耀、山口緋奈子、吉田邑弥、他

指揮:福田夏絵
管弦楽:東京ニューシティ管弦楽団


谷桃子バレエ団に詳しくないのでよくわからないんですが、もしかしてちょっと若手起用の公演なのかな?と思い、バレエ団のサイトでダンサーのプロフィールを確認しました。谷さんのところのダンサープロフィールはそれほど見たことがなくて、サイトがリニューアルしてからは確実に初めてだったんですが、個々のダンサーのプロフィールを開くと、最後に「谷桃子先生との思い出」が書かれていました(全員ではないんですが)。おそらく、谷桃子さんが亡くなられてから追加されたんだと思うんですが、一人ひとり開いて読んでいたら、なんだか妙に泣けてきました。素敵な女性だったんだな〜って。三木雄馬さんだけ、いい思い出と残念な思い出が書かれていて、ちょっと笑いました。

posted by uno at 15:46| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

彩の国バレエシアター『白鳥の湖』、ゲストが決定。

ご、豪華です。
神戸里奈さん、パリ・オペのパク・セウンさん、東バの川島麻実子さんと降板の続いた彩の国バレエシアターの『白鳥の湖』ですが、新たなゲストが発表されました。オデットを新国の小野絢子さん、オディールを同じく新国の米沢唯さんが踊ります。な、なんて豪華なダブル・キャスト。ダブル・キャストにしたのは、やはり何度も変更があったので、豪華なキャストで楽しんでもらおうという心意気なんでしょうか。旗揚げ公演で降板が続き、さぞ大変だろうとは思うんですが(旗揚げじゃなくても大変だと思うけど)、その繋がりの広さに驚くばかりです。まあ、パク・セウンとアリステール・マダンはセバスチャン・ベルトーの紹介で、川島さんは弾さん繋がりで、小野さんと米沢さんはマチネに王子を踊る新国の浜崎さん繋がりで、という感じなのかな〜と想像したりするんですが。まだこれから旗揚げ公演なわけですが、2回目以降の公演が気になる存在になりました。

■ 彩の国バレエシアター第1回公演『白鳥の湖』

8月6日(日)13:00
  オデット/オディール:佐藤優美
  ジークフリード王子:浜崎恵二朗
  ロットバルト:柄本弾
8月6日(日)17:30
  オデット/オディール:川島麻実子
    ↓
    オデット:小野絢子、オディール:米沢唯
  ジークフリード王子:セバスチャン・ベルトー → アリステール・マダン
  ロットバルト:柄本弾

会場:彩の国さいたま芸術劇場
13:00/全席:6,000円
17:30/S席:9,000円 A席:6,000円
チケット発売:発売中

posted by uno at 14:54| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ENB『海賊』ギュルナーラ役変更

ENBの日本公演が始まっていますね。私のTwitterのTLも、『コッペリア』のツイートで賑わっていました。が、私は『海賊』のみ参戦。やっぱり『コッペリア』も見に行けばよかったな〜と、予想通り後悔しております。
そんなENBですが、キャストの変更が発表されました。17日(月・祝)のギュルナーラ役が、ローレッタ・サマースケールズから加瀬栞さんに変更。加瀬さんは怪我で日本公演への参加が危ぶまれていたんですが、復帰が間に合ったため、本来なら最初から日本公演の配役に加わる予定だった彼女の起用を決定したとのことでした。日本公演だからこそ、世界で活躍する日本人ダンサーの彼女を起用しようという変更なんだろうなと思います。こういう変更もあるんですね〜。ただ、サマースケールズを楽しみにしていた方の気持ちを考えると、ちょっとだけ複雑、、、。17日だけなんですね。私が見に行く14日のギュルナーラは、予定通りサマースケールズが踊ります。

イングリッシュ・ナショナル・バレエ日本公演
『海賊』
7月17日(月・祝)14:00
ギュルナーラ:ローレッタ・サマースケールズ → 加瀬栞

→ NBS
posted by uno at 00:34| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

<バレエ・スプリーム>福岡・西宮公演の演目/ちょこっと東バ

サラ・ラムの降板が発表された<バレエ・スプリーム>ですが、福岡と西宮も変更後の演目が発表されました。金子扶美さんは東京と同様、フェデリコ・ボネッリと『白鳥の湖』を踊ります。と、よく見たら、パリ・オペ・チームの演目にも変更が出ていて、ミリアム・ウルド=ブラームとマチアス・エイマンの『白鳥の湖』第2幕が『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』に変更になっているんです。そうか〜、と。ヴァージョンが違うとは言え、『白鳥』の第2幕が2つ上演されることを避けたんですね。そういう影響もあるのかぁ、と。『白鳥』の第2幕と第3幕が続けて上演されることで、全幕ではないけど豪華さが感じられるような構成を狙っていたのではないかと思うんですが、それは私の勝手な妄想ですかね。私だったらどっちが見たかったかな〜。『チャイパド』のほうが、マチアスの踊りを堪能できるという部分はあるかもしれません。

<バレエ・スプリーム>【福岡・西宮】 演目変更

【パリ・オペラ座チーム】
『白鳥の湖』第2幕よりパ・ド・ドゥ(ヌレエフ振付) →  『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』
ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン

【英国ロイヤル・チーム】
『アポロ』(バランシン振付)   →  『白鳥の湖』第2幕よりパ・ド・ドゥ
サラ・ラム、フェデリコ・ボネッリ    金子扶美、フェデリコ・ボネッリ



そして、ちょこっと東バの話題を。
崔美実さんがご自身のインスタグラムで、夏の『ねむり』の全国公演でリラの精を踊る日程を教えてくれています。インスタのことがよくわからないんですが、結構プライベートなものなんでしょうか? 私がここに書いてもいいものか、迷うところではあるんですが、、、。なので、ツイッターではなくこちらでこっそり書いてみました。私の中で、以前はツイッターのほうがこっそり感が強かったんですが、今はブログのほうがこっそり書きやすい気がします。下記の計4回だそうです〜。
7月25日(札幌)、8月8日(鳥栖)、8月19日(目黒)11:30、8月23日(小金井)16:00
posted by uno at 17:27| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

彩の国バレエシアター『白鳥の湖』、再びキャスト変更。

東バの川島麻実子さんが『ラ・バヤデール』のガムザッティを怪我のため降板したので、彼女がゲスト出演する予定の彩の国バレエシアター『白鳥の湖』が気になってサイトを見に行ったんですが、やはり降板が発表されていました。川島さんの代役はまだ未定とのこと。というか、いつの間にか王子役のセバスチャン・ベルトーまで降板してるじゃないですか〜。こちらのほうが先に発表されていたみたいですね。ベルトーも怪我とのこと。ベルトーの代役はパリ・オペラ座バレエ団のスジェ、アリステール・マダンが務めます。

というわけで、彩の国バレエシアターの旗揚げ公演、下記のように変更になっています。大変だな、、、。

オデット/オディール:神戸里奈 → セウン・パク → 川島麻実子 → 未定
ジークフリード王子:セバスチャン・ベルトー → アリステール・マダン

■ 彩の国バレエシアター第1回公演『白鳥の湖』

8月6日(日)13:00
  オデット/オディール:佐藤優美
  ジークフリード王子:浜崎恵二朗(新国立劇場バレエ団)
  ロットバルト:柄本弾(東京バレエ団)
8月6日(日)17:30
  オデット/オディール:川島麻実子(東京バレエ団) → 未定
  ジークフリード王子:セバスチャン・ベルトー → アリステール・マダン
  ロットバルト:柄本弾(東京バレエ団)

会場:彩の国さいたま芸術劇場
13:00/全席:6,000円
17:30/S席:9,000円 A席:6,000円
チケット発売:発売中

posted by uno at 17:30| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

東バ『ラ・バヤ』3日間。

東京バレエ団『ラ・バヤデール』、3日間の公演が終了しました。と〜っても楽しかったです。やっぱり3日間通うと楽しいですね〜。最近は東バの公演でも全日程は見ないこともあって、ゲスト−ゲスト無しーゲストという日程だったりすると、ゲスト日は1回だけにしたりしているので、なんか久々に「見たー!」っていう実感がありました。しかし、最近の私は感想を書くにはかなりの気合いが必要でして、時間はあっても取り組めないということが多かったりします。昔は次の日仕事だろうとバレエだろうと、夜中まで感想を書いていたんですが、もうそのエンジンがかからない、、。情熱がなくなったのではなく、吐き出す必要がなくなったのだと思いたいです。

3日目にガムザッティを踊る予定だった川島麻実子さんが怪我のため降板し、初日にガムザッティを踊った奈良さんが代役を務めました。前日のニキヤも、右足指の剥離骨折をおしての出演だったとのことで、ビックリしました。9月の『アルルの女』も楽しみにしているので、ゆっくり休んでほしいです。

ツイッターのほうで、1回の公演の感想を140字でまとめるという謎のチャレンジをしたので、それだけ載せておきます〜。好きなバレエ団の感想を1ツイートにまとめるのは難しい、、、、。

【6月30日】
東バ『ラ・バヤ』初日は、何と言ってもガムザッティの奈良さん。水香さんは流石。カマルゴは見る価値のあるダンサー。森川さんの大僧正の憎めない小者感。イチオシは中川さんの第1ヴァリ。入戸野さんのマグダヴェーヤもいい。最後まで音に正確な宮川さんの仏像(慌てて戻るのはヒヤヒヤします)。

【7月1日】
東バ『ラ・バヤ』2日目。すっかり頼れる弾さんは情熱的な演技も◎。大袈裟じゃないのに雄弁な川島さんのニキヤ。川島さんならもっと上を目指せる。伝田ガムザッティは踊りの強靭さを証明。彼女が踊ると3幕ソロが時々コンテに見えるから不思議。狡猾さを仮面の下に隠したアルバレスの大僧正もいい。

【7月2日】
東バ『ラ・バヤ』最終日。奈良ガムザッティは何度見てもいい。踊りも美しさも進化してます。熱い演技の岡崎マグダヴェーヤ。友人の和田さんが素敵。2幕、サポートでヒヤッとする場面あり。動じないどころか、その後は初日より安定した踊りを見せた水香さんは素敵。自分の娘にムネアツな木村ラジャ♪
posted by uno at 11:51| Comment(2) | バレエ公演2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

<バレエ・スプリーム> サラ・ラムが降板

わ〜、、、。<バレエ・スプリーム>、サラ・ラムが怪我のため降板となってしまいました。これは残念ですね、、。怪我も具合も心配です。キャストと演目に変更が出ています。Aプロは、ラムの代わりにフランチェスカ・ヘイワードがボネッリのパートナーを務めます。Bプロでは新たに金子扶美さんが参加して、やはりボネッリと踊ります。パートナーの変更したことで、ボネッリが踊る演目も変更になっています。ヘイワードは元々メンバーでしたが(東京のみ)、金子さんは新参加ですね。金子さんの参加は、ちとそそられるな〜(見に行く予定のない人間なので)。気になってNBSのWEBチケットを見に行ったんですが、結構売れてるんですね〜。

<オペラ座&ロイヤル 夢の共演<バレエ・スプリーム> 出演者変更のお知らせ>

【Aプログラム】

パリ・オペラ座バレエ団チーム

『白鳥の湖』第2幕よりパ・ド・ドゥ(ヌレエフ版)
  ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
『白鳥の湖』第3幕よりパ・ド・トロワ(ヌレエフ版)
  レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ、フランソワ・アリュ
『エスメラルダ』(プティパ振付)
  オニール八菜、ユーゴ・マルシャン

英国ロイヤル・バレエ団チーム

『ラプソディ』(アシュトン振付)
  ヤーナ・サレンコ、スティーヴン・マックレー
リアム・スカーレット作品
  フランチェスカ・ヘイワード、マルセリーノ・サンベ
『ジゼル』よりパ・ド・ドゥ
  高田茜、ベンジャミン・エラ
『アポロ』(バランシン振付)
  サラ・ラム、フェデリコ・ボネッリ
     ↓
『ロミオとジュリエット』よりパ・ド・ドゥ
  フランチェスカ・ヘイワード、フェデリコ・ボネッリ
タップ・ソロ
  スティーヴン・マックレー

『ドン・キホーテ』 ディヴェルティスマン
  パリ・オペラ座&ロイヤル合同チーム

【Bプログラム】

英国ロイヤル・バレエ団チーム

『真夏の世の夢』よりパ・ド・ドゥ(アシュトン振付)
  高田茜、ベンジャミン・エラ
『タランテラ』(バランシン振付)
  フランチェスカ・ヘイワード、マルセリーノ・サンベ
『コンチェルト』(マクミラン振付)
  サラ・ラム、フェデリコ・ボネッリ
     ↓
『白鳥の湖』第2幕よりパ・ド・ドゥ
  金子扶美、フェデリコ・ボネッリ
『ドン・キホーテ』よりパ・ド・ドゥ(プティパ振付)
  ヤーナ・サレンコ、スティーヴン・マックレー

パリ・オペラ座バレエ団チーム

作品未定
  ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
『レ・ブルジョワ』(ファン・コーウェンブルグ振付)
  フランソワ・アリュ
『ロミオとジュリエット』よりパ・ド・ドゥ(ヌレエフ振付)
  レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ
『グラン・パ・クラシック』(グーセフ振付)
  オニール八菜、ユーゴ・マルシャン

『眠れる森の美女』ディヴェルティスマン
  パリ・オペラ座&ロイヤル合同チーム

→ NBS
posted by uno at 12:50| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

東バ 子どものための『ねむり』、びわ湖ホールのキャスト。【追記有り】

また一つ出ました。東バの子どものためのバレエ『ねむり』、びわ湖ホールのキャストが出ていました。金子仁美さんと宮川新大さんです(宮川さんの「大」が抜けてるけど、、)。おお、そんな組み合わせもあるのね〜。まさかシャッフルするとは思いませんでした。

【追記】大津公演のキャストは秋山瑛さんと宮川新大さんでしたので、訂正しました。申し訳ありません。(2017.7.19)

■ 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』

【大津】
7月30日(日)16:00
会場:びわ湖ホール 大ホール

オーロラ姫:秋山瑛
デジレ王子:宮川新大


【全国公演】

7月17日(月・祝)14:00 【横須賀】 三雲友里加&岸本秀雄
7月23日(日)14:30 【帯広】
7月25日(火)16:00 【札幌】
7月29日(土)14:00 【江戸川】
7月30日(日)16:00 【大津】 秋山瑛&宮川新大
8月5日(土)14:00 【佐世保】 金子仁美&ブラウリオ・アルバレス
8月6日(日)15:00 【鹿児島】
8月8日(火)15:00 【鳥栖】
8月10日(木)16:00 【岩国】
8月11日(金・祝)15:00 【広島】
8月12日(土)16:00  【大和】  三雲友里加&岸本秀雄
8月13日(日)16:00 【前橋】
8月19日(土) 【目黒】  
  11:30 三雲友里加&岸本秀雄
  14:30 秋山瑛&宮川新大
8月23日(水) 【小金井】
  12:30  金子仁美&ブラウリオ・アルバレス
  16:00 秋山瑛&宮川新大
posted by uno at 15:32| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

東京バレエ団<The Tokyo Ballet Choreographic ProjectU>上演作品決定

将来の振付家を育成する東京バレエ団の新しいプロジェクト<The Tokyo Ballet Choreographic ProjectU>として、<めぐろバレエ祭り>の『バレエ・コンサート』で上演される作品が決定しました。

岡本壮太 振付 『The Door』
出演:秋山瑛、樋口祐輝

岡崎隼也 振付 『Scramble』(観客賞第1位)
出演:伝田陽美、沖香菜子、崔美実
     岸本秀雄、井福俊太郎、岡本壮太、岡崎隼也

私は4月の野外パフォーマンスも、6月16日に開催されたスタジオ・パフォーマンスも見ていないので、予想のしようがなかったんですが、岡崎さんの作品が入ったのは「やっぱり入ったか〜」という感じはしました。因みに観客賞は第3位まで発表されています(上演はされません)。

観客賞第2位 安楽葵 振付 『カフェイン』
観客賞第3位 竹本悠一郎 振付『On−D−Echo』

所属する現役ダンサーの振付作品がバレエ団の公演の中で上演されるなんて、ワクワクしますね〜♪ 新国さんとかはもっと前から同様のプロジェクトを実施してますよね。東バでも見られる日が来るとは思ってなかったな〜。どちらの作品も、本当に楽しみです♪

posted by uno at 17:18| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする