2017年03月01日

東バ『アルルの女』トライアウト、など。

東バが秋に初演する『アルルの女』のトライアウトが行われたそうです。指導はルイジ・ボニーノ。『ウィンター・ガラ』の客席でボニーノを見かけたんですが、私はてっきり、新国の『コッペリア』で来日しているついでに、オレリーの「ボレロ」を見に来たんだと思っていたんですが、東バを見に来ていたんですね〜。トライアウトは2日間。結果は今月発表だそうです。中央で指導を受けているのは水香さんと弾さんですね。鏡に映る宮川さんと渡辺理恵さんらしき姿も確認できます。それぞれのパートナーは確認できず、、。私は勝手に水香さんはゲストと踊ると思っていたんですが、弾さんと踊るんでしょうか? それとも、ゲストが来るまでのパートナーでしょうか。3組が取り組んでいるように見えますが、アンダーキャストかもしれないですよね。
『アルルの女』のキャストも気になるんですが、併演の『春の祭典』のキャストも早く知りたいです。岸本(秀)さんの生贄も見たいし、海外でデビューしたという伝田さんと入戸野さんの生贄も激しく見たい。でも、奈良さんにも踊ってほしいし。さらに、併演は『春の祭典』”ほか”となっているので、もう1演目も気になるところです。木村さんのフレデリは、無理だろうなぁ、、、。木村さんにこそ踊ってほしい役どころなんだけどな、、、。


ダンスマガジンに掲載されている吉岡美佳さんのBBL通信によると、11月にBBLが来日するようです。ツイッターで知って、書店にダンマガを見に行ったんですが、いつも置いてある書店なのに今月はありませんでした。売れてしまったのか、売れないから置かなくなったのか、、、。日本公演があるのか、東バの『オマージュ・ア・ベジャール』が合同公演なのか、それとも両方なのかいろいろ気になります。
BBLの日本公演は待ち遠しかったし、本来なら万歳して喜びたいところなんですが、東バもBBLも11月に公演を行うとなると、もうどう考えても山海塾の新国公演と重なるような気がして、手放しで喜べませんでした、、。
と言いつつ、ワクワクしてるのも確かです。久々に『バレエ・フォー・ライフ』が見たいなぁ〜。だいぶキャストも変わっただろうし。日本公演で何度も上演してるので、今回も無理でしょうか、、。あと、これもずっと思ってるんですが、もう1度『魔笛』が見たいです。最近も上演はしているようなので、是非持って来てほしいんだけど、これも無理かな〜、と。
今期のバレエの祭典が東バの『アルル』までなので、BBLの日本公演から次回の祭典演目になりそうですね。

東バの岡崎隼也さんが、現在フランスで行われている<勅使川原三郎-KARAS>の公演に参加しているそうです。だから『ウィンター・ガラ』にいなかったんですね〜。岡崎さんのKARASへの参加は、勅使川原さん演出の『魔笛』に出演したことがきっかけとのこと。3月3日まで公演は続きます。岡崎さんのコンテが評価されたのはとても嬉しいです。

posted by uno at 15:40| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡』、ゴメスとヴォルチコフの演目決定。

昨日、一昨日と、東バの『ウィンター・ガラ』へ行ってまいりました。とっても楽しかったです。そして明日は神奈川県民ホールの『ウィンター・ガラ』。予想以上の素敵な上演を見せてくれた「イン・ザ・ナイト」の別キャストが見られるのがとっても楽しみです。明日が本当に木村さんの最後の役人だなんて、なんだかまだ実感がありません、、、。
初日の会場には熊川哲也さんが来てたみたいですね。どうやら『ボレロ』から鑑賞したご様子。井脇幸江さんも初日を鑑賞されたようです。ご本人がツイートされていました。私が気付いたのはルイジ・ボニーノさん。今、日本に来てるんだ〜と思ったら、新国の『コッペリア』に出演されてるんですね。お洒落で素敵でした♪
「中国の不思議な役人」のカーテンコールに小林十市さん、「イン・ザ・ナイト」にはベン・ヒューズさんが登場。お2人が登場したのは初日のみでした。


『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡』で、ゲストのゴメスとヴォルチコフが踊る演目が発表されています。ゴメスはニーナと「白鳥」と「ドン・キ」を、ヴォルチコフはニーナと「眠り」を踊ります。ヴォルチコフは別のパートナーと他2演目も予定されています。Bプロのニーナの演目が「眠り」だけということはないと思うので、2人以外ののパートナーとも踊るのかもしれませんね。

<『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡』 ゲストの演目決定>

【マルセロ・ゴメス】
Aプログラム 「白鳥の湖」 ニーナ・アナニアシヴィリ&マルセロ・ゴメス
Bプログラム 「ドン・キホーテ」 ニーナ・アナニアシヴィリ&マルセロ・ゴメス

【アレクサンドル・ヴォルチコフ】
Aプログラム 「眠れる森の美女」 ニーナ・アナニアシヴィリ&アレクサンドル・ヴォルチコフ
Bプログラム 「タイス」パ・ド・ドゥ、「モーツァルティアーナ」

posted by uno at 23:38| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

ボリショイ・バレエ『白鳥の湖』仙台のキャスト

ボリショイ・バレエ『白鳥の湖』仙台公演のキャストが出ていました。クリサワワとラントラートフです。彼らは東京では『パリの炎』を踊るんですよね。その『パリの炎』は3日間とも違うキャストだし、ワシーリエフの『ジゼル』も大阪でしか見られません。今のところスミルノワとチュージンが東京と大阪で『白鳥』を踊りますが、それ以外はすべてキャスト違いという、すごい配役になっています。

全国公演のキャストだけ書いておきます。広島のキャストはまだ見当たりませんでした。

<2017年 ボリショイ・バレエ団 全国公演>

【広島】
『白鳥の湖』
2017年6月2日(金)18:30
開場:広島文化学園HBGホール

【大津】  → イープラス
『パリの炎』
6月10日(土)14:00
会場:びわ湖ホール 大ホール
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ 、フィリップ:イーゴリ・ツヴィルコ

【仙台】  → 仙台市市民文化事業団
『白鳥の湖』
6月16日(金)19:00
会場:イズミティ21
  エカテリーナ・クリサノワ、ウラディスラフ・ラントラートフ

【大阪】  → フェスティバルホール
会場:フェスティバルホール
『ジゼル』
6月17日(土)17:30
  マリーヤ・ヴィノグラードワ、イワン・ワシーリエフ
『白鳥の湖』
6月18日(日)16:00
  オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン
続きを読む
posted by uno at 13:19| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

松本道子バレエ団『トリプルビル』にNYCBからゲスト/明日のプレミアムシアター

松本道子バレエ団『トリプルビル』アンコール公演に、NYCBからユニティー・フェランがゲスト出演するそうです。出演する演目は『セレナーデ』。他にもゲストがいそうなんですが、チラシの文字が読めなくて、、、。

■ 松本道子バレエ団 2017 トリプルビル アンコール公演

『セレナーデ』
『Purple』
『決闘 ル・コンバ』
『カフェバー・カンカン』

3月10日(金)18:30
会場:日本特殊陶業市民会館フォレストホール
S席:8,000円 A席:6,000円 B席:4,000円




明日のプレミアムシアターはバレエだそうです。ボリショイの2作品、グリゴローヴィチの『黄金時代』とラコットの『マルコ・スパーダ〜あるいは盗賊の娘』です。

BSプレミアム <プレミアムシアター>

2月20日(月)午前00:00 【19日(日)深夜】

『黄金時代』全2幕  (収録:2016年10月13日、16日 ボリショイ劇場)
振付:ユーリ・グリゴローヴィチ
音楽:ドミートリ・ショスタコーヴィチ

リタ(若い踊り子):ニーナ・カプツォーワ
ボリス(若い漁師):ルスラン・スクヴォルツォフ
ヤーシュカ(ギャングのリーダー):ミハイル・ロブーヒン
リューシカ(ギャングの仲間):エカテリーナ・クリサノワ

指揮:パヴェル・クリニチェフ
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

『マルコ・スパーダ〜あるいは盗賊の娘』全3幕  (収録:2014年3月28日、30日 ボリショイ劇場)
振付:ピエール・ラコット
音楽:ダニエル・オーベール

マルコ・スパーダ(盗賊):デーヴィッド・ホールバーグ
アンジェラ(マルコの娘):エフゲーニャ・オブラスツォワ
サンピエトリ(侯爵の娘):オリガ・スミルノワ
フェデリッチ公爵(サンピエトリの婚約者):セミョーン・チュージン
ペピネッリ伯爵(竜騎兵隊長):イーゴリ・ツヴィルコ
ボロメオ(修道士):アレクセイ・ロパレーヴィチ
オサリオ侯爵:アンドレイ・シトニコフ
花嫁:アナスタシア・スタシケーヴィチ
花婿:ヴァチェスラフ・ロパーティン

指揮:アレクセイ・ボゴラード
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

posted by uno at 13:04| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

パリ・オペラ座バレエ団、出演者変更(2/15付)

パリ・オペラ座バレエ団の公演に出演者の変更が出ましたね。エルヴェ・モローとマチュー・ガニオが降板とは、、、。ちょっと衝撃が大きすぎでは・・・。いや、誰が怪我したって心配だし、誰が降板したって悲しむ人はいるけど、それにしても、、、。2人とも理由は怪我とのことで、心配ですね。
2人の降板に伴い、そのほかの配役にも変更が出ています。

<パリ・オペラ座バレエ団2017年日本公演 出演者変更> 2月15日付

『ラ・シルフィード』

3月2日(木)18:30
  ラ・シルフィード:ミリアム・ウルド=ブラーム
  ジェイムズ:マチアス・エイマン
  エフィー:レオノール・ボラック
  パ・ド・ドゥ:エレオノール・ゲリノー、フランソワ・アリュー

3月3日(金)18:30
  ラ・シルフィード:アマンディーヌ・アルビッソン
  ジェイムズ:マチュー・ガニオ → ユーゴ・マルシャン
  エフィー:ヴァランティーヌ・コラサント
  パ・ド・ドゥ:マリーヌ・ガニオ、マルク・モロー → アルチュ・ラヴォー 

3月4日(土)13:30
  ラ・シルフィード:リュドミラ・パリエロ
  ジェイムズ:ジョシュア・オファルト
  エフィー:オーレリア・ベレ
  パ・ド・ドゥ:ジェニファー・ヴィソッチ、パブロ・レガサ → マルク・モロー

3月4日(土)18:30
  ラ・シルフィード:ミリアム・ウルド=ブラーム
  ジェイムズ:マチアス・エイマン
  エフィー:レオノール・ボラック
  パ・ド・ドゥ:エレオノール・ゲリノー、フランソワ・アリュー

3月5日(日)15:00
  ラ・シルフィード:アマンディーヌ・アルビッソン
  ジェイムズ:マチュー・ガニオ → ユーゴ・マルシャン
  パ・ド・ドゥ:マリーヌ・ガニオ、マルク・モロー → アルチュ・ラヴォー 

<グラン・ガラ>

3月9日(木)18:30
「テーマとヴァリエーション」
  ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ → ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
「ダフニスとクロエ」 
  ダフニス:エルヴェ・モロー → ジェルマン・ルーヴェ
  クロエ:オレリー・デュポン
  ドルコン:マルク・モロー
  リュセイオン:レオノール・ボラック
  ブリュアクシス:フランソワ・アリュー
「アザーダンス」
   リュドミラ・パリエロ、マチアス・エイマン → ジョシュア・オファルト

3月10日(金)18:30
「テーマとヴァリエーション」 
  ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
「ダフニスとクロエ」 
  ダフニス:ジェルマン・ルーヴェ → マルク・モロー
  クロエ:アマンディーヌ・アルビッソン
  ドルコン:アリステル・マディン
  リュセイオン:ヴァランティーヌ・コラサント
「アザーダンス」 
  ドロテ・ジルベール、ジョシュア・オファルト

3月11日(土)13:30
「テーマとヴァリエーション」 
  ヴァランティーヌ・コラサント、ジョシュア・オファルト → フランソワ・アリュー
「ダフニスとクロエ」 
  ダフニス:エルヴェ・モロー → ジェルマン・ルーヴェ
  クロエ:オレリー・デュポン
  ドルコン:マルク・モロー
  リュセイオン:レオノール・ボラック
  ブリュアクシス:フランソワ・アリュー
「アザー・ダンス」
  リュドミラ・パリエロ、マチアス・エイマン

3月11日(土)18:30
「テーマとヴァリエーション」 
  ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ → ジョシュア・オファルト
「ダフニスとクロエ」
  ダフニス:エルヴェ・モロー → ジェルマン・ルーヴェ
  クロエ:オレリー・デュポン
  ドルコン:マルク・モロー → ジェレミー=ルー・ケール
  リュセイオン:レオノール・ボラック
  ブリュアクシス:フランソワ・アリュー
「アザー・ダンス」
  リュドミラ・パリエロ、マチアス・エイマン

3月12日(日)15:00
「テーマとヴァリエーション」 
  ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
「ダフニスとクロエ」 
  ダフニス:ジェルマン・ルーヴェ → マルク・モロー
  クロエ:アマンディーヌ・アルビッソン
  ドルコン:アリステル・マディン
  リュセイオン:ヴァランティーヌ・コラサント
  ブリュアクシス:アルチュ・ラヴォー
「アザーダンス」 
  ドロテ・ジルベール、ジョシュア・オファルト

→ NBS
posted by uno at 18:28| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

『ルグリ・ガラ』演目発表&大阪/名古屋公演

『ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー』の演目が一部発表になりました。さらに、名古屋と大阪の公演も発表されています。名古屋公演の情報がチケットぴあに出ていたので、久々に公式サイトを見に行ったら、大幅に更新されていてビックリしました。なかなか更新されないから、全然見に行ってなかったんですよね、、。演目はまだ一部ですが、やはりマイヨーの『じゃじゃ馬馴らし』が一番気になります。大阪と名古屋はどちらもAプロなんですね。AプロとBプロを上演してくれれば、両プログラム見に行ける人が増えるかもしれないのにな〜、と。って、大阪と名古屋ってそんなに近くもないか、、。まあ、何かしら事情があるのだとは思いますが。東京公演の席割りが出ているのが嬉しいです。イープラスを見に行ったら座席選択になっていたので、イープラスで取ろうかな、と。因みに、イープラスの座席選択先行販売が2月18日(土)の12:00から始まります。

 『ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー』

【大阪】 Aプログラム
8月19日(土) 開演時間未定
会場:フェスティバルホール

S席:14,000円 A席:11,000円 B席:8,000円 C席:6,000円
BOX:18,000円
バルコニーBOX(2席セット):28,000円
一般発売:3月26日(日)

【名古屋】 Aプログラム
8月20日(日)17:00
会場:愛知県芸術劇場大ホール

S席:17,000円 A席:13,000円 B席:9,000円 C席:7,000円 D席:5,000円
一般発売:3月25日(土)

【東京】
8月22日(火)18:30 Aプログラム
8月23日(水)18:30 Bプログラム
8月24日(木)18:30 Bプログラム
8月25日(金)18:30 Aプログラム
会場:東京文化会館

S席:18,000円 A席:16,000円 B席:14,000円
C席9,000円 D席:7,000円 E席:5,000円
S席セット券:35,000円 (公演プログラム付き)
一般発売:3月25日(土)
→ イープラス 座席選択先行2月18日(土)12:00〜

<Aプログラム>

『じゃじゃ馬馴らし』
振付:ジャン・クリストフ・マイヨー
音楽:ドミトリ・ショスタコーヴィチ

オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

<マニュエル・ルグリ ソロ> (世界初演)
振付:ナタリア・オレクナ

『海賊』  第2幕より アダージオ
振付:マニュエル・ルグリ
音楽:アドルフ・アダン

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

『グラン・パ・クラシック』
振付:ヴィクトル・グゾフスキー
音楽:フランソワ・オーベール

オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

『フェアウェル・ワルツ』
振付:パトリック・ド・バナ
音楽:フレデリック・ショパン、ウラジーミル・マルティノフ

イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ

<Bプログラム>

『ファラオの娘』
振付:ピエール・ラコット
音楽:チェーザレ・プーニ

オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

『ジュエルズ』より ”ダイヤモンド”
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

『ドン・キホーテ』
振付:マリウス・プティパ
音楽:レオン・ミンクス

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

『ジゼル』
振付:マリウス・プティパ、ジャン・コラリ、ジュール・ペロー
音楽:アドルフ・アダン

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

『海賊』より オダリスク
振付:マニュエル・ルグリ
音楽:アドルフ・アダン

ニキーシャ・フォゴ、ナターシャ・マイヤー、ニーナ・トノリ

<2演目> 演目未定

イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ

※演目はどちらも一部です。追加の演目は決定しだいお知らせとのこと。

posted by uno at 14:11| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>【福岡公演】

オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>の福岡公演があります。チケットぴあに情報が出ていました。全国公演があるとは思わなかったな〜。こうなると、福岡以外にもあるのかどうか、気になってしまいますね。アクロス福岡のサイトにはまだ出ていないようですが、KBC九州朝日放送のサイトには情報が出ています。
パリ・オペはNBSの発表した東京公演と同じメンバーなんですが、ロイヤルのほうは東京より少ないメンバーになっています。フランチェスカ・ヘイワードとマルセリーノ・サンベの名前がありません。これから増えるのか、これが決定メンバーなのか気になるところですが、「他」と書かれていないので、彼らは日程が合わなかったのかもしれませんね。

■ オペラ座&ロイヤル 夢の競演 <バレエ・スプリーム> 【福岡】

8月2日(水)18:30
会場:福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

S席:18,000円 A席:15,000円 B席:12,000円 C席:9,000円
一般発売:3月26日(日)

【パリ・オペラ座バレエ団】
ミリアム・ウルド=ブラーム、レオノール・ボラック、オニール八菜
マチアス・エイマン、フランソワ・アリュー、ジェルマン・ルーヴェ
ユーゴ・マルシャン 

【英国ロイヤル・バレエ団】
スティーヴン・マックレー、フェデリコ・ボネッリ、ヤーナ・サレンコ
サラ・ラム、高田茜、ベンジャミン・エラ

posted by uno at 15:25| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡』4K生中継

ニーナの公演、『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡〜最後のクラシック・ガラ』の4K生中継があります。日程は3月16日(木)19時開演の回です。千葉、東京、大阪の3箇所で開催。チケットぴあにて発売中です。
大阪だけ18歳未満入場不可となっていて、ん?と思って調べたら、大阪府では終演が22時を超える上映は18歳未満は入場できないんだそうです。そうなんだ〜。ということは、公演は休憩を挟んで3時間を越える予定だということですね。

■ 『ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡〜最後のクラシック・ガラ』 4K生中継

3月16日(木)19:00

全席指定:3,000円

TOHOシネマズ流山おおたかの森(千葉県)
TOHOシネマズ日本橋(東京都)
TOHOシネマズ梅田 (大阪府) ※18歳未満は入場不可。

posted by uno at 17:26| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』キャスト/他

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』のキャストが、文京シビックホールのサイトに出ていました。さらに、バレエ団のHPでは次の公演の予定が発表されています。『ドン・キ』の次は、10月に『眠り』の上演が予定されています。日程だけでも出してくれると、有り難いですよね。2日目にキトリを踊る阿部裕恵さんは、昨年の12月の『くるみ』で雪の女王に配役されていた方ですね。キトリ・デビューでしょうか。

■ 牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』

6月10日(土)15:00 (終了時間 17:35)
6月11日(日)14:30 (終了時間 17:05)
会場:文京シビックホール

S席:10,800円 A席:8,000円 B席:5,000円
一般発売:3月9日(木)

【キャスト】
6月10日(土)
  キトリ:青山季可
  バジル:菊地研
6月11日(日)
  キトリ:阿部裕恵
  バジル:清瀧千晴

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI


■ 牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

10月7日(土)
10月8日(日)
会場:文京シビックホール


WEB MagazineのDancersに、清瀧千晴さんのインタビューが掲載されています。

牧のダンサーブログでは、山際諒さんがタイツを自分で染めたという話しをされていて面白かったです。ゲストで踊ったブルバードの貸衣装にタイツがついていなかったので、自分で用意してほしいと言われたものの、衣裳に合う色のタイツがない。そこで自分で染めることになったそうです。女性陣が自分でトウシューズをカスタマイズする話はよく聞きますが、ダンサーはタイツも染めるのか、と。しかも、衣裳とピッタリ同じ色に染まっててすごい。そういえば、作品によっては女性はトウシューズを染めることもりますよね。ということは、男性もバレエシューズを染めたりしてるのかな。団内の公演だったら、皆で一緒にやるか、衣裳さんがやってくれるのかもしれないですね。
東バも以前のように、ダンサーが更新するコーナーがあったらいいのにな〜、と。でもこういうのは、好きじゃない人は辛いですもんね、、。

東バの子どものためのバレエ『ねむり』横須賀公演の情報が、チケットぴあに出ました。発売日は4月3日(月)です。
posted by uno at 22:53| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

イーゴリ・コルプがゲスト、バレエ・トラディション第3回公演の演目詳細。

イーゴリ・コルプがゲスト出演する、バレエ・トラディション第3回公演の演目・キャスト詳細が出ていました。コルプは田北志のぶさんと『シェヘラザード』を踊る他、同じく田北さんと『ロミオとジュリエット』のパ・ド・ドゥも踊ります。

■ バレエ・トラディション第3回公演 『The 3rd BALLET TRADITION』

2017年3月9日(木)18:30
会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール

SS席:9,000円 S席:8,000円 A席:7,000円
               
『シェヘラザード』全幕               
  ゾベイダ:田北志のぶ                
  金の奴隷:イーゴリ・コルプ                
  シャリアール:桝竹眞也                
  シャフゼーマン:堤淳                
  6人の妻:
     大溝ちあき、小林翔子、高浦 美和子
     前澤鮎美、水谷彩乃、堀友香                
  オダリスク:岩渕美希、宇野澤寛子、朴智善

『ロミオとジュリエット』より「パ・ド・ドゥ」               
  ジュリエット:田北志のぶ                
  ロミオ:イーゴリ・コルプ

『海賊』より「花園の場」                
  メドーラ… 楠田智沙               
  ギュリナーラ… 澤田夏               
  オダリスク…大城美汐、清水若菜、森佐和子

『Nostalgia』 
  土井由希子、石黒善大
  平尾麻実、檜山和久
  大溝ちあき、小林翔子、高浦美和子
               

→ バレエ・トラディション
posted by uno at 19:06| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする