2017年07月24日

山海塾からお知らせ(九州での世界初演の日程も)。

山海塾オンラインチケットから会員向けにメールが届きました。11月に新国立劇場で上演される『めぐり』は、山海塾オンラインチケットでは購入できないので、別の販売サイトでご購入下さいという、丁寧なお知らせでした。新国立劇場ボックスオフィス、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、すべてオンラインでは座席選択可能です。新国ジ・アトレの先行販売(入会が必要)の案内もありました。

それよりも!(いや、それも大事だけど)、来年3月に北九州芸術劇場で世界初演される新作の日程が判明しました。3月24日(土)、25日(日)だそうです。もう1週前の17日(土)、18日(日)と予想してたんですが、ハズレました。NBAバレエ団の『海賊』(久保紘一版世界初演)が17日・18日なので、そこと重ならなかったのはちょっと嬉しいかも。東バは4月に『セレナーデ』初演がるので、3月は何もないと思うんだけどな〜。山海塾の新作は、北九州芸術劇場で世界初演の後、5月下旬〜6月上旬に東京公演を予定しているそうです。

『めぐり』東京公演では、2日目の11月26日(日)に、天児さんと舞踊評論家・愛知県立芸術大学客員教授の石井達朗さんによるポストパフォーマンストークがあります。新国のサイトも山海塾のサイトもまだ発表してないけど、書いてしまって大丈夫かな、、。なるべく公式に出ていないことは書かないようにしてるんだけど、その辺の加減がよくわかりません。森山開次さんのメルマガは、SNS等で書いていいものと、まだ書かないでねというものを線引きしてくれているので、有り難いです。と言いつつ、結局、世界初演の日程もポストパフォーマンストークの情報も書いてしまうんですが、、。

新国のサイトに『めぐり』の座席表がUPされているんですが、それによると最前列は6列。通路より後ろ(10列以降)の両サイドは使用しないようです。1階席がA席、2階席がB席です。

■ 山海塾『海の賑わい陸(おか)の静寂−めぐり』

11月25日(土)14:00
11月26日(日)14:00 ★ポストパフォーマンストークあり
会場:新国立劇場 中劇場

A席:5,400円 B席:3,240円
一般発売:9月10日(日)


■ 山海塾『新作』 世界初演 【北九州】

2018年
3月24日(土)
3月25日(日)
会場:北九州芸術劇場
posted by uno at 13:16| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

山海塾『新作』、2018年3月に北九州芸術劇場で世界初演。

昨日、小倉から帰ってまいりました。日曜日に、山海塾の『とばり』を北九州芸術劇場で見てきました。その前に、先週はピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団の『カーネーション−NELKEN』の初日を鑑賞。会場には山海塾の天児さんや、大野慶人さん、コンドルズの近藤良平さんの姿が。あ、もちろん楠田枝里子さんも。楠田さんはご自身のサイトに初日の興奮冷めやらぬ様子を綴っていらっしゃいますね(→ こちら)。土曜日は神奈川県民ホールで勅使川原三郎さん演出による『魔笛』を見ました。楽しかったですー♪ もう、モノスタトスがね(笑)。カーテンコールで手を振る姿に、山海塾のカテコで手を振る舞踏手が重なりました。

小倉に当日入りして、山海塾を鑑賞。北九州芸術劇場で『とばり』が上演されるのは、初演の2008年以来、2度目だそうです。『とばり』は一時期全国ツアーで上演していたので、久しぶりではないような気がしていたんですが、私が最後に見たのももう3年半前でした(2013年9月 相模大野)。

そして、当日の会場で速報が配られました。新作のワールドプレミアが、北九州芸術劇場で開催されます! やったー♪ 前作の『めぐり』に続き、今度の新作も日本で世界初演を迎えることになりました。公演は2018年3月。劇場の方の話によると、今回の公演と大体同じ時期になるのではないかとのこと。3月の半ば以降という感じでしょうか。また東バの公演と重ならないといいんだけど、、。東バの公演は3月より2月のほうが多いから、大丈夫だと思うんだけどな〜。あまり自分の日頃の行いがよくないので、こういうとき、妙に不安になります・・・。

世田谷パブリックシアターが東京初演を開催してくれるとしたら、また5月くらいでしょうか。ということは、2018年度のラインナップに入りますね。で、さっき見に行ったら、2017年度のシーズンラインナップが出ていました。

posted by uno at 14:39| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

山海塾『とばり』、ポストトークの詳細が決定。

いよいよ今週はピナとニーナが始まりますね。私はニーナはパスです、、、。連休は神奈川県民ホールで勅使川原三郎さん演出の『魔笛』、そして北九州で山海塾です。ピナの『カーネーション』は当日券も出るみたいです。全日程で販売予定ですが、席種・枚数は公演ごとに異なるとのこと。お一人様一枚で、支払いは現金のみ。

山海塾『とばり』北九州公演の、天児さんのポストパフォーマンストークのゲストが発表されました。編集プロデューサーの坪池栄子さんです。坪池さんは、2013年にグリーンホール相模大野で『とばり』が上演された際のポストパフォーマンストークにも登場されました。私も見に行ってトークも聞いてきたんですが、ブログにはUPしなかったようです、、。メモは残っているはず。というのも、2013年は私の暗黒時代でして、ブログの記事投稿数が過去最大に減った年なんです。2013年の投稿は、1年間で17回。公演の感想に至ってはゼロです。目の前の舞台に集中できないこともあり、その年の舞台は「見たはずなんだけど何でこんなに覚えてないのかな〜」というものがチラホラあります。
その2013年のポストトークのときのメモを引っ張り出してきました。断片的にしか書いてないけど、なんとなく思い出しました。直後なら文章にできたんだろうけど、流石にもう無理だな〜。世界各地で公演をする中で、南米などでは暗幕に穴が開いていて光がもれてしまうことがあり、それが『とばり』の装置のヒントになったという話が印象的だったようです。

ここ数年は毎年のように山海塾の北九州公演を見に行っていたんですが、昨年は東バの公演(ブルメイステル版『白鳥』)と重なってしまい行けなかったので、2年ぶりの小倉です。1泊ですが、ちょっと観光もしてこようかな〜と思ってます。春休みの3連休。女一人で福岡観光です。

posted by uno at 01:06| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

新国立劇場にて、山海塾『めぐり』の上演が決定。

新国立劇場の2017/2018シーズン バレエ&ダンス ラインナップが発表されましたね。どうやらツイッターのほうではバレエのラインナップへの失望的なものが渦巻いているようなんですが、ここのところまったく見に行っていない私には何か言う資格もないと言いますか、、、。一言で言えば、意欲的でないという感じなんでしょうか? 最近は東京シティ・バレエ団やNBAバレエ団、スタダンなども意欲的なプログラムが見られますものね〜。東バはどうだろう? 一応、「イン・ザ・ナイト」と「アルルの女」の初演があるか。

というわけで、バレエのほうにはあまり触れないんですが、びっくりしたのはダンスのほうです。山海塾『めぐり』の公演があるじゃないですか〜♪ 新国立劇場での公演は初めてじゃないでしょうか? 東京で見られるなんて嬉しい! 7月にびわ湖ホールでも『めぐり』の公演があり、東バの『ラ・バヤデール』と重なっているのでどちらを見に行くか迷っていたんですが、これで心は決まりました。びわ湖は諦めて、東バを見に行こうと思います。山海塾を東京で2回も見られるなんて、嬉しいな〜♪

■ 山海塾『海の賑わい陸(おか)の静寂−めぐり』 
  2017/2018シーズン 舞踏の今 その1

2017年
11月25日(土)14:00
11月26日(日)14:00
会場:新国立劇場 中劇場

A席:5,400円 B席:3,240円 Z席1,620円
会員先行販売期間:8月27日(日)〜9月6日(水)
一般発売:9月10日(日) 

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古隆、YAS−KAZ、吉川洋一郎

出演:天児牛大、蟬 丸、岩下徹、竹内晶、市原昭仁、松岡大、石井則仁、百木俊介



<新国立劇場 2017/2018シーズン バレエ ラインナップ>

『くるみ割り人形』【新制作】
『シンデレラ』
新国立劇場開場20周年記念特別公演『ニューイヤー・バレエ』
『ホフマン物語』
『白鳥の湖』
『眠れる森の美女』

<新国立劇場 2017/2018シーズン ダンス ラインナップ>

舞踏の今 その1 山海塾『海の賑わい 陸(おか)の静寂−めぐり』
高谷史郎(ダムタイプ) 『ST/LL』
舞踏の今 その2 大駱駝艦・天賦典式『罪と罰』
森山開次『サーカス』

posted by uno at 15:23| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

山海塾『とばり』【北九州公演】天児牛大さんによるポストトーク決定。

間もなく先行販売が始まる山海塾の北九州公演『とばり』ですが、天児牛大さんによるポストパフォーマンストークが決定したようです。少し前に確認しに行ったら、ポストパフォーマンストーク実施のアナウンスが追加されていました。『とばり」は天児さんも出演されているので、天児さんの準備(白塗り落としたり)が整うまで対談相手の方がトークするのではないかと思います。白塗りを落としてきた天児さんは、いつもツヤツヤです。お肌が綺麗なんですよね〜。
チケットクラブの先行予約は1月14日(土)の1日のみ。一般発売が1月21日(土)から始まります。

■ 山海塾『降りくるもののなかで−とばり』 【北九州】

2017年3月19日(日)14:00  ☆天児牛大さんによるポストパフォーマンストークあり。
会場:北九州芸術劇場 中劇場

一般:4,500円
ユース(24歳以下):2,500円
チケットクラブ先行予約:1月14日(土)10:00〜17:00のみ
一般発売:1月21日(土)10:00より



東バの『ラ・バヤデール』と公演日が重なっている山海塾の『めぐり』大津公演ですが、まだどちらを見に行くか決められずにいます。東バのアッサンブレ先行予約が1月18日(水)から始まるので、それまでに決めなきゃいけないんだけど、、、。『めぐり』は、これから国内で上演されていくと思うので、ここを逃しても見る機会はあるような気がするんですが、そういう油断はよくないんですよね〜。今までの流れなら、世田谷パブリックシアターが次の新作を上演する際に、前作の『めぐり』とセットで上演してくれると思うんですが、それだって約束されているわけではないし。川島さんのガムザッティだって、これからは主演が増えると考えれば、この先見られるという保証もない。アッサンブレの先行予約は見送って、山海塾の発売日まで悩むという手段もあるんですが、今回の『ラ・バヤ』は先行予約期間だけチケット代が2割引なんです(通常は1割引)。どうせなら2割引のときに取りたいという気持ちも出てきてしまうわけで、、、。
は〜、考えても考えても決められないです、、、、。
posted by uno at 11:07| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

山海塾『降りくるもののなかでーとばり』公演情報【北九州】

北九州芸術劇場のサイトに、来年3月の山海塾『とばり』の公演情報が出ました。チケットクラブの先行予約が2017年1月14日(土)の10時〜17時。発売日が判明してスッキリした〜。チケットぴあにも出ました。

■ 山海塾『降りくるもののなかでーとばり』 【北九州】

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古隆、YAS-KAZ、吉川洋一郎

舞踏手:天児牛大、蝉丸、竹内晶、市原昭仁、長谷川一郎、松岡大、石井則仁、百木俊介

2017年
3月19日(日)14:00
会場:北九州芸術劇場 中劇場
一般:4,500円 ユース:2,500円
チケットクラブ先行予約:2017年1月14日(土)10:00〜17:00のみ
一般発売:2017年1月22日(日)10:00

→ 北九州芸術劇場
→ チケットぴあ


北Qさんは、年に1回、山海塾の公演を企画してくれるので、本当に有り難いです。これがなければ、2〜3年は平気で見られないですからね〜。今のところ見に行く予定なので、山海塾の日は避けて勅使川原さんの『魔笛』のチケットを取ってあります。あとは、ピナとニーナをどうするか、です。全部見に行くのは難しいかもな〜、、、。
posted by uno at 00:15| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

山海塾 2017年 北九州公演

2017年の山海塾の北九州公演の情報が出てました。よかった〜。来年も北九州芸術劇場で公演があるとわかってホッとしました。作品は『とばり』です。そうきましたか〜。しばらく見られないんじゃないかと思ってたので、嬉しい♪ まぁ、もうなんでも嬉しいんですけどね♪ 北九州芸術劇場のチケットクラブの期限が切れてましたよ、、、。2年に1回、更新しないといけないんですが、去年更新するのをすっかり忘れてました、、、。入り直さなきゃな。
来年も何かの公演と重なったりするかな〜。今年は東バのブルメイステル版『白鳥の湖』と重なって見に行けなかったんですよね、、、。今のところ判明しているのは、ヴッパタール舞踊団の『カーネーション』(@さいたま芸術劇場)と、ニーナのガラ公演(@東京文化会館)、勅使川原三郎さんの『魔笛』(@神奈川県民ホール)などです。『魔笛』は東バのダンサーが出演すると思われるので、入れてみました。ということは、この日程で東バの公演が行われることはないかも? 因みに東バは、2月25日(土)に神奈川県民ホールでトリプル・ビルを上演することが判明しています。ニーナのガラは、『オールスター・バレエ・ガラ』の会場で速報チラシが配られているそうで、ツイッターのほうで教えていただきました。『カーネーション』もニーナ・ガラも、何日間か公演があるので、今度は大丈夫じゃないかな〜、と。

■ 山海塾『降りくるもののなかでーとばり』【北九州】

2017年3月19日(日)14:00
会場:北九州芸術劇場 中劇場

→ 北九州芸術劇場 ダンスダイブ
posted by uno at 23:06| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

山海塾『金柑少年』北九州公演

山海塾の北九州公演の情報が出たと、ツイッターのほうで教えて頂きました。本当だ〜。気がついたら、劇場のサイトもチケットぴあも更新されてました。久々にきましたよ〜、『金柑少年』です! 1年に1度のペースで山海塾の公演を企画してくれる北九州芸術劇場さん。今年は新作を上演したし、『かげみ』は一応DVD発売記念ってことだったし、最新DVDの『とばり』は比較的上演してから日が浅いし。もしかしたら来年辺り、そろそろくるんじゃないかな〜と期待してたんですよね〜♪ 
しかし、日程を見て、なんだか嫌な予感が、、、。やっぱり!! 東バの『白鳥』と重なってるじゃないですか〜。嘘でしょ〜。もうなんか、ショックすぎて頭がクラクラした・・・。よりによって、川島さんと岸本さんの日ですよ。見逃せないよな〜。横須賀が川島ー岸本だったりしないかしら。横須賀以外にも公演があるのなら、どこかしらで川島ー岸本が見られればいいんだけど、、。横須賀のキャスト、いつ出るかな〜。チケットの発売前には出るでしょうか。横須賀『白鳥』の一般発売日が11月3日(火・祝)、山海塾の劇場先行発売が11月14日(土)。しかし、それらより前に東京公演のアッサンブレ先行発売が始まっちゃうだろうなぁ、、、。
やっと久々に『金柑少年』が見られると思ったのに、どうしてこんなことに、、、。なんか、いつもこの時期は東バと山海塾が重ならないだろうかとドキドキしているような気がします。

あ、というか、東バと重なっていることがショックすぎて見逃していたけど、長谷川さんの名前がある。とりあえずよかった。

■ 山海塾『金柑少年』 【北九州】

2017年2月7日(日)14:00
会場:北九州芸術劇場 中劇場

全席指定 一般:4,500円 ユース:2,500円
一般発売:11月22日(日)
チケットクラブ先行予約:11月14日(土)

振付・演出・デザイン:天児牛大
音楽:吉川洋一郎
舞踏手:竹内晶、市原昭仁、長谷川一郎、松岡大、石井則仁、百木俊介

→ 北九州芸術劇場
→ チケットぴあ
posted by uno at 11:04| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

山海塾『新作』世界初演 北九州公演

山海塾の新作のため、北九州芸術劇場に行ってまいりました。世界初演です。日本でのワールドプレミアは実に36年ぶりとのこと。因みに山海塾は今年、結成40年を迎えています(1975年結成)。1979年に日本で作品を発表して以降、1980年にはパリへ渡り、ワールドツアーをスタートさせた彼らが、日本で話題になったのはいわゆる「逆輸入」ということになるのでしょうか。山海塾の面白さに最初に気付いたのが日本ではないというのが、悔しいような、残念なような…。今回のアフタートークで北九州芸術劇場館長の津村卓氏が、毎回パリのワールドプレミアを見に行くのだが、終演後に拍手をしていると、周りの(隣の?)フランス人が「ドヤ顔」をしてくると仰っ ていたのが印象的でした。「どうだ、我々の山海塾は」と言わんばかりのドヤ顔に、悔しいような羨ましいような思いがする、と。今回、日本で初演を迎えることになったのは、結成40年の節目ということもあるとは思いますが、パリ市立劇場の改装工事とシーズンの関係もあるようで、そちらのほうが要因としては大きかったのではないかと。日本で世界初演というのはとても嬉しいんですが、私としては今後もパリ市立劇場で新作を初演する存在であり続けてほしいと思っています。でも、会場でパンフレットをもらうまでタイトルがわからないという、あの特別感は癖になりそうですけど(笑)。


なんと今回、終演後の舞台の撮影が許可されました。私は気付かなかったんですが、初日もOKだったようです。2日目はアフタートークの後に5分程度、時間を設けてくれました。感動ですよ〜。山海塾のあの美しい舞台を写真に撮ることができるなんて! 東京公演では定かではないので、くれぐれもご確認を〜。
  • 20150331122655934.jpg
  • 20150331122713242.jpg
posted by uno at 22:42| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

山海塾『とばり』松本公演

まつもと市民芸術館のサイトに山海塾の公演情報が出ました。主ホールでやるんですね〜。いいなぁ、あの空間で山海塾が見られるなんて。天児さんのトークはないようですが、関連イベントとして蟬丸さんのワークショップがあります。松本は、2008年の日本ツアーの最終地だったと思います。それ以来かな? そういえば、BBLの最終地も松本だったなぁ、、、。

■ 山海塾『降りくるもののなかでーとばり』 【松本】

6月13日(土)14:00
会場:まつもと市民芸術館 主ホール

全席指定
一般:5,400円 25歳以下:3,500円
チケット発売:4月4日(土)

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古 隆、YAS-KAZ、吉川洋一郎
舞踏手:
  天児牛大、蟬丸、竹内晶、市原昭仁、長谷川一郎、松岡大、石井則仁、百木俊介
共同プロデュース:パリ市立劇場 / 北九州芸術劇場 / 山海塾
初演:2008年5月パリ市立劇場

【山海塾ワークショップ』
舞踏手 蟬丸さんによるワークショップを開催いたします。

5月12日(火)19:00〜21:00
場所:まつもと市民芸術館 オープンスタジオ
参加費:1,000円
定員:20名
受付開始:4月4日(土)
※チケットを購入された方、先着順。
※定員になり次第、締切とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

→ まつもと市民芸術館
posted by uno at 15:21| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする