2020年03月14日

『大浮世絵展』@福岡市美術館 2020年2月

先月、北九州に山海塾『ひびき』(リ・クリエーション)を見に行った際、小倉から天神に足を延ばし、福岡市美術館へ行ってまいりました。公演の前日に小倉入り。公演のあと天神に移動して、2日目は天神泊。そして最終日、福岡市美術館で『大浮世絵展』を鑑賞してまいりました。私が九州を訪れたのが2月22日(土)〜24日(月・祝)。その後、新型コロナウィルス感染症の影響で、福岡市美術館は2月27日(木)〜3月20日(金)まで休館となりました。『大浮世絵』の会期は3月22日(日)まで。最後の2日間、どうなるでしょうか、、。

そういえば、前に大阪で国芳展を見たよな〜と思って調べたら、2011年に大阪市立美術館(天王寺)で『没後150周年 歌川国芳展』を見ていました。何かのバレエを見に行ったはずなんですが、思い出せない、、、。これまた調べたら、BRBの『ダフニスとクロエ/真夏の夜の夢』を兵庫芸文に見に行ったときでした。駄目ですね〜。どちらも行ったことは覚えてるけど、繋がっていなかった。
絵を見た記憶も留めておきたいな〜と思い、美術館鑑賞記を残してみることにしました。いつまで続くかわからないけど、、。遠征先では図録は買わないことにしています。重たいので、、。それでもどうしても欲しくて買ってしまって、アンドリュー・ワイエスと熊谷守一の図録は買ってしまいました。金銭的余裕があるかないかにもよりますが(苦笑)。

20200304_105325.jpg
『大浮世絵』、予想以上に楽しかったです。あまり時間もなかったので、サーっと見る予定だったんですが、そうもいきませんでした。展示の順番は、歌麿→写楽→北斎→広重→国芳。最初2人は、美人画の歌麿、役者絵の写楽ということで(ということでいいですか?)、つまり人物画。自分、人物より風景の浮世絵のほうが断然好きだということがわかりました。それがわかったことは、今回の収穫の一つ。時間がないこともあり、前半はスーッと、、、。すみません。同じ版でも摺りの違いによってずいぶん違う印象の作品になるのは面白かったです。

写真撮影はNG。気になった絵はポストカードを買うようにしているので(ポストカード蒐集が若干趣味)、今回はポストカードの写真になります。

北斎コーナーから完全に足が止まりました。面白かった〜。そして美しかった。
私が気に入ったのは「諸国瀧廻り」というシリーズ。全8図のシリーズですが、展示替えもあり全ては見られず。5月にBBLの遠征で名古屋に行くんですが、ちょうど愛知県美術館で開催しているので(→ こちら)、展示内容によっては行ってみようかな、と。因みに、「富嶽三十六景」より後に制作された作品だそうです。

葛飾北斎
諸国瀧廻り「下野黒髪山きりふりの滝」
20200303_154341.jpg

諸国瀧廻り「木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝」
気になりすぎる構図です。落ち口が円形をしていて、本来この角度からは見えるはずのない水面が描かれています。
20200303_154356.jpg

富嶽三十六景「五百らかん寺さざゐどう」
人々の視線や、床の板目、そして右上の屋根の消失点など、すべてが富士山を指しているとのこと。この作品だけでなく、じつに構図や視線誘導が巧みで、やはり構図って大事なんだな〜と思ってしまいました。
20200303_155710.jpg

歌川広重
東海道五十三次「蒲原 夜之雪」
絵の上の黒いライン。天ぼかしというそうです。この黒い天ぼかしがあるのは初摺りとのこと。へぇ〜、と。
20200303_155733.jpg 広重@

グッズ売り場には2種類のポストカードが売っていました。反射で見づらくてすみません。天ぼかしのあるもの(下)と、ないもの(上)。

20200303_160036.jpg

名所江戸百景「深川木場」
左下のワンコが可愛い♪
20200303_155810.jpg

名所江戸百景「猿わか町よるの景」
これは、「影」が印象的だった1枚。月明りに照らされて地面に落ちた影が、人も物も動物も、すべてのものに丁寧に描き込まれているのが印象的でした。手前の子犬の影まである(♪)。
20200303_155832.jpg

歌川国芳
「宮本武蔵と巨鯨」
こちらは3枚の版画で構成された「三枚続」。1枚はA4より大きいくらいかな〜と。迫力の構図は国芳のお得意のようです。ただ、後年に描かれた三枚続の展示には、「その迫力が失われている」という旨の解説がありました。そう言われると、確かにちょっと平面的な感じはしましたが、、。一番気に入ったのは「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」(三枚続)なんですが、ポストカードがなくて残念でした、、、。描線だけで描かれ墨色で塗られた烏天狗は、ぱっと見コラージュみたいだし、鰐鮫のウロコの一枚一枚に渦が描かれている様子とか、最高なんですよ〜。
20200303_155907.jpg

こちらはシール。左が国芳の猫、右は広重の猫です。広重の猫は展示はなかったんですが、思わず買っちゃいました。
20200303_155931.jpg

自分の中でルールがありまして、実際にその会場で見た作品のグッズしか買わないことにしています。そうしないと、購入したポストカードなどを後で見たときに、本当に自分がこの目で見たのかどうかわからなくなってしまうので。広重の「猫」は今回は展示はなかったんですが、どうしても欲しくて買っちゃいました。時々ルールを破ります、、。

写真が見づらくてすみません。門外漢の浮世絵鑑賞記でした。
posted by uno at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

愛知県美術館 コレクション展2020年1月

先月、名古屋に滞在した際、愛知県美術館へ行ってまいりました。目的は『コートールド美術館展』だったんですが、「企画展の入場券で入れるし、一応見ておくか」と思って入ったコレクション展がとても面白く、何ならコレクション展のほうが興味深かったかもしれません。いや、『コートールド美術館展』もとてもよかったんですが。あと、コレクション展のほうは写真撮影OKな作品がたくさんあるのもよかったです。というわけで、パシャパシャ撮ってきました。斜めからの写真が多いのは、反射で自分が映り込んでしまうのを避けるためです。見づらくてすみません、、。

まずはムンクの版画作品。ムンクの版画って、初めて見ました。色合いが好きです。
raw.jpeg

ムンク「老いた漁師」(1897年)。ムンクは木版画において、木目を利用することを好んでいたそうで、この「老いた漁師」でも、帽子のつばから下の部分(鼻の影や洋服に至るまで)で木目の細かいラインがそのまま刷られています。しかも、1897年の作品なんですが、1935年にムンク自身が水彩を塗り加えた貴重なものとのこと。
raw-1.jpeg

カンディンスキー「鏡」(1907年)。これも色がすごく好き。
カンディンスキー「鏡」

こちらもカンディンスキーの版画「クセログラフィー」(1909年)。連作版画の中の1枚。
カンディンスキー クセログラフィー

私がとても気に入ったのは、オスカー・ココシュの版画集『夢みる少年たち』(1908年刊行)。しかもこれ、マーラーの未亡人アルマに捧げられた貴重な一冊とのこと。
オスカー・ココシュカ「夢みる少年たち」解説

「夢みる少年たち」表紙。
オスカー・ココシュカ「夢みる少年たち」表紙

「夢みる少年たち」中身。解説によると、わずか5色で刷られているらしいです。どれもとっても素敵。
オスカー・ココシュカ「夢みる少年たち」

クリムト『人生は戦いなり』(黄金の騎士)(1903年)。コレクションの目玉の一つらしく、関連グッズがたくさんありました。私も記念にクリアファイルを購入。
クリムト「人生は戦いなり」

ミロ「絵画」(1925年)。作品リストの作品名のところに「絵画」って書いてあるんだけど、「無題」ってこと? それとも「絵画」っていうタイトルなのかしら。気になる。
ミロ 絵画
上のミロの作品のサイン部分。ち、小さい(笑)。可愛かったので、思わず撮ってしまいました。
ミロ サイン

マックス・エルンスト『ポーランドの騎士』(1954年)。絵の具が乾く前に板を当てて剥がすことで、岩肌のような複雑な背景を生み出しているとのこと。荒野を歩む騎士を描いたレンブラントの同題の絵画を下敷きにしているそうです。向かい合ってくちばしを合わせる二羽の鳥は、自分と妻を表しているそうです。
エルンスト「ポーランドの騎士」

パウル・クレー「女の館」(1921年)。
パウル・クレー「女の館」

同じくパウル・クレー「蛾の踊り」。どこが蛾なのかよくわからないんだけど、なんか好き。色合いかなぁ。蛾というより、何か妖精みたいな小さき者が、グンと身体を反らせて飛ぼうとしているようで可愛い。矢印が力の方向を示している感じも気になる。あと、「踊り」とつくと、やはり気になってしまいます。
パルク・クレー「蛾の踊り」

熊谷守一コレクションの中から猫を中心とした展示「熊谷守一と猫あつめ」。
熊谷守一と猫あつめ

熊谷守一 猫

熊谷守一「雨滴」(1961年)。猫以外で気に入ったのは「雨滴」。カフェオレにミルクを落としたみたいで、いい色。
熊谷守一 雨滴

というわけで、門外漢の美術鑑賞記でした。
posted by uno at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

11月22日。

posted by uno at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

私史上、最も。

私史上、最もリツイート&いいねを頂き、ちょっとドキドキしました。今後こんなことはもうないだろうと思い、貼ってみました。
因みに黒猫さん、触れません、、、。

posted by uno at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

カエルのミルク風呂(青柳総本家)@名古屋

北九州で山海塾を見た帰り、知人に会うために名古屋に寄りました。ネットで見つけてからず〜っと気になっていたスイーツがこれ ↓ 。

「カエルのミルク風呂」(青柳総本家)
か、可愛い、、、。
青柳総本家の「カエルまんじゅう」がミルクシェイクに浸かってるものなんですが、お持ち帰りができず、KITTE名古屋の青柳総本家のイートインコーナーで食べるしかないんです。女性グループばかりだったので一瞬迷ったんですが、頑張って食べてきました。まあ、誰も私のことなんて見てないし(笑)。いや〜、それにしても可愛い。笑ってるのがいいですよね〜。これで満足してしまって、カエルまんじゅうを買うのを忘れてしまいました。

ついでに小倉のランチも載せておこうかな、と。日曜日に伺いました。休日の古民家カフェなんて、女性グループかカップルしかいないですよ(たまたまだと思うけど)。「三木屋CAFE」でキッシュプレートランチ。この日のランチは1種類しかなく、別のランチがお目当てで行ったのでちょっと残念でした。でも、美味しかったです。

posted by uno at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

北九州で食べたカレー(2019年3月)。

今回の北九州の旅でもカレーを食しました。冒険心が乏しいもので、どちらも以前行ったことがあるお店なんですが、一応違うカレーを注文。最近は歳のせいか外食をすると食べきれなくて、カレー屋さんでも「ごはん少なめで」とお願いするんですが、それでも多かった、、、。でも、どちらも美味しかったです〜♪

初日の夜。公演後です。西小倉のギタンジャリで「カディパコラセット」。ちょっとマニア向けメニューとのことで不安だったんですが、ちっともマニアじゃない私でも美味しかったです。カレー好きのくせに辛い物が苦手なので、最初「甘口」で頼んだんですが、「そうすると、砂糖を入れることになりますけどいいですか?」とのこと。それはなんとなく嫌だったので、「普通」にしました。

2日目の夜。南小倉のカーリースパイスにて、「シェフのきまぐれスリランカプレート」。この日は牛肉のココナッツとカツオのマスタードの2種でした。私は合いがけのプレートに(1600円)。

posted by uno at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

宮城県石巻市「複合文化施設(仮称)」2018年9月着工予定。

2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受け閉館した石巻市民会館ですが、2021年2月頃のオープンを目指し、順調に行けば今年9月の着工を予定しているそうです。

私が石巻市民会館を訪れたのは2010年10月5日です。東バの『ジゼル』ツアーで唯一、佐伯知香さんと長瀬直義さんのキャストが組まれたのが石巻でした。石巻市民会館は老朽化のため、耐震調査が予定されていて、2011年3月14日以降の予約は停止していました。その直前の被災だったんですね、、。

新しい施設は、石巻駅より北に位置する石巻市総合運動公園に建設されるとのこと。大ホールは1250席(1階=818席、2階=432席)、小ホールは300席。どんなホールができるのか、楽しみです。

私が石巻を訪れた際に撮影した「石ノ森萬画館」。 → こちら
石ノ森萬画館も被災しましたが(1階にあったものはすべて流されてしまったそうです・・・)、2012年11月17日に再オープンしています。
posted by uno at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

新潟県柏崎 2016.12.23

昨年、東京バレエ団の『くるみ割り人形』を見るために新潟県の柏崎に行ってきました。
長岡から信越本線で柏崎へ。特急しらゆきで行く手段もあったんですが、普通列車でのんびり行きました。これ、昔の東海道線と同じ車両ですよね?懐かしくて写真を撮ってしまいました。
IMG_20161223_104940.jpg

発車後に降り始めた雨が柏崎到着前にやんで、大きな虹が出ました。列車内から撮影。写っている建物が公演が行われたアルフォーレです。
IMG_20161223_184953.jpg

柏崎名物だという鯛茶漬け。美味しかったです♪
IMG_20161229_231410.jpg

DSC_1380.JPG

終演後、アルフォーレを撮影。周囲に建物がなく、ポツンと建っている感じです。周辺で工事が行われていたので、これから少しずつ賑わうのかもしれません。
DSC_1393.JPG

DSC_1392.JPG

長岡駅に着くと、東京バレエ団の一行に遭遇しました。終演後、列車の本数は少なく、私が乗った列車は2両編成で彼らの姿はなかったので、おそらくバスだったのではないかと。駅のコンビニで自分にお土産を買っていると(→これ)、お酒を購入したらしい宮川新大さんがレジで年齢確認をされていました(苦笑)。若く見えるんですね〜♪ 彼らのほうが私よりも早い列車で帰ったようです。私は余裕をもってもう少し後の列車の指定席を取っていたんですが、結構ギリギリのスケジュールで動いてるんですね。大変だな〜と思ってしまいました。
posted by uno at 12:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

自宅待機です/石巻市民会館

今日は本来なら仕事に行っているはずなんですが、地元の電車が終日運休になったため、自宅待機ということになりました。その電車が走らないと、どこにも行けないんですよね、、。結局、職場自体が休みになったと後から連絡が来ました。明日はどうなるでしょう、、、。

予定されていた計画停電は実施されていませんが(一部の地域で実施されましたが)、とりあえず節電に努めています(PC使ってるけど…)。地震の翌日の土曜日から、なんとなく家族でリビングで過ごすようになりました。いつもはそれぞれの部屋にいて、あちこち電気をつけて、それぞれテレビや暖房器具をつけてという生活をしていたんですが。私の小さな節電に意味があるのかどうかわからないんですが、やらずにはいられません。

気にかかっていた仙石線ですが、脱線した車両から乗客が助け出されたそうです。しかし、石巻市民会館が津波に呑み込まれたというショックなニュースも入ってきました。昨年の10月、東京バレエ団の『ジゼル』(佐伯知香&長瀬直義)を見に行った会場です。ツイッターのほうで教えていただいた記事によると(→Yahooニュース)、地元の人たちは会場の裏手にある採石場に非難したとのこと。そういえば、採石場らしき場所があったのを思い出しました。私は石巻の駅から会館まで歩いて行ったんですが、旧北上川を渡ってからは、川と平行した一本道を歩いて行きます。右手はずっと山になっているようだなと思いながら歩いていました(地図によると牧山というようです)。確か一箇所だけ道沿いに採石場のような、山を切り崩したような場所があったんですよね。下の写真は旧北上川を渡る前に撮影した、中州にある「石ノ森萬画館」です。あまり上手く取れなかったのでブログには載せなかったんですが。

 101005_172411.jpg

こちら で被災後の空撮写真を見ることができるんですが、萬画館のドームは残っているようです。しかし、石巻市民会館も含め、町の中まで津波が押し寄せたことがわかります。こちらの写真の元サイトは→こちら

さらに、萬画館までの石巻街道は「マンガロード」と呼ばれ、石ノ森のキャラクターたちがたくさんお出迎えしてくれます。

駅の中にも。
 101005_212517.jpg

石巻駅の正面。
 101005_211751.jpg

マンガロードにて。
 101005_171906.jpg

『ジゼル』の会場には地元の方が大勢いらっしゃってました。他の地方公演に比べても客席が埋まっていたのは、地元の生協会員の例会でもあったからかもしれません。長瀬さんのアルブレヒトが登場すると、「あら、イケメンねぇ」「本当、イケメン」という声が聞こえたり、2幕で井脇さんのミルタが登場すると、「これはさっきの女の子?(ジゼルのことだと思われます)」という会話が聞こえたり、最初はすべての人がバレエに興味があって見にきていたわけではなかったのかもしれません。私も初めて『ジゼル』を見たときは、ミルタが登場したときに「ジゼルかな?」と思ったのを思い出したりしていました。でも、徐々に客席が舞台に集中しているのが感じられ、最後には大きな温かい拍手が起こったのが印象的でした。ダンサーたちもきっと感じただろうと思います。
石巻市民会館では近々耐震調査が予定されていて、3月14日以降の予約は停止していました。その直前の被災だったんですね、、。

もう一つ気になっていた北上のさくらホールですが(6月に見に行く予定なので)、どうやら無事だったようです。地震後、しばらくはサイトにアクセスできなかったので心配だったんですが、昨日復旧し、ツイッターのほうで状況を知ることができます。
Twitter さくらホール

山海塾の『卵熱』を見に行ったいわきアリオスでも、公演・イベント、チケット発売など、すべての業務を当面の間停止するそうです。住民の避難場所としては開放されているようです。
いわきアリオス
posted by uno at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

無題

皆さまご無事でしょうか? 私は今日はお休みで、午後の予定はなかったため、無事で過ごしております。あんなに「怖い、、、」と思った地震は初めてかも。津波の中継映像に、とてもショックを受けました、、。今も気仙沼の大規模な火災の映像に、言い知れぬ不安が募ります。
連絡の取れなくなっている仙石線の車両があると聞いて、ちょっとショックを受けています。昨年、石巻に行ったときに乗ったので。松島海岸などを通る路線で、本当に海のすぐ近くを通るんです。車窓の景色から陸が消え、海しか見えない光景に圧倒されました。無事だといいのですが。

電車がストップし、帰れなくなった人たちのために、各種施設が開放されているようですね。東京文化会館や新国立劇場、国際フォーラムなども開放されたそうです。また、オーチャードホールでの今日のK-BALLET公演や、新国での明日のイデビアン・クルーの公演などが中止になっています。K-BALLETは13日(日)に夜公演を追加して、振り替えに対応するそうです(それ以外の日程に振り替えることも可能だそうなので、詳しくはBunkamuraのHPで)。いわきアリオスや横須賀芸術劇場でも、公演やイベントの中止が発表されています。

オーチャードホール
新国立劇場

これを書いている間にも2度ほど揺れました。皆さまもくれぐれもお気をつけて、無理はなさらないでくださいね。
posted by uno at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする