2010年12月31日

今年見たバレエ・ダンス公演−2010

毎年やっているので、一応今年も。すみません、、。2010年に見たバレエ・ダンスの公演です。そして、これも毎年書いているような気がするんですが、完全に自己満足ですので、、、。こうして見ると、かなり偏ってるな〜、と。NBSの回し者か、と。同じ公演を何度も見に行く癖をやめたほうがいいんだろうか。
今年の木村さんは、アミンタにオネーギンにアルブレヒトと、まさか見られるとは思っていなかった役から悲願の役まで、こちらがビックリするくらい堪能させてくれました。「ホワイト・シャドウ」の吉岡さんの存在感に圧倒され、ダンチェンコ『エスメラルダ』のカジモトに泣き、カーテンコールの友佳理さんと木村さんの姿に震え(『オネーギン』)、ダンサー全員が「私と踊って!」と語りかけるラストに心揺さぶられ、心中直前(『うたかたの恋』)のロホとアコスタの生の息遣いには心底ドキドキしました。イリ振付の「フラジル・ヴェッセル」が白眉だった『エトワール・ガラ』、三者三様でどれも面白かった『EKODA de Dance』、改めて小林紀子バレエシアターの良さを感じた「パキータ」、今でも脳裏に焼きついている木村さんのアントルシャ、念願だったマーフィー版『くるみ割り人形』。そして1ヶ月間BBLに浸った11月。ジルからのプレゼント、「メフィスト・ワルツ」のクピンスキーに熱狂。メンバーが変わっても何があっても、やっぱりBBLが好きだなぁと実感した11月でした。そして久々の山海塾の舞台に感激。最後かもしれないイチ−ニ−サン−シ(『M』)の姿に一区切りを感じ、初めての森下洋子さんに感動した締めくくりとなりました。
今年は少し舞台数を減らすつもりが、結局増えてしまったような気がします、、、。来年こそはもうちょっと減らさないとな、、。と、毎年のように思っているんですが、なかなかうまくいきません(苦笑)。

【1月】
1月18日(月) 東京バレエ団『ラ・シルフィード』高木綾/柄本弾
1月19日(火) 東京バレエ団『ラ・シルフィード』上野水香/サラファーノフ
1月24日(日) ブベニチェクとドレスデン・バレエの俊英たち

【2月】
2月4日(木) 『マニュエル・ルグリの新しき世界』Aプロ 「ホワイト・シャドウ」他
2月8日(月) 『マニュエル・ルグリの新しき世界』Bプロ
2月9日(火) 『マニュエル・ルグリの新しき世界』Bプロ
2月26日(金) 東京バレエ団『シルヴィア』セミオノワ/ゴメス
2月27日(土) 東京バレエ団『シルヴィア』田中結子/木村和夫
2月28日(日) 東京バレエ団『シルヴィア』 ※地震の影響で電車がストップ。断念。

【3月】
3月10日(水) ニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ『ジゼル』ニーナ/ウヴァーロフ
3月12日(金) ニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ『ロミオとジュリエット』ニーナ/ウヴァーロフ
3月14日(日) パリ・オペラ座バレエ団『シンデレラ』ジロ/パケット
3月18日(木) パリ・オペラ座バレエ団『ジゼル』ルテステュ/マルティネス
3月19日(金) パリ・オペラ座バレエ団『ジゼル』ジルベール/エイマン

【4月】
4月13日(火) 国立モスクワ音楽劇場バレエ『オープニング・ガラ』
4月14日(水) 国立モスクワ音楽劇場バレエ『エスメラルダ』レドフスカヤ/チュージン
4月17日(土) バットシェバ舞踊団『MAX』
4月17日(土) 国立モスクワ音楽劇場バレエ『白鳥の湖』ソーモワ/チュージン
4月24日(土) 東京バレエ団『ザ・カブキ』柄本弾/二階堂由依
4月25日(日) 東京バレエ団『ザ・カブキ』後藤晴雄/上野水香

【5月】
5月14日(金) 東京バレエ団『オネーギン』吉岡美佳/高岸直樹
5月15日(土) 東京バレエ団『オネーギン』斎藤友佳理/木村和夫
5月16日(日) 東京バレエ団『オネーギン』田中結子/後藤晴雄
5月18日(火) 『マラーホフの贈り物2010』Aプロ
5月21日(金) 『マラーホフの贈り物2010』Bプロ
5月23日(日) 東京バレエ団『オネーギン』斎藤友佳理/木村和夫

【6月】
6月8日(火) ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『私と踊って』
6月19日(土) 英国ロイヤル・バレエ団『リーズの結婚』マルケス/マックレー
6月22日(火) 英国ロイヤル・バレエ団『うたかたの恋』アコスタ/ロホ/ガレアッツィ
6月23日(水) 英国ロイヤル・バレエ団『うたかたの恋』コボー/ベンジャミン/ラム
6月29日(火) 英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』吉田都/マックレー

【7月】
7月23日(金) 森山開次ソロダンスツアー2010『翼 TSUBASA』
7月28日(水) 『エトワール・ガラ2010』Aプロ
7月29日(木) 『エトワール・ガラ2010』Aプロ
7月30日(金) 『エトワール・ガラ2010』Bプロ

【8月】
8月13日(金) 東京バレエ団『ベジャール・ガラ』ル・リッシュ(「ボレロ」)
8月14日(土) 東京バレエ団『ベジャール・ガラ』ル・リッシュ(「ボレロ」)
8月15日(日) 東京バレエ団『ベジャール・ガラ』ル・リッシュ(「ボレロ」)
8月20日(金) 東京バレエ団『ドン・キホーテ』小出領子/シムキン
8月21日(土) 東京バレエ団『ドン・キホーテ』上野水香/高岸直樹
8月22日(日) 東京バレエ団『ドン・キホーテ』小出領子/シムキン
8月27日(金) 『EKODA de Dance』舘形比呂一/珍しいキノコ舞踊団/市原昭仁
8月28日(土) 小林紀子バレエシアター『コンチェルト/パキータ/チェックメイト』島添亮子/ホールバーグ

【9月】
9月8日(水) 東京バレエ団『ジゼル』コジョカル/コボー ※台風のため電車がストップ。断念。
9月9日(木) 東京バレエ団『ジゼル』コジョカル/コボー
9月10日(金) 東京バレエ団『ジゼル』吉岡美佳/後藤晴雄 【川口】
9月12日(日) 東京バレエ団『ジゼル』斎藤友佳理/木村和夫 【横須賀】
9月19日(日) 東京バレエ団『ジゼル』斎藤友佳理/木村和夫 【春日井】

【10月】
10月3日(日) 東京バレエ団『ジゼル』上野水香/高岸直樹 【越谷】
10月5日(火) 東京バレエ団『ジゼル』佐伯知香/長瀬直義 【石巻】
10月9日(土) オーストラリア・バレエ団『白鳥の湖』イーストー/カラン/ダン
10月10日(日) オーストラリア・バレエ団『白鳥の湖』スコット/ブル/ロウ
10月15日(金) オーストラリア・バレエ団『くるみ割り人形』ダン/カラン
10月16日(土) オーストラリア・バレエ団『くるみ割り人形』ローリンズ/ジャクソン
10月17日(日) オーストラリア・バレエ団『くるみ割り人形』ダン/カラン
10月27日(水) 『ボリショイ×マリインスキー合同バレエ2010』Bプロ

【11月】
11月3日(水・祝) 『奇跡の響演2010』シャルキナ/長瀬直義(「春の祭典」)
11月4日(木) 『奇跡の響演2010』井脇幸江/シャコン(「春の祭典」)
11月8日(月) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『80分間世界一周』
11月9日(火) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『80分間世界一周』
11月10日(水) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『80分間世界一周』
11月13日(土) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『アリア/火の鳥/3人のソナタ』
11月14日(日) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『アリア/火の鳥/3人のソナタ』
11月19日(金) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『80分間世界一周』 【西宮】
11月21日(日) ベジャール・バレエ・ローザンヌ『アリア/火の鳥/3人のソナタ』 【岩国】

【12月】
12月2日(木) 維新派『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』
12月4日(土) 山海塾『時の中の時−とき』 【相模大野】
12月18日(土) 東京バレエ団『M』小林十市
12月19日(日) 東京バレエ団『M』小林十市
12月22日(水) 松山バレエ団『くるみ割り人形』森下洋子/清水哲太郎
posted by uno at 21:49| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンマガから、BBL関連。

今日(30日)も明日(大晦日)もまだ仕事です。やっぱり休みにすればよかったな〜と、ちょっと後悔。来年は年末から年始にかけて連休にしようと決意しました。って、1年後、同じ仕事をしてるかどうかもわからないんですけどね、、。と言いつつ、もう何年も同じ仕事してるな。

ダンマガを読みました。BBLの特集が20ページ。さらに「稽古場のダンサーたち」はジュリアン・ファブローで、4ページ。そして、三浦氏のダンスマガジン・インタビューはエリザベット・ロス。久しぶりにしっかり特集してくれたような気がします。インタビューは、ジル、クピンスキー、シャコン、那須野さん、大貫さん。インタビューなどから気になったことを簡単に。
今後のBBLの予定は、12月にトリプル・ビル。ベジャール振付の『ディオニソス』と、元BBLダンサーのスタン・カバール=ロエ振付の『Aliziam O−Est』、ジルの新作『サンコップ』。スタン・カバール=ロエは、『愛、それはダンス』のDVDで「ヘリオガバルス」を踊っていたダンサーですよね。どんな作品なのか気になります。『ディオニソス』、見たい〜!! オスカー・シャコンが踊るそうです。日本でもやってくれないかな、、。
ティエルヘルムと「メフィスト・ワルツ」を踊ったクピンスキー曰く、「彼女と組むと何か特別なものが舞台に生まれるんです」とのこと。彼らの他の踊りは見たことがないんですが、「メフィスト・ワルツ」を見る限り、それも頷けるような気がします。これまで踊った中で好きな作品は、シャコンと踊る「さすらう若者の歌」。それも日本で上演してください〜。
シャコン曰く、ベジャールのもとへ来てショックだったのは、自分が学んできたことはベースにしかすぎないということがわかったこと。ジルは自分が見たことのないようなもの、テクニックを越えたものを表現していると感じたんだそうです。今、『バレエ・フォー・ライフ』のジルの役はシャコンが踊っているんですね。それも見たすぎる〜。
『愛が私に語りかけるもの』で子どもを踊った大貫さん。舞台でジュリアンと目が合うと、ものすごい生命力を感じるんだそうです。なんか、想像しかできないけど、わかる気がする。
「稽古場のダンサーたち」から。これから踊りたい役がたくさんあるというジュリアン。『我々のファウスト』、『第九交響曲』、そして『ボレロ』。いつか『ボレロ』はジュリアンに託されるんでしょうか。フォーゲルのインタビューによれば、彼も『ボレロ』を踊ることになったみたいですね。ローザンヌでロスも教えに参加しているらしい。BBLの中で新しいボレロ・ダンサーは生まれないのかな、、、。それにしてもフォーゲルの『ボレロ』、見たいですね〜。NBSが企画してくれないかしら。
posted by uno at 00:57| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

BRB西宮公演キャスト

兵庫芸文のサイトに、BRBの公演ページができていました。キャストも出てました〜。思ったよりも早く出たなぁ。東京の中日と同じキャストです。お〜、ツァオ・チーが出る。見に行きたいな〜、、、。あとは鎌倉と名古屋のキャストが気になりますね。

■ バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『真夏の夜の夢』『ダフニスとクロエ』 【西宮】

5月25日(水)18:30
会場:兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
A席:15,000円 B席:13,000円 C席:10,000円 D席:8,000円 E席:5,000円
先行予約:1月14日(金)
一般発売:1月15日(土)

<予定キャスト>
『ダフニスとクロエ』
クロエ:エリシャ・ウィリス
ダフニス:イアン・マッケイ

『真夏の夜の夢』
タイターニア:佐久間奈緒
オベロン:ツァオ・チー

兵庫県立芸術文化センター
電子チケットぴあ
posted by uno at 23:03| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

小林紀子バレエシアター『マノン』全幕上演

ダンマガを購入。そうか、年末か。ダンサー・ベストテンとか、来年の公演ガイドとか、そういう時期でしたね〜。私としては、BBLの特集が充実していたのが嬉しい。で、なんと言っても驚いたのは、2011年の国内公演ガイドの中の小林紀子バレエシアターの予定です。なんと、100回目となる記念の公演にマクミランの『マノン』全幕を上演するっていうじゃないですか〜! いや〜、ビックリしました。しかし嬉しい! 地道にマクミラン作品を好演してきた小林紀子バレエシアターだからこそ、信頼を得ての今回の実現に繋がったのではないでしょうか。マノンはやっぱり島添さんかな♪ 最近島添さんとダブル・キャストになることが多い高橋さんが、マノンでもダブル・キャストになるのかが気になるところです。あ〜でも、「The Invitation」とかは島添さん一人でしたね。「ザ・レイクス・プログレス」は萱島さんとダブル・キャストだったかな? ん〜、気になる。もちろんデ・グリューも気になります。やっぱりゲストかな〜。後藤和雄さんが似合うと思うんだけどな〜。後藤さんは「The Invitation」の少年役もよかったし。密かに期待してしまいます。レスコーは中尾さん? 冨川祐樹さんのレスコーも素敵だろうな。まさか、ムッシューG.M.ってことはないよね、、。会場が新国のオペラパレスというのも驚きました。これまで中劇場ということはあったけど、オペラパレスでの上演は私は初めて聞くかも。

■ 小林紀子バレエシアター 第100回公演 『マノン』

8月27日(土)、28日(日) 新国立劇場オペラパレス
posted by uno at 00:15| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

兵庫芸文からDM&バーミンガム・ロイヤル鎌倉公演!

兵庫芸文からDMが到着。バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のチラシも入ってました。兵庫芸文のバレエ公演のチラシは、二つ折りのことが多い。気合入ってて嬉しいな〜、と。残念ながらキャストについては書かれていませんでした。発売日までに発表してくれるだろうか、、。あれ? なんで自分、見に行く気分になってるんだろう(笑)。いや、ツァオ・チーが見たくて、つい…。東京の2パターンのうちのどちらかなのか、東京では見られない配役が組まれるのか、気になるところです。兵庫芸文の先行予約は1月14日(金)から。

■ バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『真夏の夜の夢/ダフニスとクロエ』 【西宮】

先行予約:1月14日(金)【電話/ネット】
一般発売:1月15日(土)


そして、驚きのニュースが。なんと、BRBの公演が鎌倉芸術館で予定されているそうです。綾瀬川さんの「綾瀬川的生活」で教えて頂きました(ありがとうございます〜♪)。演目は『眠り』。それにしても、ビックリだな〜。まさか鎌倉でBRBの公演があるとは。鎌倉芸術館は一度行ってみたかったんですよね〜。いや、行くと決まったわけではないんですが、ツァオ・チーが踊るなら、、、(しつこい)。公演は5月14日(土)だそうです。

■ バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『眠れる森の美女』 【鎌倉】

5月14日(土) 鎌倉芸術館
posted by uno at 22:01| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別世界でした〜。

22日(水)、松山バレエ団の『くるみ割り人形』を見てまいりました。ゆうぽうとホールに入ってビックリ! いつもの見慣れたホワイエが、別世界になってました〜。何本ものクリスマスツリーを配した、ホワイエを埋め尽くすような飾りつけ。森の中を歩くような気分で、左右のツリーを見上げながら進みました。舞台も同じように、隙間を埋め尽くすような装置と人の数。これでもかという演出に(褒めてます)、心地良く浸ってきました。ホワイエをクリスマスの飾りで埋め尽くすのは、子供たちのためでしょうか。松山バレエ団の美への追求でしょうか。子どもの頃にあれを見たら、きっと強く印象に残るだろうな〜と思いながら眺めました。
とりあえずホワイエの写真だけ〜。

 101222_180921.jpg

 101222_181200.jpg

 101222_194025.jpg
posted by uno at 20:51| Comment(2) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

BRB鑑賞希望日アンケート/他

東バ『ダンス・イン・ザ・ミラー』『ラ・バヤデール』のチケットと一緒に、『ダンス・イン・ザ・ミラー』のゲネプロ見学会の申込用紙が届きました。その日(2/3)は山海塾のチケットを取っているので、見学会は行かないつもり……つもりなんだけど、後ろ髪引かれます〜、、、。本番にはジルも来るのかなぁ。もしかして、ゲネプロではマイクでジルの指導が飛んだりするんだろうか、、、。あ〜妄想が広がる〜。ゲネプロを見て、間に合いそうなら天児さんのアフタートークだけ聞きに行こうかなと思ったりもしたんですが、やっぱりどうしても『とばり』が見たいんですよね〜。3月に兵庫芸文で見られるんだけど、東京でも見たい、、、。

祭典から、バーミンガム・ロイヤル・バレエの鑑賞希望日アンケートも届きました。今日、早速出してきました。年賀状でごった返すこの時期、無事に届くだろうかとちょっと心配…。祭典席は佐久間さんとツァオ・チーの日にしました。前回の公演で2人の『美女と野獣』を見たんですが、とてもよかったので。というか、ツァオ・チーが素敵だったので(♪)。『美女と野獣』では野獣の被り物をしているので、顔は最初と最後しか見られないんですが、被り物をしていてもなんか素敵だったんですよね〜。『眠り』もオベロンも、楽しみだわ〜。最近『眠り』が好きなので、BRBが『眠り』を持ってきてくれるのは嬉しい。バレエを見始めた頃は、『眠り』ってちょっと長いな〜とか、王子が出てくるのが遅いな〜とか思ってたんですが、最近はなんだかとても好きです。ロホの『眠り』と都さんの『真夏』は追加席で申し込みました。ロホ大好きな私としては、彼女の日を追加席にするのちょっと悲しいんですが…。都さんの日の追加席とか、どんな席が来るんだろうな〜。


ベルリン国立バレエ団の得チケが出てます。第2弾になるのかな? 『チャイコフスキー』のS・A相当の席を10,000円で。対象は20日(木)と22日(土)です。予定枚数終了次第、受付終了。

【e+得チケ】 ベルリン国立バレエ団『チャイコフスキー』
eプラス
posted by uno at 00:42| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

アメリカン・バレエ・シアター2011年日本公演詳細 東京/兵庫/滋賀

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の詳細が出る少し前に、アメリカン・バレエ・シアターの日本公演詳細も出ました。オープニング・ガラやクロージング・ガラ、キャスト入れ替えのスペシャル・ドン・キホーテまであって、何やら楽しそう。全幕はすべて違うキャスティングだし、なんだか華やかですね〜。私のお目当ては、ホセ・カレーニョとエルマン・コルネホです。コルネホのロミオって、どんな感じだろ。ガラの予定演目に「コート」があるのが気になります。マラーホフが踊った、あの「コート」ですよね。久々に見たいな〜。

アメリカン・バレエ・シアター2011年来日公演

■ アメリカン・バレエ・シアター 2011年日本公演

『オープニング・ガラ』 上演時間:約2時間30分(休憩2回含む)
7月21日(木)18:30

パロマ・ヘレーラ、ジュリー・ケント、ジリアン・マーフィー
シオマラ・レイエス、ミシェル・ワイルズ
ホセ・カレーニョ、アンヘル・コレーラ、エルマン・コルネホ、デイヴィッド・ホールバーグ
イーサン・スティーフェル、ダニール・シムキン、コリー・スターンズ、など

<予定演目>
「アレグロ・ブリランテ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル・チャイコフスキー
「ディアナとアクテオン」
振付:アグリッピーナ・ワガーノワ/音楽:チェーザレ・プーニ
「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル・チャイコフスキー
「マノン」 パ・ド・ドゥ
振付:サー・ケネス・マクミラン/音楽:ジュール・マスネ
「コート」
振付:デイヴィッド・パーソンズ/音楽:ロバート・フリップ
「グラン・パ・クラシック」
振付:ヴィクトール・グゾフスキー/音楽:ダニエル・フランソワ・オーベール
<クリストファー・ウィールドンの新作>
振付:クリストファー・ウィールドン/音楽:ダニエル・シュナイダー

『スペシャル!ドン・キホーテ』 上演時間:約2時間30分(休憩2回含む)
7月22日(金)18:30

【第1幕】パロマ・ヘレーラ/アンヘル・コレーラ
【第2幕】シオマラ・レイエス/エルマン・コルネホ
【第3幕】加治屋百合子/ダニール・シムキン
【各幕共通】メルセデス:ヴェロニカ・パールト/エスパーダ:コリー・スターンズ

『ドン・キホーテ』
7月23日(土)13:00
  キトリ:ジリアン・マーフィー
  バジル:イーサン・スティーフェル
  メルセデス:ステラ・アブレラ
  エスパーダ:サッシャ・ラデツキー
7月23日(土)18:00
  キトリ:加治屋百合子
  バジル:ダニール・シムキン
  メルセデス:クリスティー・ブーン
  エスパーダ:ゲンナジー・サヴェリエフ
7月24日(日)13:00
  キトリ:シオマラ・レイエス
  バジル:アンヘル・コレーラ
  メルセデス:マリア・リチェット
  エスパーダ:ジャレッド・マシューズ
7月24日(日)18:00
  キトリ:パロマ・ヘレーラ
  バジル:ホセ・カレーニョ
  メルセデス:ヴェロニカ・パールト
  エスパーダ:コリー・スターンズ

『ロミオとジュリエット』 上演時間:約3時間(休憩2回含む)
7月26日(火)18:30
  ジュリエット:ジュリー・ケント
  ロミオ:マルセロ・ゴメス
  マキューシオ:クレイグ・サルステイン
  ベンヴォーリオ:ダニール・シムキン
  ティボルト:ゲンナジー・サヴェリエフ
7月27日(水)18:30
  ジュリエット:シオマラ・レイエス
  ロミオ:エルマン・コルネホ
  マキューシオ:アーロン・スコット
  ベンヴォーリオ:ダニール・シムキン
  ティボルト:サッシャ・ラデツキー
7月28日(木)18:30
  ジュリエット:ナターリヤ・オーシポワ
  ロミオ:デヴィッド・ホールバーグ
  マキューシオ:ジャレッド・マシューズ
  ベンヴォーリオ:ブレイン・ホーヴェン
  ティボルト:アイザック・スタッパス

『クロージング・ガラ』 上演時間:約2時間30分(休憩2回含む)
7月29日(金)18:30

パロマ・ヘレーラ、ジュリー・ケント、ジリアン・マーフィー
シオマラ・レイエス、サラ・レイン
アンヘル・コレーラ、エルマン・コルネホ、マルセロ・ゴメス
ダニール・シムキン、コリー・スターンズ、ブレイン・ホーヴェン、など

<予定演目>
「アレグロ・ブリランテ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル・チャイコフスキー
「ディアナとアクテオン」
振付:アグリッピーナ・ワガーノワ/音楽:チェーザレ・プーニ
「椿姫」第2幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:フレデリック・ショパン
「Known By Heart」パ・ド・ドゥ
振付:トワイラ・サープ/音楽:ドナルド・ナーク
「コート」
振付:デイヴィッド・パーソンズ/音楽:ロバート・フリップ>
「パリの炎」
振付:ワシーリー・ワイノーネン/音楽:ボリス・アサフィエフ>
ポール・テイラーの「Company B」
振付:ポール・テイラー/歌:The Andrews Sisters

会場:東京文化会館

『オープニング/クロージング・ガラ』『スペシャル!ドン・キホーテ』
S席22,000円 A席:19,000円 B席:16,000円 C席:13,000円
D席:10,000円 E席:7,000円
『ドン・キホーテ』『ロミオとジュリエット』
S席:20,000円 A席:17,000円 B席:14,000円 C席:11,000円
D席:7,200円 E席:5,000円

【チケット発売】
1月15日(土) 夢倶楽部ネット会員【web】
1月16日(日) 夢倶楽部会員【TEL】
1月17日(月) ジャパン・アーツぴあネット会員【web】
1月23日(日) 一般発売

【東京以外の公演】

7月30日(土)『ドン・キホーテ』
会場:兵庫県立芸術文化センターKOBELKO大ホール 
7月31日(日)『ロミオとジュリエット』
会場:びわ湖ホール
posted by uno at 00:09| Comment(4) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団日本公演詳細&西宮公演

出ました〜! バーミンガム・ロイヤル・バレエ団2011年日本公演の詳細です。待ってましたよ〜。ツァオ・チーがデジレとオベロン、2つ踊ってくれるのが嬉しい♪ デジレ王子はきっと素敵だと思うし、オベロンも格好良いだろうな〜。パートナーはどちらも佐久間奈緒さん。2人の舞台、楽しみだな♪

■ 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 2011年日本公演

『眠れる森の美女』全3幕プロローグ付
振付:ピーター・ライト/マリウス・プティパ 音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー

5月21日(土)13:30
  オーロラ:タマラ・ロホ
  王子:イアン・マッケイ
5月21日(土)18:30
  オーロラ:佐久間奈緒
  王子:ツァオ・チー
5月22日(日)13:30
  オーロラ:タマラ・ロホ
  王子:イアン・マッケイ

『真夏の夜の夢』
振付:フレデリック・アシュトン 音楽:フェリックス・メンデルスゾーン
『ダフニスとクロエ』
振付:フレデリック・アシュトン 音楽:モーリス・ラヴェル

5月27日(金)18:30
  タイターニア:吉田都/オベロン:セザール・モラレス
  クロエ:ナターシャ・オートレッド/ダフニス:ジェイミー・ボンド
5月28日(土)15:00
  タイターニア:佐久間奈緒/オベロン:ツァオ・チー
  クロエ:エリシャ・ウィリス/ダフニス:イアン・マッケイ
5月29日(日)15:00
  タイターニア:吉田都/オベロン:セザール・モラレス
  クロエ:ナターシャ・オートレッド/ダフニス:ジェイミー・ボンド

指揮:ポール・マーフィー、フィリップ・エリス
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

会場:東京文化会館
S席:18,000円 A席:16,000円 B席:14,000円 C席:10,000円
D席:8,000円 E席:5,000円
一般発売:2月5日(土)

NBS

そして、電子チケットぴあに西宮公演の公演情報が出ていました。西宮は『真夏の夜の夢』『ダフニスとクロエ』です。名古屋の『眠り』だけじゃなかったんですね〜。東京以外でも2演目上演してくれるのは嬉しいですよね。
名古屋の『眠り』は5月19日(木)。東京公演の合間の25日(水)に西宮に行くようです。名古屋と西宮のキャストも気になるな〜。もしツァオ・チーが踊るなら、平日だし見に行きたいかも(休日は仕事を休みにくいので)。と、気が付いたら名古屋の発売日、過ぎてました(12/17)。早いな、、。

■ 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『眠れる森の美女』 【名古屋】
5月19日(木)18:30
会場:愛知県芸術劇場大ホール
S席:17,000円 A席15,000円 B席:12,000円 C席:9,000円 D席:6,000円
一般発売:12月17日(土)
愛知芸術文化センター
第34回名古屋国際音楽祭
電子チケットぴあ

■ 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『真夏の夜の夢』『ダフニスとクロエ』 【西宮】
5月25日(水)18:30
会場:兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
A席:15,000円 B席:13,000円 C席:10,000円 D席:8,000円 E席:5,000円
一般発売:1月15日(土)
電子チケットぴあ
posted by uno at 23:55| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

服部有吉さん、来年日本で公演。

服部くんのblogを見に行ったら、来年の日本公演のお知らせが出ていました。まだ何をやるかはわからないそうですが(書けないだけかな?)、6月に東京で公演をするそうです。どんな公演を企画しているのか、とっても気になります〜。6月かぁ。東バの『白鳥』と重ならないといいな、と。

■ 服部有吉 日本公演情報
2011年6月11日(金)〜12日(日)

服部くんのblogは、よくタイトルが変わるんです。たぶん、作品を発表するごとに、それに合わせて変えているみたいなんだけど。今は、能の曲を使った小品を作っているそうで、blogのタイトルが「能 move」になっています。リンクを貼るときに、なんて書こうかな〜と迷ってしまう、というだけの話なんですが、、。

服部有吉 blog
posted by uno at 00:11| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする