2009年12月31日

2009年に見たバレエ・ダンス公演

え〜っと、毎年やっているような気がするので、今年もやっておこうかな、と。2009年に見たバレエ&ダンス公演です。自分のためのメモみたいなもんなんですけど、、、。書き出すだけで力尽きたよ…。今、紅白が終わろうとしてます。あ、終わった。
もしよろしければ、「続きを読む」からどうぞ〜。


続きを読む
posted by uno at 23:45| Comment(4) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

ダンスマガジンから、2010年の気になる公演

ダンスマガジンを買いました。今年の4月から異動した職場の近くの本屋には、どうやらダンスマガジンは2冊しか入ってこないようです。しかも、発売日を過ぎても、誰も読んだ形跡のない2冊が綺麗に並んでいる…。私としては有り難いんだけど、ちょっと寂しい気もするな〜、と。

今回のダンスマガジン、印象的だったのは裏表紙のギエムです。いつものROLEXの広告なんですが、これまでの「バクチ」の写真ではなく、椅子に腰掛けて微笑むナチュラルな姿のギエムに変わっていました。たぶん今回が初めてだと思うんだけど、私が気付かなかっただけかしら。

恒例のダンサー・ベストテン。そうか〜、もうそんな時期なんですよね。なんとなく書き出してみました。シムキンが5位に大浮上ですね。相変わらず男性陣はパリ・オペ勢が強いなぁ、と。

<ダンサー・ベストテン2009>
【女性】
1位 吉田都
2位 シルヴィ・ギエム
3位 スヴェトラーナ・ザハロワ
4位 アリーナ・コジョカル
5位 オーレリ・デュポン
6位 ニーナ・アナニアシヴィリ
7位 タマラ・ロホ
8位 上野水香
9位 ディアナ・ヴィシニョーワ
10位 ウリヤーナ・ロパートキナ

【男性】
1位 マニュエル・ルグリ
2位 ウラジーミル・マラーホフ
3位 熊川哲也
4位 マチュー・ガニオ
5位 ダニール・シムキン
6位 フリーデマン・フォーゲル
7位 ジョゼ・マルティネス
8位 ニコラ・ル・リッシュ
9位 アンドレイ・ウヴァーロフ
10位 ジル・ロマン

そして、2010年の気になる公演情報を少し。あくまで、私が気になる情報ですので、あしからず〜。

■ BBLの日本公演の演目が一部決定!! 既に発表されている『80分間世界一周』の他に、ベジャール傑作集とジル・ロマン振付の『アリア』が上演されるそうです。ついにジルの振付作品が日本で初披露されるんですね〜。ベジャール傑作集の演目も気になるところです。
BBL日本公演 11月上旬〜中旬/東京ほか

■ オーストラリア・バレエ団の公演が10月中旬だそうで。しかも「東京ほか」となっているのも気になるところ。オーストラリア・バレエ団が中旬ということは、東バの『ジゼル』全国ツアーは長くても10月前半までかな、と。

■ 7月に『ルジマトフのすべて』

■ ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『私と踊って』滋賀公演の日程が判明。
6月5日(土) びわ湖ホール

■ バットシェバ舞踊団『マックス』
4月15日(木)〜17日(土) さいたま芸術劇場大ホール

■ 東京バレエ団『オネーギン』は、神奈川公演あり!!

■ 小林紀子バレエ・シアターが、6月にマクミラン版『眠れる森の美女』を再演。
マクミラン版『眠れる森の美女
6月4日(金)〜6日(日) 新国立劇場中劇場
『コンチェルト』『チェックメイト』『パキータ』
8月28日(土)、29日(日) ゆうぽうとホール
『くるみ割り人形』
12月25日(土)、26日(日) メルパルクホール

■ スターダンサーズ・バレエ団が、吉田都さん、フェデリコ・ボネッリをゲストにチャリティ・ガラ公演を上演。日程はスタダンのサイトに出ています。 →スタダン
スターダンサーズ・バレエ団『チャリティ・ガラ公演』
7月31日(土)、8月1日(日) ゆうぽうとホール
posted by uno at 00:05| Comment(3) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち

既に公演まで1ヶ月を切りましたが、イリ&オットーとドレスデン・バレエ団のメンバーによる『ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち』の公演情報を載せておこうと思います。チケットの発売が公演の2ヶ月前と、通常のバレエ公演に比べるとちょっとギリギリな感じ。最近になって二つ折りの豪華なチラシが完成したようです。先日のYAGPがらの会場では、入口でチラシを手配りしていました。
イリとオットーが見られる貴重な機会なので、2日間見に行きたい衝動に駆られたんですが、今回は1回だけで我慢することにしました。もちろん、イリとオットーだけでなく、ドレスデン・バレエの面々を見られるのもすごく貴重ですよね〜。ハンブルク・バレエの大石さんが出演するのも嬉しいところ。

で、公演とはまったく関係ないんですが、さいたま芸術劇場のサイトで、蜷川幸雄の『ヘンリー6世』に草刈民代さんが出演するということを知りました。驚いた〜。

■ 『ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち』

1月23日(土)15:00
1月24日(日)15:00
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
S席:8,000円 A席:6,000円 学生A席:3,500円
一般発売:11月27日(金)

ドレスデン国立劇場バレエ団
【プリンシパル】イリ・ブベニチェク、ギィ・アルブイ
【ファースト・ソリスト】エレナ・ヴォストロティナ、カテリーナ・マルコフスカヤ
【セカンド・ソリスト】スヴェトラーナ・ギレヴァ、オレグ・クリィミュク、ヨン・ヴァイェホ
【コリフェ】浅見紘子、ドゥオシー・ジュウ、イシュトヴァン・シモン、クラウディオ・カンジアロッシ
【コール・ド・バレエ】ラケル・マルティネス
ハンブルク・バレエ団
【プリンシパル】オットー・ブベニチェク
【アンサンブル】大石裕香
ドニミク・ストロブル(フリーランス)

『ル・スフル・ドゥ・レスプリ −魂のため息−』(27分)日本初演
振付:イリ・ブベニチェク
『ステップテクスト』ドレスデン国立歌劇場バレエ団“特別ヴァージョン”(27分)
振付:ウィリアム・フォーサイス
『辿り着かない場所』(43分)日本初演
振付:イリ・ブベニチェク
フィナーレ(出演ダンサー全員による)

さいたま芸術劇場
電子チケットぴあ
eプラス
posted by uno at 11:31| Comment(2) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ・オペ、キャスト追加発表 第2弾

今さらですが、パリ・オペのキャストが追加発表されたので、一応書いておこうと思います〜。今回発表されたのは、『シンデレラ』のプロデューサー、二人の義姉、ダンス教師、『ジゼル』のヒラリオン、パ・ド・ドゥです。
私が見に行く日のダンス教師は、ペッシュでした。マチアス・エイマンは『ジゼル』を見る予定なので、ここはペッシュでよかったな、と。ペッシュの主演の日を取るほど余裕はないんですが、わりと好きなので。ジョシュア・オファルトは、キャスト入れ替わりの『白鳥の湖』(2007年の『ルグリと輝ける仲間たち』)で王子を踊る予定だったダンサーですよね。あのときは怪我で降板してしまったので、今回ヒラリオンで見られそうなのも楽しみです。

■ パリ・オペラ座バレエ団『シンデレラ』『ジゼル』キャスト追加発表〜第2弾

『シンデレラ』

3月12日(金)18:30
シンデレラ:アニエス・ルテステュ
映画スター:ジョゼ・マルティネス
継母:ステファン・ファヴォラン
プロデューサー:ヤン・ブリタール
二人の義姉:イザベル・シアラヴォラエミリー・コゼット
ダンス教師:バンジャマン・ペッシュ

3月13日(土)13:30
シンデレラ:マリ=アニエス・ジロー
映画スター:カール・パケット
継母:ジョゼ・マルティネス
プロデューサー:ヤン・ブリダール
二人の義姉:ドロテ・ジルベールステファニー・ロンベール
ダンス教師:バンジャマン・ペッシュ

3月13日(土)18:30
シンデレラ:デルフィーヌ・ムッサン
映画スター:マチュー・ガニオ
継母:ステファン・ファヴォラン
プロデューサー:アレッシオ・カルボネ
二人の義姉:イザベル・シアラヴォラエミリー・コゼット
ダンス教師:マチアス・エイマン

3月14日(日)13:30
シンデレラ:マリ=アニエス・ジロー
映画スター:カール・パケット
継母:ジョゼ・マルティネス
プロデューサー:ヤン・ブリダール
二人の義姉:ドロテ・ジルベールステファニー・ロンベール
ダンス教師:バンジャマン・ペッシュ

3月15日(月)18:30
シンデレラ:デルフィーヌ・ムッサン
映画スター:マチュー・ガニオ
継母:ステファン・ファヴォラン
プロデューサー:アレッシオ・カルボネ
二人の義姉:イザベル・シアラヴォラエミリー・コゼット
ダンス教師:マチアス・エイマン

『ジゼル』

3月18日(木)19:00
ジゼル:アニエス・ルテステュ
アルブレヒト:ジョゼ・マルティネス
ミルタ:マリ=アニエス・ジロー
ヒラリオン:ヤン・ブリダール
パ・ド・ドゥ:ミリアム・ウルド=ブラームエマニュエル・ティボー

3月19日(金)19:00
ジゼル:ドロテ・ジルベール
アルブレヒト:マチアス・エイマン
ミルタ:エミリー・コゼット
ヒラリオン:ジョシュア・オファルト
パ・ド・ドゥ:メラニー・ユレルアレッシオ・カルボネ

3月20日(土)13:30
ジゼル:アニエス・ルテステュ
アルブレヒト:ジョゼ・マルティネス
ミルタ:マリ=アニエス・ジロー
ヒラリオン:ヤン・ブリダール
パ・ド・ドゥ:リュドミラ・パリエロエマニュエル・ティボー

3月20日(土)18:30
ジゼル:イザベル・シアラヴォラ
アルブレヒト:バンジャマン・ペッシュ
ミルタ:エミリー・コゼット
ヒラリオン:ニコラ・ポール
パ・ド・ドゥ:メラニー・ユレルアレッシオ・カルボネ

3月21日(月・祝)13:30
ジゼル:オレリー・デュポン
アルブレヒト:ニコラ・ル・リッシュ
ミルタ:マリ=アニエス・ジロー
ヒラリオン:ジョシュア・オファルト
パ・ド・ドゥ:ミリアム・ウルド=ブラームエマニュエル・ティボー

パリ・オペラ座バレエ団 2010年日本公演blog
posted by uno at 11:21| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

横須賀芸術劇場で東バ『ジゼル』【2010年9月】

横須賀芸術劇場ニュースの1月号がUPされました。東京バレエ団が2010年9月に『ジゼル』を上演します。来年も横須賀で公演があるんですね〜。それ以外のバレエ公演のラインナップは、今のところキエフ・バレエの『華麗なるクラシックバレエ・ハイライト』のみです。

■ 東京バレエ団『ジゼル』全2幕 【横須賀】

2010年9月12日(日)
よこすか芸術劇場

■ キエフ・バレエ『華麗なるクラシックバレエ・バイライト』 【横須賀】

2010年7月18日(日)14:00
よこすか芸術劇場

横須賀芸術劇場

posted by uno at 18:51| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

『マラーホフの贈り物』日程・出演者決定

『マラーホフの贈り物2010』の公演日程と出演者が決まりました。シュツットガルトからマリア・アイシュヴァルトとマリイン・ラドメイカー、そしてボリショイからニーナ・カプツォーワとイワン・ワシーリエフなど、楽しみなキャストです♪ ベルリン国立バレエからの出演者が多いのも嬉しい。ディヌ・タマズラカルといえば、前回の日本公演のとき『ニーベルングの指環』でミーメを演じたダンサーですよね。歌う場面もとっても上手で芸達者な若者だったので、是非もう一度見たかったんです。2007年2月号のダンスマガジンに掲載されたベルリン国立バレエ団の『ロビンズ・プロ』の記事の中で、「ファンシー・フリー」を踊ったタマズラカルについて、「彼が踊り狂う様子はまさに圧巻で」と絶賛されていたのも印象的でした。

『マラーホフの贈り物』は各プロ1回ずつしか見に行かないつもりだったんだけど、この出演者ならあと1回くらい追加したいような気もするな〜。でも、どうやらロイヤルとマラーホフと『エトワール・ガラ』の支払いが重なりそうな気がするんですよね、、、。東バの『オネーギン』だってあるし。まあ、来年になったら考えるか。

■ 『マラーホフの贈り物2010』

【Aプロ】
5月18日(火)18:30
5月19日(水)18:30
【Bプロ】
5月21日(金)18:30
5月22日(土)15:00
会場:東京文化会館

一般発売:2月10日(土)

<予定される出演者>
ウラジーミル・マラーホフ (ベルリン国立バレエ団)
ポリーナ・セミオノワ (ベルリン国立バレエ団)

マリア・アイシュヴァルト (シュツットガルト・バレエ団)
ニーナ・カプツォーワ (ボリショイ・バレエ団)
ヤーナ・サレンコ (ベルリン国立バレエ団)
エリサ・カミーヨ・カブレラ (ベルリン国立バレエ団)

マリイン・ラドメイカー (シュツットガルト・バレエ団)
イワン・ワシーリエフ (ボリショイ・バレエ団)
ディヌ・タマズラカル (ベルリン国立バレエ団)
ミハイル・カニスキン (ベルリン国立バレエ団)

東京バレエ団

<演目>
【Aプロ】 「四季」(G.ヴェルディ作曲「仮面舞踏会」より)/他
【Bプロ】 「ラ・バヤデール」〈影の王国〉/他

NBS
posted by uno at 19:00| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森山開次『YU-ZURU 夕鶴』日程決定

森山開次さんの『夕鶴』の公演日程が決まったようです。ちょっと前にメールも届きました。全国ツアーなんですね。『夕鶴』はちょっと見てみたいんだよな〜。
『エトワール・ガラ』と重ならなくてよかった〜と思ったんですが、夏は何があるかわからないですからね〜。まだこれから気になる公演が増えるかもしれません。

■ 森山開次ソロダンス スター2010 『YU-ZURU 夕鶴』

東京公演:2010年7月23(金)〜25日(日)
大阪公演:2010年7月29日(木)
広島公演:2010年7月31日(土)
名古屋公演:2010年8月27日(金)
北海道公演:調整中

森山開次HP
posted by uno at 01:21| Comment(1) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

ロイヤル詳細決定

6月のロイヤルの詳細が決定しましたね〜。今日、祭典会員向けにDMも届きました。5月の『マラーホフの贈り物』は、来年1月中に鑑賞希望日のお伺いが届く予定だそうです。
  →NBS

■ 英国ロイヤル・バレエ団 2010年日本公演

『リーズの結婚』全2幕
6月19日(土)13:00
   リーズ:ロベルタ・マルケス
   コーラス:スティーヴン・マックレー
6月19日(土)18:00
   リーズ:マリアネラ・ヌニェス
   コーラス:ティアゴ・ソアレス
6月20日(日)15:00
   リーズ:サラ・ラム
   コーラス:イワン・プトロフ

『うたかたの恋』全3幕
6月22日(火)18:30
   ルドルフ皇太子:カルロス・アコスタ
   マリー・ヴェッツェラ:タマラ・ロホ
   ラリッシュ伯爵夫人:マーラ・ガレアッツィ
6月23日(水)18:30
   ルドルフ皇太子:ヨハン・コボー
   マリー・ヴェッツェラ:リャーン・ベンジャミン
   ラリッシュ伯爵夫人:ラウラ・モレーラ
6月24日(木)18:30
   ルドルフ皇太子:エドワード・ワトソン
   マリー・ヴェッツェラ:マーラ・ガレアッツィ
   ラリッシュ伯爵夫人:サラ・ラム

『ロミオとジュリエット』全3幕
6月26日(土)18:00
   ジュリエット:アリーナ・コジョカル
   ロミオ:ヨハン・コボー
6月27日(日)13:00
   ジュリエット:マリアネラ・ヌニェス
   ロミオ:ティアゴ・ソアレス
6月27日(日)18:00
   ジュリエット:吉田都
   ロミオ:スティーヴン・マックレー
6月28日(月)18:30
   ジュリエット:リャーン・ベンジャミン
   ロミオ:エドワード・ワトソン
6月29日(火)18:30
   ジュリエット:吉田都
   ロミオ:スティーヴン・マックレー

一般発売日:3月6日(土)
2演目・3演目セット券発売:2月13日(土)
NBS WEBチケット先行抽選予約(S〜B券):2月17日(水)〜
S席:22,000円 A席:20,000円 B席:18,000円 C席:15,000円 D席:11,000円 E席:8,000円
会場:東京文化会館

会員席は2演目なので、それ以上は追加分として申し込まなければなりません。今回はあまり迷いませんでした。『うたかたの恋』はロホで見たかったので、これは即決定。都さんの『ロミオとジュリエット』もやはり見ておきたいので、これも決定。『リーズの結婚』はマルケスとマックレーの日を追加で申し込もうかな、と。ロホもコジョカルも、1回しか踊らないんですね。2演目踊るのはヌニェスとベンジャミンくらいで、他はみんな1演目のみという感じです。層が厚いということかしら。
ロホの日の『うたかた』が無事に取れれば、初カルロス・アコスタということになります。楽しみだな〜。実は、コボーのルドルフ皇太子も見てみたいんですよね。『うたかた』を追加するかどうか、現在迷い中です。
鑑賞希望日アンケートの締め切りは1月16日(土)。
追加申込分の予約確認ハガキは2月26日(金)までに届くそうです。
posted by uno at 23:30| Comment(2) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

『ザ・カブキ』予約確認ハガキ/東バblog/ルグリ追加公演

ぐ〜たらな生活が続いておりまして、公演の感想も全然書けていません。どうしても寝ちゃうんですよね〜。一眠りしたら書こうと思うんですが、一眠りで済んだことがありません。今まで一度も一眠りで起きたことがないのに、「今日こそは」と自分を信じるその根拠はどこにあるんだろうか、、、。

とりあえず、22日のYAGPガラで、私の今年の舞台鑑賞は終わりました。普段のバレエ公演とは少し違い、独特の空気はありましたが、とても楽しかったです。K-BALLETの康村さんと清水さんが出演者に追加されていて、予想外に初めて康村さんを見られたのも嬉しかったです。ジェイソン・レイリーはとても素敵だったし、コジョカルは別次元の存在感だったし、若いダンサーたちのパフォーマンスも面白かったです。


で、アッサンブレから『ザ・カブキ』の予約確認ハガキが届きました。そうです、ドキドキのオーチャードですよ〜。一言で言えば、オーチャードでなければまあまあ良い席、という感じでしょうか。センターブロックが1枚、サイドブロックのセンター寄りが1枚でした。前の人の大きさ次第というところですかね〜。因みに、気になったので問い合わせたところ、最前列は6列だそうです。オーチャードの段差って9列からでしたっけ。一応、両日とも9列〜19列の間なので、ちゃんと傾斜のある席を割り当ててくれたのだと思います。いや、自分の席しか見てないから、絶対とは言えないけれども。

東バblogの「稽古場より」が更新されました〜。『ラ・シルフィード』のリハーサルに加え、月曜日からはド・バナ作品のリハーサル(ルグリも来日)、そしてリード・アンダーソンも来日して、『オネーギン』のオーディションを兼ねたトライアウトが行われたそうです。なかなか忙しそうですね。写真はどの場面だろう。手紙のパ・ド・ドゥかなぁ? だとしたら、ゲストは無しということでしょうか。詳細は来年かな〜、、、。はぁ、気になる。
『ラ・シル』でパ・ド・ドゥを踊る佐伯さんと長瀬さんの写真もいいですね〜。高村−松下のパ・ド・ドゥ(17日)は諦めて、予定通り佐伯−長瀬の19日を見に行くことにしました。チケットを取り直す余裕がないというのもあるけど、久々に楽しげに踊る長瀬さんを見たいなと思って。いや、いつもつまらなそうというわけではないんですが。
そして、アッサンブレ会員向けに送られる年賀状には、プリンシパルかソリスト、誰かのサインが入っているそうです。ブログの写真には楽しげにVサインをする木村さんが(笑)。小出さんも可愛い♪ いつも年賀状なんて来てましたっけ? 記憶にないんだけど、忘れてるだけかな…。誰のサインが書いてあるか、普通にワクワクします。好きなダンサーだったら嬉しいな〜(みんな好きだけどー)。
  →東京バレエ団blog

『マニュエル・ルグリの新しき世界』Bプロ追加公演のプレオーダー/プレリザーブが明日(25日)から始まります。Bプロは4日間もあるのに、結構売れ行きがいいんですね〜。まあ、6日の開演時間が、土曜日なのに18時という時点で、何かあるんじゃないかな〜とは思ってたけど。

■ 『マニュエル・ルグリの新しき世界』<Bプロ> 【追加公演】

2月6日(土)13:30 ゆうぽうとホール
一般発売:1月9日(土)
プレオーダー12月25日(金)〜1月6日(水)18:00
プレリザーブ12月25日(金)〜1月6日(水)11:00
NBS
posted by uno at 22:44| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

新国『くるみ』キャスト

珍しく新国の話題。17日付で『くるみ』のキャストが発表されていました。K-BALLETを退団した長田佳世さんも輪島さんも、新国に入団したんですね〜。長田さんも輪島さんも、そして古川さんも、それぞれキャスティングされています。古川さんはスペイン、長田さんは中国と葦の精、輪島さんはアラビアと花のワルツです。私としては冨川祐樹さんのドロッセルマイヤーが気になります〜。詳しくはサイトで。

■ 新国立劇場バレエ 新制作『くるみ割り人形』 キャスト決定

新国立劇場バレエ『くるみ割り人形』特設サイト


今日は『ザ・カブキ』の発売日でした。eプラスの座席選択で、26列目辺りの程よい席が取れるようです。私としてはもうちょっと近いほうが好きなんだけど、段差もあるし、全体も見渡せるので悪くないかもしれないですね。結局、発売日までにキャストは出ませんでしたね〜。師直とか塩冶判官とか定九郎は、今回はまだシングルキャストでいってほしいな〜と思うんですが、どうでしょう。中島さんが抜けた伴内にニューキャストが入るのかも気になります。梅澤さんが、現代の勘平から勘平にレベルアップしてもいいんじゃないかな〜という気もする。長瀬さんとダブルキャストでどうだろうか。小出さんの復帰はまだなのか、井脇さんは遊女を踊るのか、気になることがいっぱいです。そして、アッサンブレで申し込んだ席も気になる。さて、どんな席が来るでしょうね〜。もう開き直ったので、ある意味楽しみです。
posted by uno at 22:48| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする