2019年12月31日

今年もありがとうございました/2019年に見たバレエ

大晦日ですね〜。私は昨日まで仕事でした。
今年は9月に父が亡くなりまして、それを機に実家に戻りました。今は母と二人暮らしです。「いざとなったら戻ってきてくれ」とずっと言われていたので覚悟はできていたつもりなんですが、実際に戻るとなると色々と思うところはありました。自分の人生、これからどうなるんだろうな〜とか。オーバーですかね(苦笑)。

今年も紅白を見て、ジルベスターコンサートのカウントダウンを確認して、きっといつもと同じ大晦日です(母親と二人きりというのは初めてだけど、、、)。今年のジルベスターコンサートは東バが出演するので楽しみ♪ ジルベスターコンサートって、22時開演だけど、テレビ放送は23時半からなんですね。東バの演目、両方とも放送してくれるのかしら、、、と、ちょっと心配。今年のカウントダウン曲はホルストの『木星』で、合唱・バレエとともに新年を迎えるとのことなので、『木星』は見られるわけですが、岡崎さん振付の『歓喜の歌』も見られるでしょうか、、、。

昨日、書店でダンマガをチラ見。迷って買わなかったんだけど、やっぱりBBLの記事があったから買おうかな〜。『バレエ・フォー・ライフ』の海外公演の記事が載っていました。岸本さんも写ってた〜♪ ローザンヌで第4位と観客勝を受賞したリロイ・モクガトルが、既に活躍しているようです。赤いタイツの写真だったので、「RADIO GA GA」ですね。日本公演でも見られるといいな〜。以前このブログで、リロイくんがBBLに入団したらしいという記事を書いたんですが、そのときはモクハートレと書いていました。ダンマガさんがモクガトルと表記していたので、それに合わせようかな、と。

毎年やっているので、今年も1年間に見たバレエを書いておきたいと思います。これも毎年書いている気がしますが、完全に自己満足です。

とうわけで、今年も本当にありがとうございました。令和2年もよろしくお願い致します♪

<2019年に見たバレエ>

【2月】
2月9日(土) 日本バレエ協会公演『白鳥の湖』 佐久間奈緒/厚地康雄

【3月】
3月15日(金) 東京バレエ団『海賊』 上野水香/柄本弾
3月16日(土) 東京バレエ団『海賊』 沖香菜子/秋元康臣
3月23日(土) 山海塾 世界初演『ARCー薄明・薄暮』
3月24日(日) 山海塾 世界初演『ARCー薄明・薄暮』

【4月】
4月28日(日) 東京バレエ団『白鳥の湖』 川島麻実子/秋元康臣

【6月】
6月23日(日) 英国ロイヤル・バレエ団『ドン・キホーテ』 カスバートソン/ボール

【7月】
7月18日(木) エイフマン・バレエ『ロダン〜魂を捧げた幻想』 ガブィシェフ/アンドレーエワ/リシュク
7月21日(日) エイフマン・バレエ『アンナ・カレーニナ』 レズニク/ヴォロブーエフ/スボーチン
7月28日(日) Noism1『Mirroring Memories〜それは尊き光のごとく』『Fratres T』

【8月】
8月3日(土) 『フェリ、ボッレ&フレンズ』 Bプログラム
8月8日(木) 吉田都引退公演『Last Dance』
8月24日(土) 東京バレエ団<サマー・バレエ・コンサート> (15:30)
8月25日(日) 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』 秋山瑛/池本祥真
8月25日(日) 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』 伝田陽美/柄本弾

【10月】
10月26日(土) 東京バレエ団×勅使川原三郎 世界初演『雲のなごり』他
10月27日(日) 東京バレエ団×勅使川原三郎 世界初演『雲のなごり』他

【12月】
12月13日(金) 東京バレエ団 新制作『くるみ割り人形』 川島麻実子/柄本弾
12月14日(土) 東京バレエ団 新制作『くるみ割り人形』 沖香菜子/秋元康臣
12月15日(日) 東京バレエ団 新制作『くるみ割り人形』 秋山瑛/宮川新大

posted by uno at 18:37| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

【2月のプレミアムシアター】新国立劇場バレエ団『ニューイヤー・ガラ』を放送。

プレミアムシアターの2月の放送予定が更新されました。新国立劇場バレエ団の『ニューイヤー・ガラ』が放送されます。楽しみです〜♪ プレミアムシアターさんは、前に新国の『シルヴィア』も放送しましたよね。東バの公演もやってくれないかな〜。あと、BBLの『バレエ・フォー・ライフ』とか、収録してくれないですかね〜。BBLは可能性としてはWOWOWのほうがあるかな。

明日の『ジルベスターコンサート』は録画完了です。あと、1月3日に放WOWOWで送されるマリインスキーの『海賊』も録画せねば。

【プレミアムシアター】

2020年2月16日(日)深夜0:00

新国立劇場バレエ団『ニューイヤー・ガラ』

<演目>

「セレナーデ」
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
振付:ジョージ・バランシン

「ライモンダ」からパ・ド・ドゥ
音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:マリウス・プティパ

「海賊」からパ・ド・ドゥ
音楽:リッカルド・ドリゴ
振付:マリウス・プティパ

「DGV」(日本初演)
音楽:マイケル・ナイマン
振付:クリストファー・ウィールドン

<出演>
井澤駿、小野絢子、福岡雄大、本島美和、米沢唯、渡邊峻郁
寺田亜沙子、柴山紗帆、細田千晶、中家正博、木村優里、速水渉悟、木下嘉人

管弦楽:東京交響楽団
指揮:マーティン・イェイツ

<収録予定:2020年1月11日・12日 新国立劇場オペラパレス>

posted by uno at 23:49| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

<東急ジルベスターコンサート2019−2020> 東京バレエ団の演目が決定。

今年の<東急ジルベスターコンサート>で東バが披露する演目・出演者が発表されました。アルバレス振付のホルスト「木星」と、岡崎さん振付のベートーヴェン「歓喜の歌」とのこと。お〜♪ コレオグラフィック・プロジェクトでも活躍する2人が大役を担うなんて、とっても嬉しい!! 2人は先日の新制作『くるみ割り人形』でも振付に協力していたそうだし、頼もしい限りですね♪ 出演者も楽しみ過ぎます〜♪ 私はもちろん、自宅でテレビ鑑賞です。

<東急ジルベスターコンサート2019−2020>

2019年12月31日(木)22:00
会場:Bunkamuraオーチャードホール

第1部 22:00〜23:00
第2部 23:30〜24:45

【出演者】
指揮:山田和樹、沖澤のどか
ソプラノ:森麻季
メゾソプラノ:秋本悠希
テノール:工藤和真
バリトン:小森輝彦
バレエ:東京バレエ団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

【東京バレエ団】

ホルスト作曲 組曲『惑星』より「木星」
振付:ブラウリオ・アルバレス

  上野水香、沖香菜子
  柄本弾、秋元康臣
  奈良春夏、伝田陽美、池本祥真
  金子仁美、中川美雪、ブラウリオ・アルバレス、樋口祐輝

ベートーヴェン作曲 交響曲第9番 第4楽章「歓喜の歌」
振付:岡崎隼也

  三雲友里加、秋山瑛、加藤くるみ、足立真里亜、中沢恵理子、菊池彩美、長谷川琴音
  山田眞央、岡ア司、鳥海創、後藤健太朗、昂師吏功

posted by uno at 15:23| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

BBL『バレエ・フォー・ライフ』名古屋公演情報。

BBLの全国公演『バレエ・フォー・ライフ』の、名古屋公演の情報が中京テレビ事業のサイトに出ました。開演は18時半。上演時間はそれほど長くないので、19時開演かな?と予想していたんですが、はずれました。S席18,000円。西宮が15,000円だったので、なんだか高く感じてしまった(苦笑)。あと、A席とB席の差額がデカい。一般発売は2月21日(金)から。先行予約については、決まり次第発表のようです。
あとは、札幌と高崎と川口。年が明けないと情報は出ないかな〜、、、。

■ モーリス・ベジャール・バレエ団『バレエ・フォー・ライフ』 【名古屋】

2020年5月21日(木)18:30
会場:日本特殊陶業市民会フォレストホール

S席:18,000円 A席:15,000円 B席:9,000円 C席:6,000円
一般発売:2020年2月21日(金)10:00

posted by uno at 12:18| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

東京シティ・バレエ団 藤田嗣治美術『白鳥の湖』の再演が決定。

2020年7月、東京シティ・バレエ団が『白鳥の湖』を再演するとのこと。2018年に創立50周年記念公演として上演された石田種生版『白鳥の湖』は、藤田嗣治の舞台美術を用いたことでも話題になりましたよね〜。前回はヤーナ・サレンコとディヌ・タマズラカルがゲストでしたが、今回もまた豪華です。オデット/オディールにはボリショイ・バレエのオルガ・スミルノワと、スウェーデン王立バレエ団プリンシパルの佐々晴香さん。ジークフリード王子に同じくボリショイのセミョーン・チュージンがゲスト出演します。佐々さんのパートナーは東京シティ・バレエ団のキム・セジョンが務めます。今回の指揮は井田勝大さん、演奏はシアターオーケストラトーキョー。そして、会場は新国立劇場のオペラパレスです。前回は東京文化会館でしたよね。ティアラこうとうだとセットを組むのが難しいとか? それとも、動員の問題でしょうか。いずれにしても、珍しいな〜と。余裕があったら見に行きたいんですけどね〜、、、。そんなこと言ったら、余裕があれば全部見たいですよね(苦笑)。
公演は2日間で3回。開演時間、及びキャストの日程も未発表です。

■ 東京シティ・バレエ団 藤田嗣治美術『白鳥の湖』全幕

2020年
7月18日(土)
7月29日(日)
※3公演(開演時間未定)
会場:新国立劇場オペラパレス

演出・振付:石田種生
再演演出:金井利久
美術:藤田嗣治
照明:足立恒

指揮:井田勝大
演奏:シアターオーケストラトーキョー

【主演】
オデット/オディール
  オルガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ団プリンシパル)
  佐々晴香(スウェーデン王立バレエ団プリンシパル)
ジークフリード王子
  セミョーン・チュージン(ボリショイ・バレエ団プリンシパル)
  キム・セジョン

posted by uno at 12:07| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

東バ『ラ・シル』主な配役/コジョカル・ガラの演目決定

3月の東バ『ラ・シルフィード』の、主な配役が発表されました。弾さんのジャームズが見られないのは残念だけど、マッジは楽しみ♪ 初日のパ・ド・ドゥに中川さんと生方さん。今月の『くるみ』でもアラビアとスペインを踊っていた生方さんが、ここでも活躍。期待されてるんだな〜。和田さんのガーンは嬉しい。樋口さんはパ・ド・ドゥと予想してたんですが、ガーンでしたね。杉山さんも見たかったけどな〜。秋山さんのエフィーは「きたー!」って感じですね〜♪ 金子さんと池本さんのパ・ド・ドゥもとっても楽しみです。

<東京バレエ団『ラ・シルフィード』主な配役決定>

2020年
3月21日(土)14:00
シルフィード:沖香菜子
ジャームズ:秋元康臣
エフィー:秋山瑛
ガーン:和田康佑
マッジ:柄本弾
パ・ド・ドゥ:中川美雪、生方隆之介

3月22日(日)14:00
シルフィード:川島麻実子
ジャームズ:宮川新大
エフィー:三雲友里加
ガーン:樋口祐輝
マッジ:森川茉央
パ・ド・ドゥ:金子仁美、池本祥真


そして、コジョカルのドリーム・プロジェクトの演目も決定しました。Aプロは『バレエ・インペリアル』と、『ドン・キホーテ ディヴェルティスマン』のみ。時間的にちょうどいいのかな? もう『バレエ・インペリアル』の上演時間、忘れちゃいましたよ、、。40分くらい? Bプロは『マルグリットとアルマン』の他に、世界初演を含むパ・ド・ドゥやソロが予定されています。最初、演目だけ見て、解説を読んでいなかったんですが、まだ追加出演者の予定があるみたいですね〜。誰だろう、気になるけど、全然予想できない、、、。
因みに、『マルグリットとアルマン』も何人か男性ダンサーが必要だと思うんですが、ギエムのときのように木村さんが出たりは、、、しないか。アルバレスは可能性あるかしら? チケット取ってないので、確認はできないんですが、気になります。あと、コジョカルとフォーゲルの『春の声』はちょっと見たかったな〜、と。

<『アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト2020』主な上演プログラム決定>

【Aプログラム】

ジョージ・バランシン振付『バレエ・インペリアル』
アリーナ・コジョカル、フリーデマン・フォーゲル
東京バレエ団

『ドン・キホーテ ディヴェルティスマン』
古典バレエ「ドン・キホーテ」から見所を抜粋し、構成したスペシャルヴァージョンをおとどけします。
アリーナ・コジョカル、ナンシー・オズバルデストン
ヨハン・コボー、キム・キミン、オシール・グオーネ

【Bプログラム】

フレデリック・アシュトン振付『マルグリットとアルマン』全編
マルグリット:アリーナ・コジョカル
アルマン:セルゲイ・ポルーニン

マリウス・プティパ振付『眠れる森の美女』よりローズ・アダージオ
アリーナ・コジョカル、他

アグリッピーナ・ワガノワ振付『ディアナとアクテオン』
ナンシー・オズバルデストン、オシール・グオーネ

ティム・ラシュトン振付<タイトル未定> 新作世界初演
アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー

ナンシー・オズバルデストン振付<タイトル未定> 新作世界初演
ナンシー・オズバルデストン

エリック・ゴーティエ振付『ABC』
ヨハン・コボー

フレデリック・アシュトン振付『春の声』
アリーナ・コジョカル、フリーデマン・フォーゲル

→ NBS
posted by uno at 11:30| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

兵庫芸文からDM/2020年12月に東京バレエ団『くるみ割り人形』

兵庫芸文からDMが届きました。2020年度の全ラインナップは出ていなかったんですが、いくつかの公演が発表になっていました。12月に東京バレエ団の『くるみ割り人形』の上演が予定されています。東バの2020年度のラインナップによると、新制作の『くるみ』の再演が既に決定しているようなんですが、西宮でも公演があるんですね〜。来年はどんなキャストになるでしょうか♪ 

■ 東京バレエ団『くるみ割り人形』【西宮公演】

2020年12月12日(火)
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

posted by uno at 11:20| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

浜松市文化振興財団 主催/共催ラインナップ 9月に東バ『ドン・キホーテ』

浜松市文化振興財団の、2020年度の主催/共催事業ラインナップが出ました(Twitter情報)。会場は全てアクトシティ浜松です。9月30日(水)に東バの『ドン・キホーテ』が予定されています〜。平日なんですね。何も書かれていないということは、子ども版ではなく、通常版ということですよね。来年の夏の子ども公演は『眠り』のようだし、7月に通常版『ドン・キホーテ』の上演もあるので、やはり浜松も通常版と考えていいのではないか、と。もしかしたらこの辺りの時期に、浜松以外でも公演があるのかな〜なんて、ちょっと期待してしまいます。
発表されたものがすべてではないようですが、今のところバレエ公演は東バの『ドン・キ』だけのようです。チケット発売は5月。


2020年9月30日(水) アクトシティ浜松
東京バレエ団『ドン・キホーテ』

【チケット販売】
友の会:5月10日(日)
一般発売:5月24日(日)
posted by uno at 12:33| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

牧阿佐美バレヱ団 2020年度ラインナップ

牧阿佐美バレヱ団の、2020年度のラインナップが出ていました。主催4公演をS席で鑑賞する年間セット券というものがあるそう。1セット40,000円で、約1割お得とのこと。申し込みの締め切りは、2020年3月31日。予定枚数に達した場合は先着順になるそうです。

2020年6月に『ロメオとジュリエット』を8年ぶりに再演。12月に『くるみ』、そして2021年1月には『ローラン・プティの夕べ』を開催。日本では15年ぶりの上演となる「プンク・フロイド・バレエ」は、改訂版とのこと。そんなに上演してなかったんですね〜。NHKホールに見に行った記憶があるんですが、あれが世界初演だったのか。久々だしちょっと見てみたいです。改訂も気になるし。併演は「アルルの女」。「アルルの女」は、牧阿佐美バレヱ団が1996年に日本初演。そこからプティとの交流が始まったとのこと。3月には『プリンシパル・ガラ2021』。「時の彼方に〜アビアント」が新演出となっています。海外からのゲストダンサーも出演予定とのこと。

<牧阿佐美バレヱ団 2020年度ラインナップ>

【2020年】

6月13日(土)、14日(日)
『ロメオとジュリエット』全3幕

演出・振付:アザーリ・M・プリセツキー/牧阿佐美
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
美術:アレクサンドル・ワシリエフ

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI

12月11日(金)、12日(土)、13日(日)
『くるみ割り人形』全幕

演出・改定振付:三谷恭三
音楽:P.I.チャイコフスキー
美術:デヴィッド・ウォーカー
照明デザイン:ポール・ピヤント

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI

【2021年】

1月28日(木)
『ローラン・プティの夕べ』

「アルルの女」
演出・振付:ローラン・プティ
音楽:ジョルジュ・ビゼー
舞台装置:ルネ・アリオ

「ピンク・フロイド・バレエ」(改訂版)
演出・振付:ローラン・プティ
音楽:ピンク・フロイド
衣装制作:(株)ハナエ・モリ
振付スーパーバイザー:ルイジ・ボニーノ
照明:ジャン=ミッシェル・デジレ

3月13日(土)、14日(日)
『プリンシパル・ガラ2021』

「時の彼方に〜アビアント」(新演出)
作曲:三枝成彰
振付:牧阿佐美、ドミニク・ウォルシュ、三谷恭三
原作:島田雅彦

「Anniversary」(新振付)
作曲:YOSHIKI
振付:牧阿佐美

「ボレロ」
振付:ピーター・ブロイヤー
音楽:モーリス・ラヴェル、他

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI

会場は全て、文京シビックホール 大ホール

posted by uno at 13:44| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

キエフ・バレエにキャスト変更/夏のキエフ国立バレエ学校公演情報

明日の水戸から始まるキエフ・バレエの日本公演ですが、オレシア・シャイターノワが怪我のため来日できなくなったとのこと。シャイターノワが出演予定だった年内の『くるみ』4公演にキャストの変更が出ています。これより前、12月6日(金)付でキャストの変更が発表になっていて、やはりシャイターノワが降板しているんですが、1月4日の府中の『白鳥』は劇場の都合、1月3日の『初夢バレエ・ガラ』は怪我のため降板となっているんですよね。理由が違うのがちょっと気になってしまいました。すみません、小さいことが気になってしまって、、。いやいや、全然小さくないですよね。ファンの方にとっては大事なことですよね。

→ 光藍社

<キエフ・バレエ キャスト変更のお知らせ> 

【12月20日(金)発表】

『くるみ割り人形』
12月21日(土)14:00 ザ・ヒロサワ・シティ【茨城・水戸】
オレシア・シャイターノワ&ニキータ・スハルコフ
     → アンナ・ムロツェワ&ニキータ・スハルコフ

12月23日(月)18:30 東京エレクトロンホール宮城【宮城・仙台】
オレシア・シャイターノワ&アンドリー・ガブリシキフ
     → アレクサンドラ・パンチェンコ&アンドリー・ガブリシキフ

12月24日(火)17:30 秋田市文化会館【秋田】
オレシア・シャイターノワ&ニキータ・スハルコフ
     → アンナ・ムロツェワ&ニキータ・スハルコフ

12月26日(木)15:00 東京文化会館
オレシア・シャイターノワ&アンドリー・ガブリシキフ
     → アレクサンドラ・パンチェンコ&アンドリー・ガブリシキフ

【12月6日(金)発表】

『白鳥の湖』
1月4日(土)15:00 府中の森芸術劇場【東京・府中】
オレシア・シャイターノワ&ニキータ・スハルコフ
     →アンナ・ムロツェワ&ニキータ・スハルコフ

『初夢バレエ・ガラ』
1月3日(金)12:00/16:00

そして、夏に来日するキエフ国立バレエ学校の公演情報も出ました。マラーホフ演出・振付の『コッペリア』全3幕を上演とのとこ。2018年の卒業公演のために創作したそうです。マラーホフ振付の『コッペリア』、ちょっと気になります〜。というか、「初来日」なんですね。なんとなく何度か来ているような気がしてました。どこかと間違えてるのかな、、、。詳細は2月末公開予定とのことです。

■ 創立70周年記念 キエフ国立バレエ学校 初来日公演『コッペリア』全3幕

『コッペリア』全3幕 (約2時間15分)
振付・演出:ウラジーミル・マラーホフ
音楽:レオ・ドリーブ

2020年
7月17日(金)18:30 千葉市民会館 大ホール
7月20日(月)18:30 昌賢学園まえばしホール 大ホール
7月21日(火)18:30 文京シビックホール 大ホール
7月22日(水)14:00 文京シビックホール 大ホール
7月25日(土)15:00 NHK大阪ホール
7月30日(木)15:00 オリンパスホール八王子
他、長野、名古屋、京都などにて開催予定

→ 光藍社
posted by uno at 16:21| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする