2017年03月28日

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>2017年2月25日 【神奈川】

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>、神奈川公演の感想です。

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>
2017年2月25日(土)15:00 神奈川県民ホール 大ホール

「中国の不思議な役人」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:ベラ・バルトーク  

無頼漢の首領:柄本弾
第二の無頼漢―娘:宮川新大
ジークフリート:森川茉央
若い男:伝田陽美
中国の不思議な役人:木村和夫

「イン・ザ・ナイト」 
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:フレデリック・ショパン  

沖香菜子−秋元康臣
崔美実−ブラウリオ・アルバレス
川島麻実子−柄本弾

ピアノ:松木慶子

 「ボレロ」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:モーリス・ラヴェル

上野水香

杉山優一、岸本秀雄、森川茉央、永田雄大

「中国の不思議な役人」

木村さん最後の『中国の不思議な役人』ということで、すみません、この日はもう木村さんしか見ていませんでした。これが最後と決めるのは惜しいと思えるような、すごい役人でした。ただ、次の上演が何年後になるかわからないわけで、そのとき納得のいくパフォーマンスができるかどうかは、本人にもわからないのではないでしょうか。2013年に役人を踊ったときも、まったく同じことを思いました。でも、4年後の今回、木村さんは衰えるどころか深化したんじゃないかと思えるような役人を見せてくれました。もしかして1年後、2年後、上演が決定したとき、「踊れそうだな」と思ったら、復活してほしいなと思ってしまいました。今はまだ、木村さんの他に役人を踊れそうな人が思い浮かびません。どこまでが木村さんで、どこからが役人なのかわからなくなる、渾身の舞台だったと思います。

「イン・ザ・ナイト」

なんと言ってもこの日の衝撃は、「イン・ザ・ナイト」の川島さんでした。やっぱり川島さんて、すごい人かも。「あれ?なんだろ、これ。なんだ、なんだ?」と思っているうちにぐいぐい引き込まれて、終盤の膝を折って手のひらを差し出すところで、もう堪えきれず涙が溢れてしまいました。あの場面が本当に素敵なんです。2人が向かい合って立ち、女性が右手で男性の右肩に触れ、左手で左肩に触れ、腰、脚と同様に触れていき、最後に膝を折って頭を垂れ、両方の手のひらを見せて腕を差し出します。もうそこで滂沱。そして、男性がその手を取り、女性をポワントのまま立たせます。ノイマイヤーの振付にも登場する、この手のひらを差し出すという行為(さらにそこに頬を寄せたりする)は、心打たれるものがあります。
水香さんは華やかでよかったんだけど、少し手の動きなどか好みじゃないな〜という部分もあって、川島さんはそのあたりも抑えられていたので、私にとっては気になる部分がなかったのもよかったんだと思います。抑制の効いた大人のドラマチックというか、ロビンズの枠をはみ出さずにここまで心揺さぶる踊りを見せ、自分の世界観を築いた川島さんに本当に驚かされました。
川島さんのすごいところは、見る度に「やっぱりすごい人かも」と思わせてくれるところかもしれません。それが、マラーホフの『眠り』を踊ったときからずっと続いているような気がします。

第2パ・ド・ドゥの崔さんもとても素敵でした。艶やかで気品があり、キリリとした美しさを見せてくれました。アルバレスとの雰囲気はもちろん素敵♪ 大人っぽい人だなぁと思っていた崔さんですが、やはり川島さんの大人っぽさには敵わないんだな〜と。大人のエレガンスを見せてくれた川島さんも、年頃の娘さんのような眩い美しさを見せてくれた崔さんも、どちらも素敵でした。崔さんは、ちょっと気の強そうなところも可愛いです(♪)。

この神奈川公演では水香さんが『ボレロ』を踊るので、東京とは違うキャストが組まれたわけですが、川島さんが2つのパ・ド・ドゥを踊ると知って、楽しみではあるけど、よほど友佳理さんに気に入られているんだな〜と思っていました。しかし、実際に彼女の踊りを見て、これは川島さんに踊らせるべきだったと深く納得しました。他のキャストも見てみたいですが、この川島さんが見られたことは本当によかったと思います。

「ボレロ」

私としてはどちらかと言うと好みではないほうの水香さんのメロディだったかもしれません〜。ちょっとだけやり過ぎというか、装飾的に感じてしまう瞬間がありました。例えば、腕で髪をかき上げながら1回転するところとか、何を感じていいのか迷うところもあったりして、、。もっとシンプルな彼女ほうが好きです。とても熱演だったし、会場の反応はとてもよかったです。前髪を少し分けて、おでこを見せていたのはよかったな〜と思いました。って、普通はそんなとこどうでもいいのかな(苦笑)。
posted by uno at 13:47| Comment(0) | バレエ公演2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>2017年2月23日

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>2日目の感想です。世間ではもうパリ・オペの公演が終わり、まもなく次の公演ラッシュが来るというのに、まだ東バの感想を書いてます、、。
2日目のこの日も、とっても楽しかったです。3演目とも思う存分堪能しました。

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>
2017年2月23日(木)19:00 Bunkamuraオーチャードホール

「中国の不思議な役人」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:ベラ・バルトーク  

無頼漢の首領:森川茉央
第二の無頼漢―娘:入戸野伊織
ジークフリート:ブラウリオ・アルバレス
若い男:二瓶加奈子
中国の不思議な役人:木村和夫

「イン・ザ・ナイト」
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:フレデリック・ショパン  

沖 香菜子−秋元康臣
川島麻実子−ブラウリオ・アルバレス
上野水香−柄本 弾

ピアノ:松木慶子
  
「ボレロ」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:モーリス・ラヴェル

オレリー・デュポン

杉山優一  岸本秀雄 森川茉央 永田雄大


『中国の不思議な役人』

木村さんの役人がますます怪しい(最上級に褒めてます)。大好きすぎてやっぱり目が離せませんでした。これが最後だなんて言わずに、役人のように何度でも復活してほしいです、、、。
やっぱり絶対に深化してる気がします。当たり役だとは思ってたし、毎回すごいとは思ってたけど、今回も本当にすごかった(「すごい」しか出てこなくてすみません、、)。今回は以前にも増して心で踊っていたような気がするんです。それはもしかしたら、身体的な変化や衰えを感じるからこそ得られた境地なのかもしれません。今の自分に何ができて、何ができないか。できることを使って、どこまで表現できるのか。真摯に向き合い、本番ではすべてを捨て去る。出せるものはすべて出して、何も残っていない。そんな魂の踊りのような気がしました。
感情を感じさせない不気味な役人の娘への執着は、何かが弾けて恋する役人に変わり、異形と成り果てても復活を繰り返し、最後はピュアな存在になって果てていく、、、。カーテンコールでは乱れた髪をオールバックにし、抜け殻のような木村さんが、一歩前に出た瞬間に笑顔に戻ったのが印象的でした。

入戸野さんの娘がすごくよかったです〜。とにかく美しくて倒錯的。あんまり普通に綺麗で、異質さがもっとあってもよかったかもしれないけど、私的には久々に「お〜♪」って感じでした。自分の美しさを知っている若さゆえの傲慢さと、男たちを翻弄しながらもどこか背伸びをしているような危うさと、その両方が共存していて、未完成な青年っぽさがよかったです。宮川さんの娘よりも若い感じがしました。さらに、首領と「できてる」なと思わせるのも、入戸野さんと森川さんのペアでした。また森川さんの首領が、娘を道具として使っているだけという悪い奴で、いいんですよ〜。入戸野さんの娘は首領のためにやっているような雰囲気もあって、やや切ない。入戸野さんと弾さんだったらどんな感じになるのか、見てみたくなりました。神奈川は宮川さんの娘なので、入戸野さんはこの1回だけなんですよね。できればまた見たいです。
入戸野さんは髪型もよかった。マレーネ・デートリッヒじゃないけど、昔のドイツ映画に出てくる女性のような、ウェーブのあるボブというか(語彙力なくて申し訳ない)。確か、首藤さんが娘を踊ったときもそんな髪型をしてたと思います。

この日は群舞も印象的でした。初日が悪かったわけではないんですが、ソリストたちの作り出す場面と群舞がよりシンクロしていたのは、2日目だったような気がします。

『イン・ザ・ナイト』

2日目もやっぱりとても素敵でした。沖さんの、リフトされたときの(だけじゃないけど)空中でのアームスの美しさ。それだけでウットリです。沖さんはリフトされ上手だと思っていて、空中でのフォルムがとても綺麗なんです。最初のほうで、上手から下手に走ってきて、沖さんをスッとリフトする場面。両足と両腕を前方にスーっと伸ばした沖さんが本当に綺麗で、それを安定感のあるリフトでふんわりと見せる秋元さんが爪先立ちをしていることで更に浮遊感を感じさせます。そのときの秋元さんの、ガッツリ引き締まったお尻もすごい。両腕・両足を伸ばした沖さんの前方への力と、爪先立ちをする秋元さんの上方への力の、完璧なタイミングが生み出す極上の浮遊感でした。まるで、風に乗って飛んでいこうとする沖さんをスッと捕まえたみたいなリフトで、とても印象的でした。その後も常にふんわりと沖さんを運ぶ秋元さん。沖さんの体重をまったく感じさせないリフトでした。瑞々しくて爽やかな、始まりのパ・ド・ドゥでした。

川島さんとアルバレスは、気品ある大人のパ・ド・ドゥ。初々しい最初の2人に比べ、より関係性は深まり、愛は成熟し、穏やかな中にも情熱を感じさせます。エレガントで温かみのある空気を作り出す2人のパ・ド・ドゥは、本当に素敵でした。川島さんは自分の世界を作り出すのが本当に上手い。こう書くと技巧的な巧みさに聞こえてしまうかもしれないんですが、そうではなくて、本当に世界観を作れる人なんです。しかも、意外とこちらは構えていなかったりして、急にスッと持っていかれて心を掴まれてしまうことがあります。そんな川島さんの世界観に、優しく寄り添うようなアルバレスがまた素敵でした。カーテンコールで、6人全員で前に出てくる場面では、パートナーの女性の手をスッと離して送り出した後、アルバレスが一番後ろまで下がっていたのも印象的でした。この日のカーテンコールでは、川島さんの手にキスをする場面も♪ パ・ド・ドゥの中盤、2人がカウントをずらしながら同じ振りをするところがちょっと好きです。

最後の2人は、愛のすれ違いを、あるいはやがて来る愛の終わりを感じさせるパ・ド・ドゥ。決心をしながらも揺れ動く心の女性と、まだ決心できない男性、そんな感じがしました。水香さんはとてもドラマチックに踊っていて、もしかしたら彼女も、こういう表現をもっとしたいと思ってるんじゃないかな〜などと、勝手に思いながら見ていました。神奈川公演で川島さんがどんな風に踊るのか、とても楽しみになりました。

『ボレロ』

2日目もオレリーの『ボレロ』はとてもよかったです。カーテンコールでリズムと並ぶオレリーを見て、彼女って思ったより小柄なんだなぁと思ってしまった。孤独な円卓の上は頼るものが何もなくて、拠りどころになるのは自分自身だけ。そんな寄る辺なさと闘っている少女のようでもありました。でも、弱い部分も含めありのままの自分を見せるって、ある意味強さだよなと。だからやっぱり、一心に踊るオレリーの姿に、この日も感動してしまいました。
格好つけないことって、すごく難しいと思うんです。でも、円卓の上では格好つけても何も格好つかない。自分自身が出るとは言うけど、自分自身を出すのってすごく難しいことですよね。円卓の上で等身大の姿を見せるオレリーは何も格好つけてなくて、私はそんな彼女を格好いいと思いました。

最初の4人のリズムが円卓を囲んだとき、私の見間違いでなければ、一人(確か岸本さん)と目が合ったオレリーが微笑んだんです。これまでにも笑みを浮かべたメロディはいたけど、それは「対、誰か」ではなく、自然に沸き上がる笑みだったと思います。リズムと視線を交わした瞬間に自然と笑みが浮かんだオレリーが印象的でした。
posted by uno at 00:09| Comment(0) | バレエ公演2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

東京バレエ団『ウィンター・ガラ』2017年2月22日

2月の東京バレエ団<ウィンター・ガラ>、初日の感想です。

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>
2017年2月22日(水)19:00 Bunkamuraオーチャードホール

「中国の不思議な役人」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:ベラ・バルトーク  

無頼漢の首領:柄本弾
第二の無頼漢―娘:宮川新大
ジークフリート:森川茉央
若い男:伝田陽美
中国の不思議な役人:木村和夫

「イン・ザ・ナイト」 
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:フレデリック・ショパン  

沖香菜子−秋元康臣
川島麻実子−ブラウリオ・アルバレス
上野水香−柄本弾

ピアノ:松木慶子

 「ボレロ」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:モーリス・ラヴェル

オレリー・デュポン

杉山優一、岸本秀雄、森川茉央、永田雄大

東京バレエ団<ウィンター・ガラ>へ行ってまいりました。
とっても楽しかったです♪ 東バのレパートリーとして定着した感のある「中国の不思議な役人」はタイトルロールの木村さんがやはり別次元に素晴らしく、初演の「イン・ザ・ナイト」も今だからこそ上演できたであろう文句なしのメンバー。そして、様々な思いを呼び起こしてくれたオレリーの「ボレロ」。私にとっては本当に贅沢なトリプル・ビルで、どの演目も堪能しました。

『中国の不思議な役人』

私の確認に間違いがなければ、、木村さんの役人以外は全員初役というフレッシュなキャストでしたが、みんな役にハマっていて、とてもよかったです。弾さんは首領のスーツがよく似合ってとても素敵。踊りも力強くて格好よかったです。あまり「悪」の部分が強くなかったのは、宮川さんの娘が自立している感じがしたからかも。2人の関係は、翌日の森川ー入戸野よりも対等に見えました。ジークフリートの森川さんは髪を明るいブラウンに染めて。これまでのジークフリートはブロンドに染めてた気がするんだけど、違ったかな。背も高いし逞しくて似合ってました。宮川さんの娘は、コート類を脱いでから正面を見据えて歩み出てくるところがあるんですが、女性らしい柔らかな歩き方がまず印象的でした。でも、とても男性的でもあって、男性性と女性性が捉え難く顔を出す、そんな印象がありました。企みのために女装はしてるけど、彼自身の性は男性だったように思います。そのせいか退廃的な感じはそれほどしませんでしたが、異質な感じはよく出ていて、宮川さんの娘もいいなと思いました。

木村さんの役人から本当に目が離せませんでした。あの、人ならざるもの感。派手に狂気を演じるわけではなく、徹底して抑制した表現による「人ならざるもの感」が、終盤の解放と相まって印象的です。爆発的に解放されてからの壊れっぷりは鬼気迫るものがあり、確実に前回の上演よりもパワーアップしているような気がしました。普通に考えれば身体条件的にはダウンしていると思うんですが、役人としては深化している、そんな感じがしました。とにかく危ない人(笑)。まさに渾身の役人だったと思います。

『イン・ザ・ナイト』

東京バレエにとっては初めてとなるロビンズ作品でした。とっても素敵でした! どのペアも三者三様で本当に素敵だった。今だからこそできた上演かもしれません。女性陣の成長、成熟、そして女性をあれだけ綺麗に踊らせることができる男性が揃ったこと。この2つが大きかったように思います。友佳理さんが上演を切望していたというのがわかる気がしました。東京バレエ団のレベルを引き上げる目標になるような作品。そして、得るものの大きい作品。その一つが「イン・ザ・ナイト」だったのかもしれません。
個々のダンサーのテクニックはもちろんですが、パートナリングや個々のパーソナリティが重要で、ただ踊れればいいだけではないのが難しいところなのかなと思いました。3組(6人)全員がそこをクリアしていたと思います。いや、もっと高みは目指せると思いますが、期待以上の素敵な上演に私はただただ感激してしまいました。

沖−秋元ペアが踊り始めた瞬間、「あ、これは成功かも」と思い、最後までその期待が裏切られることはありませんでした。
沖さんと秋元さんは、まさに心地良い「音楽」。非の打ち所のない陶酔感を味わうことができました。川島さんとアルバレスは、気品あるパ・ド・ドゥ。エレガントで知的なだけでなく、温かみがあって素敵でした。水香さんと弾さんは華があって情感豊か。それにしても、あのリフトをスピード感を失わずに、かつ滑らかにこなす弾さんてすごいなぁ、と。そんな弾さんも含め、男性3人が本当にサポート、リフトに不安がなく、かつ女性を綺麗に踊らせてくれて、そこの不安がなく見られるというのは大きいなと思いました。

今だからこそ上演できたと書きましたが、私は東バのファンなので、きっといつの時代に上演しても感激していたと思います。ただ、この安心感で見ることはできなかったかもしれません。今回この『イン・ザ・ナイト』を見て、友佳理さんたちの時代にも上演してほしかったと思ってしまいました。最初のパ・ド・ドゥは吉岡さん、2番目は井脇さん、最後は友佳理さん。きっと素敵だっただろうな〜、と。男性陣を考えるのが難しかったんですが、吉岡ー後藤、井脇ー高岸、斎藤ー木村という結論で落ち着きました。首藤さんがいたら、最初か最後のパ・ド・ドゥかな〜とか。まだまだ妄想が止まりません(苦笑)。

『ボレロ』

オレリーのメロディはシンプルで、清潔感があって、私は好きだなと思いました。突き抜けた感じはないかもしれないけど、余計な装飾がないのが私にとってはよかったです。「ボレロ」のメロディに関しては、演技や計算みたいなものが見えてしまうと私はダメなんです、、。それが実際に演技なのかどうかは、本人ではないのでわからないです。ただ、私がそう感じてしまうと、もう入り込めなくなってしまうという、誠に勝手な話なんですが、、、。それに、演技や計算があったっていいじゃないかという考え方も思います。結局は、私の好みに因るところが大きいのかもしれません。
オレリーはそれほど身体が柔らかいほうではないのかもしれません。年齢からしても体力的なピークは過ぎていると思います。でも、それだけが「ボレロ」ではないし、それだけが踊りではないということを感じさせてくれたような気がします。とは言え、若さや高い身体能力でバリバリ踊るボレロもカッコよくて好きなんですけどね。
いつもは宝石のようなオレリーですが、円卓の上には懸命に踊る飾らない一人の女性の姿があって、最後はなんだか感動してしまいました。彼女の踊るピナ・バウシュの『春の祭典』が見てみたくなるような、そんな舞台でした。
因みに、髪型が引っ詰めのポニーテールなところも潔いというか、シンプルに攻めてる感じが、私の中の彼女のイメージに合っていました。
posted by uno at 15:41| Comment(0) | バレエ公演2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする