2017年02月09日

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』キャスト/他

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』のキャストが、文京シビックホールのサイトに出ていました。さらに、バレエ団のHPでは次の公演の予定が発表されています。『ドン・キ』の次は、10月に『眠り』の上演が予定されています。日程だけでも出してくれると、有り難いですよね。2日目にキトリを踊る阿部裕恵さんは、昨年の12月の『くるみ』で雪の女王に配役されていた方ですね。キトリ・デビューでしょうか。

■ 牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』

6月10日(土)15:00 (終了時間 17:35)
6月11日(日)14:30 (終了時間 17:05)
会場:文京シビックホール

S席:10,800円 A席:8,000円 B席:5,000円
一般発売:3月9日(木)

【キャスト】
6月10日(土)
  キトリ:青山季可
  バジル:菊地研
6月11日(日)
  キトリ:阿部裕恵
  バジル:清瀧千晴

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI


■ 牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

10月7日(土)
10月8日(日)
会場:文京シビックホール


WEB MagazineのDancersに、清瀧千晴さんのインタビューが掲載されています。

牧のダンサーブログでは、山際諒さんがタイツを自分で染めたという話しをされていて面白かったです。ゲストで踊ったブルバードの貸衣装にタイツがついていなかったので、自分で用意してほしいと言われたものの、衣裳に合う色のタイツがない。そこで自分で染めることになったそうです。女性陣が自分でトウシューズをカスタマイズする話はよく聞きますが、ダンサーはタイツも染めるのか、と。しかも、衣裳とピッタリ同じ色に染まっててすごい。そういえば、作品によっては女性はトウシューズを染めることもりますよね。ということは、男性もバレエシューズを染めたりしてるのかな。団内の公演だったら、皆で一緒にやるか、衣裳さんがやってくれるのかもしれないですね。
東バも以前のように、ダンサーが更新するコーナーがあったらいいのにな〜、と。でもこういうのは、好きじゃない人は辛いですもんね、、。

東バの子どものためのバレエ『ねむり』横須賀公演の情報が、チケットぴあに出ました。発売日は4月3日(月)です。
posted by uno at 22:53| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

イーゴリ・コルプがゲスト、バレエ・トラディション第3回公演の演目詳細。

イーゴリ・コルプがゲスト出演する、バレエ・トラディション第3回公演の演目・キャスト詳細が出ていました。コルプは田北志のぶさんと『シェヘラザード』を踊る他、同じく田北さんと『ロミオとジュリエット』のパ・ド・ドゥも踊ります。

■ バレエ・トラディション第3回公演 『The 3rd BALLET TRADITION』

2017年3月9日(木)18:30
会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール

SS席:9,000円 S席:8,000円 A席:7,000円
               
『シェヘラザード』全幕               
  ゾベイダ:田北志のぶ                
  金の奴隷:イーゴリ・コルプ                
  シャリアール:桝竹眞也                
  シャフゼーマン:堤淳                
  6人の妻:
     大溝ちあき、小林翔子、高浦 美和子
     前澤鮎美、水谷彩乃、堀友香                
  オダリスク:岩渕美希、宇野澤寛子、朴智善

『ロミオとジュリエット』より「パ・ド・ドゥ」               
  ジュリエット:田北志のぶ                
  ロミオ:イーゴリ・コルプ

『海賊』より「花園の場」                
  メドーラ… 楠田智沙               
  ギュリナーラ… 澤田夏               
  オダリスク…大城美汐、清水若菜、森佐和子

『Nostalgia』 
  土井由希子、石黒善大
  平尾麻実、檜山和久
  大溝ちあき、小林翔子、高浦美和子
               

→ バレエ・トラディション
posted by uno at 19:06| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

東バ『イン・ザ・ナイト』キャスト発表。

先日もちょこっと書いた東バの『イン・ザ・ナイト』ですが、東バから正式なキャスト発表がありました。東京2公演は同じキャスト。横浜は水香さんが『ボレロ』を踊る関係だと思われますが、別キャストが組まれています。横浜はピアニストも出ていました。水香さんプロデュースの『Jewels from MIZUKA』でもピアノを弾いていた方ですね。

東京バレエ団<ウィンター・ガラ> 『イン・ザ・ナイト』キャスト決定

2月22日(水)・23日(木) Bunkamuraオーチャードホール

  沖香菜子−秋元康臣
  川島麻実子−ブラウリオ・アルバレス
  上野水香−柄本弾

2月25日(土) 神奈川県民ホール

  沖香菜子―秋元康臣
  崔美実―ブラウリオ・アルバレス
  川島麻実子―柄本弾
  
  ピアノ演奏:松木慶子


ダンスマガジンさんのツイートどおりのキャストでしたね。2日間同じキャストとは思わなかったな〜。いろいろと制約などがあるのかもしれませんね。横浜に崔さんが入ったのが嬉しい♪ やはりアルバレスと組むんですね。川島さんは2つ踊るんだ。期待されてるんだな〜。『ドン・キ』は沖-宮川だけど、沖さんは秋元さんと組むこともあるし、川島さんも秋元さんとも弾さんとも踊るし、ペアを固定せず、色々な組み合わせで見られるのは嬉しいです。

<ウィンター・ガラ>の公演も近付いてきたのでチケットを発券しに行きました。セブンイレブンのレジの女性が操作するんですが、「ピー、ピー」とエラー音が鳴っていて、「おいおい、しっかりしてよ〜。新人さんかい?」などと思っていたら、「すべて発券済みのようです、、、」と言われてしまいました。しっかりしてほしいのは自分のほうでしたよ〜。今まで、公演ギリギリまで発券し忘れていることはありましたが、発券したことを忘れたことはありませんでした。老いかな、、、。ちょっとショックでした〜。
posted by uno at 13:30| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ピナのチケット取りました。

今日の10時から追加席が発売されたピナの『カーネーション』ですが、無事にチケットを確保しました。いや〜、久々に緊張しました。最初なかなかログインできなくて、動揺からちょっと指が震えました(笑)。アクセスも集中していたと思うんですが、そうではなくて、「入力いただいた条件に該当する利用者情報が見つかりません」みたいなメッセージが出てしまって、本気で焦った、、。数回目で無事にログインして、10:03には確保(確認メールの受信時間が10:03だったので)。座席表を見ながら選択はできないんですが、席が提示された時点で選び直すことはできます。でも、そんなことしてたらマズイと思って、今回ばかりは即決で取りました。私が繋がった時点では、チケットは全日程、全席種ありました。その後10:17くらいに見に行ったんですが、既に完売。すごいなぁ〜、と。バレエ・ダンスの公演で、ここまで取れないことって、なかなかないですよね。バレエフェスのガラくらい? まあ、会場のキャパもそれぞれなので、単純には比べられませんが、、。とりあえず、無事にチケットが取れてホッとしました。今回はコンビニ支払いにしたので、いつもみたいに公演ギリギリまでボ〜っとしてたら駄目なんですよね。早めに発券しに行ってきます〜。
posted by uno at 23:12| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

明日(5日)、ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団『カーネーション』追加席発売

明日(5日)、完売していたピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団『カーネーション』の追加席が発売されます。取り扱いは、さいたま芸術劇場の窓口、電話、WEBのみです。「追加席は舞台の一部が見えにくいお席を含みます」とのことなので、バルコニーの一番舞台寄りの辺りでしょうか。私も一般発売で買い逃したので、チャレンジしてみようと思ってます。どれくらいの枚数、出るんだろうな〜。どの席種が出るのかも気になるところです。インターネットで取る予定なんですが、迷ってたらアウトだろうな、、、。
枚数制限がありまして、一人2枚までとなっています。WEBの場合は「1ステージ×2枚」、もしくは「2ステージ×1枚ずつ」が可能ですが、電話の場合は「1ステージ×2枚」の取り方しかできないそうです。え〜っと、窓口の場合の説明がないんですが、どうなんでしょうね、、、。

■ ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション−NELKEN』

【2017年】
3月16日(木)19:00
3月17日(金)19:00
3月18日(土)15:00
3月19日(日)14:00
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

演出・振付:ピナ・バウシュ
出演:ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団

S席:11,000円 A席:7,000円 B席:5,000円

追加席発売

2月5日(日)10:00〜
SAFチケットセンター(窓口、電話、WEB)のみ取り扱い
   電話=「1ステージ×2枚」のみ
   WEB=「1ステージ×2枚」、もしくは「2ステージ×1枚ずつ」

posted by uno at 15:27| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

東バ『イン・ザ・ナイト』のキャスト、一部判明?

ダンスマガジンさんのツイートに、東バが初演する『イン・ザ・ナイト』の公開リハーサルの話題が出ていました。それによると、沖香菜子&秋元康臣、川島麻実子&ブラウリオ・アルバレス、上野水香&柄本弾の組み合わせで踊られた様子。東バから公式の発表がないのでまだなんとも言えませんが、今のところ彼らがファースト・キャストと考えていいんでしょうか。
川島さんとアルバレスの組み合わせは新鮮ですね〜。どんな感じになるのか楽しみ。沖さんと秋元さんはノイマイヤーの『スプリング・アンド・フォール』以来ですよね。2人の『スプリング〜』は素敵だったので、こちらのペアも楽しみです。セカンド・キャストもあるといいんだけどな〜。

posted by uno at 14:15| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>公演概要決定。

パリ・オペラ座バレエ団と英国ロイヤル・バレエ団の合同公演、<バレエ・スプリーム>の公演概要が発表されました。オレリー・デュポンの出演は中止になったそうです。会場は文京シビックホール。東バの子どものためのバレエ全国公演と重なっているのがちょっと意外というか、NBS内で重なることってあまりなかったですよね? メンバーはとても楽しみな顔ぶれです。
S席19,000円。予想より高かったな〜と。バレエの祭典のS会員費が13万4千円なので、この時点で既にオーバーするんですよね。そんなことってありましたっけ? ここしばらく祭典に入っていないのでわからないんですが、、。

■ オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>

2017年
7月26日(水)18:30 Aプログラム
7月27日(木)18:30 Aプログラム

7月29日(土)13:00/18:00 Bプログラム
7月30日(日)14:00 Bプログラム

会場:文京シビックホール
S席:19,000円 A席:17,000円 B席:15,000円
C席:12,000円 D席:9,000円
NBS WEBチケット先行発売:3月21日(火)21時〜3月27日(月)18時
一般発売:4月8日(日)

【予定される出演者】
パリ・オペラ座バレエ団
  レオノール・ボラック(エトワール) 
  マチアス・エイマン(エトワール)
  ジェルマン・ルーヴェ(エトワール) 
  ミリアム・ウルド=ブラーム(エトワール) 
  フランソワ・アリュー(プルミエ・ダンスール) 
  ユーゴ・マルシャン(プルミエ・ダンスール)
  オニール八菜(プルミエール・ダンスーズ)
英国ロイヤル・バレエ団
  スティーヴン・マックレー(プリンシパル)
  フェデリコ・ボネッリ(プリンシパル)
  フランチェスカ・ヘイワード(プリンシパル)
  サラ・ラム(プリンシパル)  
  ヤーナ・サレンコ(ゲスト・アーティスト) 
  田茜(プリンシパル) 
  マルセリーノ・サンベ(ソリスト)
  ベンジャミン・ベラ(アーティスト)

【予定される演目】
『白鳥の湖』、『ドン・キホーテ』、『ロミオとジュリエット』、『ジゼル』などのパ・ド・ドゥをはじめ、ヌレエフ、バランシン、アシュトン、マクレガー、ウィールドンによる振付作品の数々を予定

→ NBS

因みに東バは、29日(土)は江戸川区、30日(日)はびわ湖ホールで子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』を上演します。
posted by uno at 17:51| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

ボリショイ・バレエ『パリの炎』びわ湖ホールのキャスト。

ボリショイ・バレエ『パリの炎』、びわ湖ホールの予定キャストがイープラスに出ていました。東京とは違うキャストですね(東京はクリサノア&ラントラートフ、シプーリナ&ワシーリエフ)。広島と仙台の『白鳥』のキャストはまだ見当たりませんでした。

■ ボリショイ・バレエ『パリの炎』全2幕 【大津】

2017年
6月10日(土)14:00
会場:びわ湖ホール 大ホール

<予定キャスト>
ジャンヌ:エフゲーニャ・オブラスツォーワ
フィリップ:イーゴリ・ツヴィルコ

posted by uno at 12:52| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

ちょっとだけモヤモヤ。

なんか、ちょっとだけ嫌な予感がしてきました。
山海塾の公演が東京で見られる〜♪と浮かれていたんですが、11月は東バの『オマージュ・ア・ベジャール』があるんですよね。山海塾は新国立劇場で11月25日(土)・26日(日)に『めぐり』を上演するんですが、下手したら丸被りという事態も有り得るんじゃないかと思って、凹んできました、、、。
東バと山海塾は、過去にも何度か公演が重なっているんですよね〜。まあ、公演は土・日に集中するので、私が苦しい選択を迫られていないだけで、きっといつもどこかで誰かが悩んでいるんだとは思いますが、、。
東バの『ダンス・イン・ザ・ミラー』(懐かしい)と世田パブの山海塾(『とばり』)が重なったときは、『とばり』を選びました。昨年、東バのブルメイステル版『白鳥』と北九州の山海塾(『金柑少年』)が重なったときは東バを選択。今年、東バの『ラ・バヤデール』と山海塾の大津公演(『めぐり』)も重なりますが、既に東バのチケットを取ってしまいました。
欲張りな私は、どちらを選択してもモヤモヤするんです。確かに目の前の公演は楽しいけど、もう一方を選択していたらもっと満足していたかもしれない、、、と考えて、モヤモヤしてしまう自分がいます。

もう一つ、ちょっと残念なことがありまして、今期のバレエの祭典は9月の『アルルの女』(東バ初演)までなんですよね。ということは、11月の『オマージュ・ア・ベジャール』は祭典演目に入る可能性もあるんだな〜と。いつもの東バの公演のように、お気に入りの席では見られないかもしれません。まあ、仕方ないんですけどね、、。

これまでどおりなら、山海塾が次の新作を上演するときに、世田パブさんが『めぐり」も上演してくれると思います。さらに、びわ湖と新国が今年『めぐり』を上演することから察するに、『めぐり』はこれから日本全国で上演されていくのではないかと思うんです。まだこれから見る機会はあると思うんですが、新国立劇場に初登場する山海塾を見たいんですよー。公演が重ならなければ何の問題もないんですが、、、。東バの公演概要が出るのはまだまだ先ですよね。それまでモヤモヤしそうです。
posted by uno at 17:45| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

東京バレエ団 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』【江戸川公演】

東バの子ども版『ねむり』、江戸川公演の情報が出ました。呼び方としては「江戸川公演」でいいんだろうか。なんとなくしっくりこないんだけど、、。武蔵小金井に続き、東京での公演ですね。行きやすいな〜。遠方に行かなくても都内でキャストが網羅できたら、有り難いです。

■ 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』 全国公演

【横須賀】
7月17日(月・祝)14:00
会場:よこすか芸術劇場
S席 大人:5,500円 子ども:2,800円
A席 大人:4,500円 子ども:2,300円
3月末発売予定

【江戸川】
7月29日(土)14:00
会場:江戸川区総合文化センター 大ホール
一般発売:4月1日(土)

【大津】
7月30日(日)
会場:びわ湖ホール 大ホール

【小金井】
8月23日(水)12:30/16:00
会場:小金井 宮地楽器ホール
大人:4,500円 子ども1,500円
友の会先行:4月15日(土)
市内先行:4月17日(月)〜4月22日(土) 往復はがき必着
一般発売:4月30日
posted by uno at 14:13| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする