2017年10月14日

名古屋国際音楽祭にて、BRB『眠れる森の美女』を上演。

第41回名古屋国際音楽祭のラインナップが出たと、ツイッターのほうで教えていただきました。バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の『眠れる森の美女』が上演されます。そして、チケットぴあにも公演情報が出ました。名古屋の情報はいつも早いですよね〜。名古屋公演が5月15日(火)なので、東京公演はその前でしょうか。ゴールデンウィークの真っ只中になりそうな予感、、、。会場は日本特殊陶業市民会館フォレストホールです。愛知県芸術劇場じゃないんですね〜。フェスティバルホールか兵庫芸文あたりで、『リーズの結婚』の上演もあるでしょうか。名古屋以外の全国公演があるのかどうか、気になりますね。そして、東京公演の情報が出るのはまだまだ先だと思いますが、佐久間さんとツァオ・チーが日本公演に参加するのか、とても気になります。

■ 第41回 名古屋国際音楽祭
  バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『眠れる森の美女』

振付:演出:ピーター・ライト
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
管弦楽:セントラル愛知交響楽団

2018年5月15日(火)18:30
会場:日本特殊陶業市民会館フォレストホール

S席:19,000円 A席:16,000円 B席:13,000円
C席:10,000円 D席:7,000円
一般発売:12月15日(金)

posted by uno at 23:32| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

東バ ベジャールの『くるみ割り人形』キャスト変更。

東バのベジャール版『くるみ割り人形』に、キャストの変更が出ました。なんと、なんと、崔さんが母役を降板してしまいました。ショック〜、、、。彼女の母役をとっても楽しみにしていたので、本当に残念です。そして、公演までまだ日がある時期の降板に、ちょっと驚いたのと同時に、「一身上の都合」という降板理由にも驚きました。あまりないですよね。いや、詮索するつもりはありません。怪我でないのならよかったし、退団ではないと信じたいです。ただただ、残念、、、。
代役は政本絵美さん。崔さんの降板はすごく残念だけど、政本さんの母も楽しみすぎます! きっと素敵だろうな〜。頑張ってほしいですね!

<ベジャールの『くるみ割り人形』出演者変更のお知らせ>

12月17日(日)14:00

母役
崔美実 → 政本絵美

posted by uno at 14:28| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

2018都民芸術フェスティバル、ラインナップ発表。

2018都民芸術フェスティバルのラインナップが出ていました。バレエは3作品。牧阿佐美バレヱ団の『ドン・キホーテ』、東京シティバレエ団の『白鳥の湖』、そして日本バレエ協会の『ライモンダ』です。『ライモンダ』は下記のように主演が発表されています。ただ、オーディション開催のページが既に削除されているので、今は確認することができません。変更がなければ、下記のキャストで上演されるのではないでしょうか。東京シティ・バレエ団の『白鳥の湖』は、藤田嗣治の舞台美術と大野和士さんの指揮で上演される、話題の舞台ですね。

【2018都民芸術フェスティバル】 <バレエ>

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』全幕
2018年3月3日(土)〜4日(日)
会場:文京シビックホール
発売日未定

東京シティ・バレエ団 創立50周年記念公演『白鳥の湖』〜大いなる愛の賛歌〜

演出・振付:石田種生
指揮:大野和士
演奏:東京都交響楽団
舞台美術:藤田嗣治

2018年
3月3日(土)17:00
3月4日(日)15:00
3月6日(火)18:30
 ※5日(月)は休演
会場:東京文化会館
一般発売:11月8日(水)

日本バレエ協会『ライモンダ』全幕
2018年
3月10日(土)ソワレ
3月11日(日)マチネ/ソワレ
会場:東京文化会館
一般発売:11月20日(月)

ライモンダ:酒井はな、下村由理恵、米沢唯
ジャン・ド・ブリエンヌ:浅田良和、橋本直樹、芳賀望

posted by uno at 15:07| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

井上バレエ団『くるみ割人形』キャスト詳細。

井上バレエ団『くるみ割人形』の公演情報が、バレエ団のサイトに出ていました。キャストの詳細も出ています。ゲストは江本拓さんと浅田良和さんです。

■ 井上バレエ団12月公演 ピーター・ファーマー美術による
  『くるみ割人形』全2幕

12月9日(土)18:00
12月10日(日)15:00
会場:文京シビックホール

S席:8,500円 A席:7,500円 B席:5,500円 C席:3,000円
一般発売:10月16日(月)

【主な配役】
12月9日(土)18:00
  金平糖の精:源小織
  王子:浅田良和
  雪の女王:阿部真央
  花のワルツ:越智ふじの
  くるみ割人形の王子:荒井成也
  ドロッセルマイヤー:堀登
  ねずみの王様:大倉現生
12月10日(日)15:00
  金平糖の精:宮嵜万央里
  王子:江本拓
  雪の女王:田中りな
  花のワルツ:秋吉秀美
  くるみ割人形の王子:荒井成也
  ドロッセルマイヤー:堀登
  ねずみの王様:大倉現生

posted by uno at 22:08| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

谷桃子バレエ団『白鳥の湖』キャスト決定。

年明けに上演される谷桃子バレエ団の新春公演『白鳥の湖』のキャストが出ていました。なんとなく、「ちょっと新しい感じ?」と思ったら、「次世代を背負うキャストで」と書かれていました。王子のほうは安心して任せられそうなキャスト陣ですね。3日目だけ、オデットとオディールがダブルキャストなので、このお2人が特に若手という感じなんでしょうか。あまり詳しくないので色々言わない方がいいか、、、。東バもまたトリプル・キャストくらいで古典全幕を上演してくれないかな〜と思ってしまいました。

■ 谷桃子バレエ団 2018年新春公演 『白鳥の湖』全幕

2018年
1月13日(土)14:00/18:30
1月14日(日)14:00
会場:東京文化会館

S席:12,000円 A席:10,000円 B席:8,000円 C席:6,000円
D席:4,000円 E席:3,000円
一般発売:発売中

【キャスト】
1月13日(土)14:00
  オデット/オディール:竹内菜那子
  王子:三木雄馬
1月13日(土)18:30
  オデット/オディール:馳麻弥
  王子:檜山和久
1月14日(日)14:00
  オデット:植田綾乃
  オディール:山口緋奈子
  王子:今井智也

posted by uno at 13:21| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

WOWOW「バレエ界を変えた男、モーリス・ベジャール特集」

秋の放送が予告されていたWOWOWのベジャール特集の詳細が出ました。思ってたより少なかったな〜。『愛と哀しみのボレロ』は前回放送したときに録画し損ねたので私的には嬉しいんだけど。WOWOWさん、もっといっぱい映像持ってると思うんだけど、いろいろあるのかな。でも、WOWOWが持ってる一番過去の映像って、『愛、それはダンス』あたりでしょうか? も〜っと過去の貴重な映像は、NHKが持ってるんですよね、おそらく。NHKさんもベジャール特集やりましょうよ〜。
「君はベジャールをみたか」は、「バレエの巨匠モーリス・ベジャール。初来日から50年、没後10年。すべてのバレエファンに捧ぐ記念碑的バレエ番組」とのことなんですが、ドキュメンタリーみたいな感じでしょうか。貴重な映像とかあるといいな〜、と。

NBSのツイッターキャンペーンも、なんとか5個以上つぶやきました。9月のお題は「お気に入りのベジャール振付作品」。とりあえず自分が実際に舞台で見た作品だけに絞って考えた結果、自分ってベジャールの膨大な量の振付作品の中の、ほんの少ししか見ていないんだなぁと実感してしまいました。そういえば『枕草子』、見てみたかったな、、、。10月のお題はなんでしょうね〜。「お気に入りのベジャール・ダンサー」かな〜、とか。

【WOWOW】 「バレエ界を変えた男、モーリス・ベジャール特集」

11月5日(日)
13:45 『愛と哀しみのボレロ』
16:45 ベジャール・バレエ・ローザンヌ『80分間世界一周』
18:30 バレエ☆プル三エール#1
19:00 「君はベジャールをみたか」

posted by uno at 18:54| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』キャスト決定

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』のキャストが発表されました。今年は林ゆりえさんは踊らないんですね〜。王子を踊る池田さんと林田さんは、お2人とも新国からの移籍組ですね。クララを踊る西原さんも初役のようだし、なんだか気になるキャストですね〜♪

■ スターダンサーズ・バレエ団 『くるみ割り人形』

12月9日(土)14:00
12月10日(日)11:30/16:00
会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ

【キャスト】
12月9日(土)14:00/12月10日(日)16:00
  クララ:渡辺恭子
  王子:林田翔平
12月10日(日)11:30
  クララ西原友衣菜
  王子:池田武志

S席:9,500円 A席:6,500円 B席:3,000円
S席子ども:6,000円 A席子ども:4,000円 B席子供:2,000円


去年、ようやく話題の鈴木稔版『くるみ割り人形』を見に行くことができたんですが、感想が途中で止まってしまいUPしていないので、ここに貼り付けちゃおうかな、と。自分用のメモみたいなもんです、、、。

【2016年の感想】

今年で5回目の上演となった鈴木稔版『くるみ割り人形』は、初演時からとても評判がよく、ずっと見たいと思っていたんですが、ようやく足を運ぶことができました。噂に違わぬ素敵な作品でした! 愛情ある改訂による、上質な物語バレエ。細やかな演出や繊細な感情表現は、感情移入がしやすく、とても現代的というか、現代を生きている振付家が作った作品だなという感じがしました。

1幕の幕切れが格好よすぎて、感動で涙が出てきました。雪の精たちはスカート部分にフープの入った、真っ白なワンピースのような衣裳。スカートは後ろが長くなってます。頭にも白い被り物。裸足(バレエシューズ?)だったので、降りしきる雪で舞台が白くなっても安心して見ていられました。途中から同じ衣裳の男性も加わって、バリバリ踊るのが格好よかった。衣裳も踊りも、もう完全にコンテンポラリーな雪の精たちが本当に格好よくて、彼らが畳み掛けるように踊る終盤、ドロッセルマイヤーのレトロな車が現れ、翼を広げてまさに今飛び立とうと(舞台の奥に向って)前進していくシーンは、懐かしいのに新しい、心躍る幕切れでした。

細やかな演出が優しくて、本当によかった。クララが1幕で助けた人形たちは、囚われていた各国の踊り手たちで、2幕でそれぞれのパートナーに再会を果たし喜びます。王様と王妃は息子(王子)を、踊り手たちはパートナーを失って悲しみに暮れていたところへ、皆が帰ってくるという演出が、とても素敵だなぁ、と。
クララが元の世界に帰って行く場面では、本当は帰ってほしくないけど、帰り道がわからないクララに「あっちだよ」と教えてあげる王子が優しい。王子が落胆していると、クララが戻ってきて王子の頬にキスをします。
家族と再会したクララに、ドロッセルマイヤーが人形を返してくれます。すると心優しいクララは、きっと寂しい思いをしているであろうくるみ割り人形のためにと、その人形をドッロセルマイヤーに託します。ドロッセルマイヤーがクララの人形を人形劇のカーテンの中に入れると、カーテンが開き、2つの人形が楽しげに踊っているという幕切れに落涙でした。
posted by uno at 23:35| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

バレエ・フレイグランス クリスマス公演『シンデレラ』公演詳細

バレエ・フレイグランスのクリスマス公演『シンデレラ』のキャストが、シアター1010のサイトに出ていました。今回も、阪井麻美さん、梅澤紘貴さん、長瀬直義さん、森志織さんなど、元東バの面々が出演します。チケットは既に発売中。

■ バレエ・フレイグランス クリスマス公演『シンデレラ』全3幕

12月15日(金)19:00
12月16日(土)15:00
会場:シアター1010

シンデレラ:阪井麻美
王子:梅澤紘貴
継母:長瀬直義
王子の友人:浅井永希(東京シティ・バレエ団)

中原由美子
佐々木美緒
森志織
横井里沙
脇田茶恵
山内綾香(N Otani Ballet company)

渡辺香織、才賀陽子、山口舞、原島裕子、原甲子、杉山果那子
澤田智子、松田健輔、小野寺雛乃、吉ア理乃、飛田桃香、甲田佳歩
安光真理子、森谷明日香、彦根早代/他

S席:5,000円 A席:4,000円
一般発売:9月1日(金)


梅澤さんの王子か〜。見たいなぁ。というか、長瀬さんは継母なのね(笑)。踊ってほしいから勿体無いような気もするけど、どんな継母なのか激しく気になります。東バの『くるみ』が15日(土)・16日(日)なので、見に行けないことはないないなぁ、と。
posted by uno at 17:24| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

今年も完売、武蔵野シティバレエ『くるみ割り人形』の詳細。

今年も完売しました。しかも発売日当日に。毎年のように完売している武蔵野シティバレエの今年の公演は、『くるみ割り人形』です。完売してしまったんですが、詳細が出ていたので書いておこうかな、と。気になる名前もチラホラあったし。

今回の『くるみ割り人形』は、風間無限さん演出・振付による新版だそう。バレエマスターは東バの岡本壮太さん。ゲストダンサーの中には同じく東バの崔美実さん、そして森田雅順さんのお名前もあります。主演はKバレエの浅野真由香さんと堀内將平さん。役名が「ドラジェ」となっているんですが、ドラジェって確かお菓子の名前ですよね? ということは、この「ドラジェ」が金平糖の精にあたるのかな?と。どんな新版になるのか、気になるところです。

■ 第31回 武蔵野シティバレエ定期公演
  〜新版『くるみ割り人形』ドロッセルマイヤーと夢の国〜<全幕>

11月19日(日)15:00
会場:武蔵野市民文化会館大ホール

S席:4,000円 A席:3,000円 B席:1,000円
チケット発売:9月2日(土)【完売しているようです】→こちら

演出・振付:風間無限
バレエマスター:岡本壮太

ドラジェ:浅野真由香(Kバレエカンパニー)
王子:堀内將平(Kバレエカンパニー)
ドロッセルマイヤー:風間自然

【ゲスト出演者】
石井久美子、川上寛子、崔美実、高田麻名、渡久地真理子
愛澤佑樹、石井潤太郎、木原浩太、保志克巳、森田雅順


posted by uno at 23:02| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

佐々木三夏バレエアカデミーJr.カンパニー『くるみ割り人形』公演情報

佐々木三夏バレエアカデミーJr.カンパニーの、『くるみ割り人形』の公演情報が出ていました。今年のゲストはABTの相原舞さん。昨年のゲストはBRBの平田桃子さんでしたよね〜。相原さんは佐々木三夏バレエアカデミーの卒業生なんですね。王子は昨年に引き続き、橋本直樹さんです。他に、谷桃子バレエ団、スタダン、牧阿佐美バレヱ団からもゲストが出演。新国の江本拓さん、小林恭バレエ団の小林貫太さんのお名前もあります。

■ 佐々木三夏バレエアカデミーJr.カンパニー『くるみ割り人形』全幕

12月24日(日)17:00
会場:大和市文化創造拠点シリウス 芸術文化ホール メインホール

S席:4,000円 A席:3,000円 B席:2,000円
イープラス:9月下旬発売予定
芸術文化ホール チケットデスク:10月上旬発売予定

金平糖の精:相原舞(アメリカン・バレエ・シアター)
王子:橋本直樹
クララ:刀祢平美咲

posted by uno at 17:04| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする