2014年12月29日

横須賀芸術劇場 公演ラインナップ

横須賀芸術劇場ニュースが更新され、公演ラインナップも発表されました。バレエは2つ。

2015年7月26日(日)
ボリショイ マリインスキー トップダンサー達による
『バレエ・グラン・ガラ』

2016年2月11日(木・祝)
東京バレエ団『白鳥の湖』

東バの『白鳥の湖』は、先日発表された新ヴァージョンですね。横須賀はほぼ毎年東バの公演を組んでくれるので嬉しいです。あれ、でも、夏の子どものためのバレエは予定に入ってないですね。

横須賀芸術劇場
横須賀芸術劇場ニュース
posted by uno at 11:39| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

東京バレエ団2015年ラインナップ

東バの2015年のラインナップが出ましたね〜。相変わらず超おサボり更新となっておりますが、12月は東バの『くるみ』だけ見てきました。初日のゲストと、土曜の沖&梅澤ペア。土曜日は「大入」が出てました。だから得チケ出なかったのか。元BBLのクピンスキーが急遽ゲスト出演することになった井上バレエ団の『くるみ』は諦めました…。またクピンスキー来ないかな、、、。

東京バレエ団 2015年 公演ラインナップ

1.
東京バレエ団創立50周年記念シリーズ9
ウラジーミル・マラーホフ アーティスティック・アドバイザー就任記念第2弾
ウラジーミル・マラーホフ振付・演出
『眠れる森の美女』全3幕プロローグ付
2月7日(土)14:00
2月8日(日)14:00
会場:東京文化会館

2.
東京バレエ団創立51周年記念シリーズ107
ウラジーミル・マラーホフ アーティスティック・アドバイザー就任記念第3弾
J.コラーリ/J.ペロー/M.プティパ/L.ラヴロフスキー振付
『ジゼル』全2幕
3月12日(木)19:00【追加公演】
3月13日(金)19:00
3月14日(土)14:00
3孜15日(日)14:00
会場:ゆうぽうとホール
3月21日(土・祝)14:00
会場:妙高市文化ホール

3.
ナタリア・マカロワ振付・演出
『ラ・バヤデール』全3幕
6月中旬
会場:東京文化会館

4.
第29次海外公演 
モーリス・ベジャール振付・演出
『第九交響曲』ヨーロッパ・ツアー
東京バレエ団&モーリス・ベジャール・バレエ団共同制作
6月中旬〜7月初旬 ローザンヌ、モンテカルロ /他

5.
ウラジーミル・ワシーリエフ振付・演出
『ドン・キホーテ』全2幕プロローグ付
7月下旬 会場:東京文化会館(世界バレエフェスティバル全幕特別プロ)
10月下旬 会場:神奈川県民ホール

6.
<めぐろバレエ祭り>
子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』
子どものためのバレエ『ドン・キホーテ』(ニュープロダクション)
8月中旬〜下旬
会場:めぐろパーシモンホール /他 各地

7.
シルヴィ・ギエム&東京バレエ団全国縦断公演
<シルヴィ・ギエム ファイナル>
12月初旬〜下旬 東京 /他 各地

8.
『白鳥の湖』 (ニュープロダクション)
2016年2月初旬〜中旬 東京 /他 各地

東京バレエ団


久しぶりの『ラ・バヤ』、楽しみ〜♪ 3年ぶりだそうです。50周年記念ガラで水香さんと弾さんが「影の王国」を踊ったので、これはもしかしたらそろそろ全幕で来るかな?という感はありましたが、果たしてキャストはどうなるでしょうか。水香さんと弾さんはほぼ確実だと思うんだけど、もう1、2キャストありますよね? 木村さんと理恵さんとか、どうかな〜。はっ!! 何を言ってるんだ、自分! ファースト・キャストはゲストですよね、きっと。あ〜、夢見ちゃった…。
夏の『ドン・キ』はバレエ・フェスの全幕特別プロです。今回は『ドン・キ』だけなのかな? 因みに前回は『ドン・キ』×2回、『ラ・バヤ』×2回だったようです。「ようです」って、いや自分も見に行ったんですけど、調べるまで忘れてました…。10月に神奈川県民ホールでも公演が予定されています。こちらは恐らく水香さんと弾さんになるのではないでしょうか。
恒例となった<めぐろバレエ祭り>は、『ねむり』の他に、子どものための『ドン・キ』の新プロダクションが予定されています。やった〜♪ 『ねむり』以外の子どもヴァージョンも作ってほしいと思っていたので、とっても楽しみです。若手の起用がありそうですね♪ 木村さんはキホーテ老人は、、、、踊らないだろうな〜。
そして、冬はギエムのツアー。来年は『くるみ』(ワイノーネン版/ベジャール版)も『カブキ』もなさそうですね。ギエムのツアーでは東バ初演となる作品もあるようで、楽しみです。エック版『カルメン』のようにギエム絡みの初演なのか、そうでないのか、気になるところです。
2016年の『白鳥の湖』は新たなヴァージョンに挑戦するとのこと。「新プロダクション」ではなく、「新たなヴァージョンに挑戦」ということは、今既にある誰かのヴァージョンを初演するということでしょうか? それとも、その表現の違いに深い意味はないのかしら。ないわけないと思うんだけどな〜。東バが取り組むとしたら、どのヴァージョンでしょうか。ノイマイヤーの『幻想〜』とかマーフィー版はいろいろ難しそうな気が、、。英国系? ロイヤルはダウエル版だったし、今度のBRBはピーター・ライト版。マシュー・ボーンってことはないし、マラーホフに依頼するとか。ラコット!? Kバレエが熊川ヴァージョンだったり、新国が牧阿佐美ヴァージョンだったりするように、自分たちで作るんでしょうか。それって、「新プロダクション」? あー、もうわかんない。とりあえずわかっているのは、とても楽しみだということです。
posted by uno at 16:17| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

BRBとか『ジゼル』追加公演とか。

東バ『ジゼル』、ザハロワ&ボッレの追加公演が出ましたね〜。やっぱりあの2人は人気があるんだなぁ、と。私はゲスト日のチケットは取っていなくて、その他のキャストによっては追加しようかなぁと考えていたんですが、そんなのんびりしている場合ではなかったんですね、、。まあでも、その他のキャストが出るのは2月に入ってからだろうな〜。それまでにまた売り切れたりするかしら…。

少し前ですが(12月5日付)、BRBのキャストも出ましたね。佐久間さんとツァオ・チーの名前がなくてガックリ…。愛知や西宮で踊るということは有り得るでしょうか? 『シンデレラ』のタイトルロールに平田桃子さんがキャスティングされているのは嬉しい♪ 『白鳥の湖』のセリーヌ・ギッテンスは、前回の公演で注目を集めたダンサーですよね。そのスタイルの良さは然ることながら、伸びやかな踊りや豊かな表情で、大勢の中にいても目を引く存在でした。祭典会員だったら迷わずギッテンスと平田さんの日を申し込むところなんですが、今期は会員ではないので、、、。
マシュー・ゴールディングがゲストで出演するんですね〜。一瞬、「え、ゲスト!?」と思ったんですが、そういえばBRBは以前にもロホや吉田都さんをゲストに呼んでましたね。BRBは個人的にとても好きだし、いいカンパニーだと思うので、私的にはゲスト無しでも十分に魅力的なんですが、色々と事情があるんですかね〜。というか、マシューってロイヤルに移籍してたんですね。知らなかった〜。

■ 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 2015年 日本公演

『白鳥の湖』全4幕 

振付:レフ・イワーノフ/マリウス・プティパ/ピーター・ライト
音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
4月25日(土)14:00
  オデット/オディール:ジェンナ・ロバーツ
  ジークフリート王子:マシュー・ゴールディング(英国ロイヤル・バレエ団)
4月26日(日)14:00
  オデット/オディール:セリーヌ・ギッテンス
  ジークフリート王子:タイロン・シングルトン
4月27日(月)18:30
  オデット/オディール:ジェンナ・ロバーツ
  ジークフリート王子:マシュー・ゴールディング(英国ロイヤル・バレエ団)
『シンデレラ』全3幕
振付:デヴィッド・ビントリー
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

5月1日(金)18:30
  シンデレラ:エエリシャ・ウィリス
  王子:イワン・マッケイ
5月2日(土)14:00
  シンデレラ:平田桃子
  王子:ジョセフ・ケイリー
5月3日(日・祝)14:00
  シンデレラ:エエリシャ・ウィリス
  王子:イワン・マッケイ

指揮:フィリップ・エリス(『白鳥の湖』)、ポール・マーフィー(『シンデレラ』)
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

会場:東京文化会館
発売開始日:2015年1月24日(土)10:00
S席:18,000円 A席:16,000円 B席:14,000円 C席:11,000円
D席:8,000円 E席:5,000円



<東京バレエ団『ジゼル』(ザハロワ&ボッレ)追加公演決定>
【追加公演】
2015年3月12日(木)19:00
  ジゼル:スヴェトラーナ・ザハロワ
  アルブレヒト:ロベルト・ボッレ

会場:ゆうぽうとホール
S席:14,000円 A席:12,000円 B席:10,000円 C席:7,000円 D席:5,000円 
前売開始:2015年1月17日(土)10:00

→ NBS
posted by uno at 23:50| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

東京バレエ団『ジゼル』/『眠れる森の美女』キャスト決定

来年の東バの公演、マラーホフ版『眠れる森の美女』と、未定だった『ジゼル』の東バキャストが発表されました。なんかいろいろ楽しみすぎる〜♪ 
ここ数年、休日の公演は15時開演だったんですが、また14時開演に戻したんですね。早く家に帰りたい私としては、14時のほうが嬉しいかもしれない。

■ 東京バレエ団 マラーホフ版『眠れる森の美女』全3幕プロローグ付き

演出・振付:ウラジーミル・マラーホフ/マリウス・プティパ
音楽:ピョートル.I. チャイコフスキー
装置・衣裳:ワレリー・コングロフ

2015年
2月7日(土)14:00
  オーロラ姫:上野水香
  デジレ王子:柄本弾
  カラボス:ウラジーミル・マラーホフ
2月8日(日)14:00
  オーロラ姫:川島麻実子
  デジレ王子:岸本秀雄
  カラボス:ウラジーミル・マラーホフ

会場:東京文化会館
S席:12,000円 A席:10,000円 B席:8,000円
C席:6,000円 D席:4,000円 E席:3,000円
一般発売:10月25日(土)

■ 東京バレエ団『ジゼル』全2幕

2015年
3月14日(土)14:00
  ジゼル:渡辺理恵
  アルブレヒト:柄本弾

会場:ゆうぽうとホール
S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円 C席:4,000円 D席:3,000円
一般発売:12月6日(土)

→ NBS

なんと言っても驚いたのは、岸本さんのデジレ王子デビューですよね〜。ここ最近はいい役が付いていたので、そろそろ子ども版『ねむり』で王子とか、マラーホフ版『眠り』で青い鳥とかどうだろうと思っていたんですが、いきなり本格デビューとは! 私自身とても好きなダンサーなので、すっごく楽しみです♪ そういえば、ダンスマガジンの最新号で、ルグリが岸本さんのことを褒めていたんですよね。50周年ガラのクラスレッスンのときにいいダンサーがいた、と。それが岸本さんだったんです。因みに、柄本さんにはライバルが必要だとも言っていました。ダンスマガジンによると、50周年ガラのではルグリもマラーホフもギエムも、みんな惜しみなくアドバイスをくれたそうで、なんか素敵だな〜と思いました。

そして、川島さんのオーロラ。こちらもすっごく楽しみ〜♪ 渡辺さんがオデット、川島さんがオディールという形でデビューしてから、渡辺さんのほうが先に大きな役が付き始めたので、ちょっと気になってたんですよね、、、。オーロラデビューなんて、素敵〜♪ マラーホフ版の衣裳を着た川島さんを想像しただけでワクワクします。

もう一組は水香さんと弾さん。水香さん、マラーホフ版ではずっとリラの精を踊っていたので、オーロラを見たのはマチュー・ガニオと踊ったとき以来じゃないかしら。マラーホフ版のリラの精の衣裳もとても似合ってたけど、ラブリーなオーロラの衣裳も楽しみです。
弾さんは、子ども版のデジレは踊っていますが、一応デジレ王子デビューと言っていいのかしら。子ども版より断然踊りの見せ場も多いので、とっても楽しみです。

そして『ジゼル』。いよいよ渡辺さんのジゼルですね〜。以前だったら、1幕の村娘より2幕のウィリのほうが断然はまるだろうと思うところですが、今の理恵さんなら両方似合うだろうな〜、と。弾さんもいよいよアルブレヒト。サポートが上手なので、その辺りも楽しみです。すっかり芝居っ気も出てきたし♪ 

主演以外のキャストも気になりますね〜。発表されるのはだいぶ先だろうな…。
posted by uno at 14:15| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

有馬龍子バレエ団『ロミオとジュリエット』にパリ・オペから豪華ゲスト陣

明日は東バ『ドン・キ』の岩国公演です。当日入りの、一泊二日。岩国の前に初日の感想だけでも書きたいと思ったんですが、力尽きてさっき途中までUPしました。途中まで書いて力尽きた感想がいっぱいあるんですよね〜。なんで感想書くのにこんなに時間がかかるんだろ…。

本題ですが、有馬龍子バレエ団の来年の公演に、パリ・オペからいっぱいゲストが来ます。しかも、東京公演がある。講習会やゲスト出演など、パリ・オペのダンサーと繋がりのある有馬さんのところですが、東京公演は珍しいような気が? しかも、ゲストの中にモニク・ルディエールの名前もあるんですが、何踊るんだろ〜。ゆうぽうとだし、ちょっと見に行きたいなぁ、と。
最近、あまりブログチェックをしないので、既にどこかで話題になっていたらすみません、、。

■ 有馬龍子バレエ団『ロミオとジュリエット』全幕

2015年
8月2日 ゆうぽうとホール【東京】
8月9日 びわ湖ホール【滋賀】

<ゲスト>
カール・パケット
エロイーズ・ブルドン
モニク・ルディエール
シリル・アタナソフ
クリストフ・デュケンヌ
ヤニック・ヴィトンクール 他

← 有馬龍子バレエ団
posted by uno at 16:25| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

東バ『ドン・キ』のチケットを追加したくなってきた…。

東バのアッサンブレから『ドン・キ』のキャスト詳細が届きました。封書のほうのDMです。あれ? そういえばメールは届いてないな。思ったよりバラエティに富んだキャスティングでした〜♪ おかげで悩みが増えました(苦笑)。上野−柄本の日しかチケットを取っていないんですが、ゲストの日のキャストも見逃せない感じなんですよね〜。金曜と日曜、どちらを追加するかで悶々としております。

木村さんはドン・キホーテ老人のみ。まさかそろそろキホーテ?と冗談半分に思っていたら、本当になってしまいました。まぁでも、今は脚のこともあるし、出てくれるだけで有り難いよな、と。何気にキホーテ老人もかなり楽しみ♪ しかし、東京では日曜しか出ないんですよね〜。何度も言っていますが、誰も覚えていないと思うのでまた言いますと、土日は休みづらい職場なんです。既に土曜はチケット取ってるし、翌週の土日は岩国に行くので休まなければいけないし、2週連続で土日を休むのはマズイでしょ〜。と言いつつ、ときどきやってるんですけど。しかし、金曜に美佳さんがジプシーの娘を踊るんですよ。後のキャストは、金曜か日曜、どちらかを追加すればほぼ見られるんですが、木村さんのキホーテと美佳さんのジプシーの娘だけうまく見られないんです…。岩国も木村さんのキホーテなので、東京では我慢するかなぁ、、、。日曜、休みづらいし。あー、答えが出ない〜。

弾さんはバジルとエスパーダ、ダブル初役なんですね。どちらも本当に楽しみ。森川さんも、エスパーダ頑張れー。酒場のソロを格好よく踊るのはなかなか難しい。河谷さんがキトリの友人にキャスティングされているのも嬉しい♪ キューピッドに新キャスト。若手過ぎて正直わからないんですが(苦笑)、とても楽しみです。

岩国のキャストが楽しみなことになってます。川島さんのドリアードに、矢島さんのエスパーダ♪ 岡崎さんがガマーシュだし♪ チケット取ってよかった〜。

そして、永田さんのロレンツォの安定感(♪)。

キャストの詳細を載せておきます。雑な書き方ですみません。スマホから更新してるもので…。

【東京】
ドン・キホーテ:高岸/高岸/木村
サン・チョパンサ:氷室/岡崎/岡崎
ガマーシュ:梅澤/梅澤/梅澤
メルセデス:奈良/高木/奈良
エスパーダ:柄本/森川/柄本
ロレンツォ:永田/永田/永田
キトリの友人:川島-河谷/乾-吉川/川島-河谷
若いジプシーの娘:吉岡/奈良/高木
ドリアードの女王:渡辺/渡辺/渡辺
キューピッド:松倉/松倉/松倉


【岩国】
ドン・キホーテ:木村
サン・チョパンサ:氷室
ガマーシュ:岡崎
メルセデス:高木
エスパーダ:森川
ロレンツォ:永田
キトリの友人:岸本-河谷
若いジプシーの娘:矢島
ドリアードの女王:川島
キューピッド:中島
posted by uno at 22:50| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

東京バレエ団『ドン・キホーテ』代役決定/岩国のチケット

オブラスツォーワに続きホールバーグも降板してしまった東バの『ドン・キ』ですが、昨日(27日)付でホールバーグの代役も発表されましたね。ボリショイのソリスト、ヴャチェスラフ・ロパーティンに決定したそうです。オブラスツォーワの代役であるスタシュケヴィチとのパートナーシップは万全とのことなので、その辺を重視したのかもしれませんね。
その他のキャストも早く知りたいな〜、と。発表されるのはギリギリかな、、、。

■ 東京バレエ団『ドン・キホーテ』全2幕

9月19日(金)19:00
9月21日(日)14:00
  キトリ:エフゲーニャ・オブラスツォーワアナスタシア・スタシュケヴィチ
  バジル:デヴィッド・ホールバーグヴャチェスラフ・ロパーティン

9月20日(土)14:00  
  キトリ:上野水香
  バジル:柄本弾

NBS

そして私は、岩国のチケットを取りました。沖さんと梅澤さんの『ドン・キ』です♪ 散々迷って、たぶん行かないかもな〜と思ってたんですが、『ねむり』の梅澤さんを見て一気に決心が固まりました。行くと決まったら、もう楽しみで、楽しみで♪ 梅澤さんはその前に『スプリング・アンド・フォール』もありますからね〜。頑張ってほしいです。
posted by uno at 18:59| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

早川恵美子・博子バレエスタジオ『ダンスパステル/ジゼル』キャスト

昨日の小林紀子バレエシアターの会場で、早川恵美子・博子バレエスタジオのチラシをもらいました。『ダンス・パステル』は前回と同じキャスト。早川さんお2人と、足川さんと坂本さんです。『ジゼル』のキャストにびっくり! 木村さんはアルブレヒトだろうなぁと思ってたけど、ヒラリオンに後藤和雄さん、そしてウィルフリードに森田雅順さんがキャスティングされているじゃないですか〜♪ いや〜、森田さんのウィルフリード、好きだったんですよ〜。まさかもう一度見られるとは。東バでは実現しなかった夢の組み合わせですね。しかも監修は溝下司朗さん。ジゼルは前回と同じ、岸川英里さんです。

早川さんのサイトはまだ更新されていないようです。

→ チケットぴあ
posted by uno at 14:41| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

小林紀子バレエシアター『マクミラン・トリプルビル』キャスト

今週末に迫った、小林紀子バレエシアター『マクミラン・トリプルビル』のキャストがチラシに出ていたので一応。とっくに出回っていたと思うんですが、4月〜7月まで4ヶ月間、バレエの公演に足を運んでいなかったので、やっと最近チラシを入手しました。後藤和雄さんが何を踊るか気になっていたんですが、両日出演するようでホッとしました。私が見に行く日に出演しなかったらどうしようと、不安だったので。『アナスタシア』、『マノン』に続き、おじさまの役ですね。いや、それはそれで素敵だからいいんですけど、青年役もまだまだ見たいですよ〜。まあでも、哀愁漂う中年役、結構楽しみです。後藤さんの『エリート・シンコペーション』も久々なので楽しみ〜♪

■ 小林紀子バレエ・シアター 『マクミラン・トリプルビル』

『コンチェルト』
第1楽章
  真野琴絵(両日)
  上月佑馬(両日)
第2楽章
  島添亮子(両日)
  ジェームス・ストリーター(両日)
第3楽章
  喜入依里(23日)
  高橋怜子(24日)

『Winter Dreams〜三人姉妹〜』
オーリガ:喜入依里(両日)
マーシャ:島添亮子(両日)
イリーナ:高橋怜子(両日)
アンドレイ:照沼大樹(両日)
ナターシャ:萱嶋みゆき(両日)
クルイギン:後藤和雄(両日)
ヴェルシーニン:アントニーノ・ステラ(両日)

『エリート・シンコペーションズ』
Bethena Waltz
  高橋怜子(23日)
  島添亮子(24日)
  ジェームス・ストリーター(23日)
  アントニーノ・ステラ(24日)
Calliope Rag
  喜入依里(両日)
Friday Night
  冨川直樹(23日)
  上月佑馬(24日)
The Golden Hours
  萱嶋みゆき(23日)
  真野琴絵(24日)
  後藤和雄(両日)
posted by uno at 15:57| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

東バ『ドン・キ』配役変更/東バ『くるみ』概要決定

9月の東バ『ドン・キ』に出演予定だったオブラスツォーワが、怪我の回復が遅れているため降板とのお知らせが出ました。同時に、12月の『くるみ』のゲストがオブラスツォーワとの発表あり。降板したオブラスツォーワが『くるみ』のゲストと聞いて、一瞬「ん?」と思ったんだけど、「あぁそっか、それまでには回復するってことなのよね」と。というか、2公演続けて同じゲストを呼ぶつもりだったのか〜という驚きも、なくはない。キトリの代役は、ボリショイのソリスト、アナスタシア・スタシュゲヴィチに決定したそうです。ボリショイでホールバーグと組んで踊ることもあるそうで、ちょっと気になります(ゲスト日はチケット取ってないので)。

『くるみ』のもう1人のゲストはラドメーカーとのこと。キラキラの王子、楽しみ♪ 東バキャストは沖さんと梅澤さん。お〜♪ 『ドン・キ』で組む(岩国で)2人が、ここでも共演とは。楽しみです。吉川さんの『くるみ』デビューも見たいな〜。横須賀のキャストが気になるところです。横須賀以外にも公演あるのかな。

■ 東京バレエ団『くるみ割り人形』全2幕

振付・演出:レフ・イワーノフ、ワシリー・ワイノーネン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
美術:ニコラ・ベノワ
衣裳:宮本宣子、桜井久美

12月19日(金)19:00
  クララ:エフゲーニャ・オブラスツォーワ
  くるみ割り王子:マライン・ラドメーカー
12月20日(土)14:00
  クララ:沖香菜子
  くるみ割り王子:梅澤紘貴
12月21日(日)14:00
  クララ:エフゲーニャ・オブラスツォーワ
  くるみ割り王子:マライン・ラドメーカー

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:シアターオーケストラトーキョー

【19日・21日】
S席:14,000円 A席:12,000円 B席:10,000円 C席:7,000円 D席:5,000円 E席:4,000円
【20日】
S席:10,000円 A席8,000円 B席:6,000円 C席:5,000円 D席:4,000円 E席:3,000円
会場:東京文化会館
一般発売:9月13日(土)

東京バレエ団
posted by uno at 11:26| Comment(0) | バレエ日記2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする