2007年12月28日

ギエム川口/レニ国 神奈川のキャスト

今日は川口までギエムの公演を見に行きました。電車の乗り換えは少ないんだけど、なんかやっぱり遠いな〜という感じがする。今日はオペラグラスが要らないくらい前方の席で見ていたので、これまでとはちょっと味わいが違いました。今年の『ギエム・オン・ステージ』も明日の甲府でいよいよ終わりですね。私のギエムツアーは今日が最後。明日は私は小林紀子バレエシアターの『くるみ割り人形』を見に行きます。

川口リリアの前方席はかなり緩いスロープなので、ステージが見づらい…。幸い、私の前の人は頭の位置が低かったので見易かったんですが、周りの方は少し左右に動きながら見ていたようです。

感想は後日(そればっかり…)。
とりあえず、私にとっては今ツアー初のムッル。痩せたかなぁ?もともとスマートな人ですが、更にほっそりしていたような気がしました。それにしても、やっぱり色気があるな〜と(♪)。ニコラ・ル・リッシュもセクシーな人だと思うんですが、ムッルとは正反対に近いくらい、そのセクシーさは違いますよね〜。
『テーマとヴァリエーション』は吉岡&高岸組でした。男女とも、コール・ドに新しめの顔がチラホラ。バタバタほどはしていないけど、思わず「頑張れ〜」と応援したくなる感じではありました。吉岡さんの舞台はやっぱり好き。綺麗だったな〜♪ 高岸さんも調子は良さげ。芸術監督補をやりながら踊っているんだから、大変だろうな、、、。今回は当初の予定より、踊る回数も増えただろうし…。
オーケストラピットを使用していないので、カーテンコールで花束を渡す方もいらっしゃいました。ギエムとマリファントと、2人に用意している人も結構いましたね。ギエムは今日も素敵な笑顔。マリファントも静かに微笑んでいるし、なんだか穏やかな空気に包まれている2人が印象的でした。


話は変わりますが、まだレニ国のチケットを取っていない私…。相模大野の『白鳥の湖』(1/22)に行こうと思ってたんですが、どうやらコレゴワが踊るらしいんです。ん〜、コレゴワが見たくない訳じゃないんだけど、できればレニ国の女性陣で見たかった…。レニ国の女の子たちなら誰が踊るかわからなくてもチケット取っちゃおうと思ってたんだけど、ちょっと迷ってしまっています。楽天チケットによると、相模大野と神奈川県民ホール(1/14)はコレゴワが予定されています。発表されているなんて知らなかったよ、、、。コレゴワが踊るってことは、パートナーはコルプでしょうか?そういう訳でもないの?相模大野にコルプが来たら、なんかすごいな〜。コルプが踊るなら見てもいいかも。あぁ、どうしよう〜。まだ『バヤデルカ』のチケットも取ってないし…。

そのコルプですが、今月のDDDにモデルとして登場しているそうです(光藍社のサイトより)。なんと6ページですって〜♪ インタビューも掲載されているらしい。早く買わねば。表紙はキエフ・バレエのナタリヤ・ドムラチョワ。しかも次号の表紙はコルプだそうです。というか、ダンマガも今日が発売日か、、、。どちらもすっかり忘れていました。

光藍社
posted by uno at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック