2020年02月19日

NYCB 2020年日本公演に、ヴィシニョーワ、オレリー・デュポンが出演。

今年の6月、ニューヨーク・シティ・バレエが来日するそうです。

って、え〜っ! 全然知らなかったんですけど〜。知らなかったけど、もうチケットぴあで先行先着販売が始まっているという、、、。いや〜、驚いた。どこかで話題になっていたんでしょうか? これほどの有名カンパニーの日本公演をチケット発売後に知るなんて、なんだかビックリです。
さらに驚いたことに、ヴィシニョーワとオレリーがゲスト出演して、オハッド・ナハリンの『B/olero』を日本初演するとのこと。京都公演にはオレリーは出演せず、ヴィシニョーワとイヤル・エレズラが『B/olero』を踊ります。
というか、今書きながら気が付いたんですが、東京公演って1回しかないのね〜。気のせい? 気のせいじゃないですよねぇ? 何度確認しても6月9日(火)19時開演の1回しか見当たらない、、、。もしかして、まだぴあに出てない公演があるのかしら?と思い、主催と思しきFM大阪事業部のサイトを見たんですが、京都×1回、東京×1回だけのようです。

チケット発売まで公演を知らなかったことも、ヴィシニョーワとオレリーがゲスト出演することも、東京公演が1回だけということも、なんだかいろいろビックリです。

■ ニューヨーク・シティ・バレエ団 来日公演2020〜子どもたちの新しい明日へ〜

6月4日(火)19:00
会場:ロームシアター京都 メインホール

6月9日(火)19:00
会場:Bunkamuraオーチャードホール

【プログラム】
『Apollo』
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ストラヴィンスキー

『B/olero』 <日本初演>
振付:オハッド・ナハリン
音楽:ラヴェル/冨田勲編曲:「ボレロ」※録音音源を使用
<京都公演>ディアナ・ヴィシニョーワ、イヤル・エレズラ
<東京公演>ディアナ・ヴィシニョーワ、オーレリー・デュポン

『After the Rain Pas de Deux』
振付:クリストファー・ウィールドン
音楽:アルヴォ・ペルト「鏡の中の鏡」

『Tschaikovsky Pas de Deux』
振付:ジョージ・バランシン
音楽:チャイコフスキー「白鳥の湖」Op.20 第3幕より抜粋

指揮:アンドリュー・リットン
演奏:京都市交響楽団【京都公演】/東京ニューシティ管弦楽団【東京公演】

S席:19,800円 A席:14,300円 B席:9,900円
チケットぴあ最速先着先行:2月15日(土)〜2月23日(日)
一般発売:3月14日(土)

posted by uno at 13:14| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: