2019年12月03日

BBL『バレエ・フォーライフ』全国公演の情報が出ました。

モーリス・ベジャール・バレエ団日本公演の公式ページができました。読めなくて気になっていたジルの新作のタイトル「Tous les hommes presque toujours s'imaginent」の邦題が、「人はいつでも夢想する」であると判明。
そして、何と言っても気になっていたのは、全国公演の情報です。全国公演はすべて『バレエ・フォー・ライフ』。既に情報が出ていた西宮の他に、名古屋、札幌、高崎、川口で公演があります。愛知県芸術劇場の来年度のラインナップに入っていなかったので名古屋はないのかと思ったんですが、特殊陶業市民会館でしたか〜。特殊陶業は、去年バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の『眠り』を見に行きました。そのときが初めてだと思ってたんだけど、2005年にハンブルク・バレエ団の『冬の旅』を見に行ったことを最近思い出しました。というか、会場名が変わったので、気付いてなかった、、、。私がハンブルク・バレエを見に行ったときは名古屋市民会館だったんですが、日本特殊陶業がネーミングライツを取得して、2012年7月1日から日本特殊陶業市民会館になったそうです。
名古屋のあと、中一日あって西宮公演です。中一日を異動・観光日にして、そのまま見てきたほうがいいかも。いや、行くとしたら、の話ですけど。今年の9月に開館したばかりの高崎芸術劇場も気になる〜。新しい劇場、大好きなんです。札幌文化芸術劇場hitaruも新しいホールですよね〜。バレエ公演にも積極的な印象があります。でも、流石に札幌は無理かな、、、。川口公演は、私的には東京公演とあまり変わらないというか、行きやすい。
全国公演はすべて東京公演の後でしたね。GWに出かけなくて済むのは助かるけど、『第九』と東京公演の間の2週間あまり、BBLのメンバーたちはどうするんだろうか、、、。

東京公演に関してはあまり新しい情報はないので、全国公演の予定だけ書いておきます〜。
いよいよ遠征の妄想が止まらなくなりそうです♪

■ モーリス・ベジャール・バレエ団『バレエ・フォー・ライフ』【全国公演】

2020年
5月21日(木) 日本特殊陶業市民会館
5月23日(土) 兵庫県立芸術文化センター
5月26日(火) 札幌文化芸術劇場
5月29日(金) 高崎芸術劇場
5月31日(日) 川口総合文化センター

→ NBS
posted by uno at 12:44| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: