2019年11月29日

【2020年1月】のプレミアムシアター オーストラリア・バレエ団『メリー・ウィドウ』

プレミアムシアターの放送予定が更新されました。1月にオーストラリア・バレエ団の『メリー・ウィドウ』が放送されます。チャコットのWEBマガジンによると、初演は1975年。オペレッタの『メリー・ウィドウ』を基にロバート・ヘルプマンがバレエのシナリオを書き、ロナルド・ハインドの振付で全3幕の物語バレエとなったとのこと。チャコットの記事は2018年6月なんですが、その時点で404回目の上演と書かれています。プレミアムシアターで放送される公演は収録が2018年5月となっているので、ちょうどそのときの記事なのかもしれません。出演者の中に、芸術監督のデヴィッド・マカリスターの名前があるのが気になります。踊らない役なのかしら? そんなこんなで色々検索してたら、マカリスターが初めて演出と振付を手掛けたという『眠れる森の美女』全幕が、2015年に初演されていたことを知りました。2017年の再演時には、ホールバーグとミスティ・コープランドが客演して話題になったようです。知らなかった〜。いや、どこかで目にはしていたのかもしれないけど、、、。ということは、日本公演で上演したスタントン・ウェルチ版はもう上演していないんですね、、。結構好きだったんですけどね〜、、、。というか、オーストラリア・バレエ団、最近日本公演がないですね、、。

BSプレミアム <プレミアムシアター>

2020年1月19日(日)深夜0:00
オーストラリア・バレエ団『メリー・ウィドウ』全3幕

台本:ロバート・ヘルプマン、ロナルド・ハインド
振付:ロナルド・ハインド
音楽:フランツ・レハール
編曲:ジョン・ランチベリー

【出演】
ハンナ・グラヴァリ:アンバー・スコット
ヴァランシエンヌ:リアン・ストイメノフ
カミーユ・ド・ロシヨン:アンドリュー・キリアン
ミルコ・ツェータ男爵:スティーヴン・ヒースコート
ニェーグシュ:デーヴィッド・マカリスター  
他 オーストラリア・バレエ団

指揮:ポール・マーフィー
管弦楽:オペラ・オーストラリア交響楽団
舞台美術・衣装:デズモンド・ヒーリー
照明:フランシス・クローゼ

<収録:2018年5月9日 シドニー・オペラ・ハウス
ジョーン・サザーランド劇場(オーストラリア)>

posted by uno at 15:32| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: