2019年10月30日

山海塾の北九州公演は『ひびき』のリ・クリエーションです。

北九州芸術劇場のサイトに山海塾の公演情報が出ました。北九州市芸術文化振興財団の事業概要では3月となっていたんですが、2月でした。よかった〜。東バの『ラ・シル』と重ならなかった。というわけで昨日、安心して東バ『ラ・シル』のチケットをアッサンブレ先行発売で取りました。よかった、よかった。

北九州の演目は、『遥か彼方からのーひびき』のリ・クリエーションです。『ひびき』きたー♪♪ 見たい演目の一つでした。2006年、相模大野のグリーンホールで上演されたんですが、チケットを取っていたにもかかわらず、体調を崩して見に行けなかったんです。その後、国内では上演していないはず。あのとき見に行けていれば、天児さんが踊る『ひびき』を見ることができたんですが、、、。天児さんや丸さんが踊る『ひびき』を見られなかったことは残念ですが、でもリ・クリエーションはとっても楽しみです。だってそれは、山海塾が続いていくということでもありますものね。

来年はBBLの日本公演もあるし、全国公演があるなら遠征もしたいし、山海塾の東京公演も通いたいし、北九州はパスしようかな〜と思っていたんですが、演目を聞いたらやっぱり行きたくなってしまいました。実際の舞台を見るまでは買うのを我慢していた『ひびき』のDVDも、ようやく買えそうです。

チケットクラブQの先行発売が12月14日(土)からです。チケットクラブQは、2020年の4月にリニューアルをすることになっていて、現在のサービスは2020年3月で終了となります。現在も入会・更新は可能だけど、会員期限は2020年3月末ということになってます。私も今年の8月ごろに更新したんですが、有効期限は2020年3月31日となっていました。山海塾の公演以外で行くことはないと思うので、たまっているポイントを使ってしまいたい、、。

北九州が『ひびき』のリ・クリエーションを上演するということは、来年の東京公演は『ARC』と『ひびき』かな。

■ 山海塾『遥か彼方からのーひびき』リ・クリエーション【北九州】

2020年2月23日(日)14:00
会場:北九州芸術劇場 中劇場

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古隆、吉川洋一郎
演出助手:
舞踏手:竹内晶、市原昭仁、松岡大、石井則仁、百木俊介、岩本大紀、高瀬誠

全席指定
一般:4,500円
ユース:2,500円
高校生〔的〕チケット:1,500円

チケットクラブQ先行予約:12月14日(土)
一般発売:12月22日(日)

posted by uno at 23:30| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: