2017年11月08日

東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』、代役はミリアム・ウルド=ブラーム

東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』を降板したヤーナ・サレンコの代役が、7日付で発表されました。予定より1日遅れの発表になりましたが、その辺もちゃんとお詫びが入っていて、高感度高め。それにしても、代役がミリアム・ウルド=ブラームとは! 豪華〜♪ いや、サレンコも豪華だけど、代役がこんなに豪華だとは思っていなかったというか。ミリアムとタマズラカルって、一緒に踊ったことはあるのかしら。初競演なら、貴重な機会ですよね。どういう経緯でミリアムに決まったのか、激しく気になります。

チケットは今日(8日)から発売です。私はまだ取ってないんだけど、ギリギリまで残ってるのかな〜なんて思ってたら、チケットぴあは予定枚数終了になってました。え、、、ほんとに、、、。もしかしたら、もともと持ってる枚数が少ないのかもしれないけど、それにしてもすごいな、と。東京シティ・バレエ団のオンラインショップではまだ取り扱っているので、そっちで取るしかないか。早めに取っておいたほうがいいのかなぁ。因みに座席は指定できないけど、ブロックは指定できる仕組みらしいです。

■ 東京シティ・バレエ団 創立50周年記念公演『白鳥の湖』〜大いなる愛の賛歌〜

演出・振付:石田種生
指揮:大野和士
演奏:東京都交響楽団
舞台美術:藤田嗣治

2018年
3月3日(土)17:00
3月4日(日)15:00
3月6日(火)18:30
 ※5日(月)は休演
会場:東京文化会館
一般発売:11月8日(水)

【主演キャスト】
3月3日(土)17:00/6日(火)18:30
  オデット/オディール:ヤーナ・サレンコ(ベルリン国立バレエ団プリンシパル)
   ↓ 
  オデット/オディール:ミリアム・ウルド=ブラーム(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
  ジークフリート王子:ディヌ・タマズラカル(ベルリン国立バレエ団プリンシパル)
3月4日(日)15:00
  オデット/オディール:中森理恵
  ジークフリート王子:キム・セジョン

posted by uno at 16:37| Comment(2) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
uno様

こんにちは‼
本当にミリアムとはなんて豪華なのでしょうね。
ますます楽しみな公演になりました。

私は10時にバレエ団に直接電話で確保しましたが、なかなか通じませんでしたよ。座席指定でなくチケット購入は久しぶりなのでドキドキ感はありますが、電話でしたのでしっかり希望ブロックを指定できました。

2018年は、谷バレエ、シティ、Kバレエと白鳥続きになります。楽しみです🎵
Posted by ちびまま at 2017年11月08日 17:58
ちびままさん、こんにちは!
お返事が遅くなり申し訳ありません。

代役がミリアムとは、驚きましたよね〜!
なんだか代役と呼ぶのは申し訳ないくらい、豪華なキャスティングですね。

電話、なかなか繋がらなかったんですね。
夜にチケットぴあを見たら、ゲストの日は完売していて焦りました。やはり注目度が高いんですね。
確かに、最近はほとんど座席指定でチケットを取っているので、届くまでわからないのって、ドキドキしますよね〜。でも、ブロックが指定できるのは有り難いですよね。とりあえず納得できますものね。

本当だ〜。『白鳥』が続きますね!
私は東京シティ・バレエ団を見るのは初めてなので、ワクワクです♪
Posted by uno at 2017年11月13日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: