2017年05月01日

第28回<バレエの祭典>詳細発表

第28回<バレエの祭典>のラインナップが出ましたね〜。BBLにハンブルク・バレエに、BRBにシュツットガルトって! 好きなカンパニーばっかり♪ そして2018年は世界バレエ・フェス。さらに東バのバランシン『セレナーデ』初演というラインナップ。『セレナーデ』は上演してくれないかな〜と思っていたので、楽しみです。またキャストを考えてワクワクしてしまう(♪)。『セレナーデ』の併演の『真夏の夜の夢』も久しぶりなのでとっても楽しみなんですが、こちらはスターをゲストに迎えてとあります。ゲスト無しの日もあるといいんだけど、、、。真っ先にコジョカルが浮かんだんですが、前にも一度同じ演目でゲスト出演してるから、違うかな。誰がゲストになるのか、気になりますね。

BBLはAプロで『魔笛』、Bプロでは「ボレロ」の他にベジャール振付の「ピアフ」、ジル振付の「アニマ・ブルース」と「兄弟」を上演。ジルの作品は近作らしく、最近のジルがどんな作品を作っているのか、とても気になります。日程が11月15日(水)〜26日(日)までというのも気になるところ。<フライデー・レディ>によると、『魔笛』は11月17日(金)。2プログラムにしては長い日程ですよね。もしかしたら、AプロとBプロの間に『オマージュ・ア・ベジャール』が挟まるのかな〜と思ったりしました。『オマージュ・ア・ベジャール』が祭典のラインナップに入らなかったのはちょっと意外でしたが、東バのアッサンブレよりも祭典会員の追加申し込みが優先になるかもしれませんね。
ハンブルク・バレエのガラ公演『ジョン・ノイマイヤー』の世界もラインナップ外でした。これは確実に祭典会員が最優先だろうな、と。
BRBとシュツットガルト・バレエ団もとっても楽しみです。どちらも3年ぶりの来日になるとのこと。BRBの『眠り』は2011年の日本公演でも上演。『リーズの結婚』は、BRBで見るのは私は初めてだと思います。ツァオ・チーが来てくれるといいんだけど。シュツットガルトは前回に続いて『オネーギン』。『白鳥の湖』は2012年の日本公演以来の上演です。またシュツットガルトの『眠り』も見たいな〜。カラボスが格好いいんですよね♪ ハンブルク・バレエの『眠り』もよかったな〜、と。結構『眠り』が好きなもんで、日本公演に持ってきてくれるとすごく嬉しかったりします。王道の『眠り』も好きだし、個性的な『眠り』も好きです。

第28回<バレエの祭典>プレミアム・シーズン

【シーズン・ラインナップ】

■ モーリス・ベジャール・バレエ団 【2演目】
Aプロ 『魔笛』
Bプロ
  「ボレロ」「ピアフ」(ベジャール振付)
  「アニマ・ブルース」「兄弟」(ジル・ロマン振付)
11月15日(水)〜11月26日(日)

■ ハンブルク・バレエ団 【2演目】
『椿姫』 『ニジンスキー』
2018年2月

■ 東京バレエ団 【1演目】
『セレナーデ』(東京バレエ団初演) 『真夏の夜の夢』
2018年4月

■ 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 【2演目】
『眠れる森の美女』 『リーズの結婚』
2018年5月

■ 第15回 世界バレエ・フェスティバル 【2演目】
2018年8月

■ シュツットガルト・バレエ団 【2演目】
『オネーギン』 『白鳥の湖』
2018年11月

5月20日(土)より新規会員申し込み開始

バレエ・ロイヤル・シート会員 472,000円 (分割 125,000円×2回、110,000円×2回)
S会員 222,000円 (分割 55,500円×4回)
A会員 196,000円 (分割 49,000円×4回)
B会員 170,000円 (分割 42,500円×4回)

【入会特典】
第15回世界バレエ・フェスティバルのクラスレッスン見学会にご招待
ハンブルク・バレエ団公演の舞台稽古にご招待

→ NBS
posted by uno at 12:41| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: