2017年03月21日

山海塾『新作』、2018年3月に北九州芸術劇場で世界初演。

昨日、小倉から帰ってまいりました。日曜日に、山海塾の『とばり』を北九州芸術劇場で見てきました。その前に、先週はピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団の『カーネーション−NELKEN』の初日を鑑賞。会場には山海塾の天児さんや、大野慶人さん、コンドルズの近藤良平さんの姿が。あ、もちろん楠田枝里子さんも。楠田さんはご自身のサイトに初日の興奮冷めやらぬ様子を綴っていらっしゃいますね(→ こちら)。土曜日は神奈川県民ホールで勅使川原三郎さん演出による『魔笛』を見ました。楽しかったですー♪ もう、モノスタトスがね(笑)。カーテンコールで手を振る姿に、山海塾のカテコで手を振る舞踏手が重なりました。

小倉に当日入りして、山海塾を鑑賞。北九州芸術劇場で『とばり』が上演されるのは、初演の2008年以来、2度目だそうです。『とばり』は一時期全国ツアーで上演していたので、久しぶりではないような気がしていたんですが、私が最後に見たのももう3年半前でした(2013年9月 相模大野)。

そして、当日の会場で速報が配られました。新作のワールドプレミアが、北九州芸術劇場で開催されます! やったー♪ 前作の『めぐり』に続き、今度の新作も日本で世界初演を迎えることになりました。公演は2018年3月。劇場の方の話によると、今回の公演と大体同じ時期になるのではないかとのこと。3月の半ば以降という感じでしょうか。また東バの公演と重ならないといいんだけど、、。東バの公演は3月より2月のほうが多いから、大丈夫だと思うんだけどな〜。あまり自分の日頃の行いがよくないので、こういうとき、妙に不安になります・・・。

世田谷パブリックシアターが東京初演を開催してくれるとしたら、また5月くらいでしょうか。ということは、2018年度のラインナップに入りますね。で、さっき見に行ったら、2017年度のシーズンラインナップが出ていました。

posted by uno at 14:39| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: