2017年03月18日

東京バレエ団<20世紀の傑作バレエ>公演概要決定。

東京バレエ団<20世紀の傑作バレエ>の公演概要が出ました。なんとなく勝手に2回公演だと思ってたんですが、3回公演でしたね〜。初演の「アルルの女」は、やはりボッレがゲストでした。パートナーはもちろん水香さん。東バのキャストは川島さんと弾さんでした♪ 楽しみです〜♪ そして驚いたのは、キリアンの「小さな死」の初演です。未発表だった1演目が初演ということも驚きでしたが、それがキリアンの「小さな死」だったので、さらにビックリです。友佳理さん頑張るな〜。「小さな死」の配役は未定です。気になりすぎる、、。「春の祭典」はトリプル・キャスト。ボッレの「アルル」は1回でいいかなと思ったんですが、よく見たら「春祭」がトリプル・キャストじゃないですか〜♪ 結局やっぱり3日間見に行くことになりそうです。あ、会場が東京文化会館でホッとしました。

■ 東京バレエ団<20世紀の傑作バレエ>

9月8日(金)19:00
9月9日(土)14:00
9月10日(日)14:00
会場:東京文化会館

「アルルの女」 東京バレエ団初演
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョルジュ・ビゼー

  フレデリ:ロベルト・ボッレ(8日、10日)、柄本弾(9日)
  ヴィヴェット:上野水香(8日、10日)、川島麻美子(9日)

「小さな死」 東京バレエ団初演
振付:イリ・キリアン
音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

  配役未定

「春の祭典」
振付:モーリス・ベジャール
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー

  奈良春夏、岸本秀雄(8日)
  伝田陽美、入戸野伊織(9日)
  渡辺理恵、岸本秀雄(10日)

9/8(金)、10日(日)
S席:12,000円 A席:10,000円 B席:8,000円
C席:6,000円 D席:5,000円 E席:4,000円
9/9(土)
S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円
C席:5,000円 D席:4,000円 E席:3,000円

一般発売:5月27日(土)

→ NBS
posted by uno at 00:56| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: