2017年03月15日

山海塾『とばり』、ポストトークの詳細が決定。

いよいよ今週はピナとニーナが始まりますね。私はニーナはパスです、、、。連休は神奈川県民ホールで勅使川原三郎さん演出の『魔笛』、そして北九州で山海塾です。ピナの『カーネーション』は当日券も出るみたいです。全日程で販売予定ですが、席種・枚数は公演ごとに異なるとのこと。お一人様一枚で、支払いは現金のみ。

山海塾『とばり』北九州公演の、天児さんのポストパフォーマンストークのゲストが発表されました。編集プロデューサーの坪池栄子さんです。坪池さんは、2013年にグリーンホール相模大野で『とばり』が上演された際のポストパフォーマンストークにも登場されました。私も見に行ってトークも聞いてきたんですが、ブログにはUPしなかったようです、、。メモは残っているはず。というのも、2013年は私の暗黒時代でして、ブログの記事投稿数が過去最大に減った年なんです。2013年の投稿は、1年間で17回。公演の感想に至ってはゼロです。目の前の舞台に集中できないこともあり、その年の舞台は「見たはずなんだけど何でこんなに覚えてないのかな〜」というものがチラホラあります。
その2013年のポストトークのときのメモを引っ張り出してきました。断片的にしか書いてないけど、なんとなく思い出しました。直後なら文章にできたんだろうけど、流石にもう無理だな〜。世界各地で公演をする中で、南米などでは暗幕に穴が開いていて光がもれてしまうことがあり、それが『とばり』の装置のヒントになったという話が印象的だったようです。

ここ数年は毎年のように山海塾の北九州公演を見に行っていたんですが、昨年は東バの公演(ブルメイステル版『白鳥』)と重なってしまい行けなかったので、2年ぶりの小倉です。1泊ですが、ちょっと観光もしてこようかな〜と思ってます。春休みの3連休。女一人で福岡観光です。

posted by uno at 01:06| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: