2006年04月26日

井脇幸江さんへの質問。

東京バレエ団の井脇幸江さんのオフィシャル・サイトで実施されていた「井脇幸江への質問」ですが、回答が掲載されました。投票が多かった上位16位までの質問に丁寧に答えてくれています。

一番興味深いのは、「ベジャールの『ボレロ』が踊りたい」という回答です。
何を隠そう、私が東京バレエ団の女性ダンサーで一番『ボレロ』を踊ってほしいと常々思っているのは井脇さんです。井脇さん自身も踊りたいと思っていたなんて、なんだかとても嬉しい。きっと素敵だと思うんですよね〜。ベジャール版『春の祭典』で見せる、あの存在感。凛としていて清潔感があって、威圧感ではなく、場を支配する力を持っている。絶対に似合うと思うんだけど、これ実現しないかしら?
井脇幸江オフィシャル・サイト

◆モナコ公国モンテカルロ・バレエ日本公演オフィシャル・ブログができたそうです。eプラスのブログですね。
モナコ公国モンテカルロ・バレエ日本公演オフィシャル・ブログ

◆吉本泰久さんは、やはり『こうもり』のウルリックを降板されましたね…。お怪我の具合が気になります。ウルリック役は全日ルイジ・ボニーノ。新国立劇場のダンサーでウルリックを踊ったことがある人って、いないんでしたっけ?いないとしたら、この時期に抜擢するのは時間的に無理なんでしょうか?ルイジ・ボニーノは嫌いではないですし、そもそも私が見に行く日は元々ボニーノなので、つべこべ言うあれはないんですけどね〜。
吉本さんは、バレエシャンブルウエストの『タチヤーナ』(4月21日・22日)のレンスキーも降板したようですね。TYバレエのサイトで吉本さんのメッセージを読むことができます。「新着情報はこちらをクリックしてください」というところから行けます。

◆マッシモ・ムッルがキャンセルになった牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』のカジモドは、リエンツ・チャンに決まったようです。パリ・オペの会場でチラシをもらいました。まだチケットは取っていないんですが、菊地くんのフロロが見たいし、見に行こうかなぁと思ってたんだけど、ちょっと腰が重たくなりましたね〜。いや、リエンツ・チャンは嫌いではないですが…。

◆第11回世界バレエフェスティバルの全出演者が決定。女性ダンサーの数に対して、男性ダンサーが二人多いですね。とりあえずジル・ロマンはソロだから、もうひとり男性のソロ参加がいるってこと?組み合わせを考えていくと、フェリとカレーニョとテューズリーが残るんだけど、どうなるんでしょう?前回フェリはソロも踊ってましたよね。バランキエヴィッチもソロとパ・ド・ドゥと両方踊ったし。なんかスッキリしないので、早く演目が知りたいな〜。
posted by uno at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック