2010年05月19日

マラーホフAプロ〜。

『マラーホフの贈り物』Aプロに行ってまいりました。とっても楽しかったです〜。マラーホフが元気だったのが何より♪ 「お疲れか?」と心配になることがあるマラーホフですが、今日はそんなことはまったく感じさせませんでした。失礼な言い方かもしれないんですが、まだまだ大丈夫だと思えて嬉しかったです。4演目も踊ってくれて、大サービス♪ 全員登場のフィナーレでは、舞台を斜めに横切る連続ジュテを披露。これが絶品でした〜♪ 高くて、ふんわり軽くて、美しく伸びた脚と、美しい上半身。久しぶりにマラーホフの超がつくほど美しい跳躍を見ることができて幸せでした。

マラーホフとポリーナ、シュツットガルト組はもちろん、日本であまり見る機会のないベルリン組も、みんなとてもよかったです。演目もどれも面白かったし、本当に楽しかったですよ〜。明日も追加して見たくなっちゃったんだけど、グッと我慢です…。


東バの感想をちょこっと。

まさか「春」の柄本武尊さんが、半獣神だとは思わなかったよ〜(笑)。モフモフの下半身(スワンレイクみたいな感じ)に、頭には小さな角。リフト担当でしたけど、吉岡さんとの雰囲気はとてもいい。しかし半獣神、似合ってたな〜。
「秋」の田中さんと松下さんが、とってもよかったです〜♪ なんかもう、2人を応援してきてよかったーという、頼もしい舞台姿でした。田中さんと松下さんのペアもいいなぁ。というか、松下さんって、結構誰とでも合うんですよね。彼の才能の一つではないかと思います。
posted by uno at 04:19| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: