2010年03月19日

ちょこっと初日(パリ・オペ『ジゼル』3/18)

初日の気になったところを簡単に〜。

ヒゲを蓄えた(もちろん付けヒゲ)ヒラリオンのジョシュア・オファルトが可愛い…(♪)。熱い演技ではないのでちょっと薄いかな〜という感じもしたんですが、彼なりの一貫したヒラリオンを演じている感じはしました。ジゼル大好き〜♪という感じは控えめだったかも。ちょっと粗野で、先のことを考えずに行動しちゃうタイプ。アルブレヒトの高圧的な態度にも怯まない、負けん気の強いヒラリオンでした。
アルブレヒトの正体を暴く場面で、無言で剣を差し出すところがよかった。ジゼルを胸に抱きながら、彼女の肩越しにジッとヒラリオンと睨み合うアルブレヒト。アルブレヒトが挑発に乗るまで、ただジッと無言で剣を差し出してるのがいいんですよ〜。ジゼルを押し退けて、ヒラリオンの挑発に乗るアルブレヒト。この場合、先に行動を起こしたほうが負けだよなぁ、と。ヒラリオンの長い無言の挑発の場面が、私のお気に入り〜。
狂乱の場面でもちょっと大人しかったけど、ジゼルが死んだあと、上手で一人悲しみを堪えている感じがよかった。まあぁなんていうか、ジョシュア・オファルトが可愛かったので、とても楽しかったです(結局それ…)。
2幕でやっと踊りを見せてくれるわけですが、跳躍も高いし、最後の長〜いシェネもとっても綺麗でした(ゲネプロのほうがシェネが長くて感動したけど)。

クールランド大公としては若すぎるよな〜というヤン・サイズですが、それは置いといて、とっても格好良かったです〜。ルテステュのインタビューによると、ジゼルは大公の「落としだね」ということらしいです。去り際、ひざまずいたジゼルの顔を上げ、意味あり気にジゼルとベルタを2度3度と交互に見やる大公。ジゼルは不審気に母ベルタの様子を窺うも、母は無言。

2幕のコール・ドもとてもよかったです。前回の日本公演のときのイメージよりも、踊り自体も揃っている印象でした。でも何より、ウィリとしての意志が揃っているのが、怖さを感じさせて印象的。踊りの部分とは別に、マイムの動きになると機械的でキビキビしているのが、人ならざるものの雰囲気が出ていて怖いんです。一人一人の意志が集まって、一つの大きな意志になっている。ウィリたちが一つの生き物のようで、すごくよかった。
ミルタのジロが美しかったです〜。静かな迫力のある踊り。特に、コール・ドがアラベスクで交差したあとにジュテで飛び込んでくる場面では、その圧倒的な迫力に、人ならざるものを感じずにはいられませんでした。
posted by uno at 14:24| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: