2006年02月25日

『マラーホフの贈り物2006』Aプロ2月24日【その1】

『マラーホフの贈り物2006』Aプログラム
2月24日(金)ゆうぽうと簡易保険ホール

行ってまいりました!『マラーホフの贈り物2006』初日。
いや〜、いいガラ公演でした♪ 大満足。
残念なことに、ゴメスの代わりに出演することになっていたマルチン・クライエフスキーも、来日直前に怪我をしてしまい、出演が不可能になってしまいました…。NBSのサイトでもマラーホフからのメッセージが掲載されていますが、当日のキャスト表の裏に同じものが印刷されていました。すごくすごく残念なんですが、今日の公演は本当に楽しくて素晴らしかったと思います。

【第1部】
「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」
ジュリー・ケント/ウラジーミル・マラーホフ

「菩提樹の夢」よりアダージオ
ポリーナ・セミオノワ/アルテム・シュピレフスキー

「椿姫」
ルシア・ラカッラ/シリル・ピエール

「ファラオの娘」
マリーヤ・アレクサンドローワ/セルゲイ・フィーリン

【第2部】
「白鳥の湖」より第2幕
オデット姫:ジュリー・ケント
ジークフリート王子:ウラジーミル・マラーホフ
ロットバルト:高岸直樹
四羽の白鳥:高村順子、門西雅美、小出領子、長谷川智佳子
三羽の白鳥:大島由賀子、奈良春夏、田中結子
ほか東京バレエ団

【第3部】
「白鳥の湖」より“黒鳥のパ・ド・ドゥ”
ポリーナ・セミオノワ/アルテム・シュピレフスキー

「ライト・レイン」
ルシア・ラカッラ/シリル・ピエール

「ドン・キホーテ」より“グラン・パ・ド・ドゥ”
マリーヤ・アレクサンドローワ/セルゲイ・フィーリン

「ヴォヤージュ」
ウラジーミル・マラーホフ


今回のガラ公演は、ジュリー・ケントの存在がとても大きかったと思います。彼女の上品で優しい雰囲気が公演全体を包んでいたような気がしました。すごく暖かい空気に満ちていたんですよね〜。前回の『マラーホフの贈り物』では、ヴィシニョーワがマラーホフのパートナーとして参加していた訳ですが、ヴィシニョーワがいると公演はすごく刺激的になるけど、ケントだと暖かさがありました。どちらが良いという訳ではありません。私はヴィシニョーワも大好きだし。それぞれ素敵な魅力があるなぁと。
次にダンサーを挙げるとしたら、ポリーナ・セミオノワ!!彼女は今、本当に輝いてますね〜。最近の彼女は、何を踊っても手放しで素晴らしい!技術も安定しているし、表現も疎かにしていないし。先が楽しみとはこのことかって感じです。
そして、なんと言っても素晴らしいのは公演全体の質の高さです。一流と言って差し支えない(ですよね?)ダンサーたちが、ベストな演目でベストなパフォーマンスを見せてくれたと思います。「正直この演目は無くてもよかったんじゃ…」というものが一つもなかった(あくまで私は)。

ポリーナ・セミオノワ&アルテム・シュピレフスキー
「菩提樹の夢」。二人とも黒のレオタード。シンプルな黒のレオタードのおかげで、ポリーナの美しさがさらに際立って見えました。モーツァルトの曲に乗せたとても綺麗なアダージオ。シュピレフスキーはほとんどサポートで見せ場はないんだけど、しっかりポリーナを支えていて頼もしかったです。ポリーナは表情も豊かで感情表現しているんだけど、シュピレフスキーはあまり感情の方は、、薄いかな、、。
そんなシュピレフスキーも、黒鳥のパ・ド・ドゥではちゃんと演技してました。ちょっと可愛かった♪ そしてポリーナのオディール。最高でした〜。ガラのパ・ド・ドゥの中で、ちゃんとドラマを感じさせてくれました。彼女のそういうところがとっても好き。最初は女の子だったポリーナが、最近めっきり女になり始めていたので、オディールはすごく楽しみにしてたんです。いい表情してましたね〜。是非全幕で見てみたい! グラン・フェッテは、前半はオールダブル、後半は高速シングル。回転も得意ですよね、彼女。かなり安定していました。シュピレフスキーは、長身を活かしたダイナミックな踊りで好かったんだけど、やや重たい印象がありました。マラーホフのようなフォルムの美しさがまだ足りないかな〜と思ってしまいました。

●ルシア・ラカッラ&シリル・ピエール
カニパローニ振付の「椿姫」は、DVD「マイ・ベスト・セレクション」に収録されているのと同じパ・ド・ドゥでした。正直あまり得意ではないラカッラ、、。今日も身構えて見ていた訳ですが、好かったですよ〜♪ 初めて彼女を好いと思いました。(ファンの方ごめんなさい)。前にラカッラを見たときに感じたような、過剰さ、もっと悪く言うと自意識過剰さが、今日は感じられなかった。そして、今まで見た中で一番可愛らしく感じました。やっぱりシリルと踊るときが一番いいんですかね?当たり前ながら、二人の相性は抜群。サポートも完璧。難しそうなリフトも流れるように美しく踊っていました。
「ライト・レイン」は、ラカッラの強靭で柔軟な肢体を堪能。とにかく柔らかくて身体能力の高さを見せ付けられました。でも、体操にはなってないの。無機質ではないんですよね。

ポリーナ&シュピレフスキーも、ラカッラ&シリルも、雰囲気の違う二つの演目を踊ってくれたのがすごく好かったです。どちらもそれぞれ魅力的でした。

そろそろ寝ないと明日も仕事なので、残りは後日です〜。
posted by uno at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック