2019年08月16日

京都バレエ団、今後の公演予定。

京都バレエ団の次の公演の案内がHPに出ていました。有馬バレエ70周年記念公演として、ガラコンサートを開催します。ゲストに東バの秋元康臣さんと、新国の江本拓さん。下村由理恵さん振付の作品など、4作品が予定されています。

そして、その次の予定も出ているようです。先日、カール・パケットの『ジゼル』全幕を上演した際、今後の予定が出ていたようで、Twitterのほうでツイートしてくださっている方がいらっしゃいました。2020年7月に『眠れる森の美女』全幕を上演。パリ・オペラ座からゲストを招聘予定だそうです。誰が来るのか気になります〜。

【京都バレエ団 今後の公演予定】

有馬バレエ70周年記念公演

2019年12月7日(土)17:30
会場:ロームシアター京都 サウスホール

ゲスト:
秋元康臣(東京バレエ団)
江本拓(新国立劇場バレエ団)

「razo」〜絆〜
振付:矢上恵子
東日本大震災の年に発表したコンテンポラリー作品。2014年にリニューアルしたものを再演とのこと。

「ショパンという名の音楽家・・・想いに濡れながら」
振付:安達哲治
ピアノ:江藤勝己
ショパンのコンチェルト第2番を使用したネオクラシック作品。

「ビゼーシンフォニー」
振付:下村由理恵
クラシック作品。

「クリスマス・キャロル」〜奇跡の贈りもの〜
振付:藤川雅子
コンテンポラリー作品。



『眠れる森の美女』全幕

2020年7月25日(土)17:30
会場:ロームシアター京都 メインホール
posted by uno at 13:56| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする