2019年08月31日

【9/7】BS1スペシャル「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」

NHK BS1にて、ワガノワ・バレエ・アカデミーで学ぶ4人の男子に密着したドキュメンタリー「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」が放送されるとのこと(Twitter情報)。楽しみすぎる〜♪ プロのダンサーのドキュメンタリーも好きだけど、学生たちのドキュメンタリーも本当に面白い。しかも110分!!(途中ニュース中断あり) 放送は9月7日(土)です。結構すぐです。

BS1スペシャル「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」

【NHK BS1】
9月7日(土)22:00〜23:50(途中ニュース中断あり)

→ NHK
posted by uno at 14:57| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

『ファンタスティック・ガラコンサート』に上野水香/秋元康臣/ブラウリオ・アルバレス

神奈川県民ホールのサイトに、今年の『ファンタスティック・ガラコンサート2019』の情報が出ていました。というか、もう明日が一般発売日なんですね。とっくに出てたのかな、、、。なんと、今年のバレエ出演者は、上野水香さんの他、秋元康臣さん、ブラウリオ・アルバレスとのこと。弾さんじゃないんですね〜。で、昨日サイトを見たときは、演目は「黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ/他」となっていたんですが、明日の一般発売を前に情報が更新されていました。水香さんと秋元さんによる「黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ」と、水香さんとアルバレスによる『リベルタンゴ』だそうです。水香さんと秋元さんのグラン・パ・ド・ドゥだなんて、珍しいですよね〜。アルバレスの『リベルタンゴ』、格好いいだろうな♪
因みに今年の『ファンタスティック・ガラコンサート』のテーマは、「オリンピック」&「ウィーン」だそうです。

■ 『ファンタスティック・ガラコンサート2019』

2019年12月29日(日)15:00
会場:神奈川県民ホール 大ホール

S席:8,000円 S席ペア:15,000円
A席:6,000円 B席:4,000円 C席:3,000円 学生:2,000円

かながわメンバーズ先行発売:8月24日
一般発売:8月31日(土)

指揮:松尾葉子
司会・バリトン:宮本益光
ソプラノ:幸田浩子
テノール:ジョン・健・ヌッツォ
バレエ:上野水香、秋元康臣、ブラウリオ・アルバレス(東京バレエ団)
ヴァイオリン:荒井里桜
コンサートマスター・ヴァイオリン:石田泰尚
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

【オペラ】
ロッシーニ:オペラ『セビリアの理髪師』〜私は町の何でも屋
(バリトン:宮本益光)
J.シュトラウスU
オペレッタ『こうもり』〜侯爵様、あなたのような御方は
(ソプラノ:幸田浩子)
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』〜誰も寝てはならぬ
(テノール:ジョン・健・ヌッツォ)

【バレエ】
チャイコフスキー:『白鳥の湖』〜黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
(上野水香、秋元康臣)
ピアソラ:『リベルタンゴ』
(上野水香、ブラウリオ・アルバレス)

【オーケストラ】
エルガー:『威風堂々』
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番〜第3楽章
(ヴァイオリン:荒井里桜)
ベルリオーズ:『幻想交響曲』〜第4楽章 他

posted by uno at 17:30| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

NBAバレエ団<ホラー・ナイト>『ドラキュラ』キャスト決定。

NBAバレエ団が来年2月の<ホラー・ライト>で上演する『ドラキュラ』第1幕のキャストが出ていました。既にドラキュラ役でゲスト出演が発表されている平野亮一さんの他、宝満直也さんもドラキュラを踊ります。インスタグラムのほうに平野亮一さんを迎えてのリハーサルの様子がUPされているんですが(動画もあり)、ドラキュラの真っ赤な衣装を纏った平野さんがとっても格好いいです〜♪ 

■ NBAバレエ団『ホラーナイト』

2020年
2月15日(土)14:00/18:00
2月16日(日)14:00
会場:新国立劇場 中劇場

「ドラキュラ」第1幕 振付:マイケル・ピンク
「狼男」 振付:宝満直也

「ドラキュラ」第1幕キャスト

2月15日(土)14:00/2月16日(日)14:00
ドラキュラ:平野亮一
ジョナサン・ハーカー:宮内浩之
ミーナ:峰岸千晶
ヴァン・ヘルシング:三船元維
レンフィールド:河野崇仁
3人の女バンパイア:浅井杏里、関口祐美、柳澤綾乃
狂乱した女性:津田真実

2月15日(土)18:00
ドラキュラ:宝満直也
ジョナサン・ハーカー:大森康正
ミーナ:竹内碧
ヴァン・ヘルシング:三船元維
レンフィールド:佐藤史哉
3人の女バンパイア:猪嶋沙織、菊地結子、阪本絵利奈
狂乱した女性:津田真実

posted by uno at 11:27| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

東京バレエ団「セレナーデ」「春の祭典」キャスト決定。

東京バレエ団が10月に上演する「セレナーデ」と「春の祭典」のキャストが出ました。お〜、ついに「セレナーデ」にNewキャストが!! 沖香菜子−金子仁美−秋山瑛って!! 何それ、楽しみすぎるんですけど〜♪ いや〜もう、今からホクホクが止まりません♪ 男性陣でも宮川さんが初役。こちらも楽しみです。アルバレスは「セレナーデ」と2人のリーダーを2日間連投。
海外公演でデビューした秋元さんと樋口さんの生贄も披露されます。楽しみですね〜♪ リーダーに森川さんの名前が。先日の子どものためのバレエ『ドン・キホーテ』の夢を怪我のため降板したので心配していたんですが、大きな怪我ではないということですよね。とりあえず、よかった、、、。

<東京バレエ団×勅使川原三郎>新作世界初演公演
「セレナーデ」「春の祭典」主な配役決定

10月26日(土)14:00

「セレナーデ」
上野水香、川島麻実子、中川美雪
秋元康臣、ブラウリオ・アルバレス

「春の祭典」
生贄:伝田陽美、樋口祐輝
2人のリーダー:柄本弾、ブラウリオ・アルバレス

勅使川原三郎 振付作品 「雲のなごり」(世界初演)
沖香菜子、三雲友里加、柄本弾、秋元康臣、池本祥真
佐東利穂子(KARAS)

10月27日(日)14:00

「セレナーデ」
沖香菜子、金子仁美、秋山瑛
宮川新大、ブラウリオ・アルバレス

「春の祭典」
生贄:奈良春夏、秋元康臣
2人のリーダー:森川茉央、ブラウリオ・アルバレス

勅使川原三郎 振付作品 「雲のなごり」(世界初演)
沖香菜子、三雲友里加、柄本弾、秋元康臣、池本祥真
佐東利穂子(KARAS)

posted by uno at 18:31| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

東バ初演、勅使川原三郎作品のタイトル&出演者決定。

10月に東京バレエ団が世界初演する、勅使川原三郎さん振付による新作のタイトルが決まったとのこと。出演者も発表になりました。

タイトルは 『雲のなごり』

出演はKARASの佐東利穂子さんと、東バの沖、三雲、柄本、秋元、池本の6名です。いいメンバーですね〜♪ 岡崎さんが入っていないのが残念だけど、、、。出演者に「他」と書かれていないので、6人だけの作品なのかな、と。アンサンブルつきの、もう少し大所帯のものを勝手に想像していたので、意外でした。他の演目のキャストも、早く知りたいですね〜。

<東京バレエ団10月公演 勅使川原三郎新作『雲のなごり』&出演者決定>

『雲のなごり』
演出・振付・照明・美術:勅使川原三郎
音楽:武満徹「地平線のドーリア」「ノスタルジア」

出演:
沖香菜子、三雲友里加、柄本弾、秋元康臣、池本祥真(以上、東京バレエ団)
佐東利穂子(KARAS)

指揮:ベンジャミン・ポープ
演奏:東京シティ・フィルハーモニー管弦楽団

posted by uno at 18:52| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

私史上、最も。

私史上、最もリツイート&いいねを頂き、ちょっとドキドキしました。今後こんなことはもうないだろうと思い、貼ってみました。
因みに黒猫さん、触れません、、、。

posted by uno at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

井脇幸江さんによる<Iwaki Ballet Company>の今後の予定が出てました。

井脇幸江さん主催のカンパニー<Iwaki Ballet Company>の新規団員募集のページに、今後の公演予定が出ていました。9月に開催される『Ballet Gala 2019』の後は、2010年3月に『ベニスに死す』/他の公演を渋谷の伝承ホールで、6月の発表会と9月の『眠り』は新宿文化センターです。『ベニスに死す』、気になりますね〜。

<Iwaki Ballet Company 今後の公演スケジュール>

2019年9月6日(金)
『Ballet Gala 2019』 新宿文化センター

2020年3月11日(水)

2020年6月21日(日)
井脇幸江バレエスタジオ発表会 新宿文化センター

2020年9月12日(土)・13日(日)
『眠れる森の美女』 新宿文化センター

posted by uno at 12:38| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

京都バレエ団、今後の公演予定。

京都バレエ団の次の公演の案内がHPに出ていました。有馬バレエ70周年記念公演として、ガラコンサートを開催します。ゲストに東バの秋元康臣さんと、新国の江本拓さん。下村由理恵さん振付の作品など、4作品が予定されています。

そして、その次の予定も出ているようです。先日、カール・パケットの『ジゼル』全幕を上演した際、今後の予定が出ていたようで、Twitterのほうでツイートしてくださっている方がいらっしゃいました。2020年7月に『眠れる森の美女』全幕を上演。パリ・オペラ座からゲストを招聘予定だそうです。誰が来るのか気になります〜。

【京都バレエ団 今後の公演予定】

有馬バレエ70周年記念公演

2019年12月7日(土)17:30
会場:ロームシアター京都 サウスホール

ゲスト:
秋元康臣(東京バレエ団)
江本拓(新国立劇場バレエ団)

「razo」〜絆〜
振付:矢上恵子
東日本大震災の年に発表したコンテンポラリー作品。2014年にリニューアルしたものを再演とのこと。

「ショパンという名の音楽家・・・想いに濡れながら」
振付:安達哲治
ピアノ:江藤勝己
ショパンのコンチェルト第2番を使用したネオクラシック作品。

「ビゼーシンフォニー」
振付:下村由理恵
クラシック作品。

「クリスマス・キャロル」〜奇跡の贈りもの〜
振付:藤川雅子
コンテンポラリー作品。



『眠れる森の美女』全幕

2020年7月25日(土)17:30
会場:ロームシアター京都 メインホール
posted by uno at 13:56| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

もう今週の日曜日だけど、新国よりゲスト有りの気になる公演@北九州。

新国の小野絢子さん、和島拓也さんなどがゲスト出演する公演が、北九州で開催されます。もう今週の日曜日だけど、、、。アルモニーサンク北九州ソレイユホールにて、神アバレエスタジオの創立88周年記念公演『くるみ割り人形』全幕/他が開催されます。元新国の八幡顕光さん、田中俊太朗さんも出演。豪華ですね。
アルモニーサンク北九州ソレイユホール、最近よく聞くな〜と。同じ施設にあるホテルアルモニーサンクは、山海塾の公演を見るために小倉に行く際、何度か「泊まってみようかな〜」と思ったことがあります(泊ったことはない)。どうやら、旧九州厚生年金会館のようです。同会館は2010年3月末で営業を終了。リニューアル後の名称がソレイユホールのようです。今度、西島数博さんの公演もありますよね〜。

■ 神アバレエスタジオ 創立88周年記念公演『くるみ割り人形』全幕

2019年8月18日(日)14:00
会場:アルモニーサンク北九州ソレイユホール【小倉】

第1部 『白鳥の湖』第2幕より
第2部 バレエコンサート
第3部 『くるみ割り人形』全幕

【ゲスト】
和島拓也(新国立劇場バレエ団)
小野絢子(新国立劇場バレエ団)
清水富久修(新国立劇場バレエ団)
田中俊太朗(フリー)
八幡顕光(フリー)

全席指定:4,500円

→ チラシ (pdf)
posted by uno at 16:26| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

【2020年3月】北九州芸術劇場にて山海塾の公演。

北九州市芸術文化振興財団のサイトにて、令和元年度の事業概要が更新されました。2020年の3月に北九州芸術劇場で山海塾の公演が予定されています。よかった〜。今年の3月が『Arc〜薄明・薄暮』の世界初演だったので、次はレパートリーの中からの再演ということになりますね。何を上演してくれるのか、楽しみで仕方ないです〜♪ その頃の自分が何事もなく無事に見に行ける状態だといいんですけどね(苦笑)。
最近上演した演目を調べてみました。

2019年 『Arc〜薄明・薄暮』【世界初演】
2018年 『卵熱』【リ・クリエーション初演】
2017年 『とばり』
2016年 『金柑少年』
2015年 『めぐり』【世界初演】
2014年 『かげみ』
2013年 『うむすな』【日本初演】
2012年 『うつし』【日本初演】
2011年 『から・み』【日本初演】
2009年 『卵熱』
2008年 『とばり』【日本初演】
とまあ、こんな感じなんですが、今回は何になりますかね〜。
私的には、まだ見たことがない『ひびき』とか、久しぶりに『とき』なども見たいんですが、天児さんのソロをどうするかという問題があるので、上演のし易さでは『うつし』、『めぐり』などでしょうか。『うつし』はもともと天児さんは出演しないし、『めぐり』は蟬丸さんがソロを踊るヴァージョンで上演済みです。リ・クリエーションの『卵熱』と『金柑少年』は、比較的最近上演したばかりなんですよね〜。私は見たばかりでも全然構わないんだけど。『金柑少年』は長谷川さんが抜けて新しい配役になると思うので、それを見てみたいような、見てみたくないような、、、。現在既に天児さん不在で上演している作品なのか、新たなリ・クリエーションが創作されるのか、気になるところです。
しかし、来年5月のBBLのために節約しなきゃいけないのに、山海塾の大津と北九州も行こうとしてるなんて、大丈夫かしら、自分。山海塾の東京公演だってあるし。ん〜、、、。
あとは、東バの『ラ・シルフィード』と重ならないことを祈るばかりです。

posted by uno at 12:31| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする