2019年04月26日

【8月】山梨にて、パリ・オペラ座のダンサーによる公演『PARIS Ballet LEGENDS』開催。

山梨県甲府のYCC県民文化ホールにて、パリ・オペラ座のダンサーたちによる公演『PARIS Ballet LEGENDS』があります。アニエス・ルテステュの名前があるので、10月に岐阜のサラマンカホールで開催される公演と同じかな?と思ったんですが、それにしては時期が離れているし、サラマンカホールのほうは「バレエとピアノの饗宴」とのことなので、どうやら別の公演のようです。どちらも今のところ東京公演の情報が見当たらないんですが、東京では開催されないんでしょうか? サラマンカホールの公演は、衣装に富士吉田の繊維製品を使用するというコラボ(?)企画のようなので、岐阜だけなのかな〜という気がしています。8月の公演のほうはどうなるでしょうか。
一般発売は5月20日(月)から。テレビ山梨の先行予約が5月7日(火)にあります。

■ 『PARIS Ballet LEGENDS〜パリ・オペラ座ダンサーたちによる夢の競演』 【甲府】

2019年8月11日(日)18:00
会場:YCC県民文化ホール 大ホール(山梨)

【出演】
アニエス・ルテステュ
ジョシュア・オファルト
ミュリエル・ズスペルギー
マルク・モロー
アリス・カトネ
ロクサンヌ・ストヤノフ
フロラン・メラック
アントニオ・コンフォルティ

SS席:10,000円 S席:8,000円 A席:6,000円 B席:3,000円
一般発売:5月20日(月)
テレビ山梨先行予約:5月7日(火)〜9日(木)

主催:パリ・オペラ座エトワール招聘交流事業実行委員会
後援:在日フランス大使館


岐阜サラマンカホールの公演情報も載せておきます〜。ルテステュ以外の出演者がヴァンサン・シャイエとなっているんですが、2019年3月現在のラインナップ(pdf)では、ルパート・ペネファーザーになっています。どちらが正しいんでしょうか?

■ アニエス・ルテステュ『Le DO(S) transfiguré』 【岐阜】

2019年10月6日(日)15:00
会場:サラマンカホール(岐阜)

【舞踊】
アニエス・ルテステュ
ヴァンサン・シャイエ(?)
ルパート・ペネファーザー(?)
【ピアノ】
エドナ・ステルン

S席:6,000円 A席:4,000円
一般発売:6月14日(金)
サラマンカメイト先行発売:6月7日(金)

posted by uno at 15:49| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

<はつかいち バレエ・ガラ>【広島】/他、気になる公演

広島県廿日市市で、小尻健太さん、湯浅永麻さんが出演する公演<はつかいち バレエ・ガラ〜バレエと音楽が紡ぐ魅惑のステージ>があります。廿日市のさくらぴあって、前に山海塾を見に行ったところかな〜と思って調べたら、そうでした。遠征組にとっては「ものすごく行きやすい」というわけではなかったけど、私が降りる駅の選択を間違えたのかもしれない。終演後は人の流れに着いていったら、もっとわかりやすい駅があったんですよね〜。タクシーで行けば済む話なんですけど、なるべく自分の足で見つけたいと思ってしまう性分なもので、、。最近、広島に行ってないな〜。また行きたいです。

■ <はつかいち バレエ・ガラ〜バレエと音楽が紡ぐ魅惑のステージ> 【廿日市】

2019年8月12日(月・祝)15:30
会場:ウッドワンさくらぴあ 大ホール(広島)

全席自由:3,500円
一般発売:発売中

【演奏】
梶原一紘(フルート)
宮庄紗絵子(ピアノ)
【出演】
小尻健太、湯浅永麻、キム・ボヨン、井澤諒、小野寺正太、堀田千晶、他


その他の気になる公演もサラッと。

元東バで現牧の山本達史さんと、東バの岡ア司さんがゲストの発表会が、千葉県柏市にて。

■ 荒木小弓美バレエスタジオ 第13回発表会

2019年5月4日(土)16:00
会場:柏市民文化会館

【ゲスト】
山本達史(牧阿佐美バレヱ団)
岡ア司(東京バレエ団)


■ エヴァ・エフドキモワ記念エデュケーショナルバレエコンペディション
  <ガラ・コンサート>

2019年
8月8日(木)18:30
8月9日(金)18:30
会場:東京メルパルクホール

マクミラン「ソナタ」
クランコ「ロミオとジュリエット」
Raphmaninoff 2,3
「グラン・パ・クラシック」
「ラ・バヤデール」第2幕、第3幕

【出演予定】
州立カールスルーエバレエ団
エデュケーショナルバレエコンペティション入賞者
勝木萌香、菊地桃花、阿部麻依子、水友香里、加藤静流、中尾太亮
マンハイムバレエアカデミー留学生
ジョージア国立バレエ学校
国際高等バレエ学校


元東バの長瀬直義さん、安楽葵さんがゲストの公演が新百合ヶ丘にて。芳賀望さん、セルゲイ・サボチェンコ、東京シティのキム・セジョン、谷の中武啓吾さんなどのお名前も。

■ 第11回 ル・ソレイユ・ブリアン バレエコンサート エテ2019

2019年6月15日(土)15:30
会場:川崎麻生市民館 大ホール

入場無料(全席自由)

posted by uno at 11:44| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

東バ 子どものためのバレエ『ドン・キホーテ』全国公演情報がチラホラと。

東京バレエ団による子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』全国公演の情報がチラホラと出始めました。今年は何都市で開催するんでしょうか。また、目黒とは違うキャストが組まれるのかどうかも気になります。

■ 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』 【全国公演】

【福岡】
8月6日(火)15:00
会場:アクロス福岡 シンフォニーホール 大ホール
チケット発売:発売中
  → アクロス福岡
  → チケットぴあ

【別府】<beyond2020公演>
8月8日(木)

【米子】
8月10日(土)13:30
会場:米子市公会堂 大ホール(鳥取)
一般発売:5月11日(土)

【幸田】
8月11日(日)16:00
会場:幸田町民会館 さくらホール(愛知)
一般発売:6月9日(日)
  → チケットぴあ

【豊中】
8月12日(月・祝)15:00
会場:豊中市立文化芸術センター 大ホール(大阪)
一般発売:4月27日(土)
posted by uno at 13:10| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

札幌のバレエ公演にウラジーミル・シクリャローフ。

札幌で開催される<ロシアへの架橋 アナトーリ・スタブロフ演出・振付による「海賊 生ける花園」バレエコンサート>に、ウラジーミル・シクリャローフがゲスト出演します。主催は北海道インターナショナルバレエダンスカンパニー。以前にもテリョーシキナやシクリャローフをゲストに招いていますよね。まだ主催元のHPには情報は出ていませんでした。

■ ロシアへの架橋
  アナトーリ・スタブロフ演出・振付による「海賊 生ける花園」バレエコンサート

2019年8月6日(火)18:00
会場:札幌市教育文化会館 大ホール

【出演】
ウラジーミル・シクリャローフ
マリーヤ・シクリャローフ
シモン・イーストワン

SS席:5,000円 S席:4,000円 A席:3,000円
一般発売:発売中

posted by uno at 11:39| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

『Artistic Ballet Gala 2019』公演情報。

BALLET OFFICE JAPAN主催の『Artistic Ballet Gala 2019』の公演情報が出ました(結構前だけど)。チケットぴあ、BALLET OFFICE JAPANのHPともに、発売が開始しています。BALLET OFFICE JAPANのHPだと座席の選択が可能とのこと。4回目(のはず)となる今回も、ウィーン国立バレエ団の橋本清香さん、木本全優さん、ロイヤルの金子扶生さん、ベルリンの菅野茉莉奈さんなど、豪華な出演陣です。

■ 『Artistic Ballet Gala 世界各国トップバレエダンサーによる夢の共演』 【大阪】

2019年8月11日(日)15:00
会場:NHK大阪ホール

SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,500円
一般発売:発売中

【出演予定者】
橋本清香(ウィーン国立バレエ プリンシパル)
木本全優(ウィーン国立バレエ プリンシパル)
金子扶生(英国ロイヤル・バレエ ファーストソリスト)
リース・クラーク(英国ロイヤル・バレエ ソリスト)
菅野茉莉奈(ベルリン国立バレエ ソリスト)
アレクセイ・オルレンコ(ベルリン国立バレエ ファーストソリスト)
重成沙羅(ジュネーブ・グランド・バレエ)
アルマンド・ゴンザレス(ジュネーブ・グランド・バレエ)
兼井美由季(マランダンバレエ)
ダニエル・ヴィスカヨ(デュッセルドルフ国立バレエ)
アダ・ゴンザレス(ブカレスト国立オペラ座バレエ ソリスト)
ロベルト・エナケ(ブカレスト国立オペラ座バレエ プリンシパル)

posted by uno at 13:34| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

彩の国バレエシアター第2回公演の情報が出ました。

彩の国バレエシアターの第2回公演の情報が出ました。2020年1月に、『シンデレラ』全幕と『テーマとヴァリエーション』をさいたま芸術劇場で上演するそうです。そういえば、2017年の旗揚げ公演(『白鳥の湖』)は降板が続いて大変そうだったな、、、と。でも、発表される代役が毎回豪華で驚いたのも印象に残っています。
今回もゲストが豪華です〜。シンデレラに神部里奈さん、王子に浜崎恵二朗さん(マチネ)、橋本直樹さん(ソワレ)、仙女に白石あゆ美さんが予定されています。

■ 彩の国バレエシアター第2回公演『シンデレラ』全幕/『テーマとヴァリエーション』

2020年1月26日(日)マチネ/ソワレ
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

シンデレラ:神部里奈
王子:浜崎恵二朗(マチネ)、橋本直樹(ソワレ)
仙女:白石あゆ美


昨日は、夏の東バの『ドン・キホーテの夢』と『サマー・バレエ・コンサート』の先行発売日でした。21時にログインして、サクッとチケットを確保。伝田さんと秋山さんのキトリ、楽しみです〜♪
posted by uno at 15:19| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

東京バレエ団『海賊』初演 2019年3月16日

東バ『海賊』2日目もツイート貼り付けでいきます〜。因みに3日目は見ていません。

〜東京バレエ団 創立55周年記念シリーズ1〜
東京バレエ団『海賊』ープロローグ付 全3幕ー
2019年3月16日(土)14:00 東京文化会館

振付:アンナ=マリー・ホームズ
(マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフに基づく)
音楽:
  アドルフ・アダン、チェーザレ・プーニ、レオ・ドリーブ
  リッカルド・ドリゴ、ペーター・フォン・オルデンブルグ
編曲:ケヴィン・ガリエ
装置・衣装:ルイザ・スピナテッリ
装置・衣装協力:ミラノ・スカラ座

メドーラ:沖香菜子
コンラッド:秋本康臣
アリ:池本祥真
ギュルナーラ:伝田陽美
ランケデム:宮川新大
ビルバント:井福俊太郎
アメイ(ビルバントの恋人):岸本夏未
パシャ:岡崎隼也
パシャの従者:永田雄大

【第1幕】 賑やかな市場
海賊たち:
  杉山優一、ブラウリオ・ルバレス、和田康佑、宮崎大樹
  山田眞央、後藤健太朗、昂師吏功、山下湧吾
海賊の女性たち:
  中川美雪、秋山瑛、浦由美子、涌田美紀
  菊池彩美、酒井伽純、瓜生遥花、工桃子
オダリスク
  ヴァリエーション1:金子仁美
  ヴァリエーション2:榊優美枝
  ヴァリエーション3:吉江絵璃奈

【第2幕】 海賊が潜む洞窟
海賊たち、海賊の女性たち:
  海田一成ー安西くるみ、後藤健太朗ー中川美雪
  昂師吏功ー上田実歩、山下湧吾ー秋山瑛

【第3幕】 パシャの宮殿
薔薇:
  二瓶加奈子、政本絵美、金子仁美、中川美雪、涌田美紀、安西くるみ
花のソリスト:
  加藤くるみ、上田実歩、浦由美子、榊優美枝、菊池彩美、酒井伽純

指揮:ケン・シェ
演奏:東京ニューシティ管弦楽団
協力:東京バレエ学校

【ツイッターより↓↓↓】

東バ『海賊』2日目終了。なんかすーごい楽しかったんですけどー♪♪ もうニヤニヤしっぱなしで、笑ったまま顔が固まってた(笑)。沖さん可愛いー。秋元さん格好いいー。見つめ合う2人は熱々♪ でも爽やかで品がある。
沖さんが本当に可愛くて、軽やかでキラキラと光が溢れるような踊り、美しいポーズ、そして清廉な佇まい。嫌味のないキュートさに、パシャじゃなくてもやられます(♪)。
伝田さんのギュルナーラも格好よかった〜。昨日の川島さんに続き、伝田さんも身体が語る。ヴェールを被って登場し、両腕をバッと広げた瞬間、悲劇的な状況にありながらも運命に負けない強さを感じました。踊りは力強くも軽やかで、夢みたいに足音がしない。
そして何なのー♪ 金子−榊−吉江のオダリスクの、あのキラキラした3人は! カテコでもずっとキラキラしてた。
宮川さんはランケデムもよかったな〜。ビルバントの井福さんもキレキレの踊りでヒールを好演。コンラッドを陥れたのはよくないかもしれないけど、基本的には男気の溢れる人なのではないかと。
秋元さんも王子のときとは違うワイルドな雰囲気で格好よかった。力強い踊りは細部までビシッと隙がなくて、ワイルドだけど美しさは失わない。あと、髪、揺れるよね〜♪
東バ『海賊』。なんと言っても池本さんのアリがすごかったです〜。瞬発力は然ることながら、それと背中合わせの一瞬の静止の間すら美しい、しなやかな踊り。跳躍の高さ、回転の技術、すべて隙がなかった。ジュテのときの、後ろの脚の高さが印象的でした。
アリの池本さん、今日一番の熱狂的な拍手を受けていたんだけど、ご本人は至って控えめなのが印象的。もうさっさと引っ込んじゃうの。控えめすぎて、もうちょっと拍手させて〜と思ってしまうほど。

『海賊』は余計なことは考えない、華やかで楽しいスペクタクルなんだけど、最後はどうやらメドーラとコンラッドしか助からないらしいのが悲しいんですよね〜、、、。ギュルナーラとアリもどこかに辿り着いて、生きていないかな〜なんて。
私は甘ったれなんで、全員助かってほしいな〜。浜に辿り着いたメドーラとコンラッドの元に、アリがギュルナーラを助けつつ合流して、他の海賊たちもなんとか浜に辿り着いて、船はなくなったけどまた皆でここから始めよう、みたいな。

昨日の東バ『海賊』。アリの池本さん、高い技術はもちろん、躍動的な踊りの中に潜む「静」も印象的。高い技術と身体能力に裏打ちされた余裕が、無駄な動きを省いて、まるで助走など必要ないみたいにジャンプや回転を繰り出します。それはアリとしての踊り方だったではないかな、と。
(続き)アリの池本さん。余裕があるから間の取り方も美しくて、ダイナミックな踊りの中に時折見せる不敵な静けさが印象的でした。着地したとき、スッと斜め横顔を見せるあたりがまた格好いい。チャーミングな道化やパックも踊る方なので、今回はアリという役柄を意識した踊り方だったのだろうな〜、と。

東バの『海賊』、主演の4人は早い段階で発表する必要があったので、オーディションではなくホームズさんとの遣り取りで決めたが、それ以外の役は志願者たちによるオーディションで決めたとのこと。
で、さっき東バのインスタを見に行ったら、パシャを演じた岡崎さんが「実はこの作品の中で一番演じたかった役柄だった」と語っていて、どうりで生き生きしてはずだ♪と。 志願者だったのね〜。じゃ、じゃあ、木村さんも、、、?
東バ『海賊』。岸本さんのアメイがもう可愛い♪ 東京ダブルキャストの奈良さんとキャラは違うけど、同じ役でも違っていいんだなと。それって素敵だな〜と。加藤くるみさんのアメイ(西宮)も気になる。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
posted by uno at 18:51| Comment(0) | バレエ公演2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

東京バレエ団『海賊』初演 2019年3月15日

もう全然感想を書く自信がないので、またしても自分のツイートをそのまま貼り付けます〜。

〜東京バレエ団 創立55周年記念シリーズ1〜
東京バレエ団『海賊』ープロローグ付 全3幕ー
2019年3月15日(金)19:00 東京文化会館

振付:アンナ=マリー・ホームズ
(マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフに基づく)
音楽:
  アドルフ・アダン、チェーザレ・プーニ、レオ・ドリーブ
  リッカルド・ドリゴ、ペーター・フォン・オルデンブルグ
編曲:ケヴィン・ガリエ
装置・衣装:ルイザ・スピナテッリ
装置・衣装協力:ミラノ・スカラ座

メドーラ:上野水香
コンラッド:柄本弾
アリ:宮川新大
ギュルナーラ:川島麻実子
ランケデム:池本祥真
ビルバント:金指承太郎
アメイ(ビルバントの恋人):奈良春夏
パシャ:木村和夫
パシャの従者:ブラウリオ・アルバレス

【第1幕】 賑やかな市場
海賊たち:
  岡崎隼也、森川茉央、永田雄大、樋口祐輝
  海田一成、岡ア司、鳥海創、昂師吏功
海賊の女性たち:
  岸本夏未、金子仁美、加藤くるみ、上田実歩
  安西くるみ、榊優美枝、最上奈々、鈴木理央
オダリスク
  ヴァリエーション1:涌田美紀
  ヴァリエーション2:二瓶加奈子
  ヴァリエーション3:吉江絵璃奈

【第2幕】 海賊が潜む洞窟
海賊たち、海賊の女性たち:
  森川茉央ー榊優美枝、中嶋智哉ー菊池彩美
  岡ア司ー加藤くるみ、オスカー・ラーニャー岸本夏未

【第3幕】 パシャの宮殿
薔薇:
  三雲友里加、加藤くるみ、中川美雪、秋山瑛、涌田美紀、安西くるみ
花のソリスト:
  政本絵美、上田実歩、浦由美子、榊優美枝、菊池彩美、酒井伽純

指揮:ケン・シェ
演奏:東京ニューシティ管弦楽団
協力:東京バレエ学校

東京バレエ団初演『海賊』全幕の、初日と2日目の公演を見てまいりました。とっても楽しかったです〜♪ 同じアンナ=マリー・ホームズ版でも、ENBが日本公演で上演したものとは演出が少し違うんですね。というより、あれはロホのこだわりの演出だったのかな〜という気がします。まずセットが違うので、2階の窓からメドーラがコンラッドに薔薇の花を投げるシーンなどもありませんでした。東バでは、コンラッドはバザールでメドーラに一目ぼれすることになっているけど、ENBでは恋人のメドーラを助けるためにバザールへ向かうという設定になっていました(プログラム確認)。カンパニーに合わせた上演になっているんですね。

主演陣はもちろん、役付きの人も、そうでない人も、皆が生き生きしていたし、全員で同じ目標に向かって同じモチベーションを持ち、作品を作り上げてきたことが感じられる素晴らしい舞台でした。初演のバタバタ感とかはそれほどなくて、もちろんいい緊張感はあるんだけど、それはピリピリしたものではなく高揚感に感じられたし、完成度の高さに思わず初演の初日だということを忘れるほどでした。とても成熟した上演だったと思います。2日目はもっと盛り上がったので(私的に)、3日目まで見たら、更に楽しかったのかもしれません。

ここから先はツイートの貼り付けです。

【ツイッターより↓↓↓】

東京バレエ団『海賊』初日を見てきました。楽しかった〜♪ ギュルナーラの川島さんが情感豊かな踊りで美しかった。登場の瞬間、ヴェールで表情が見えなくても、全身が語っていたのが印象的。
東バ『海賊』。宮川さんのアリ、ジャンプが高い! そして着地がしなやか。すごいことをやっているように感じさせない、力みのない美しい踊りでした。
東バ『海賊』。しかし、メドーラにもらった赤い花を、踊りのためとはいえポーンと袖に投げちゃうコンラッドって(笑)。ENBではあの花は二人の愛の象徴になっていたような気がするんだけど。同じマリー・ホームズ版でも少しずつ違うんだな〜と。

昨日の東バ『海賊』。ランケデムの池本さんも素敵でした〜♪ 幕開きから「おぉ♪」と思わせる、しなやかに上がる脚。柔軟な身体から繰り出される跳躍はどれもしなやかで高さがあり、見ていて気持ちがいい。表情含め、お芝居もよかったです〜。
ビルバントの金指さんがとってもよかったです〜♪ いい芝居してた。ビルバント、大事。カテコで一度整列した後、役付きのダンサーが順に前に出てレベランスするとき、恋人役の奈良さんのエスコートに愛があってとてもよかった♪ 奈良さんも素敵でした〜♪
昨日の東バ『海賊』。オダリスクの3人もよかった。涌田さんの安定感のある小気味良い踊り。二瓶さんのスラリとした肢体が美しい繊細な舞い。吉江さんはポワントと回転の安定感がすごい。なんかこう、若さ溢れるというか、勢いがありました。ちょっと大物感が漂っていたかも。
そして、木村さんのパシャが可愛いかった♪ また新しい木村さんを見られたことが嬉しかったです。ご本人も楽しんでいたのではないかと(♪)。
パシャの従者のアルバレスは、ガマーシュのお付き並みの甲斐甲斐しさ。岡崎(パシャ)・永田(従者)のペアも楽しみ♪
気になったので確認したら、ENBの『海賊』ではやはり赤い薔薇は2人の愛の象徴として描かれていた。だからこそメドーラは、罠とは知らず喜んで薔薇を受け取ったのではないかと。覚えてないけど、ENBの2幕では赤い薔薇を使ってたんじゃないかな〜。東バは白い花でした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
posted by uno at 18:11| Comment(0) | バレエ公演2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

<第30回 清里フィールドバレエ>キャスト詳細。

<第30回 清里フィールドバレエ>のキャストが出たそうです(Twitter情報)。多彩なキャストですね〜。開演時間は全日程、19時なんですね。

<第30回 清里フィールドバレエ>
2019年7月30日(火)〜8月10日(土) 
開場:18:15 開演:19:00
会場:清里高原 萌木の村 特設野外劇場

<キャスト>

7月30日(火)『眠れる森の美女』 小野絢子、福岡雄大
7月31日(水)『ドン・キホーテ』 吉本真由美、橋本直樹
8月1日(木)・2日(金)<30th スペシャルガラ>
8月3日(土)『眠れる森の美女』 佐々木万璃子、芳賀望
8月4日(日)『ドン・キホーテ』 土田明日香、橋本直樹
8月5日(月)『眠れる森の美女』 濱田成美、芳賀望
8月6日(火)『ドン・キホーテ』&エキシビション 川口まり、藤島光太
8月7日(水)『眠れる森の美女』&エキシビション 松村里沙、江本拓
8月8日(木)『ドン・キホーテ』 橋本尚美&John Henry Reid
8月9日(金)『眠れる森の美女』 山田美友、京當侑一龍
8月10日(土)<30th ファイナルガラ>

<30th スペシャルガラ>
8月1日(木)
【第1部】
「バレエインペリアル」 バレエシャンブルウエスト
「コッペリア」 塩谷綾菜、谷遼(スターダンサーズ・バレエ団)
「ジゼル」 永橋あゆみ、今井智也(谷桃子バレエ団)
「エスメラルダ」 川口まり、藤島光太(バレエシャンブルウエスト)
【第2部】
「翼もつもの」 バレエシャンブルウエスト
「四季」 川口ゆり子、John Henry Reid(バレエシャンブルウエスト)
「コンスタンチア」第2楽章より 青山季可、菊地研(牧阿佐美バレヱ団)
「眠れる森の美女」 小野絢子、福岡雄大(新国立劇場バレエ団)
グランドフィナーレ 全員

8月2日(金)
【第1部】
「バレエインペリアル」 バレエシャンブルウエスト
「コッペリア」 塩谷綾菜、谷遼(スターダンサーズ・バレエ団)
「ジゼル」 永橋あゆみ、今井智也(谷桃子バレエ団)
「エスメラルダ」 川口まり、藤島光太(バレエシャンブルウエスト)
【第2部】
「翼もつもの」 バレエシャンブルウエスト
「四季」 川口ゆり子、John Henry Reid(バレエシャンブルウエスト)
「瀕死の白鳥」 佐々木万璃子(英国ロイヤル・バレエ団)
「コンスタンチア」第2楽章より 青山季可、菊地研(牧阿佐美バレヱ団)
グランドフィナーレ 全員

<30th ファイナルガラ>
8月10日(土)
【第1部】
「ドン・キホーテ」より結婚式の場 川口まり、藤島光太
「眠れる森の美女」第1幕より 上野水香(チャイコフスキー記念東京バレエ団)
【第2部】
「ドン・キホーテ」より野営の場 
「眠れる森の美女」第3幕 川口ゆり子、土方一生、他
グランドフィナーレ 全員

posted by uno at 10:45| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

【5月】プレミアムシアター マリインスキー・バレエ『ライモンダ』

NHKのプレミアムシアター、5月の放送予定が出ていました。マリインスキー・バレエ『ライモンダ』の放送があります。出演はテリョーシキナ、パリッシュ、ズヴェレフ。収録は2018年の5月なので、比較的新しいですね〜。オランダ国立バレエ『マタ・ハリ』の再放送もあります。『バレエの饗宴2019』にいかれた方のツイートによると、『饗宴』の放送も同じ5月19日のようです。東バの『セレナーデ』の評判がいいようなので、放送が楽しみです。もちろん、10月の公演も♪

【プレミアムシアター】

5月19日(日)深夜0:00

マリインスキー・バレエ『ライモンダ』全3幕
音楽アレクサンドル・グラズノフ
振付:マリウス・プティパ
改訂振付:コンスタンチン・セルゲイエフ

<出演>
ライモンダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
ジャン・ド・ブリエンヌ:ザンダー・パリッシュ
アブデルアクマン:コンスタンチン・ズヴェレフ
他、マリインスキー劇場バレエ

管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団
指揮:ワレリー・ゲルギエフ

<収録:2018年5月26日 マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)>

オランダ国立バレエ『マタ・ハリ』 【再放送】

posted by uno at 16:17| Comment(0) | バレエ日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする