2017年04月06日

BBL【西宮公演】『魔笛』/『ボレロ』他

兵庫県立芸術文化センターの2017年度ラインナップが発表されたと、Twitterのほうで教えていただきました。BBLの公演があります! しかも、『魔笛』と『ボレロ』他の2公演です。ということは、東京もその2プログラムということですよね。『バレエ・フォー・ライフ』じゃなかったか〜。『ボレロ』は前回(2013年)に続いての上演ですね。4年半ぶりの日本公演か〜。その間に『第九』(2014年)があるとはいえ、長かったなぁ、と。『魔笛』は、私が本格的にBBLに夢中になったきっかけの作品なので、そういう作品を久々に見るというのは、特別な喜びがあります。最初に見たのは『バレエ・フォー・ライフ』の映像で、実際の舞台を初めて見たのも『バレエ・フォー・ライフ』だったと思うんですが、2002年の日本公演を調べてみたら、<「少年王」/「タンゴ」/「ホアンとテレサ」>のほうが先の日程だったので、そちらを先に見たようです。未知の世界との遭遇でしたね〜。そして、ベジャールさんがカーテンコールに登場したときの熱狂的な祝祭ムードに「なんだこれは」と思った覚えがあります。ただ、この頃はまだ「バレエ心」が育っていなくて、感銘を受ける土壌ができていなかったんだと思うんです。その後ズルズルとバレエにハマっていき、迎えた2004年の日本公演に衝撃を受けました。Aプログラムは「海」「これが死か」「バトリー・フュガス」「バクチT U V」、Bプログラムが『魔笛』で、どちらのプログラムも本当に楽しかった。もしかしたら2004年当時、それまでと雰囲気は変わりつつあったかもしれないBBLですが、私にはまだまだ十分に衝撃でした。ジュリアンのザラストロは神々しかったな〜。ジルはもう弁者は踊ってないんでしょうか、、、。

芸文の2017年度のバレエ公演は、<バレエ・スプリーム>とBBLの公演だけのようです。

■ モーリス・ベジャール・バレエ団 2017年日本公演 【西宮】

11月28日(火) 『魔笛』
11月29日(水) 『ボレロ』他


西宮がこの日程。そして、<フライデー・レディ>の日程から察するに、東京の『魔笛』は11月17日(金)〜19日(日)。ということは、25日(土)・26日(日)はカンパニーは日本にいるということで、やはり山海塾『めぐり』新国立劇場公演と重なる気配が濃厚になってきました。西宮が『魔笛』が先の上演ということで、東京でも同じ順番になるのなら、『ボレロ』を23日(木・祝)〜26日(日)まで上演する可能性もあるな、と。前回も『ボレロ』を含むプログラムは5日間上演してるんです。東バの『オマージュ・ア・ベジャール』も11月だし。う〜む。考えても仕方ないけど、気になる、、、。おそらく次のバレエの祭典はBBLからになると思うんですが、『オマージュ・ア・ベジャール』が祭典のラインナップに入るのかも、気になるところです。
posted by uno at 12:27| Comment(6) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

田北志のぶプロデュース『第4回 バレエ・トラディション』公演情報/他、、、

3月にイーゴリ・コルプをゲストに迎えて開催された、田北志のぶさんのプロデュース公演『バレエ・トラディション』ですが、早くも次回公演の概要が発表されました。勝手に年1回くらいの公演だと思ってたんですが、半年後の9月に第4回公演を開催するそうです。配役は書かれていませんが、田北さんは『ジゼル』を踊るのみたいですね。予定演目は『ジゼル』第2幕の他に、『眠れる森の美女』第2幕より幻影の場、『パキータ』グラン・パです。この公演のために開催されるオーディションでは、オーロラ姫とリラの精、ミルタ、ドゥ・ウィリ、『パキータ』のプリマなど、大きな役も募集されています。

■ 田北志のぶプロデュース公演 『The 4th BALLET TRADITION』

9月8日(金)18:30
会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール
チケット発売:6月よ販売予定(全席指定)

【予定演目】
『眠れる森の美女』第2幕より「幻影の場」
『パキータ』グラン・パ
『ジゼル』第2幕
など



まったく違う話題ですみません。東バの入・退団者が発表されましたね。毎回何かしらショックを受けるわけですが、今回も結構ショックです、、、。今年はもう氷室さんのビムは見られないんだな・・・。『ラ・バヤデール』での、乾さんの美しい2幕のヴァリエーションも見られない、、。松野さんも、なんだか今にも退団しそうでいつも心配だったけど、ついに本当に退団してしまったし、、。長いこと応援してきた安田さんも、これからが楽しみだった小川さんも、どこか目を引く個性を持っていた川淵さんも、気になる存在だった古道さんも、みんなみんな応援していたので寂しいです。特に氷室さんと乾さんは、長い間たくさんの幸せな気持ちを感じさせてくれて、感謝しかないです。入団は11人。既に退団していた3人も含めると、退団者は16人。前回の退団者が少なくてホッとしていただけに、今回の大量退団はショックでした。彼らにピッタリの道が見つかりますように、、、。因みに、NBAバレエ団の入団者が発表されているんですが、アーティスト入団の中に古道さんの名前がありました。活躍を祈ってます。

posted by uno at 23:23| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

新国 子ども『しらゆき姫』【豊橋】【川越】& 東バ 子ども『ねむり』【佐世保】

新国立劇場バレエ団こどものためのバレエ劇場『しらゆき姫』の全国公演の情報が出ていました。豊橋と川越ですが、もっとあるのかもしれませんね。両公演とも、既にキャストが出ています。予定が決めやすくていいな〜、と。東京公演は7月27日(木)〜7月30日(日)までの4日間で8公演。マチ・ソワ4連荘ですね。なかなかハード。

■ 新国立劇場バレエ団 こどものためのバレエ劇場『しらゆき姫』 全国公演

【豊橋(愛知県)】
9月16日(土)14:00
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール

振付:小倉佐知子
監修:牧阿佐美
出演:米沢唯、井澤駿

おとな:4,000円
ユース(24歳以下):2,000円
こども(中学生以下):1,000円
一般発売:7月2日(日)


【川越(埼玉県)】
9月23日(土)14:00
会場:ウェスタ川越 大ホール

しらゆき姫:池田理沙子
レックス:奥村康祐

大人:3,000円 中学生以下:2,000円
一般発売:5月19日(金)



そして、東バの子どものためのバレエ『ねむり』の、佐世保公演の情報も出ていました。公演の詳細はまだ出ていないんですが、プレイベントの情報が先に出ています。

■ 東京バレエ団 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』  【佐世保】

8月5日(土)
会場:アルカスSASEBO

<プレイベント>
アルカスSASEBO文化茶話
東京バレエ団 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』プレイベント バレエの歴史の見どころ

5月26日(金)19:00 (20:30終了予定)
会場:イベントホール

アルカスクラブ会員:無料  一般:500円
発売日:4月1日(土)


今のところ判明している全国公演。

【横須賀】 7月17日(月・祝)
【江戸川】 7月29日(土)
【大津】 7月30日(日)
【佐世保】 8月5日(土)
【鳥栖】 8月8日(火)
【広島】 8月11日(金・祝)
【小金井】 8月23日(水)
posted by uno at 23:47| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

パリ・オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>西宮&福岡のプログラム発表

パリ・オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>の、西宮公演の情報が芸文のサイトに出ました。プログラムは、東京のAプログラムからフランチェスカ・ヘイワードとマルセリーノ・サンベのリアム・スカーレット作品を抜いた構成です。合同のディヴェルティスマンは『眠り』。そして、福岡公演のプログラムも発表されていました。プログラムは西宮と同じです。フランチェスカ・ヘイワードとマルセリーノ・サンベは東京公演のみの出演のようです。

■ オペラ座&ロイヤル 夢の競演<バレエ・スプリーム>

【西宮】
8月1日(火)18:30
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

S席:19,000円 A席:16,000円 B席:13,000円
C席:10,000円 D席:8,000円 E席:6,000円
会員先行発売:4月14日(金)
一般発売:4月16日(日)

【福岡】
8月2日(水)18:30
会場:福岡シンフォニーホール

S席:18,000円 A席:15,000円 B席:12,000円 C席:9,000円
一般発売:発売中

【プログラム】 

<第1部 約40分>
オペラ座チーム
『白鳥の湖』第2幕よりパ・ド・ドゥ(ヌレエフ版)
  ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
『白鳥の湖』第3幕よりパ・ド・トロワ(ヌレエフ版)
  レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ、フランソワ・アリュ
『エスメラルダ』(プティパ振付)
  オニール八菜、ユーゴ・マルシャン

<第2部 約40分>
ロイヤルチーム
『ラプソディ』(アシュトン振付)
  ヤーナ・サレンコ、スティーヴン・マックレー
『ジゼル』よりパ・ド・ドゥ
  高田茜、ベンジャミン・エラ
『アポロ』(バランシン振付)
  サラ・ラム、フェデリコ・ボネッリ
タップ・ソロ
  スティーヴン・マックレー

<第3部 約30分>
『眠れる森の美女』ディヴェルティスマン
  パリ・オペラ座&ロイヤル合同チーム

プログラムは西宮、福岡共通です。上演時間は福岡公演の情報ページに出ていました。

posted by uno at 22:57| Comment(0) | バレエ日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする