2013年11月23日

マラーホフ、東京バレエ団アーティスティック・アドバイザー就任

マラーホフが東京バレエ団のアーティスティック・アドバイザーに就任するという嬉しいニュースが。ベルリンの芸術監督を退いたんでしたよね。1年間だそうですが、東バにとって、きっとプラスになるんじゃなかろうか、と。マラーホフにしろルグリにしろ、客演しただけの短い期間でもいい影響を受けるダンサーもいますものね。マラーホフが指導した古典とか、楽しみだな〜。
東バの創立50周年記念プロジェクトも発表され、2015年3月の『ジゼル』全幕までの日程と会場が明らかになりました。助かる〜。NHKホールが多いのが新鮮かも。<創立50周年祝祭ガラ>の演目まで教えてくれるとは♪ フォーキンの『ペトルーシュカ』にはマラーホフが客演。『ボレロ』、『ラ・バヤデール』影の王国、キリアン作品、他とのこと。「他」が気になる。あとは木村さんがどれくらい踊ってくれるかだな、、。あと、海外公演で予定されている『チェロのための5つのプレリュード』、男性は誰が踊るんだろう? 岡崎さんとかかなぁ? それ、日本でも上演してくれないですかね〜。

【東京バレエ団創立50周年記念シリーズ】

1.『ザ・カブキ』全幕(モーリス・ベジャール振付)
2013年12月14日(土)、15日(日)
会場:東京文化会館

2. 第26次海外公演 ギリシャ
2013年12月25日(水)〜12月30日(月)
   子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』
  『マルグリットとアルマン』(フレデリック・アシュトン振付)
  (客演:シルヴィ・ギエム、マッシモ・ムッル)
  『エチュード』(ハラルド・ランダー振付)

3.『ロミオとジュリエット』全幕(ジョン・ノイマイヤー振付)
2014年2月6日(木)〜2月9日(日)
会場:東京文化会館

4. 第27次海外公演 ポーランド、ベルギー、オーストリア、ドイツ、イタリア
2014年5月7日(水)〜6月14日(土)予定
  『ギリシャの踊り』 
  『ドン・ジョヴァンニ』
  『舞楽』
  『チェロのための5つのプレリュード』
  『ザ・カブキ』
  『詩人の恋』
  『春の祭典』(モーリス・ベジャール振付)
  『スプリング&フォール』(ジョン・ノイマイヤー振付)
  『タムタム』(フェリックス・ブラスカ振付)

5. <創立50周年祝祭ガラ>
2014年8月30日(土)・31日(日)
会場:NHKホール
  『ペトルーシュカ』(ミハイル・フォーキン振付) 客演:ウラジーミル・マラーホフ
  『ボレロ』(モーリス・ベジャール振付)
  『ラ・バヤデール』“影の王国”(マリウス・プティパ/ナタリア・マカロワ振付)
イリ・キリアン作品/他

6. 『ドン・キホーテ」』全幕
(マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴールスキー/ウラジーミル・ワシーリエフ振付)
2014年9月19日(金)〜9月21日(日)
会場:ゆうぽうとホール

7. 『第九交響曲』(モーリス・ベジャール振付)
2014年11月8日(土)・9日(日)
会場:NHKホール
共演:モーリス・ベジャール・バレエ団
指揮:ズービン・メータ
演奏:イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

8. 『くるみ割り人形』全幕(レフ・イワーノフ/ワシリー・ワイノーネン振付)
2014年12月19日(金)〜12月21日(日)
会場:東京文化会館 

9. 『眠れる森の美女』全幕(マリウス・プティパ/ウラジーミル・マラーホフ振付)
2015年2月7日(土)・8日(日)
会場:東京文化会館
客演:ウラジーミル・マラーホフ

10. 『ジゼル』全幕(マリウス・プティパ/レオニード・ラヴロフスキー振付)
2015年3月13日(金)〜3月15日(日)
会場:ゆうぽうとホール

【番外】 めぐろバレエ祭り
2014年8月
会場:めぐろパーシモンホール

NBS
posted by uno at 18:46| Comment(0) | バレエ日記2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする