2012年07月29日

第13回バレエフェスティバル全幕特別プロ『ドン・キホーテ』7月29日

第13回バレエフェスティバルの開幕公演、全幕特別プロ『ドン・キホーテ』に行ってまいりました。開幕に相応しい、楽しく賑やかで、素晴らしい舞台でした。ロホとマックレーは最高だったし、東バの面々もみんな気合が入っていて、本当によかったです。

とにかくロホが可愛かった〜。彼女は大好きなダンサーなので、久々に美しいロホを拝めて幸せでした。白い肌とぴっちり結った黒髪、静けさと情熱を湛えた深い瞳が美しかったです(今日のアイシャドウはほんのり紫でしたね〜)。相変わらず圧巻のバランスと回転。グラン・フェッテではダブルだけでなくトリプルも入れていました。
マックレーも素晴らしかった。本当に美しいつま先と、そこから繰り出される高速のステップのクリアなこと! やんちゃで悪戯っぽい表情もチャーミングで、とっても素敵なバジルでした。
本国ではわからないけど、日本では珍しいロホとマックレーの組み合わせでしたが、2人の息はぴったり。片手リフトは敬遠して両手でリフトしていましたが、その分安定感はあったし、ロホも思い切り開脚してポーズしていました。やはりここは片手にこだわらず、美しく見せてほしい。片手で頑張る姿も、それはそれでいいもんだったりするんですけどね。踊り終わりの最後のポーズがいつもぴったりと決まるのも気持ちよかった。ロホがどんなに多めに回ろうとも、マックレーと音楽(指揮者)がピタッと彼女に合わせていました。

東バの面々も気合が入っていてとってもよかったです。なんかセギディーリャの中に気合の入ったのがいるな〜と思ったら、岡崎さんでした。しかも、なんか気合の入ったジプシーがいるな〜と思ったら、またしても岡崎さんでした。いい顔して踊ってましたね〜。小笠原さんも(セギディーリャ)も格好よかったし、梅澤さん(闘牛士)も雰囲気のある踊りで目を引くようになったなぁ、と。第2陣で登場した(4人ずつ登場)闘牛士の先頭のダンサーが逞しいなぁと思ったら、こちらは宮本さんでした。なんか、踊りだけじゃなく佇まいにも貫禄が出てきたなぁ、と。貫禄といえば、プロローグから妙に貫禄があるドン・キホーテだったので、森川さん成長したな〜と思ってたら、闘牛士の中に森川さんが!? そういえば、ドン・キホーテは高岸さんだということを、すっかり忘れてました。やはり貫禄です。ガマーシュのお付きに、なんと氷室さん。ということは2日目は高橋さん!?と思ってプログラムを見たら、やはり2人のダブルキャストでした。ぎゃ〜、明日は見に行かないんだよ〜。高橋さんのお付き、絶対楽しいだろうな、、、。そんな高橋さんのサンチョ・パンサは相変わらず可愛いし、永田さんのロレンツォもすっかり堂に入ってるし、松下ガマーシュのおふざけは頃合いが調度よく、みんなメインを邪魔することなく楽しい舞台を演出していました。

木村さんのエスパーダも素敵でした〜♪ は〜、幸せだった。登場から気合の入った踊り。誰よりも高く、そして誰よりも遠くへ伸びる脚。そういえば、ベイサイドバレエの『ギリシャの踊り』の“若者の踊り”でも、その手はどこまでも遠くへ伸びていました。ただ伸ばすだけじゃなく、その先にあるものを感じさせる。そんな踊りでした。ご本人も楽しそうだったし、奈良さんとの雰囲気もよかったし、最後は胸の空くようなマネージュを堪能できたし、本当に幸せでした。
奈良さんのメルセデスはスマートで柔らかく、熱いというよりは温かなメルセデス。美しい彼女の持つ優しい雰囲気が最近とても好きです。キトリの友人の2もとてもよかったです。佐伯さんはチャーミング。吉川さんは美しい〜。終幕のグラン・パ・ド・ドゥ、ロホとマックレーのアダージオに送られる割れんばかりの拍手の後では、さぞ踊りにくかろうと思ったら、吉川さんはブルーの衣装そのままに涼やかな空気を運んできてくれました。跳躍の多い第1ヴァリエーションですが、彼女の跳躍は着地音もなく、ふわっと優しげでとてもよかったです。ドリアードの女王の渡辺さんは、やや緊張している様子ではありましたが、清楚でたおやかな佇まいと、伸びやかな肢体が美しく、とてもよかったです。ジプシーの娘の吉岡さんは相変わらずの美しさだったし、高村さんも文句なしのキューピッド。彼女のキューピッドは何度見ても見飽きるということがありません。細やかなステップも、キュートなポージングも、高く軽やかな跳躍も、安定感がありました。

グラン・パ・ド・ドゥが終わると、あまりに拍手が大きすぎたせいか、セギディーリャたちが踊り出しを躊躇するという場面も。拍手の音で音楽が聞こえなかったのか、音楽ではなく指揮者を見ているものなのか、その辺はよくわからないんですが、確かに見ているこちらも「もう一度拍手に応えるかな?」と迷う場面ではありました。

これから始まる本プログラムへの期待が高まる、素晴らしい舞台でした。

第13回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ
『ドン・キホーテ』全2幕プロローグ付5場
2012年7月29日(日)15:00 東京文化会館

キトリ/ドゥルシネア姫:タマラ・ロホ
バジル:スティーブン・マックレー
ドン・キホーテ:高岸直樹
サンチョ・パンサ:高橋竜太
ガマーシュ:松下裕次
メルセデス:奈良春夏
エスパーダ:木村和夫
ロレンツォ:永田雄大

【第1幕】
2人のキトリの友人:佐伯知香‐吉川留衣
闘牛士:長瀬直義、宮本祐宜、柄本弾、梅澤紘貴、森川茉央、安田峻介、杉山優一、松野乃知
若いジプシーの娘:吉岡美佳
ドリアードの女王:渡辺理恵
3人のドリアード:西村真由美、矢島まい、川島麻実子
4人のドリアード:森志織、村上美香、岸本夏未、阪井麻美
キューピッド:高村順子

【第2幕】
ヴァリエーション1:吉川留衣
ヴァリエーション2:佐伯知香

協力:チャイコフスキー記念東京バレエ学校

指揮:ヴァレリー・オブジャニコフ
演奏:東京フィルハーモニック交響楽団
posted by uno at 23:46| Comment(0) | バレエ公演2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

第13回世界バレエフェスティバル 全プログラム決定

バレエフェスの全プログラムが決定したそうなので、書いておこうかな、と。今度もし変更があったときに、何から変更になったのかわからなくなっちゃうんですよね。
太字が今回決定したプログラムです。

コジョカルとコボーがラトマンスキーの『明るい小川』って、なんか意外な感じで楽しみです。ジョゼの新作は『ジュエルズ』に変更。ヴィシニョーワとマラーホフのナチョ・ドゥアトの新作は、AプロからBプロに移動したようです。Bプロのオシポワとワシーリエフのビゴンゼッティ振付『セレナータ』が『海賊』に変わったみたい。ビゴンゼッティ、見たかったな〜、と。ガラで予定されていた、ブシェとボアディンのノイマイヤー新作はなくなった模様。残念…。
演目が多くて、どこか間違って書いてるかもしれません。間違ってたらすみません〜。

<第13回世界バレエフェスティバル 全プログラム決定>

【Aプログラム】
『幻想〜「白鳥の湖」のように』より第3幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・ノイマイヤー)
エレーヌ・ブシェ、ティアゴ・ボアディン
『明るい小川』より パ・ド・ドゥ (アレクセイ・ラトマンスキー)
アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー
『扉は必ず…』 (イリ・キリアン)
オレリー・デュポン、マニュエル・ルグリ
『ロミオとジュリエット』第1幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・クランコ)
マリア・アイシュヴァルト、マライン・ラドメーカー
『ジュエルズ』より“ダイヤモンド” (ジョージ・バランシン)
アニエス・ルテステュ、ジョゼ・マルティネス
『瀕死の白鳥』 (ミハイル・フォーキン)
ウリヤーナ・ロパートキナ
『ドン・キホーテ』 (マリウス・プティパ)
オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ
『パリの炎』 (ワシリー・ワイノーネン)
ナターリヤ・オシポワ、イワン・ワシーリエフ
『ラ・シルフィード』第2幕より (ヨハン・コボー)
タマラ・ロホ、スティーブン・マックレー
『ブレルとバルバラ』 (モーリス・ベジャール)
エリザベット・ロス、ジル・ロマン
『スターズ・アンド・ストライプス』 (ジョージ・バランシン)
ヤーナ・サレンコ、ダニール・シムキン
『オネーギン』第1幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・クランコ)
ポリーナ・セミオノワ、フリーデマン・フォーゲル
『海賊』 (マリウス・プティパ)
ポリーナ・セミオノワ、イーゴリ・ゼレンスキー
『ドリーブ組曲』 (ジョゼ・マルティネス)
上野水香、マシュー・ゴールディング
『ル・パルク』 (アンジェラン・プレルジョカージュ)
ディアナ・ヴィシニョーワ、ウラジーミル・マラーホフ
『ディスタント・クライズ』 (エドワード・リャン)
スヴェトラーナ・ザハロワ、アンドレイ・メルクリエフ
『パガニーニ』 (マルセロ・ゴメス)
マルセロ・ゴメス

【Bプログラム】
『マーラー交響曲第5番』より“アダージェット” (ジョン・ノイマイヤー)
エレーヌ・ブシェ、ティアゴ・ボアディン
『ロミオとジュリエット』 (ケネス・マクミラン)
アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー
『アザーダンス』 (ジェローム・ロビンズ)
オレリー・デュポン、マニュエル・ルグリ
『オネーギン』第3幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・クランコ)
マリア・アイシュヴァルト、マライン・ラドメーカー
『椿姫』第3幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・ノイマイヤー)
アニエス・ルテステュ、ステファン・ビュリオン
『ダイヤモンド』パ・ド・ドゥ (ジョージ・バランシン)
ウリヤーナ・ロパートキナ、マルセロ・ゴメス
『ウィズアウト・ワーズ』 (ナチョ・ドゥアト)
オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ
『ラ・シルフィード』共演:東京バレエ団 (ピエール・ラコット)
エフゲーニャ・オブラスツォーワ、マチュー・ガニオ
『海賊』 (マリウス・プティパ)
ナターリヤ・オシポワ、イワン・ワシーリエフ
『ライモンダ』 (マリウス・プティパ)
タマラ・ロホ、スティーブン・マックレー
『ドン・キホーテ』 (マリウス・プティパ)
ヤーナ・サレンコ、ダニール・シムキン
『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』 (ジョージ・バランシン)
ポリーナ・セミオノワ、フリーデマン・フォーゲル
『シェエラザード』 (ミハイル・フォーキン)
ポリーナ・セミオノワ、イーゴリ・ゼレンスキー
『パルジファル』 (モーリス・ベジャール)
カテリーナ・シャルキナ、オスカー・シャコン
『タイス』 (ローラン・プティ)
上野水香、マシュー・ゴールディング
『カンタータ』世界初演 (ナチョ・ドゥアト)
ディアナ・ヴィシニョーワ、ウラジーミル・マラーホフ
『コール・ペルドゥート』 (ナチョ・ドゥアト)
スヴェトラーナ・ザハロワ、アンドレイ・メルクリエフ
『エフィ』 (マルコ・ゲッケ)
マライン・ラドメーカー

【ガラ公演】
『シンデレラ物語』より (ジョン・ノイマイヤー)
エレーヌ・ブシェ、ティアゴ・ボアディン

『マノン』第1幕“寝室のパ・ド・ドゥ” (ケネス・マクミラン)
アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー
『感覚の解剖学』 (ウェイン・マクレガー)
オレリー・デュポン、ジョシュア・オファルト
『椿姫』第3幕のパ・ド・ドゥ (ジョン・ノイマイヤー)
マリア・アイシュヴァルト、マライン・ラドメーカー
『水に流して…』 (イヴァン・ファヴィエ)
アニエス・ルテステュ、ステファン・ビュリオン
『ジュエルズ』より“ダイヤモンド” (ジョージ・バランシン)
ウリヤーナ・ロパートキナ、マルセロ・ゴメス

『眠れる森の美女』 (ナチョ・ドゥアト)
オレシア・ノヴィコワ、レオニード・サラファーノフ
『ヴェニスの謝肉祭』 (マリウス・プティパ)
エフゲーニャ・オブラスツォーワ、マチュー・ガニオ
『ドン・キホーテ』 (マリウス・プティパ)
ナターリヤ・オシポワ、イワン・ワシーリエフ
『マルグリットとアルマン』より“田舎で” (フレデリック・アシュトン)
タマラ・ロホ、スティーブン・マックレー

『雨』 (アナベル・ロペス・オチョア)
ヤーナ・サレンコ、ダニール・シムキン
『モノ・リサ』 (イツィク・ガリリ)
ポリーナ・セミオノワ、フリーデマン・フォーゲル
『カルメン』 (ローラン・プティ)
ポリーナ・セミオノワ、イーゴリ・ゼレンスキー
『愛と死』 (モーリス・ベジャール)
カテリーナ・シャルキナ、オスカー・シャコン
『海賊』 (マリウス・プティパ)
上野水香、マシュー・ゴールディング
『白鳥の湖』第2幕より 共演:東京バレエ団 (レフ・イワーノフ)
ディアナ・ヴィシニョーワ、ウラジーミル・マラーホフ
『トリスタンとイゾルデ』 (クシシュトフ・パストール)
スヴェトラーナ・ザハロワ、アンドレイ・メルクリエフ
『ネフェス』 (パトリック・ド・バナ)
マニュエル・ルグリ、パトリック・ド・バナ

→ NBS
posted by uno at 19:39| Comment(0) | バレエ日記2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

『横浜ベイサイドバレエ』初日は雨天のため順延に、、

東京バレエ団の野外バレエ公演『横浜ベイサイドバレエ』、初日の本日は雨のため中止、順延となりました。いや〜、天気予報を見た時点で危ないと思ってたんですが、やはり無理でしたか…。自分のところも午後には予報どおり雨が降ってきたんですが、一応支度をして16時の発表を待っていました。雨は強くなる一方、、、。結局、天候の回復が見込めないため、予定より早く順延が発表されました。あ〜、残念。いや、月曜日に見られると思うけど(今のところ天気は大丈夫そう)、一応、見る心構えというかテンションは今日に照準を合わせていたといいますか。明日の公演はどうなるかな〜。予定通り開催されるといいんだけど。

祭典の追加で申し込んでおいた『オネーギン』の予約確認ハガキが届きました。ん〜、久々にちょっと残念な席かな〜、と。まあ、ゲスト日が2日間しかないから仕方ないんですけどね、、。ほとんどの会員がゲスト日を祭典席にしただろうし、それを追加席で申し込んだんだから、席があまり良くないのは当然と言えば当然。支払期限は7月27日(金)です。

バレエフェスの追加発売があるようです。S席のみ、関係者席とのことなので、20列から少し後ろあたりののあの辺でしょうか。7月23日(月)からNBS扱いのみです。
<第13回世界バレエフェスティバル (Aプロ・Bプロ) 関係者席発売>
7月23日(月)10時より
NBS WEBチケット/NBSチケットセンターにて発売
NBS

もうあと1週間でバレエフェスが始まるんですね〜。まずは『ドン・キ』ですね。楽しみです♪ その前に、月曜日に無事にベイサイドバレエが見られるといいな、と。
posted by uno at 23:21| Comment(4) | バレエ日記2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

牧阿佐美バレヱ団『時の彼方に〜ア ビアント』

牧阿佐美バレヱ団の『アビアント』、今回で何回目の上演なんだろうか? 2回目までは見に行ったと思うんですが、、。そして、いつの間にかタイトルも少し変わったんですね。以前は『アビアント〜だからさよならは言わないよ』だったんですが、“時の彼方に”に変わったようです。この方がシンプルではあるけど、私としては“だからさよならは言わないよ”は結構気に入ってました。タイトルとしてはちょっと長いし、些かセンチメンタルな気もするんですが、物語にすごく合ってたんです。時を越えて、姿を変えて、何度も出会う二人。また会えると知っているから、だからさよならは言わないよ…。物語を見た後だと、このタイトルがやけに胸に響くんですよ、、、。

バレエ団のサイトでは、まだ配役は発表されていませんが、eプラスのほうに出てました。座席選択による先行発売も始まっています。それにしても、1ヶ月前に一般発売って、結構ギリギリですね、、。

■ 牧阿佐美バレヱ団『時の彼方に〜ア ビアント』全幕

8月25日(土)15:00 (17:05終演予定)
8月26日(日)14:00 (16:05終演予定)
会場:新国立劇場オペラパレス
SS席:11,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円 C席:4,000円
一般発売:7月18日(水)
eプラス 先行発売【座席選択】受付中〜7月15日(日)18:00

原作:島田雅彦
作曲:三枝成彰
演出:三谷恭三
振付:牧阿佐美/ドミニク・ウォルシュ
指揮:大友直人
二胡:篠崎正嗣
シンセサイザー:向谷実
管弦楽:シアターオーケストラトーキョー

【出演】
カナヤ:メリッサ・ハミルトン(英国ロイヤルバレエ)
リヤム:ドメニコ・ルチアーノ(ドミニク・ウォルシュ・ダンスシアター)
冥界の女王:吉岡まな美

→ 牧阿佐美バレヱ団
posted by uno at 22:22| Comment(0) | バレエ日記2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

第24回バレエの祭典 公演予定日決定

<第24回バレエの祭典>ラインナップ公演の、公演予定日が発表されました。あくまで予定として、期間が発表されただけですが、これはすごく助かります〜。マラーホフと山海塾が重なってるな、、、。
パリ・オペのもうひとつの演目は、ヌレエフ版『ドン・キホーテ』に決まったようです。これは楽しみ! BBLのBプロは、トリプル・ビルから『ライト』全幕へと変更になっています。少しでも多くのベジャール作品を見たい気持ちもあるけど、やはり作品は全幕で見られるに越したことはない気がします。最新のダンマガに『ライト』の記事あったので、期待が高まります。
→ NBS

7月10日更新のチャコットのDance Cubeに、ロイヤルの『パゴダの王子』(マクミラン版)の記事があり、激しく見たくなりました。でも、アリスも白鳥も見たいし、、、。次の来日で『パゴダの王子』を持ってきてくれないかな〜。
→ チャコット Dance Cube

<第24回バレエの祭典>公演予定日・公演期間 決定

1. 東京バレエ団『オネーギン』 【1演目】
 2012年9月28日(金)〜9月30日(日)

2. <ダニール・シムキンのすべて> 【2演目】
 『くるみ割り人形』
 2012年11月9日(金)〜11月11日(日)
 『インテンシオ』(ガラ)
 2012年11月22日(木)〜11月25日(日)

3. モーリス・ベジャール・バレエ団 【2演目】
 Aプロ:「ボレロ」「ディオニソス組曲」「シンコペ」
 Bプロ:「ライト」全幕 (←「ライト」「カンタータ52」「鳥たちは何処へ」より変更)
 2013年3月1日(金)〜3月10日(日) 予定

4. <マラーホフの贈り物>ファイナル 【2演目】
 2013年5月17日(金)〜5月26日(金) 

5. 英国ロイヤル・バレエ団 【2演目】
 『不思議の国のアリス』
 『白鳥の湖』
 2013年7月4日(木)〜7月14日(日) 予定

6. <ヴィシニョーワの華麗なる世界>(仮題) 【1演目】
 2013年8月15日(木)〜8月22日(木) 予定

7. ミラノ・スカラ座バレエ団『ロミオとジュリエット』 【1演目】
 2013年9月20日(金)〜9月23日(月・祝) 予定

8. <シルヴィ・ギエム プロジェクト>(仮題) 【2演目】
 2013年11月中旬〜12月初旬 予定

9. ジョン・ノイマイヤー『ロミオとジュリエット』東京バレエ団初演 【1演目】
 2014年2月7日(金)〜2月9日(日)

10. パリ・オペラ座バレエ団 【2演目】
 『椿姫』
 『ドン・キホーテ』(決定)
 2014年3月10日(月)〜3月23日(日) 予定
posted by uno at 11:49| Comment(0) | バレエ日記2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

新国立劇場バレエ『シルヴィア』特別先行

佐久間奈緒さんとツァオ・チーがゲストで出演するとのことで楽しみにしていた新国の『シルヴィア』ですが、eプラスで明日(10日)から座席選択による特別先行発売があります。お昼の12時からなんですよね、、、。10時のほうが助かるんだけど、なんでなのかな〜。いつの間にか、主演以外のキャストも出てたんですね。ゲストの日を2回見に行こうか、1回にしておこうか、迷い中です。少しずつバレエに行く回数を減らしたい減らしたいと思ってるんですが、なかなか減らないんですよね、、。佐久間さんとチーは、なかなか日本では見られないからな〜(8月のロイヤルのガラはまだ取ってないんですが…)。

■ 新国立劇場バレエ『シルヴィア』

10月27日(日)14:00
  シルヴィア:小野絢子
  アミンタ:福岡雄大
  エロス:吉本泰久
  ダイアナ:湯川麻美子
  オライオン:山本隆之
10月28日(日)14:00
  シルヴィア:米沢唯
  アミンタ:菅野英男
  エロス:八幡顕光
  ダイアナ:堀口純
  オライオン:マイレン・トレウバエフ
10月31日(水)19:00
  シルヴィア:佐久間奈緒
  アミンタ:ツァオ・チー
  エロス:福田圭吾
  ダイアナ:本島美和
  オライオン:厚地康雄
11月1日(木)14:00
  シルヴィア:小野絢子
  アミンタ:福岡雄大
  エロス:吉本泰久
  ダイアナ:湯川麻美子
  オライオン:山本隆之
11月2日(金)19:00
  シルヴィア:佐久間奈緒
  アミンタ:ツァオ・チー
  エロス:福田圭吾
  ダイアナ:本島美和
  オライオン:厚地康雄
11月3日(土・祝)14:00
  シルヴィア:米沢唯
  アミンタ:菅野英男
  エロス:八幡顕光
  ダイアナ:堀口純
  オライオン:マイレン・トレウバエフ

会場:新国立劇場オペラパレス
S席:12,600円 A席:10,500円 B席:7,350円 C席:4,200円 D席:3,150円
一般発売:7月21日(土)
eプラス 特別先行【座席選択】 :7月10日(火)12:00〜7月13日(金)18:00
 ※予定枚数終了次第、受付終了
posted by uno at 21:00| Comment(0) | バレエ日記2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする