2011年08月27日

東バ『ザ・カブキ』松江のキャスト/兵庫芸文からDM

松江のキャストが出たと、コメントで教えていただきました(ありがとうございますー♪)。東バの公式に、『ザ・カブキ』全国公演の情報が昨日付けで出ていました。松江の顔世御前は奈良さんですー♪ み、み、見たい…。由良之助は弾さん。それ以外のキャストも東京の弾さん組です。こうなると、東京の弾&二階堂はやめて、松江に見に行きたいなぁ、なんて、、、。いや、二階堂さんの顔世はとてもよかったんですけど、今回見なくてもまた見られるような気がするし。それを言うなら、奈良さんの顔世もこれから東京で見られるようになるかもしれないですよね。ただ、今どちらかを選ぶなら、断然奈良さんが見たい。つべこべ言わずに両方見に行けばいいんですけど、執拗いけど土日は仕事を休みづらいんです。西宮も松江も、行こうと思えば日帰りで行けるか。でも、松江日帰りは寂しいですよね〜。あぁでも、もう妄想が止まりません…。

兵庫芸文からDMが届きまして、カブキのチラシも入っていました。サイトでも縮小版が見られるんですが、このチラシの後藤さんがなかなかいい写真なんですよね〜。ちょっとセピア色っぽいのもいいのかな、きっと。
松江の公演は、既に友の会の先行発売が始まっています。一般発売は9月25日(日)から。

<東京バレエ団『ザ・カブキ』全国公演>
東京バレエ団

【西宮公演】
12月23日(金・祝)15:00
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
A席:9,500円 B席:7,500円 C席:5,500円 D席:4,000円 E席:2,500円
一般発売:9月11日(日)

<主な配役>
由良之助:後藤晴雄
顔世御前:吉岡美佳
直義:柄本武尊
塩冶判官:長瀬直義
高師直:木村和夫
判内:高橋竜太
勘平:宮本裕宜
おかる:小出領子
力弥:井上良太
定九郎:松下裕次

兵庫県立芸術文化センター

【松江公演】
12月25日(日)14:00
会場:島根県民会館 大ホール
S席9,500円 A席:8,500円 B席:7,500円
一般発売:9月25日(日) 

<主な配役>
由良之助:柄本弾
顔世御前:奈良春夏
直義:森川茉央
塩冶判官:宮本祐宜
高師直:松下裕次
判内:氷室友
勘平:長瀬直義
おかる:佐伯知香
力弥:井上良太
定九郎:小笠原亮

島根県民会館
posted by uno at 12:09| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

チケ取り/中止公演/東バ松江

いくつかチケットを取りました。と言っても2つですが。8月20日(土)から『エトワール』の先行発売が始まっているので、そちらを1枚。とりあえずBプロだけにしました。演目で選んだわけではなく、単純に平日のほうが行き易いから、、。1月は東バの『ロミジュリ』もあるし、お正月もしっかり休みたいし、そう考えるとあまり土日に予定を入れたくなかったので。先行発売は26日(金)まで。演目も一部発表されてますね〜。
もう一つは山崎朋ダンス公演『とりつくしま』。こちらは山海塾の市原さんが出演されるので。どんなダンスなのかまったくわからないので楽しみです。

■ 『Love From Paris エトワール〜フランス・バレエのエレガンス』

【Aプログラム】
1月28日(土)13:00/18:00
会場:人見記念講堂

『ニュアージュ』(キリアン) ジルベール/ペッシュ
『マノン』(マクミラン) シアラヴォラ/ガニオ
『白鳥の湖』より黒鳥のパ・ド・ドゥ(プティパ) ウルド=ブラーム/オファルト
『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』(バランシン) フルステ/エイマン
<他>

【Bプログラム】
1月31日(火)19:00
2月1日(水)19:00
2月2日(木)19:00
会場:ゆうぽうとホール

『ミューズを率いるアポロ』(バランシン)
 ジルベール/フルステ/ウルド=ブラーム/ガニオ
『Aunis オーニス』(ガルニエ) オファルト/エイマン/ビトンクール
『椿姫』より第3幕のパ・ド・ドゥ(ノイマイヤー) シアラヴォラ/ペッシュ
<他>

アーティスティック・オーガナイザー:バンジャマン・ペッシュ

S席:14,000円 A席:10,000円 B席:7,000円
S席セット券:27,000円
一般発売:10月1日(土)
先行予約:8月20日(土)〜26日(金)23:30

先行予約ページ


埼玉県芸術文化振興財団のHPで、ヤン・ファーブル『プロメテウスの風景U』の公演中止が発表されていました。「諸般の事情により」ということですが、やはり震災と関係があるんでしょうか。時期的に無関係? よくわかりませんが、ちょっとビックリしました。
埼玉県芸術文化振興財団
もう一つ、ルネこだいらのHPで発表されていたレニ国の公演が中止になっていました。12月22日(木)に『白鳥の湖』が予定されていたんですが、「出演者の都合により」公演中止に。東京公演もすべて年明けからだし、年内の来日は不可能になってしまったのかもしれませんね。聖徳学園のシリーズコンサートは1月だから大丈夫かな?
ルネこだいら


で、私の頭の中は遠征のことでいっぱいです(苦笑)。西宮のカブキに行こうか、ギエムの全国公演はどうしようか、松江のキャストは誰だろうか、などなど。というか、早いとこギエムAプロの「他1演目」と「春の祭典」のキャストを発表してくれ〜、とか。それより、ギエムのガラ公演は本当にあるんですよね? 東京公演に先駆けて行われるなら、既に2ヶ月を切っているような気がするんだけど、大丈夫かしら。そうか、もうギエムまで2ヶ月なのか。楽しみだな〜♪
そうえいば、松江のカブキの公演情報が電子チケットぴあに出ていました。キャストはまだ不明。開演時間と発売日が判明しただけでも、なんかテンションが上がります(笑)。

■ 東京バレエ団『ザ・カブキ』【松江】

12月25日(日)14:00
会場:島根県民会館 大ホール

S席9,500円 A席:8,500円 B席:7,500円
一般発売:9月25日(日)

電子チケットぴあ
posted by uno at 21:01| Comment(2) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

『ザ・カブキ』・レニ国、西宮情報

兵庫芸文のサイトに、東バの『ザ・カブキ』とレニ国の公演情報が出ました。西宮のカブキは吉岡美佳さんと後藤さん! これは見に行きたいです〜。美佳さんの顔世御前は2008年12月以来、3年ぶり。まあ、カブキ自体の公演数がそれほど多くないわけだけど。その美佳さんですが、東バの公式サイトによると、愛媛県の「文化特別功労賞」を受賞したそうです。おめでとうございますー♪ 美佳さんの顔世は見たいよな〜、やっぱり。その他もファーストキャストなので、木村さんの師直や松下さんの定九郎、高橋さんの伴内も見られるし。しかし、西宮の公演は祝日。う〜ん、、、。仕事、休みづらい…。こうなると(ならなくても)、松江のキャストが気になりますよね〜。松江が奈良さんの顔世だったら、そっちも見に行きたくなっちゃうし。そんなに土日休めないよ〜、、、。西宮がファーストキャストってことは、松江はもう一方のキャストでしょうか。早く松江の公演情報、出ないかな〜、と。
(因みに芸文さん、後藤晴雄さんの漢字が違ってます。宮本さんの名前も、、、。)

■ 東京バレエ団『ザ・カブキ』 【西宮】

12月23日(金・祝)15:00
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
A席:9,500円 B席:7,500円 C席:5,500円 D席:4,000円 E席:2,500円
先行発売:9月9日(金)
一般発売:9月11日(日)

由良之助:後藤晴雄
顔世御前:吉岡美佳
直義:柄本武尊
塩冶判官:長瀬直義
高師直:木村和夫
判内:高橋竜太
勘平:宮本祐宜
おかる:小出領子
力弥:井上良太
定九郎:松下裕次

兵庫県立芸術文化センター


『白鳥の湖』“他”と発表されていたレニ国のもう1演目は、ルジマトフ新演出の『海賊』でした。アリのキャストは未発表ですが、メドーラはペレン、コンラッドはルジマトフです。『白鳥』はボルチェンコ。芸監のところにナチョ・デゥアトとあることに、いまだに慣れない私です。

■ レニングラード国立バレエ団『白鳥の湖』『海賊』 【西宮】

『白鳥の湖』
2012年1月14日(土)15:00
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

オデット/オディール:エカテリーナ・ボルチェンコ

『海賊』
2012年1月15日(日)15:00
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

メドーラ:イリーナ・ペレン
コンラッド:ファルフ・ルジマトフ

A席:12,000円 B席:10,000円 C席:8,000円 D席:6,000円 E席:4,000円
先行発売:9月9日(金)
一般発売:9月11日(日)

『白鳥の湖』
『海賊』
posted by uno at 01:01| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

東京バレエ団『ジゼル』8月17日

東京バレエ団『ジゼル』、初日に行ってまいりました〜。ヴィシニョーワを見るのはとても久しぶりのような気がします(調べるのは面倒だけど、、)。やっぱりスターだなと改めて。舞台上での貫禄、存在感は圧倒的です。彼女のジゼルは以前と少し変わったような気がしますが、その強烈な存在感は変わらない。ヴィシニョーワのジゼルに感動するというよりは、ヴィシニョーワの舞台に感動する、そんな感じでした。ヴィシニョーワの『ジゼル』は2006年以来5年ぶりとのこと。ピンクの衣裳で踊った5年前はもっと明るくて元気な女の子だったような気がするんですが、今回の1幕のヴィシニョーワには最初から暗い陰がありました。それは髪形にも表れていて、一幕からウィリのように前髪をペタッと分け、耳も隠していたんです。5年前の写真を見ると、額も耳も出していて、やはり明るい雰囲気があります。以前に比べたら「身体が弱い」という設定にも説得力が出たと思うけど、それよりもどこか違う世界と交信するような、始めから運命付けられた暗い影がありました。
無駄のない踊り、強靭さは相変わらず。2幕、ウィリとして覚醒する場面の回転も、まったくブレない高速回転で圧巻。それに続く踊りも、全身を目いっぱい使っていて迫力がありました。それは、精霊にしては生命力があるなと感じた前回と違い、心とともに身も引き裂かれるような凄絶な叫びがありました。そして、その後は青白い精霊の静けさを湛え、その中にジゼルのアルブレヒトを守りたい、いや守ってみせるという強い意志とともに、ヴィシニョーワ自身の強烈な生命力を感じさせるような2幕でした。

チュージンもよかったです。思ったより(って見たことあるんですが)背が高かったなぁ、と。細い脚は美しく強靭で、終盤までほとんど腕を上げずに跳び続けたアントルシャも素晴らしかった。後ろに上げた脚も高く、柔らかさも披露。感情を込めた熱い演技を見せてくれたけど、「熱い人」という印象ではないかも(だから悪いという意味ではなく)。1幕の衣裳は「からし色」で、ちょっと珍しいなと思いました。

ラスト、お墓での熱い別れの演出はなく、ヴィシニョーワは横のパ・ド・ブレで手前の袖に消えていきました。嘆くアルブレヒトの目に、彼女が自分のためにミルタに捧げた百合が映る。彼はジゼルの墓まで引き返し、彼女が置いていった百合を一輪と、自分が持ってきたマントを手に取り、舞台中央へと歩み出てきます。左手に持った百合を少し高く掲げ、下ろした右手に持ったマントは床を滑らかに撫でる(因みに右足も綺麗に伸ばしている)。美しいシルエットを残して幕が下ります。なんとなくですが、アルブレヒトの気持ちの在りどころよりも、その美しいシルエットが印象に残る、これもまた珍しい幕切れかな?と思ったりしました。

2人のパートナーシップも悪くなかったです。ジゼルとアルブレヒトとして相性がいいかと言ったら、それぞれもっと響き合うパートナーはいるだろうとは思いますが、初共演で短いリハーサル期間を思えば、踊りはバッチリ合っていました。2幕の中で、今にも飛び立ちそうなジゼルをアルブレヒトを引き止めるような瞬間があって、ちょっとドキッとしました。単に、リフトされるために飛び上がったヴィシニョーワをチュージンが予定どおりキャッチしただけなんですが、そのタイミングが絶妙だったんです。あのまま手を放していたら、精霊となったジゼルはフワッと跳んでいってしまったんじゃないかと思わせるような一瞬でした。
posted by uno at 13:04| Comment(0) | バレエ公演2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

山崎朋ダンス公演『とりつくしま』

山崎朋さん演出・振付の『とりつくしま』というダンス公演に、山海塾の舞踏手でもある市原昭仁さんが出演します。バレエ公演で忙しくなりそうな10月。しかし、平日公演なので私としては見に行きやすいかも〜。白塗りじゃない市原さんの踊りを見てみたいなぁ、とか(白塗りだったりして)。

■ 山崎朋ダンス公演『とりつくしま』

10月18日(火)19:30
10月19日(水)19:30
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
一般:2,500円

演出・振付:山崎朋
ドラマトゥルク:長島 確

美術:日本大学佐藤慎也研究室

音楽:西井夕紀子


出演:市原昭仁(山海塾)、AKIRI、山崎朋

一般発売:8月16日(火)

川崎市アートセンター


今日は『オールニッポンバレエガラ』でしたね。私は見に行かなかったので、Ustreamで鑑賞。とは言え仕事だったので、藤井さんの「シガレット」くらいからしか見られませんでしたが。佐久間さんと厚地さんの『二羽の鳩』が見られてよかった〜。とっても素敵でした。
posted by uno at 22:51| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

K-BALLET『シンデレラ』日程・キャスト発表

来年2月に上演されるK-BALLET COMPANYの新作、『シンデレラ』の日程とキャストが発表になりました。現在改装中のオーチャードホール。2012年1月からは熊川さんが芸術監督に就任することが発表されていますね。任期は5年。熊川さんがどんな仕事をされるのか、というかバレエのラインナップに変化はあるのか、気になるところです。

芸監就任第一弾企画となる『シンデレラ』は熊川さんの新演出。熊川さんは出演しないようです。

■ K-BALLET COMPANY Wintre2012『シンデレラ』

<シンデレラ/王子>

2月2日(木)18:30 松岡梨絵/宮尾俊太郎
2月3日(金)18:30 浅川紫織/遅沢佑介
2月4日(土)13:00 東野泰子/秋元康臣
2月4日(土)17:00 松岡梨絵/宮尾俊太郎
2月5日(日)12:30 神戸里奈/浅田良和
2月5日(日)16:30 荒井祐子/橋本直樹
2月7日(火)14:00 松岡梨絵/宮尾俊太郎
2月8日(水)14:00 東野泰子/秋元康臣
2月8日(水)18:30 松岡梨絵/宮尾俊太郎
2月9日(木)14:00 荒井祐子/橋本直樹
2月9日(水)18:30 浅川紫織/遅沢佑介
2月10日(金)18:30 松岡梨絵/宮尾俊太郎

指揮:福田一雄/井田勝大
演奏:シアターオーケストラトーキョー

会場:Bunkamuraオーチャードホール
S席:13,000円 A席:10,000円 B席:8,000円 C席:6,000円
一般発売:9月11日(土)

K-BALLET COMPANY


2月が忙しくなりそうですね〜。ボリショイとパリ・オペ陣の『エトワール』、新国『こうもり』、K-BALLET『シンデレラ』、牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』。

■ ボリショイ・バレエ
1月27日(金) 『白鳥の湖』 三重県文化会館
1月28日(土) 『ライモンダ』 びわ湖ホール
1月29日(日) 『白鳥の湖』 アクトシティ浜松
1月31日(火) 『スパルタクス』 東京文化会館
2月1日(水) 『スパルタクス』 東京文化会見
2月2日(木) 『スパルタクス』 東京文化会館
2月4日(土) 『白鳥の湖』 東京文化会館
2月5日(日) 『スパルタクス』 愛知県芸術劇場
2月7日(火) 『ライモンダ』 東京文化会館
2月8日(水) 『ライモンダ』 東京文化会館
2月9日(木) 『白鳥の湖』 東京文化会館 (昼/夜)
2月11日(土・祝) 『白鳥の湖』他 兵庫県立芸術文化センター
2月12日(日) 『白鳥の湖』他 兵庫県立芸術文化センター

■ 『エトワール フランス・バレエのエレガンス』
1月28日(土)13:00/18:00 Aプロ
1月31日(火)19:00 Bプロ
2月1日(水)19:00 Bプロ
2月2日(木)19:00 Bプロ

■ 新国立劇場バレエ団『こうもり』
2月4日(土)16:00
2月5日(日)14:00
2月7日(火)19:00
2月11日(土)14:00
2月12日(日)14:00

■ 牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』
2月18日(土)
2月19日(日)
会場:新国立劇場オペラパレス
posted by uno at 17:30| Comment(2) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

アッサンブレから『ザ・カブキ』のお知らせ

昨日、アッサンブレからDMが届きました。『ザ・カブキ』の優先予約のお知らせです。本チラシも同封。表は高岸&上野、裏は弾&二階堂。全国公演の告知は西宮と松江だけなので、これ以上は増えないのかもしれないですね。日本で最後の由良之助を踊る高岸さんの、サイン(印刷)入りのメッセージもありました。恒例のクリスマス・パーティーのお知らせも。

しかし、なんと言っても驚いたのは、『カブキ』の冒頭シーンの舞台美術・衣裳がリニューアルされるというお知らせです!! ぇぇえ〜!! 初演から25年が経ち、「現代」が現代でなくなってきた、と。確かに。振付はそのままに、舞台美術と衣裳をリニューアルするそうです。いや、確かにそうだし、私も毎回のように心の中で突っ込んでまいりましたが(突っ込むのがまた楽しい)、あれはあれで愛着があるんですよね〜。映像で残してくれるならまだしも…。白の上下なら、なんとか時代をくぐり抜けられる気がしないでもないんですが、やはり駄目なんでしょうか、、。デザインは変わっても、「白」であってほしいような気もします。何も限定しない、すべてを投影できる衣裳であってほしいなぁ、と。
とはいえ、「現代の日本」といいつつ、どう見てもあれは80年代なんですよね〜。ベジャールがそこに「現代」を描きたかったのなら、やはり変えるべきなんでしょうか。より多くの人に受け入れてもらうためには、リニューアルはやはり必要なのかしら。しかし、ファンとしてはあのままとっておいてほしかったと思ってしまいます。振付家亡き後、その作品に手を加えるのは非常にデリケートな問題だと思います。ベジャールさんが生きていたら、あの衣裳、変えてたかな〜。
しかし、一体どんな衣裳になるんでしょう。もしかしてジーンズかなぁ、とか。『ダンス・イン・ザ・ミラー』のジーンズはよかったよな〜。ジルにも意見を求めたりするんでしょうか。ジーンズなら、またしばらくは大丈夫かもしれないですね。時代に合わせたジーンズに変えることもできるわけだし。はぁ、気になる。

26年ぶりにガルニエ宮で『カブキ』が上演されることを記念して、特別割引が設定されています。通常の1割引に加え、2枚目以降が定価の半額になります。S席なら5,000円、A席なら4,000円。で、6枚目以降は再び1割引、と。日をまたいでも割引が適用されるらしいので、一人で見に行く私にも嬉しい。申込は8月8日(月)から。
クリスマスパーティーは12月18日(日)の『ザ・カブキ』終演後。こちらはまだ申込に関するお知らせはありませんでした。
posted by uno at 23:08| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

『オールニッポンバレエガラ』演目

『オールニッポンバレエガラコンサート2011』の演目が発表されていました。チラシを開くと(pdf)演目が見られます。
オールニッポンバレエガラコンサート2011
チラシ(pdf)

Ustreamでインターネット中継もありますね。
Ustream専用ページ

■ 『オールニッポンバレエガラコンサート2011』

8月15日(月)18:00
会場:メルパルクホール

【第1部】

〜オープニング〜

『くるみ割り人形』第1幕より クララとくるみ割り人形のパ・ド・ドゥ
志賀育恵、春野雅彦

『spiel』 振付:橋口晋策
白椛祐子、吉瀬智弘

『エスメラルダ』より ディアナとアクティオンのグラン・パ・ド・ドゥ
河野舞衣、荒井英之

『Vertigo Maze』 振付:Stijn Celis
浅見紘子

『little happiness』
キミホ・ハルバート、上野天志

『bitterroot』
松崎えり、増田真也

『ジゼル』第2幕より ジゼルとアルブレヒトのパ・ド・ドゥ
永橋あゆみ、三木雄馬

『Lilly』より抜粋 振付:company+81
青木尚哉、柳本雅寛

『瀕死の白鳥』
酒井はな

【第2部】

『海賊』第2幕より メドーラ、アリ、コンラッドのパ・ド・トロワ
長田佳世、芳賀望、厚地康雄

『ブエノスアイレスの冬』(オーケストラバージョン) 振付:日原永美子
伊藤範子、小林洋壱

『White Destiny』
橘るみ

『眠れる森の美女』第3幕より オーロラ姫とデジレ王子のグラン・パ・ド・ドゥ
田中ルリ、岡田兼宜

『Songs of Innocence and of Experience』より Oh Solitude
中村恩恵

『タマ』 振付:島地保武
酒井はな、小尻健太、東海林靖志、左藤健作(和太鼓演奏)

『白の組曲』より シガレットのヴァリエーション
藤井美帆

『BOLERO』
西島千博

『二羽の鳩』より パ・ド・ドゥ
佐久間奈緒、厚地康雄

『Mayday、Mayday、Mayday、This is…』 振付:遠藤康行
遠藤康行、青木尚哉、柳本雅寛、大嶋正樹、大柴拓磨、八幡顕光、平山素子、浅見紘子
木下佳子、加藤野乃花、金田あゆ子、左藤美紀
<この作品は震災チャリティーガラコンサートの為に振り付けされ、
フランス国立劇場でも既に再演されています。>

〜出演者全員によるグランドフィナーレ〜
posted by uno at 21:11| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

『ザ・カブキ』松江公演/『白の組曲』全国キャスト

東京バレエ団『ザ・カブキ』の松江公演の情報が出ていました。公演概要の一番下、全国公演のところにひっそりとUP。懐かしいな〜、島根県民会館。BBLの日本ツアーの最終日、『バレエ・フォー・ライフ』を見に行った場所です。結構遠いんですよね、松江。でも、また行きたい気持ちがムクムクと…(笑)。カブキの西宮と松江に行くかどうかは、顔世のキャストによると思います。美佳さんか奈良さんが踊るなら見に行きたい。たぶん、友佳理さんは踊らないだろうなぁ…。友佳理さんの顔世、また見られますよね? だんだん不安になってきましたよ…。
松江に行ったら、またサンライズで帰ってきたいな〜♪とか、妄想が止まりません。それにしても、西宮も松江も休日。行きづらいなぁ、、、。

■ 東京バレエ団『ザ・カブキ』【松江】

12月25日(日)
会場:島根県民会館

NBS


そして、『白の組曲』の全国のキャストが出ました。お〜、有り難い。東京とほとんど同じなのはちょっと残念。勝手に松下さんのマズルカとか期待してたので、、。しかし、木村さんが大活躍なのは嬉しい♪ 二階堂さんのアダージュが新しいところ。水香さんが「詩人の恋」を踊る公演のみ、二階堂さんがキャスティングされているようです。「ボレロ」のリズム4人は全公演統一でしょうか。木村さんは無理だよね…。木村さんはBプロの「春の祭典」のリーダー役を久々に踊ってくれないだろうかと期待してるんだけど、期待しないほうが身のためかなぁ、やっぱり、、、。木村さんのマズルカは、5日(土)西宮、11日(金)広島、13日(日)福岡。行くとしたら平日の広島かな〜。東京でも見られるけど、どこかに行きたくて仕方ないんですよね(苦笑)。

<シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011『HOPE JAPAN』全国公演>

【盛岡公演(岩手)】
10月31日(月)19:00
会場:岩手県民会館 

「チェロのための5つのプレリュード」
吉岡美佳、高橋竜太
「詩人の恋」
上野水香、高岸直樹

【名古屋公演(愛知)】
11月3日(木・祝)13:30
会場:愛知県芸術劇場
CBC事業部

「白の組曲」
テームヴァリエ:奈良春夏、木村和夫、柄本弾
シガレット:田中結子
セレナード:西村真由美
フルート:小出領子
マズルカ:後藤晴雄
アダージュ:上野水香
「チェロのための5つのプレリュード」
吉岡美佳、高橋竜太

【西宮公演(兵庫)】
11月5日(土)14:00
会場:兵庫県立芸術文化センター

「白の組曲」
テームヴァリエ:奈良春夏、木村和夫、後藤晴雄
シガレット:田中結子
セレナード:小出領子
フルート:西村真由美
マズルカ:木村和夫
アダージュ:上野水香
「チェロのための5つのプレリュード」
吉岡美佳、高橋竜太

【富山公演】
11月7日(月)18:30
会場:オーバードホール

「白の組曲」
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、柄本弾
シガレット: 吉岡美佳
セレナード: 西村真由美
フルート: 小出領子
マズルカ: 後藤晴雄
アダージュ:二階堂由依
「詩人の恋」
上野水香、高岸直樹

【倉敷公演(岡山)】
11月9日(水)19:00
会場:倉敷市民会館
RSK山陽放送

「白の組曲」
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、柄本弾
シガレット:吉岡美佳
セレナード:西村真由美
フルート:小出領子
マズルカ:後藤晴雄
アダージュ:二階堂由依
「詩人の恋」
上野水香、高岸直樹

【広島公演】
11月11日(金)19:00
会場:広島市文化交流会館
TSSテレビ新広島

「白の組曲」
テームヴァリエ:奈良春夏、木村和夫、後藤晴雄
シガレット:田中結子
セレナード:小出領子
フルート:西村真由美
マズルカ:木村和夫
アダージュ:上野水香
「チェロのための5つのプレリュード」
吉岡美佳、高橋竜太

【福岡公演】
11月13日(日)16:00
会場:福岡サンパレス
RKB毎日放送

「白の組曲」
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、後藤晴雄
シガレット:吉岡美佳
セレナード:西村真由美
フルート:小出領子
マズルカ:木村和夫
アダージュ:二階堂由依
「詩人の恋」
上野水香、高岸直樹
posted by uno at 23:59| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

東バ『白の組曲』『パーフェクトコンセプション』キャスト決定

<シルヴィ・ギエム・オン・ステージ>の東バの演目、『白の組曲』と『パーフェクト・コンセプション』の予定キャストの日程が決定しました。キャストは出てたけど、誰がいつ踊るかという日程は出ていなかったんですよね。この勢いで、Aプロの「他1演目」と『春の祭典』のキャストもそろそろ出ないかしら。ガラの詳細も。って、何度同じこと書いてんだ…。

今日、『エオンナガタ』の予約確認ハガキが届きました。席はそこそこ。

<シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011>『HOPE JAPAN』

『白の組曲』(Aプロ)

10月22日(土)15:00
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、後藤晴雄
シガレット:吉岡美佳
セレナード:西村真由美
フルート:小出領子
マズルカ:木村和夫
アダージュ:上野水香

10月23日(日)15:00
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、柄本弾
シガレット:吉岡美佳
セレナード:小出領子
フルート:西村真由美
マズルカ:後藤晴雄
アダージュ:上野水香

10月25日(火)18:30
テームヴァリエ:田中結子、木村和夫、後藤晴雄
シガレット:吉岡美佳
セレナード:西村真由美
フルート:小出領子)
マズルカ:木村和夫
アダージュ:上野水香

10月26日(水)18:30
テームヴァリエ:奈良春夏、木村和夫、柄本弾
シガレット:田中結子
セレナード:小出領子
フルート:西村真由美
マズルカ:後藤晴雄
アダージュ:上野水香

『パーフェクト・コンセプション』(Bプロ)

10月29日(土)15:00
井脇幸江、吉岡美佳、高橋竜太、長瀬直義
10月30日(日)15:00
田中結子、川島麻実子、松下裕次、宮本祐宜

東京バレエ団
posted by uno at 22:58| Comment(2) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする