2011年02月18日

東バ『白鳥』【横須賀】その他のキャスト&関連イベント

東バの『白鳥』、横須賀のその他のキャストが出ました。東京の水香&ボッレの日と同じ組合せです。ということは、小出&後藤の新潟はもう一方のキャストかな? 北上もこのどちらかのキャストで行くんでしょうか。北上だけのサプライズとかないかな〜。

■ 東京バレエ団『白鳥の湖』 【横須賀】

オデット/オディール:上野水香
ジークフリート王子:高岸直樹
ロットバルト:柄本弾
道化:松下裕次
パ・ド・トロワ:高村順子、佐伯知香、長瀬直義

横須賀芸術劇場では東バの公演に合わせ、バレエ・トーク&公開レッスンのイベントがあります。講師として参加するのは、佐伯さん、吉川留衣さん、長瀬さんです。昔はトーク・イベントとかも積極的に行ってたんだけど、最近はちょっと足が遠のいています。なんでですかね〜。公演当日のプレトークやアフタートークは聞くんだけど。基本、出不精だからな〜。公演があるとき以外は、なるべく土日に仕事を休みたくないというのもあります。
応募はメール、FAX、郵送のいずれかで、4月1日(金)必着です。

■ もっと知りたい、触れたい「白鳥の湖」の魅力
〜東京バレエ団ダンサーによるバレエトーク&公開レッスン〜


4月23日(土)14:00〜
会場:横須賀芸術劇場リハーサル室
講師:佐伯知香、吉川留衣、長瀬直義

第1部:バレエ・トーク 永遠に変わらない名作の魅力
第2部:ダンサーによる公開レッスン
※ バレエ・ダンスを学んでいる中学生〜高校生(201年4月現在)
女性はポワントを履いて5年以上の方

料金:小学生以上 500円  ※ 本公演チケットを持参の方は無料


そして、今回も指揮者の井田さんとコンサート・マスターの方によるプレトークがあります。北上はテープ演奏だから、きっとプレトークはないですね…。横須賀に行く予定はないんだけど、プレトークが気になります。確か『ジゼル』のときは、東京ではやりませんでしたよね? 最近、その辺の記憶もあやふやになってきました。ブログをちゃんと書いてないからかな、、。

■ 「白鳥の湖」がもっと好きになる!
音楽的観点から語る指揮者&コンサートマスターによるプレトーク


公演当日(6/26)14:15頃
会場:よこすか芸術劇場ロビー
※ 本公演のチケットが必要です

横須賀芸術劇場
posted by uno at 23:53| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林のチケット取りました。

今日は小林紀子バレエ・シアターのチケットを取りました。4月の『ザ・レイクス・プログレス/他』の公演です。小林紀子バレエシアターは、チケットぴあでもeプラスでも、そこそこの席を割り当ててくれているので、いつもあまり迷わずにサクッと取ることができます。ネットでチケットが取れるのって、本当に便利だよな〜と本日も痛感。今回の公演もオーケストラが入るので、座席は4・5・6列くらいからかな? そういえば、中劇場でオケ有りの公演を見たことがあるのに、最前列を知らないかも、、。最近、劇場メモも書いてないし…。中劇場は、10列以降のセンターが見やすくて好きなんですが、入っていくのがちょっと大変なんですよね。オペラパレスもそうだけど、センターブロックの横の人数がちょっと多いよなぁ、と。

東バの公式のほうに、『ラ・バヤ』の映像がUPされました。とりあえずPart-1。ニキヤが息絶えるところまでです。使われているのは水香さん、高岸さん、奈良さんの映像。Part-2は吉岡−木村にしてくれないかな〜。無理だろうな〜、、、。
「稽古場より」も更新されました(16日付)。担当は小笠原さん。二の腕が立派だ。小出さんのラインって綺麗。井上さんの脚も綺麗だな〜、と。男性の場合、バレエダンサーとしてどういう脚が綺麗なのかよくわからないんですが、なんか井上さんの脚は綺麗だなぁ思ってしまうんですよね。今回、小出さんのニキヤはもちろん楽しみなんですが、私としては田中さんのガムザッティがさらに磨きをかけてくるのではないかというのも、大きな楽しみの一つです。公演日の真ん中が一日空いているので、若手公演が自前公演があるのではと期待していたんですが、ありませんでしたね、、。6月の『白鳥』も土曜の昼間が空いているんですが、期待しちゃいけないのかしら…。
東京バレエ団


ところで、K-BALLETの宮尾俊太郎さん、写真集に続きDVDも出るんですね〜。
K−BALLET COMPANY
posted by uno at 00:37| Comment(0) | バレエ日記2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする