2011年02月06日

『ダンス・イン・ザ・ミラー』初日・2日目

東京バレエ団『ダンス・イン・ザ・ミラー』、とりあえず2日目まで終了しました。とっても楽しかったです。というか、幸せでした。東京バレエ団がベジャールから贈られた演目、中には『M』『舞楽』など東京バレエ団だけが上演できる演目もあり、そして新しく贈られた演目もあり。本当に東京バレエ団にしか上演できない新しい世界が生まれたな、と。ベジャールとジルと、今の東京バレエ団によって生まれた新しい舞台です。でも、どこか懐かしい。それは、いつも変わらないベジャールのダンスへの愛、ダンサーへの愛が溢れているからではないか、と。長年にわたって築かれた、ベジャールと東京バレエ団との絆を、ジルが本当に壊すことなく作品に昇華させてくれた。しかも、未来に繋がる希望を感じさせる作品にしてくれたことに、感激しました。ジルが語っているように、ベジャールと東バの関係は、ジルと東バ、BBLと東バというふうに、進化し受け継がれているのだと思います。
約1時間という上演時間なので、これ単体で公演を行うのは難しいと思いますが、そこは東京バレエ団、ベジャール作品はたくさんありますから、いろいろな作品と組み合わせてこれからも上演を重ねてほしいです(「詩人の恋」だって見たいし!)。

今回、ジルからのプレゼントとして、サプライズ上演がありました。流石、ジル〜♪ まったく予想していなかったので、本当にビックリした。1985年にショナ・ミルクとフィリップ・オルザによって初演された「チェロのための5つのプレリュード」は、1992年にはクリスティーヌ・ブランと小林十市さんによって「バッハのチェロ組曲」として日本初演された作品だそうです。今回は元の「チェロのための5つのプレリュード」のタイトルで、吉岡美佳さんと高橋竜太さんによって踊られました。2人にピッタリな作品。ジルって、本当にダンサーのことよく見てるんだな〜と思ってしまった。いや、自分のカンパニーなら当然かもしれないけど、そうじゃないからなぁ。美佳さんはベジャールにも気に入られていたみたいだしわかるんだけど、高橋さんが選ばれたのがすごく嬉しかった。今の東バでは、あの役は高橋さんしか踊れないと思います。それにしても、高橋さんのフル回転には驚いた、、。『ダンス・イン・ザ・ミラー』で道化的な役を演じて、「火の鳥」のパルチザンではヴァリエーションまで踊って、「チェロのための〜」を踊ったかと思ったら、「ボレロ」のリズムにもちゃんといた! お疲れ様です〜。冒頭の群舞でも格好良くて、ついつい見てしまいました。高橋さんにもまだまだ先のステージがあったんだなぁと、妙に感動。木村さんだってまだ先がありそうに思えるんだから(きっと、ある)、これからの高橋さんにももっと期待してもいいのかもしれない。高岸さんのあの若々しさを思えば、みんなまだまだこれからですよね〜♪

冒頭、そしてフィナーレ、あれだけの顔ぶれが揃うのは、この作品以外ではありえないと思います。その後に作品が控えているダンサーは、冒頭の群舞にはいなかったけど、フィナーレは本当にすべてのダンサーが舞台上にいたのではないかしら。最後、舞台上のすべての幕が取り払われ(背景幕も両袖も)、コンクリートの壁と照明が剥き出しになった舞台に、東京バレエ団のすべてのダンサーがいる。こんな素敵なラストって、ないですよね。一番後方には、黒い服を着たスタッフも加わります。よく見たら若手のダンサーたちだったけど、面白いアイデアだよな〜、と。スタッフも東京バレエ団の一員であるという気持ちを見せてくれたのだと思います。カーテンコールの最前列には、中央に木村さん、その両脇に吉岡さんと井脇さん、そして列の両端には友佳理さんと高岸さん。あんなカーテンコール、もう二度と見られないかもな、、、。

後は簡単に…。

冒頭「現代のためのミサ」。全員ジーンズに、それぞれ色合いと形の違うブルーの衣装を着ています(Tシャツだったり、キャミソールだったり)。旅人の木村さんだけシャツを羽織っている。どんなものかと思っていたら、意外と聞きやすいピエール・アンリの音楽。冒頭から気合の伝わってくる踊りでした。なんと言っても皆楽しそう。次々に向きを変えて、その都度目が合った人と楽しげに視線を交わして踊る。そんな様子を見ているだけで、こちらまで楽しくなりました。友佳理さんや吉岡さんのジーンズ姿って、なんだか貴重な気が。とっても幸せそうに踊る友佳理さんが印象的。井脇さんは何ら違和感なくジーンズで踊る群舞に溶け込んでいて流石。前列の高橋さん、氷室さんがとにかく格好良くて見入ってしまった。高橋さんは表情も豊か。高岸さんのソロがあります。正面を見据えたときの、あの若々しさにビックリ。これまでも何度か若々しいと思ったことはあるけど、ジーンズにTシャツという衣装もあってか、今回はいつにも増して若々しい。後藤さんが「ボレロ」でちょっとお疲れモードだったのに対して(でも悪くなかったよ、、)、同じように『ダンス〜』を踊った高岸さんが、「ボレロ」であれだけの爆発力を発揮し、しかも終盤に向けて高まっていくのがすごい。

木村さんは「火の鳥」まではあまり踊らず。外側から見ている役回りだと思います。下手の床に置かれた円形の鏡。それを覗き込むように座ります。彼はあの鏡を通して世界を見てるのかもしれない。やがてそれは、彼自身の世界にもなっていく。ちょっと『ザ・カブキ』を思い出しました。始めは見ている立場だった現代の青年が、いつしかその世界に入り込み、やがて引っ張っていく存在となる。どこか共通するものがあるなぁ、と。

日本初披露の小笠原さんの「舞楽」。すーごくよかったです〜。気迫の佇まいと、もの凄い気合の入った踊り。いい目をしてました。彼の「舞楽」全編も見てみたいなぁ、と。2組のカップル。高村さんが流石に上手い。
「ヘリオガバル」。水香さんと弾さんは適任だったと思われ。ちょっと野性味に欠けるかな〜という感じはしましたが、下手にそれを出そうとして失敗するよりは、適度な生々しさでよかったのではないか、と。弾さんの、マッチョなのに何故か情けない感じがいい(本当に褒めてます)。今回新しく加わったパートの中では、「ヘリオガバル」は難しい場面だったんじゃないかな〜と思います。日本人には向いていなそうなキャラクターだし、2人だけで舞台を支配しないといけないし。
「バロッコ・ベルカント」よりパ・ド・シス。この場面、大好き。カラフルなレオタード(女性は顔にペインティングも)の6人の男女と、道化のような役回りの高橋さんと、旅人の木村さん。音楽は、リッカルド・ブロスキ『カストラート』より“私は揺れる船のように”。道化は半歩外にいて、旅人と世界を繋ぐような役割かな、と。ほら、見て、感じて、そして触れてごらんと語りかける存在。とにかく高橋さんが最高。彼のキャラクターを最大限に活かした役ではないか、と。この作品がなければ、こんな高橋さんは見られなかったかと思うと、ジルに感謝したい気持ちになりました。小出さんと松下さんの踊りが、一番「あぁ、ベジャールだなぁ」という感じがしたかも。どこがとは上手く言えないんですが、ちょっとしたポーズとか流れが、「あぁ、ベジャール」と思うんですよね。松下さんが本当に頼もしくなったよな〜と。宮本さんのモヒカン(?)がいい(笑)。なんとなくずっと宮本さんを見守ってきた(つもり)の私としては、「舞楽」やパ・ド・シスで活躍する彼を見ると、「ここまで来たんだなぁ」と感慨深いです。
一人ぼっちになった男のもとへ、3人の女神が現れます。扇のパ・ド・トロワ。孤独な男が女神の存在を垣間見る。彼は一時癒されたでしょうか、、、。女神たちに誘われて、2つに割れた背景幕の中へ走り去る男。
「M」より男性群舞。イチ、ニは高岸さんと後藤さん、サン、シは「舞楽」の小笠原さんと「ヘリオガバル」の弾さんが担当。高岸さんの「集まれぃ!」のかけ声は堂に入ったもの。今回の『ダンス〜』の上演の前に『M』(12月)を見られたのはよかったかもしれない。
「火の鳥」。背後に、火の鳥の木村さんとパルチザンのシルエットが浮かび上がる。そして、ゆっくりと歩み出てくる9人。格好良い〜(♪)。今回の「火の鳥」はジーンズのままで踊られました。木村さんは上半身は裸。ジーンズで踊る「火の鳥」もいいもんだな〜、と。『とにかく「火の鳥」が好き』という奈良さんがパルチザンに入っていて嬉しい。木村さんはジーンズだろうとなんだろうと、美しい踊りでした。むしろ、普段の「火の鳥」では見えない上半身が強調されて、腕とともに堪能。もう、この「火の鳥」のあたりから、それまでにも増して木村さんが眩しくて眩しくて…。こんなに美しい火の鳥を、ジーンズ姿の木村さんが踊っている…。何かから解き放たれたような清々しい大きな踊り。解き放たれたのは木村さんか、火の鳥か、、。その両方だったのかもしれません。
倒れた火の鳥。作品はそのままラストの「未来のためのミサ」へと移行していきます。起き上がった木村さんは、グレゴリオ聖歌に乗せてゆっくりと踊り始めます。パルチザンに混じって、一人、また一人とダンサーたちが舞台に表れる。木村さんは様々なダンサーたちと関わりながら踊っていきます。音楽は民俗音楽へと変わります。ボリビア・マンタ(グループ名)というくらいだから、ボリビアの音楽なのかな? ループが心地良い、キラキラして優しい音楽でした。ゆっくりと背景幕と両袖の暗幕が取り払われ、剥き出しの舞台に何十人ものダンサーが並びます。真ん中で踊る木村さんの美しいこと…。そして、なんて素敵な笑顔で踊るの〜、と。「舞楽」の小笠原さんが円形の鏡を木村さんに手渡します(置いてあるのとは別の鏡)。その鏡を掲げてクルクルと回転し続ける木村さん。木村さんが掲げた鏡から光が乱反射する、希望に満ちたらストでした。
posted by uno at 02:04| Comment(6) | バレエ公演2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする