2010年07月31日

NBSからサンクス・クーポン届く/他届いたもの

祭典の封筒が届いたので、<奇跡の響演>の優先予約か?と思ったら、祭典の特典であるサンクス・クーポンでした。会費を一括払いした会員に贈られる、チケット購入に使える2万円分のクーポン券です。待ってましたよ〜。いや、最初は別にいつでもいいやと思ってたんですが、<奇跡の響演>が発表されたので、是非ここで使いたいなと思いまして。
5,000円のクーポンが4枚同封されていました。もしや1回の利用制限額があるのか?と思ったんですが、どうやら1度に2万円使っても大丈夫みたい。現在発売中の公演や、間もなく発売される<奇跡の響演>、『M』などにも使用可能だそうです。使用期限は2012年8月まで。電話予約の場合は、その旨を伝えたうえで、NBSまで郵送で送るんだそうです。
なお、<奇跡の響演>、『M』の優先予約のお知らせは、8月のはじめに届くとのこと。申込書はFAX専用になっているそうですが、クーポン利用の場合は、申込書とクーポンを一緒に郵送してくださいとのことでした。

NBSのサイトに、『M』の公演ページができていました。『M』は祭典よりもアッサンブレが優先でしょうか。気になるな〜。早くDM届かないかな〜。
NBS

届いたものを書いておかないと、自分でも忘れてしまいそうなので、ちょっとメモ。

東バ『ジゼル』チケット(コジョカル&コボー)
BBL追加枠チケット
BBL兵庫&岩国チケット
『EKODA de DANCE』チケット
NBSサンクス・クーポン
posted by uno at 20:21| Comment(2) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山バレエ団『くるみ割り人形』/12月の予定

今日は、松山バレエ団『くるみ割り人形』の一般発売日でした。そろそろ『くるみ』を考えるシーズンなのか〜。森下洋子さんと清水哲太郎さんの日を取りました。ここ数年はずっと、「早く見なければ」と思いながら、なかなか見に行けなかったんですが、今回やっとチケットを取りました。初・森下洋子さん、楽しみ〜♪ 演出や舞台美術も楽しみです。

■ 松山バレエ団 2010Xmas公演『くるみ割り人形』全幕

演出・振付:清水哲太郎
作曲:P.I.チャイコフスキー
指揮:河合尚市
演奏:京ニューフィルハーモニック管弦楽団

12月11日(土)15:00 神奈川県民ホール 大ホール
森下洋子/清水哲太郎
S席9,000円 A席:7,000円 B席6,000円 C席:4,000円
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】

12月18日(土)15:00 府中の森芸術劇場 どりーむホール
森下洋子/清水哲太郎
S席9,000円 A席:7,000円 B席6,000円 C席:4,000円
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】

12月22日(水)18:30 森下洋子/清水哲太郎
12月23日(木・祝)11:30 山川晶子/鈴木正彦
12月23日(木・祝)17:00 平元久美/鈴木正彦
12月25日(土)11:30 佐藤明美/鈴木正彦
12月25日(土)17:00 森下洋子/清水哲太郎
ゆうぽうとホール
S席10,000円 A席:8,000円 B席:5,000円 C席:3,000円
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】

松山バレエ団


東バの『M』の日程が発表されたので、やっと12月の予定が決まり、気持ちが落ち着きました。私の予定は『M』、山海塾(相模大野)、松山『くるみ』です。今年の12月はこれくらいにしておきたいんだけどな〜。というわけで、ちょっと気が早いですが、12月のバレエ公演を集めてみました。山海塾の予定が入っているのは、私にとっては重要ということで、あしからず、、、。

■ 新国立劇場バレエ団 アシュトンの『シンデレラ』

【シンデレラ/王子/仙女】
11月27日(土)14:00 さいとう美帆/マイレン・トレウバエフ/川村真樹
11月28日(日)14:00 小野絢子/山本隆之/本島美和
12月1日(水)19:00 さいとう美帆/マイレン・トレウバエフ/川村真樹
12月3日(金)19:00 小野絢子/山本隆之/本島美和
12月4日(土)14:00 寺島まゆみ/貝川鐵夫/湯川麻美子
12月5日(日)14:00 長田佳世/福岡雄大/湯川麻美子
会場:新国立劇場オペラパレス
一般発売:8月7日(土)
eプラス
電子チケットぴあ

■ 山海塾『時の中の時−とき』
12月4日(土)15:00 会場:グリーンホール相模大野
eプラス
電子チケットぴあ

■ ストラヴィンスキー・イヴニング 平山素子「兵士の物語」「春の祭典」
演出・振付・出演:平山素子
出演:吉本慎吾、大貫勇輔、若松美黄、柳本雅寛/他
一般発売:9月20日(月・祝)

12月4日(土)18:00
12月5日(日)15:00
会場:新国立劇場 中劇場

■ 牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』
12月10日(金)
12月11日(土)
12月12日(日)
会場:ゆうぽうとホール

■ 東京バレエ団『M』
12月18日(土)15:00
12月19日(日)15:00
会場:東京文化会館

■ 松山バレエ団『くるみ割り人形』

12月11日(土) 神奈川県民ホール
12月18日(土) 府中の森芸術劇場
12月22日(水)〜25日(土) ゆうぽうとホール

■ レニングラード国立バレエ

12月5日(日)17:00 ベイシア文化ホール【群馬】/『くるみ割り人形』
12月8日(水)18:30 東京文化会館/『ロミオとジュリエット』/ペレン
12月9日(木)18:30 東京文化会館/『ロミオとジュリエット』/ヤパーロワ
12月11日(土)15:00 千葉県文化会館/『くるみ割り人形』
12月12日(日)15:00 パルテノン多摩/『くるみ割り人形』
12月16日(木)18:30 練馬文化センター/『くるみ割り人形』
12月18日(土)13:30 グリーンホール相模大野/『くるみ割り人形』
12月19日(日)15:00 静岡市民文化会館/『くるみ割り人形』
12月20日(月)18:30 アクトシティ浜松/『くるみ割り人形』
12月23日(木・祝)12:30 東京国際フォーラムA/『くるみ割り人形』/ヤパーロワ
12月23日(木・祝)16:30 東京国際フォーラムA/『くるみ割り人形』/シェスタコワ
12月24日(金)18:30 神奈川県民ホール/『くるみ割り人形』
12月25日(土)12:30 東京国際フォーラムA/『くるみ割り人形』/ロマチェンコワ
12月26日(日)15:00 鎌倉芸術館/『白鳥の湖』
12月27日(月)18:30 オーチャードホール/『ジゼル』/ルジマトフ
12月28日(火)18:30 オーチャードホール/『ジゼル』/ルジマトフ

■ バレエシャンブルウエスト『くるみ割り人形』
12月23日(木・祝)14:00/18:30
12月24日(金)18:30
12月25日(土)16:00
会場:八王子市芸術文化会館いちょうホール

■ 小林紀子バレエ・シアター『くるみ割り人形』
12月25日(土)18:30
12月26日(日)15:00
会場:メルパルクホール
posted by uno at 18:07| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

山海塾『とばり』兵庫公演/DANZAに『KARA・MI』記事

山海塾のHPが更新されました。相模大野『TOKI』の先行予約のお知らせと、兵庫公演『TOBARI』が発表されています。お〜! 兵庫芸文でも公演があるのね〜♪ なんとかして行きたい。相模大野の先行予約は、山海塾のお問合せフォームから申し込むと、案内が送られてくるというもの。一応、申し込んでみました。グリーホール相模大野のチケットMOVEでは、ネットで座席を選びながら取れるので、そちらも捨てがたいんですが、、。良い席を持ってるのはどっちだろうか(永遠に尽きない悩み…)。

■ グリーンホール相模大野公演 【先行予約】

先行予約期間:8月19日(木)〜25日(水)
申込締切:8月11日(水)

「先行予約にはパスワードが必要です」ってことなんですが、申し込むとパスワードを送ってくれるってことなのかな?

山海塾

■ 山海塾『TOBARI』 【兵庫】

3月5日(土) 兵庫県立芸術文化センター


最新のDANZA(2010.8−9)に、『KARA・MI』世界初演の記事が載っていました。取材・文は岩城京子さん。初めて日本語のレビューを読んだ気がする。タイトルの“からみ”についての天児さんのコメントを紹介してくれています。<から>は“空の体”、<み>は“身”。“身”は命を宿す女性の体を横から見た象形文字なんだそうです。つまり『から・み』で、空の体=死と、命の宿る体=生の双方を表しているとのこと。早く見たいな〜。

DANZA
posted by uno at 14:38| Comment(0) | 山海塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

『エトワール・ガラ2010』Aプロ(7/28)

昨日は『エトワール・ガラ2010』初日(Aプロ)に行ってまいりました。楽しかったですよ〜♪ やる方も見る方も手探り、みたいだった1回目から、すっかり人気のガラ公演になった感のあるエトワール・ガラ。継続してくれたら嬉しいなぁとは思ったけど、本当に3回も続くとは思いませんでした。これからも是非、続けてほしいな、と。オーチャードでなければもっと嬉しいんだけど、もうオーチャードのイメージが定着しているような気がするので、このままでもいいかな、なんて。まあ、諦めの心境といいますか。

第1部はガラ(65分)、第2部は『三銃士』(75分)の二部構成で、終演予定は21:40でした。初日の昨日はカーテンコールが終わったのが21:50頃だったので、ほぼ予定どおりというところでしょうか。第1部はどの演目もよかったし、『三銃士』も楽しかったです。場面転換や音楽の繋ぎなどは急ごしらえな感じがしなくはなかったけど、あれだけのメンバーがあれだけの踊りを見せてくれれば、そりゃあやっぱり楽しいです。そして、本人たちが楽しそうだったのがよかったなぁ、と。


シルヴィア・アッツォーニがやはり素晴らしかったです〜。というか、大好きなんです、彼女が。フロンドの髪を下ろして勇ましい出で立ちで登場した彼女を見ただけで、妙に感極まってしまった(笑)。華奢で、いつまでも少女のような雰囲気を残しているアッツォーニ。ところが、ノイマイヤー版『シルヴィア』のシルヴィアでは、なんとも勇ましく、格好良い。キリアンのコンテも格好良かったし、ノイマイヤーのアブストラクト・バレエも絶品だし、物語バレエの最高の紡ぎ手でもある。なんでも踊れるんだなぁ、と。
クリーム色のオーバーオール(っていうのか?)を着たリアブコのアミンタも素敵。爽やかで純真、それでいて逞しい肉体美と、目を奪われる美しい踊りでした。徐々にアミンタに興味を持ち惹かれていくシルヴィア。次第にほのかな官能を帯びてくるのが美しい、相変わらず息もピッタリな2人の素晴らしいパフォーマンスでした。背景幕にはグリーンの照明、頭上に三日月、そしてブルーの照明を浴びた一本木。舞台も美しかったです。
楽しみにしていた『人魚姫』は、1幕から人魚姫と王子のパ・ド・ドゥでした。リアブコの王子はカンパニーの公演では見られなかったので、とっても貴重! アッツォーニはメイクから衣裳、あの髪型まで、完璧に人魚姫の扮装で踊ってくれました。場面は海の底、嵐がおさまったあとの、人魚姫が王子を救うパ・ド・ドゥです。久々に聞いたアウエルバッハの音楽にも感激でした。王子が両腕を同じ方向に伸ばしてストップモーション。人魚姫がゆっくりを振り向き王子に近づいていく美しいシーンが、音楽も含め大好きです。も一度見たいなぁ、『人魚姫』。せめてCD出してくれ〜、、。

アバニャートはカルメンも『アルルの女』のヴィヴェットも、どちらも綺麗〜♪ 彼女の一見器用そうだけど、もしかしたら不器用そうな感じが好きなんです(どういうこっちゃ、、)。器用になんでも踊れるというのは、ある意味ダンサーとしての不器用さでもあるのではないかと感じることもあるんですが、それでもいつもちゃんと彼女らしさを感じさせてくれるところが、好きなところなんです。マチューのホセはちょっと印象が薄め(すみません…)。私的にはアバニャートに注目して見てしまいました。そういえば、短いヴァージョンでしたよね? ホセのソロもあるヴァージョンだとよかったのになぁ、と。

もう一つアバニャートが踊った『アルルの女』では、ペッシュのフレデリがよかった。なんといってもラストのソロですよね〜。アルルの女の幻影にとりつかれ、徐々に狂気に陥っていくフレデリ。次第に強度を増すソロはそのまま上り詰め、ついに窓から身を投げるラストへと一直線に突き抜けます。圧巻の幕切れ。これはペッシュの当たり役なんじゃないかな〜。キレのある踊りと狂気に囚われていく様は見事でした。自分が主催者の公演で、自分の最高の見せ場も用意しているのが、ペッシュの好きなところです。


しまった、時間切れです〜。今日もAプロを見に行くのでこの辺で。今日は雨ですね。止まないかな〜、、。
posted by uno at 15:09| Comment(2) | バレエ公演2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ベルリン国立バレエ団2011年日本公演 日程決定

東バの『M』が発表されたと思ったら、ベルリン国立バレエの情報も出ました。こちらは日程のみ。日程だけでも助かる〜。1月は山海塾の日本公演があるので、早く日程が知りたかったんです。
既に発表されていた演目、『シンデレラ』と『チャイコフスキー』の他に、1回だけの<マラーホフ・ガラ>というのがあるそうです。これは予想外でしたー。結果的に<“ほぼ”ベルリン・ガラ>になった『マラーホフの贈り物』も面白かったし、期待が高まりますね〜♪ なんと言っても、久々にサイダコワが見られそうで楽しみです。
詳細は8月下旬に発表だそうです。『チャイコフスキー』の日程が、1日空いているのが気になる。

■ ベルリン国立バレエ団2011年日本公演

『シンデレラ』全2幕
振付・演出:ウラジーミル・マラーホフ
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
装置・衣裳:ヨルディ・ロイク
照明:フランツ・ペーター・ダヴィゥド
台本協力:セルジュ・オネゲル

1月15日(土)13:30
1月15日(土)18:00
1月16日(日)15:00

<マラーホフ・ガラ>
1月18日(火)18:30

『チャイコフスキー』全2幕
振付・演出:ボリス・エイフマン
音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
装置・衣裳:ヴァチェスラフ・オクネフ
照明:グレーブ・フィルシュテインスキー

1月20日(木)18:30
1月22日(土)15:00
1月23日(日)15:00

会場:東京文化会館
9月下旬より一斉発売開始予定

NBS
posted by uno at 21:52| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京バレエ団『M』公演詳細 小林十市さん出演決定!

東京バレエ団『M』の公演詳細が決定しました。なんと、小林十市さんがシ(死)役で出演決定! ウソでしょ〜!! 十市さんのシが見られるなんて、夢みたい〜♪ ご本人のコメントもありまして、「ダンサーとしての成熟期に身体の不調のために余儀なく引退し、ダンサーとして完結していないという思いが残っていました。ベジャールさんの追悼公演でも踊れないことがもどかしかった。」とのこと。ベジャールファンとしても十市さんの踊りを見られないのは非常に残念なことだったけど、きっと十市さんの思いはそれ以上に計り知れないものだったのではないかと思うと、ちょっと胸が熱くなりました。身体、大丈夫かなぁと、少し心配な気持ちもあるんですが、ダンサーですからきっと自分の身体は自分が一番わかっているはず。そう、やはり十市さんは「ダンサー」だと思うのです。
イチは高岸さん、ニは後藤さん、サンは木村さんでシングルキャストなのも嬉しい。まだまだこの3人で見たいです、やっぱり。そして気になっていた聖セバスチャンは長瀬さんでした。こちらもシングルキャスト。ちょっと線は細いけど、長瀬さんしかいないでしょ〜♪、と。
他に新しいところでは、女に水香さん、海上の月に渡辺理恵さん、オレンジに吉川留衣さん、ヴァイオレットに田中結子さん。ローズの西村さんと奈良さんは2人とも初役かな? 吉岡さんは女、井脇さんはヴァイオレットを今回も踊ってくれます。

そして、何よりホッとしたのは、山海塾の相模大野の公演と重ならなかったことです。よかったよ〜。本当に本当によかった。木村さんのサンが1回しか見られなかったらどうしようかと思ったよ、、。やっと気持ちが落ち着きました。それにしても、9月4日(土)が一般発売ということは、<奇跡の響演>と支払いが重なりますね(苦笑)。

それにしても久々の『M』、楽しみだな〜♪

■ 東京バレエ団 モーリス・ベジャール振付『M』

振付・演出・衣裳コンセプト:モーリス・ベジャール
音楽:黛 敏郎、C.ドビュッシー、J.シュトラウス二世、E.サティ、R.ワーグナー
※音楽は特別録音によるテープを使用します。

12月18日(土)15:00
12月19日(日)15:00
会場:東京文化会館

S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円 C席:5,000円 D席:4,000円 E席:3,000円
一般発売:9月4日(土)
NBS WEBチケット先行抽選予約:8月12日(木)10:00〜8月26日(木)18:00

【予定される主な配役】
イチ:高岸直樹
ニ:後藤晴雄
サン:木村和夫
シ(死):小林十市
聖セバスチャン:長瀬直義
女:吉岡美佳(12/18)、上野水香(12/19)
海上の月:小出領子(12/18)、渡辺理恵(12/19)
オレンジ:高木綾(12/18)、吉川留衣(12/19)
ローズ:西村真由美(12/18)、奈良春夏(12/19)
ヴァイオレット:井脇幸江(12/18)、田中結子(12/19)

NBS
posted by uno at 18:23| Comment(6) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

箇条書きで。

最近、生活習慣を変えました。ってほど大袈裟ではないんですが、帰宅後の行動の順番を変えたんです。夕飯→ネット→お風呂だったのを、夕飯→お風呂→ネットにしてみた。夜遅くにお風呂に入る生活を抜け出したので、睡眠時間も取れるし身体の調子はいいんですが、ブログの更新が滞りがちです。やっぱり、お風呂に入るともう寝たくなっちゃうんですよね〜。という、ブログを更新しない言い訳でした。たぶん、更新が減っていることなんて、私しか気が付いていないと思うけど(苦笑)。
というわけで、お風呂に入ってきます〜。書きたいことはいろいろあるんですが、、、。
・森山開次さんの公演がよかった。
・東バ『ジゼル』の春日井の連絡が来た(封書)
・K-BALLET公演情報 『コッペリア』(全国)/『白鳥』(東京)
・気になる公演
など。
posted by uno at 22:27| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

気になる公演/吉田都さん、他

いくつか気になる公演を〜。

早川恵美子・博子バレエスタジオの公演情報がぴあに出てました。なんか、久しぶりだな〜、と。いや、公演はやっていたのかもしれないけど、情報を目にすることがなかったので。石井竜一さんがロイスで、後藤和雄さんがヒラリオンを踊った『ジゼル』を見に行ったことがあります。あのときは同時上演で「ダンスパステル」というのがありまして、早川恵美子さん、博子さん、足川欽也さん、坂本登喜彦さんという、貴重な舞台だったなぁ、と。あのときで既に恵美子さんも博子さんも還暦を迎えられていたはず。最近、こういう面白い公演をあまり見にいけてないことが残念。
今年の演目は『白鳥の湖』。出演者は、ぴあによれば岸川英里さんと鈴木裕さんです。お2人ともスタジオのダンサーさんかな? 岸川さんは前に見たときにジゼルを踊っていた方ですね〜。とてもよかったので、ちょっと気になります。そして今回も溝下司郎さんが監修というのも気になるところ。
スタジオのHPでは、まだ公演情報は更新されていません。

■ 早川恵美子・博子バレエスタジオ 『白鳥の湖』全幕

演出・振付:早川恵美子
監修:溝下司郎
出演:岸川英里、鈴木裕/他

10月23日(土)17:00
会場:メルパルクTOKYO
S席:6,000円 A席:5,000円 B席:4,000円
一般発売:8月1日(日)

電子チケットぴあ
早川恵美子・博子バレエスタジオ


もう一つ気になるのは、愛知の『グラン・ドリーム・バレエ・フェス』。あいちトリエンナーレ2010の共催事業です。2日目のスペシャル・ガラ・コンサートには、前回に引き続き、吉田都さんが出演するようです。他に、シオマラ・レイエス、藤野暢央さんの出演も。

■ あいちトリエンナーレ2010共催事業 『グラン・ドリーム・バレエ・フェス』

9月25日(土)14:00
9月26日(日)16:00
会場:愛知県芸術劇場大ホール

【25日】
S席:6,000円 A席:5,000円 B席:3,000円 C席:2,000円
【26日】
S席:9,000円 A席:7,000円 B席:6,000円 C席4,000円
一般発売:7月25日(日)

スペシャル・ガラ・コンサート【26日】

『ダイアナとアクティオン』 佐々部佳代/市橋万樹
『くるみ割り人形』第3幕より 植村麻衣子/藤野暢央
『海賊』 越智久美子/越智友則
『ドン・キホーテ』 シオマラ・レイエス/ワディム・ソロマハ

『オーロラ姫の結婚』ハイライト版
演出・再振付:望月則彦
ゲストプリンシパル:吉田都 

東海テレビ
電子チケットぴあ
posted by uno at 14:56| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBL岩国のチケット確保。

今日はBBL岩国公演の一般発売日でした。ちょうどお休みだったので、10時からチケ取り。ぴあはS席からしか扱いがないので、シンフォニア岩国に電話をして取りました。しばらくは話中でしたが、程なくして繋がって、好みの席を確保。
今回はオーケストラピットをつぶして舞台を広げるため、最前列は5列になるそうです。東バの『くるみ』のときは、オケピも座席として使ってました。今思うと、東バも舞台を広げてもよかったんじゃないか、と。ちょっと後ろが狭そうだったなぁ〜。BBLは舞台を広げて使うことが多いですよね、ゆうぽうととか。
どうやらセンターブロックがSS席、サイドブロックがS席のようです。電話が繋がった時点で、SS席は確か12列か13列、S席は5列からあると言われました。前方のセンターブロックは全部売れたんですね〜。友の会の先行予約もあったしね。

さて〜、これで無事に兵庫も岩国もチケット取ったし、あとはワクワクと遠征を妄想するだけだわ〜(♪)。いや、もちろん公演も楽しみです!

今日はこれから森山開次さんの公演を見に行きます。上演時間は、休憩無しの1時間5分らしいですよ〜。
posted by uno at 13:55| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

<奇跡の響演>公演詳細

<奇跡の響演>の公演ページが完成しました。ほとんどの情報は出ていたので新しいことはあまりないけど、生贄の割り当て(?)が判明しました。誰が踊るかまではわからないんですが、とりあえず3日(水・祝)が東京バレエ団キャスト、4日(木)がBBLキャストになるようです。気になるのは群舞ですよね〜。東バ生贄×BBL群舞、BBL生贄×東バ群舞なのか、群舞はシャッフルなのか、2日間とも東バなのか。いずれにせよ、東バもBBLも大ファンの私としては、このシャッフル公演は楽しみな限りです♪ って、両日見にいければの話〜(苦笑)。

■ <奇跡の響演>
ズービン・メータ指揮イスラエル・フィル×BBL×東京バレエ団

『春の祭典』
※生贄役
【11/3】東京バレエ団キャスト / 【11/4】モーリス・ベジャール・バレエ団
『愛が私に語りかけるもの』
モーリス・ベジャール・バレエ団
『ペトルーシュカ』
東京バレエ団

11月3日(水・祝)15:00
11月4日(木)19:00
会場:東京文化会館

S席:39,000円 A席:35,000円 B席:31,000円 C席:25,000円 D席:20,000円
E席:15,000円 F席:11,000円 エコノミー券:9,000円 学生券:6,000円
S席ペア割:76,000円 A席ペア割:68,000円 B席ペア割:60,000円

NBS WEBチケット会員先行抽選予約:8月5日(木)〜8月19日(木)
一般発売:8月28日(土)

NBS <奇跡の響演>


BBLの岩国の公演情報がぴあに出ました。ぴあではSS席の販売はなく、S席から取り扱うようです。一般発売がいよいよ23日(金)です。またしても緊張してきた〜。
posted by uno at 00:33| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする