2010年06月16日

上野水香&木村和夫、バンブルク・バレエ<ニジンスキー・ガラ>に出演

本日、海外ツアーに出発した東京バレエ団。そのツアーの最中、なんとハンブルク・バレエのニジンスキー・ガラに、水香さんと木村さんが出演するそうです!
  →東京バレエ団
斎藤&高岸&木村の「月に寄せる七つの俳句」への客演に続き、なんとも嬉しいニュースです〜。あのニジンスキー・ガラに木村さんが出るなんて♪ ベジャールの「バクチV」を踊るそうです。水香さんと木村さんの「バクチ」と言えば、荒川でしたっけ。ドキドキして見てたのを思い出します。

別にコピーする必要ないんですけど、なんとなく。嬉しいんで(♪)。

Bhakti III – Pas de deux
Music: Traditional Indian Music
Choreography: Maurice Béjart
Costumes: Germinal Casado
Premiere: July 26, 1968, Avignon, Ballet du XXe Siècle

Mizuka Ueno – Kazuo Kimura
The Tokyo Ballet

イリ・ブベニチェクの「ル・スフル・ドゥ・レスプリ」も上演されるようです。
ニジンスキー・ガラ

書きそびれていたんですが、ハンブルク・バレエの「月に寄せる七つの俳句」初演に、オリジナルキャストとして3人が客演するのも、ビッグニュースでした。これは是非、日本でも実現しないかな〜、と。向こうでは、ハンブルク・バレエのアンサンブルに日本人3キャストが客演するんですよね。今度は東京バレエ団の公演に、ハンブルク・バレエの客演が実現しないかしら。しかも、オリジナルキャストのダブル・キャスト、とか。合同のノイマイヤー・ガラなんて実現したら、嬉しいな〜、と。

◆東京バレエ団第24次海外公演 スケジュール◆

アスペンドス(トルコ)【ローマ古代歌劇場】
6月17日(木)
『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『ボレロ』

イスタンブール(トルコ)【Cemal Re?it Rey Concert Hall】
6月19日(土)
『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『春の祭典』

ハンブルク(ドイツ)【ハンブルク州立歌劇場】
6月22日(火)『舞楽』『カブキ組曲』
6月23日(水)『舞楽』『カブキ組曲』

6月24日(木)斎藤/高岸/木村 ハンブルク・バレエ「月に寄せる七つの俳句」

ナポリ(イタリア)【サン・カルロ歌劇場】
6月26日(土)『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『春の祭典』
6月27日(日)『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『春の祭典』

6月27日(日)上野/木村 ハンブルク・バレエ<ニジンスキー・ガラ>「バクチV」

チヴィタノーバ(イタリア)【テアトロ・ロッシーニ】
7月1日(木)
『舞楽』『ドン・ジョヴァンニ』『ギリシャの踊り』

クレモナ(イタリア)【アレーナ・ジャルディーノ(野外劇場)】
7月4日(日)
『舞楽』『ギリシャの踊り』『春の祭典』

ベルリン(ドイツ)【ベルリン・ドイツ・オペラ】
7月6日(火)『ザ・カブキ』
7月7日(水)『ザ・カブキ』

ミラノ(イタリア)【ミラノ・スカラ座 】
7月11日(日)『ザ・カブキ』

コモ(イタリア)【パルコ・ヴィラ・オルモ(野外劇場)】
7月13日(火)
『ギリシャの踊り』『舞楽』『ボレロ』

リヨン(フランス)【ローマ劇場(野外劇場)】
7月15日(木)
『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『ボレロ』

ラッコニージ(イタリア)【カステロ・レアーレ・ディ・ラッコニージ(野外劇場)】
7月17日(土)『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『春の祭典』
7月18日(日)『ギリシャの踊り』『ドン・ジョヴァンニ』『春の祭典』
posted by uno at 00:31| Comment(4) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

維新派【埼玉公演】詳細決定

維新派の埼玉公演の詳細が決定しました。埼玉よりも前に、岡山県の犬島にある犬島精錬所跡で野外公演があります。そちらが世界初演(のはず)。維新派のサイトで野外劇場の模型が見られるんですが、やはりすごいです。 →こちら。 埼玉はどんな舞台になるんでしょう。絶対に見に行くと決めているわけではないんですが、もう1度見たいなぁとは思ってます。

■ 維新派『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』 【埼玉】

12月2日(木)19:00
12月3日(金)19:00
12月4日(土)13:00/18:00
12月5日(日)13:00
会場:さいたま芸術劇場大ホール

S席:5,000円 A席:3,000円
一般発売:10月2日(土)

維新派


日程が山海塾の相模大野の公演と重なってます。維新派のほうは5公演あるから大丈夫だけど。相変わらず気にあるのは東バの『M』の日程です。頼むから山海塾と重ならないでほしいんだけど、なんとなく嫌な予感がしてならない…。

posted by uno at 23:28| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ジゼル発売/萩尾望都

東バの『ジゼル』、春日井と川口が間もなく発売日です。春日井は斎藤&木村。こちらはアッサンブレの先行予約で申込済みです。発売日を過ぎたら主催元から連絡が来るはず。川口は吉岡&後藤。これは自分で取らないと、、。

【6月12日(土)一般発売】
東京バレエ団『ジゼル』【春日井】 斎藤友佳理/木村和夫
電子チケットぴあ
eプラス

【6月13日(日)一般発売】
東京バレエ団『ジゼル』【川口】 吉岡美佳/後藤晴雄
電子チケットぴあ
eプラス

自分の予定を書き出してみた。

9月8日(水)/9月9日(木)【東京】コジョカル/コボー
9月10日(金)【川口】吉岡/後藤
9月12日(日)【横須賀】斎藤/木村
9月19日(日)【春日井】斎藤/木村
10月3日(日)【越谷】上野/高岸

こんなもんだろうな〜。たぶん来れ以上は無理だと思います。これだけ見れば十分か。
12月の『M』の日程が早く知りたいところです。山海塾のほうもあるので。詳細が出るのはBBLの発売が終わった頃かな〜。


今日アマゾンから、「萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母」が届きました。
これ
待ってましたよ〜♪ 読むのが楽しみです。
posted by uno at 00:35| Comment(4) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

祭典の請求書、届く/ロパートキナ写真展

今日はお休みでした。でも、何もできなかった〜。ピナの感想を書かなきゃ書かなきゃと思いながら、一日が過ぎていきました。モヤモヤするー。ピナは、できればもう1回見たかったです。日本語訳を読んでから舞台を見て、もう一度日本語訳を確認して、その上でもう1回舞台を見たかったなぁ、と。直接的だったり遠まわしだったり、様々な印象的なシーンが思い出されます。ピナの舞台は、後からさらにジワジワきます。

NBSから、第23回バレエの祭典の会員費の請求書が届きました。会員の番号って、どうやって決まってるんでしょうか。会員数ではないと思うんだけどな〜。どうでもいいことなんだけど、ちょっと気になります。振込みは本日完了。ふぅ〜。
一緒にBBLの追加申込のお知らせも届きました。とりあえず東京公演は全部行こうかな、と。そこは迷いはなく。ちょっと迷っていた地方公演も、やっぱり行こうという気持ちになっています。ジルの「アリア」も面白そうだし、東京では見られないキャストがあるかもしれないし。他にも見たい公演があまりにもたくさんあるので、地方まで行くのは厳しいかなぁと思っていたんですが、やっぱり詳細が発表されて公演が具体的になってきたら、地方まで見に行きたくてウズウズしてきました。やっぱり大好きなんですよ〜。


話は変わりますが、写真家の高嶋ちぐささんによるロパートキナの写真展があるそうです。

■ 魅惑のバレリーナ「ウリヤーナ・ロパートキナ」 高嶋ちぐさ写真展

8月16日(月)〜8月21日(土)
解除:ギャラリーアートグラフ

バレエ・舞踊ブログ
posted by uno at 22:56| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピナ、東京初日。

ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団『私と踊って』、東京公演の初日に行ってまいりました。会場には大野慶人さんの姿も。そういえば、前回の『フルムーン』の初日でも慶人さんをお見かけしました。もう、ピナ・バウシュも大野一雄さんもいなくなってしまったんですね、、、。ピナ・バウシュの舞台から帰った私は、何とは無しにベジャールの『愛、それはダンス』のDVDを見ています。この映像のカーテンコールには、まだベジャールがいます。今日の舞台のカーテンコールに、ピナの姿はありませんでした。大きな柱を失ったカンパニーのカーテンコールには、とてつもない喪失感や得も言われぬ寂しさとともに、不思議な力強さも感じます。BBLにもヴッパタール舞踊団にも、長く存続してほしいと願わずにはいられませんでした。

台詞がたくさんあるんですが、今回はすべてドイツ語だったので、世界観を把握してから臨みたいという方は、プログラムで日本語訳を確認されるといいかも、です。上演時間は、休憩無しの2時間弱。因みに5列が最前列で、舞台を広げて使っていました。

伝わらない、他者と交われないもどかしさや切なさが漂う舞台でした。しかし最後には少し救いがある。彼らはあんなにも声を張り上げて、投げかけてくれました。「私と踊って」と。
posted by uno at 03:58| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

NBSからDM/BBL

NBSからDMが届きました。最近、NBSのDMは4サイズで届きます。チラシ好きとしては嬉しい。まあ、そのうち折れていないチラシも手に入るんですけどね〜。
今回のDMの内容は、BBLの本チラシと先行予約のお知らせ、コジョカル&コボー『ジゼル』本チラシと先行予約のお知らせ、そしてNBSニュースです。BBLの本チラシ、嬉しい〜♪ やっぱり、初めて本チラシを目にする瞬間はワクワクします。表紙は黒、中は白が基調。しかし、ここに載っているメンバーは2009−2010のものであって、11月にはいないメンバーもいるんですよね、、、。
NBS内のBBL日本公演サイトも完成しています。兵庫芸文のサイトにまだ情報が出ないんですよね〜、、。
NBS

今、『80分間世界一周』のDVDを見ながら書いてます。少し前に、『ベジャール、そしてバレエはつづく』のDVDが届いたんですが、それ以来、またいろいろ見たくなっちゃって。やっぱり楽しみだな〜、『80分間』。『ベジャール、そしてバレエはつづく』も面白かったです。思ったよりも冷静に見られました。あまり泣かせる作りにはなっていなかったのでホッとしたかも。なんと言っても、ジルの「アリア」が楽しみになりました。
あ、『80分間』は今、ペンギンのシーン。このシーンもすごく楽しみ。

コジョカル&コボーの『ジゼル』は、アッサンブレの先行予約で申し込みました。石巻の『ジゼル』は、今日(7日)からFAX申込開始なんだけど、まだ決断できず…。7月発売のチケットが多くて、ちょっと躊躇してしまう、、、。コジョカル&コボーとBBLの発売が重なってるんですよね。BBLはガッツリ取るつもりなので、他と重なるとちょっとシンドイ。岩国公演だって7月発売だし。石巻の件は、もう少し考えます。
  【一般発売】
  7月3日(土) コジョカル&コボー『ジゼル』
  7月4日(日) K-BALLET『New Pieces』
  7月10日(土)BBL / 東バ『ジゼル』【石巻】
  7月23日(金)BBL【岩国】

7月の発売を調べていたら、レニ国の公演が引っかかりました。12月の公演情報がもう出始めてるんですね〜。
12月5日(日)17:00『くるみ割り人形』ベイシア文化ホール【群馬】
12月18日(土)13:00『くるみ割り人形』グリーンホール相模大野【相模大野】
12月24日(金)18:30『くるみ割り人形』神奈川県民ホール【神奈川】。
因みに、レニ国さんは今年も聖徳大学で公演を行うようです(12/14)。今のところBBLの予定はないみたい。
  →聖徳大学シリーズコンサート
posted by uno at 01:45| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

K-BALLET夏公演で、服部有吉さんが振付

K−BALLETの夏の公演が発表されました。7月31日(土)と8月1日(日)。急な発表ですが、それよりも驚いたのは、服部有吉さんが振付をするということです。他に、中村恩恵さん、長島裕輔さんが振付。トリプル・ビルのようです。なんか新しい感じがして、こういうのもいいですね〜。それにしても、『エトワール・ガラ』やスタダンの『チャリティ公演』と思い切り重なってますね、、。

■ K−BALLET COMPANY Summer2010『New Pieces』

7月31日(土)16:00
8月1日(日)13:00/16:00
会場:赤坂ACTシアター

出演:熊川哲也、SHOKO、Kバレエカンパニー
振付:中村恩恵、服部有吉、長島裕輔

全席指定:14,000円
一般発売:7月4日(日)

K−BALLET COMPANY
posted by uno at 22:20| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ボリショイ×マリインスキー合同ガラ、演目決定/一般発売

『ボリショイ×マリインスキー合同ガラ』の演目が発表されましたね〜。ネット会員の先行発売でBプロだけ購入したわけですが、発表された演目を見て、おもわずAプロも購入してしまいました。結局〜。

ボリショイ×マリインスキー合同ガラ公演2010

■ ボリショイ×マリインスキー合同ガラ ロシア・バレエのスターたち

<Aプログラム>

「パ・ド・カトル」 振付:ドーリン  
  マリーヤ・アレクサンドロワ 
  スヴェトラーナ・ルンキナ
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ 
  ウリヤーナ・ロパートキナ
「眠れる森の美女」より第3幕のパ・ド・ドゥ 振付:プティパ 
  アリーナ・ソーモワ、レオニード・サラファーノフ
「海賊」 振付:プティパ/チェクルィギン 
  ナタリーヤ・オーシポワ、イワン・ワシーリエフ
「愛の伝説」よりモノローグとアダージョ  振付:グリゴローヴィチ
  ヴィクトリア・テリョーシキナ、イーゴリ・コールプ
「演目未定」 
  スヴェトラーナ・ザハーロワ、アンドレイ・メルクーリエフ
「ラ・シルフィード」  振付:タリオーニ/プティパ 
  スヴェトラーナ・ルンキナ、アレクサンドル・ヴォルチコフ
「別れ」 振付:スメカロフ
   エフゲーニャ・オブラスツォーワ、マクシム・ジュージン
「パ・ド・ドゥ」 振付:ヤコブソン 
  ナターリヤ・オーシポワ、イワン・ワシーリエフ
「レクイエム フォー ナルシス」 振付:スメカロフ
  ウラジーミル・シクリャローフ
「タリスマン」 振付:プティパ 
   マリーヤ・アレクサンドロワ、ミハイル・ロブーヒン
「タランテラ」 振付:バランシン
  ヴィクトリア・テリョーシキナ、レオニード・サラファーノフ
「シンデレラ」 振付:ラトマンスキー
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ、マクシム・ジュージン
「幻想舞踏会」よりデュエット 振付:ブリャンツェフ 
  スヴェトラーナ・ルンキナ、アレクサンドル・ヴォルチコフ
「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」 振付:バランシン 
  アリーナ・ソーモワ、ウラジーミル・シクリャローフ
「ザハーロワ スーパーゲーム」 振付:ヴェンティリア 
  スヴェトラーナ・ザハーロワ、アンドレイ・メルクーリエフ
「ジュエルズ」より“ダイヤモンド” 振付:バランシン 
  ウリヤーナ・ロパートキナ、イーゴリ・コールプ
「ドン・キホーテ」 振付:プティパ/ゴールスキー 
  マリーヤ・アレクサンドロワ、ミハイル・ロブーヒン

<Bプログラム>

「フローラの目覚め」パ・ド・カトル 振付:プティパ/レガート(ブルラーカ復刻版) 
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ
  アリーナ・ソーモワ
  ナターリヤ・オーシポワ 
  スヴェトラーナ・ルンキナ
「ライモンダ」 振付:プティパ/グリゴローヴィチ
  マリーヤ・アレクサンドロワ、ミハイル・ロブーヒン
「タンゴ」 振付:ミロシニチェンコ
  ヴィクトリア・テリョーシキナ、マクシム・ジュージン
「Cor Perdut」 振付:デュアト
  スヴェトラーナ・ザハーロワ、アンドレイ・メルクーリエフ
「ロミオとジュリエット」 振付:ラヴロフスキー 
  アリーナ・ソーモワ、ウラジーミル・シクリャローフ
「ゼンツァーノの花祭り」 振付:ブルノンヴィル 
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ、レオニード・サラファーノフ
「アルレキナーダ」 振付:ロプホーフ
  ナターリヤ・オーシポワ、イワン・ワシーリエフ
「パピヨン」 振付:タリオーニ/ラコット 
  アリーナ・ソーモワ、ウラジーミル・シクリャローフ
「グラン・パ・クラシック」 振付:グゾフスキー
  スヴェトラーナ・ルンキナ、アレクサンドル・ヴォルチコフ
「ロシアの踊り」 振付:ゴレイゾフスキー
  ウリヤーナ・ロパートキナ
「演目未定」
  マリーヤ・アレクサンドロワ、ミハイル・ロブーヒン 
「シェエラザード」 振付:フォーキン
  ナターリヤ・オーシポワ、イワン・ワシーリエフ
「ジゼル」  振付:ペロー/プティパ 
  エフゲーニャ・オブラスツォーワ、マクシム・ジュージン
「プルースト」 振付:プティ
  スヴェトラーナ・ルンキナ、アレクサンドル・ヴォルチコフ
「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」 振付:シュプック
  ウリヤーナ・ロパートキナ、イーゴリ・コールプ
「演目未定」
  スヴェトラーナ・ザハーロワ、アンドレイ・メルクーリエフ
「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ  振付:プティパ
  ヴィクトリア・テリョーシキナ、レオニード・サラファーノ


いや〜、なんだか盛りだくさんな感じですねー(♪)。なんと言っても驚いたのは、「パ・ド・カトル」です。アレクサンドロワ、ルンキナ、オブラスツォーワ、ロパートキナの「パ・ド・カトル」って、思わず職場で叫びそうになりましたよ。夜までグルグルと考えまして、結局Aプロを追加。はぁ、散財、、、。
メルクリエフは、がっつりザハロワと。Bプロで踊るデュアト作品が気になるところです。「ザハーロワ スーパーゲーム」というのも気になるけど。
アレクサンドロワ&ロブーヒンのペアも楽しみ。というかロブーヒン、ボリショイに移籍したのね。久々のアレクサンドロワ、楽しみだな〜。みんな楽しみだけど、やっぱりアレクサンドロワを見られるのが一番嬉しいかも。あと、メルクリエフ。そういえば、ラトマンスキーの『シンデレラ』をオブラスツォーワとジュージンが踊るんですね。私にとってラトマンスキーの『シンデレラ』と言えば、どうしてもヴィシニョーワとメルクリエフを思い出してしまいます。真っ白な衣裳のメルクリエフ、ウエストポーチのメルクリエフ、やっぱり忘れられないですね〜、、、。

そして、明日(6日)には一般発売が始まります。
【6月6日(日)一般発売】

『ボリショイ・バレエ×マリインスキー・バレエ合同ガラ公演2010』
電子チケットぴあ
→eプラス【座席選択】 Aプロ / Bプロ

『高円宮殿下記念 ローザンヌ・ガラ2010 in大阪』
電子チケットぴあ
eプラス
posted by uno at 00:32| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

本日(4日)NHK芸術劇場にて、ニーナ&グルジア国立バレエ『ロミジュリ』

もう間もなくですが一応書いておきます〜。

間もなく23時から、「芸術劇場」(NHK教育)でニーナ&グルジア国立バレエの『ロミオとジュリエット』が放送されます。情報コーナーもニーナとグルジア・バレエの紹介です。楽しみですね〜♪

■ NHK教育 「芸術劇場」

6月4日(金)23:00〜25:25(放送時間を延長してお送りします)
情報コーナー:「ロシア・バレエの名花 アナニアシヴィリ」
公演コーナー:「アナニアシヴィリの『ロメオとジュリエット』」

芸術劇場

実は、我が家は最近やっと地デジ化しまして、初めてのHDD録画というやつに、ちょっとドキドキしております。いや、操作は至って簡単だったんですが、本当にちゃんと予約できているのか不安、、、。無事に録画できますように〜。
posted by uno at 22:30| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

東バ『ジゼル』【石巻】キャスト/気になる海外ツアー 【追記あり】

東バ『ジゼル』石巻公演の公演情報が、こっそり更新されていました。なんとキャストは佐伯知香&長瀬直義! そうきましたか〜。う〜ん、どうしよー。石巻で18:30開演だと、たぶん泊まりになるんですよね。因みに、春日井(斎藤&木村『ジゼル』)は日帰りで行けるはず。11月にはBBL(西宮・岩国)、来年1月には山海塾(北九州)の遠征予定があるので、その前は控えておきたいんだけどな〜、、、。佐伯さんと長瀬さんの『ジゼル』なら、そのうち東京で見られるような気がする。でも、そんなこと言って見られるときに見ておかないと、もしかしたら後悔するかもしれない。迷います〜。
石巻公演は、石巻市文化スポーツ振興公社の共催事業です。

■ 東京バレエ団『ジゼル』 【石巻】

10月5日(火)18:30
会場:石巻市民会館

ジゼル:佐伯知香
アルブレヒト:長瀬直義

東京バレエ団Schedule
石巻市文化スポーツ振興公社

【追記】「こっそり更新」と書いたんですが、アッサンブレ会員にはちゃんとメルマガが届いてました。石巻公演の優先予約もあるそうで、東京公演の案内と一緒に近々届くようです。

東バblogの「稽古場より」が更新されました。担当は柄本弾さん。話題の中心は、出発が2週間後に迫った海外ツアーです。宮本さんが『春の祭典』で生贄デビューをするらしい! なるほどね〜。意外と言えば意外だけど、他に生贄キャラがいるかと言えば、いない気もする。『春の祭典』では他に、武尊さん、森川さん、そして弾さんがリーダー役でデビューするようです。海外公演では井脇&木村のハサピコもあるようで、ちょっと羨ましい。日本では今回は吉岡&木村。これも見逃せないんだけど。小笠原さんの『舞楽』も早く日本で見たい! そして、なんと奈良さんが顔世御前を踊るようです。初役なのか海外では踊ったことがあるのか、ちょっとわからないんですが、これは見てみたいです〜。 

東京バレエ団blog
posted by uno at 23:43| Comment(4) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする