2010年03月23日

東バ、パリ・オペ、blog更新

なんか、東京バレエ団blogの木村さんの登場率は、何気に高い気がする(♪)。

頭の中は脳内アルブレヒトでいっぱいなわけですが、そんな中、東京バレエ団blogの「稽古場より」が更新されました。今回の担当は小川ふみさん。ここのところキャスト表に載る役どころを踊っているので、舞台でも認識できるようになりました。メインは『オネーギン』のリハーサルの様子。友佳理さん(タチヤーナ)と平野さん(グレーミン)のパ・ド・ドゥとか、同じく吉岡さんと武尊さんのパ・ド・ドゥとか、かなり珍しい組合せですよね〜。楽しみ♪ そして、井上さんのアラベスクも本っ当、見事!
でも、何より最後のショットですよ! オレンジ色のフワフワクッションの持ち主は、もしや…と思ったら木村さんじゃないですか〜! 何気に木村さんがblogに登場する率が、高いような気がするんですよね〜。みんなに愛されてるってことかなぁ、とか。他のプリンシパルよりも若手との絡みが多いのかもしれないですね〜。ポーズも気になるけど、Tシャツの「MOTHER」の文字も気になる(笑)。(なんか有名なブランドなんですか?)

東京バレエ団blog

パリ・オペの日本公演blogも更新されました。『ジゼル』に入ったら更新されないな〜と思っていたら、『ジゼル』はまとめてレポート。ムッサンとペッシュの写真もいい感じ。2人の『ジゼル』も見たかったな〜、と。
ウィルフリードを演じていたジャン=クリストフ・ゲリが、今回の日本公演をもって退団するんだそうです。ちょっと素敵だったので、気になってたんですよね〜。楽日のカーテンコールでは、ル・リッシュがクリストフ・ゲリを舞台に登場させるというサプライズもあったようです。レポの写真を見てみると、どうやら楽日は1幕の登場人物もカーテンコールに登場したみたいですね。ん〜、やっぱり楽日って楽しそうだなぁ〜。

パリ・オペラ座バレエ団2010年日本公演blog

今日はお休みでした。何も予定がなかったので、家でのんびり。午前中はちょこっと病院に行きました。「次(の予約)も一応3ヵ月後くらいに入れとく?」(先生)、「そうですね〜、一応」(私)くらいの、軽〜い感じです。ただ、スケジュール帳を持たずに行くので、3ヵ月後のバレエの予定を診察室で「ん〜」と思い出さなくてはならないんです。チケットを取ってあるものは大体わかるけど、取ってないけど見たいな〜と思ってるものが危ないんですよね〜。まあ別に、あとから変更もできるから、間違えても大丈夫なんですけどね。

もうね〜、頭の中は木村さんのアルブレヒトですよ。木村さんならあの場面をどう演じるんだろう、あの場面は、じゃああの場面は、、、という妄想が(笑)。脳内アルブレヒトが止まりません。
東京公演もゲストなしと考えていいんでしょうか(違ったときが怖いので、まだ疑っておこうかと…)。越谷は水香さん、横須賀は友佳理さんと木村さんということは、ゲストなしなら東京でもこのキャストが組まれるんじゃないか、と。今、東バには5人のジゼルがいるんですよね。友佳理さん、美佳さん、小出さん、水香さん、佐伯さん(一般には非公開)。ファンとしてはとても楽しい(お財布は大変だけど)。それに対して、私が知る限りアルブレヒトは高岸さんと長瀬さん(これまた一般には非公開)だけ。ちょっとバランスが悪いよなぁ、と。今回、どんなキャストが組まれるのか、とっても気になります。
水香さんのパートナーはやっぱり高岸さん?木村さんが友佳理さんと踊るなら、美佳さんは誰と踊るんでしょう。小出さんのパートナーは?佐伯さんと長瀬さんのデビューは実現するでしょうか。主演意外にもヒラリオンやウィルフリードなど、気になる配役がいっぱいです。

そうそう、前回の記事で、興奮のあまり間違ったことを書いてしまいました。「横須賀で2回、木村さんが見られる」と書いたんですが、『オネーギン』は神奈川県民ホールでしたよ〜。お恥ずかしい…。今日、朝目が覚めて、ふと「あれ?」と思ったんです(何故そのタイミングだったのかは謎です)。相当、舞い上がってたみたいです(苦笑)。
posted by uno at 23:14| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする