2010年03月29日

オーストラリア・バレエ団2010年日本公演 詳細決定

オーストラリア・バレエ団2010年日本公演の詳細が発表されました。

■ オーストラリア・バレエ団 2010年日本公演

マーフィー版『白鳥の湖』全4幕
振付:グレアム・マーフィー/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー

10月9日(土)15:00
  オデット:マドレーヌ・イーストー
  ジークフリート王子:ロバート・カラン
  ロットバルト男爵夫人:ルシンダ・ダン
10月10日(日)15:00
  オデット:アンバー・スコット
  ジークフリート王子:アダム・ブル
  ロットバルト男爵夫人:ダニエル・ロウ
10月11日(月・祝)15:00
  オデット:マドレーヌ・イーストー
  ジークフリート王子:ロバート・カラン
  ロットバルト男爵夫人:ルシンダ・ダン

マーフィー版『くるみ割り人形』−クララの物語 全2幕
振付:グレアム・マーフィー/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー

10月15日(金):18:30
  クララ:ルシンダ・ダン
  医師/将校/恋人:ロバート・カラン
10月16日(土)15:00
  クララ:レイチェル・ローリンズ
  医師/将校/恋人:ケヴィン・ジャクソン
10月17日(日)15:00
  クララ:ルシンダ・ダン
  医師/将校/恋人:ロバート・カラン

指揮:ニコレット・フレイヨン
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

会場:東京文化会館
S席16,000円 A席:14,000円 B席:12,000円 C席:9,000円 D席:7,000円 E席5,000円
一般発売:5月22日(土)

NBS

さて、迷うな〜。『白鳥』は絶対にルシンダ・ダンが男爵夫人の日にしようと思っていたんですが、2日目のキャスト(アンバー・スコット、アダム・ブル)もすごく気になるんですよね〜。どんなダンサーだろうと思って、オーストラリア・バレエ団のサイトで見てみたんですが、どちらもちょっと気になる雰囲気(舞台写真がいくつか見られるのが嬉しい)。アンバー・スコットは印象的な黒髪。スレンダーで、ほっそりとした腕や脚がとても綺麗。アダム・ブルは八頭身か?という小顔の持ち主。『白鳥』の写真も何枚かありますが、結構素敵です。『くるみ』のケヴィン・ジャクソンも気になる。『くるみ』は2回見に行こうと思ってるんですが、『白鳥』は1回にしておきたかったんですよね〜。詳細が出たということは、そろそろ祭典会員に鑑賞希望日のアンケートが届きますよね。決められないよー。
posted by uno at 22:20| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ダンマガから。

ダンスマガジンを買いました。まだちゃんと読んでいないんですが、へぇ〜だったことをいくつか。

ルグリのインタビューによると、来年も再来年も日本で踊る計画があるとのこと。これは嬉しい〜。公演内容が気になるところですが、再来年ってもうバレエフェスの年ですよね? <新しき世界>がシリーズ化されるのかな〜、とか。

シルヴィ・ギエム&アクラム・カーンの『聖なる怪物たち』のDVDが発売になるそうです。そうなんだ〜。特典は、アクラム・カーンのインタビューと、写真&イラストギャラリー/特製ブックレット。発売は5月下旬の予定です。

■ 【DVD】 シルヴィ・ギエム&アクラム・カーン『聖なる怪物たち』

<5月下旬発売予定>
ロンドン、サドラーズ・ウェルズ・シアターでライブ収録(2008年)
63分/カラー/日本語字幕 6,300円

特典:アクラム・カーン インタビュー、写真&イラストギャラリー/特性ブックレット


マシュー・ボーンの『白鳥の湖』の公演を記念して、ワークショップが開催されるとのこと。私は今月のダンスマガジンで初めて知ったんですが、もしかしたらとっくに発表されてたのかも。日本公演サイトには応募の締切が書かれていないんですが、何も書いていないということは、まだ募集しているということでしょうか。講師は首藤康之、友谷真実、エタ・マーフィットです。というか、日本公演のサイトを全然チェックしていなかったんですが、メインキャストが既に発表されてたんですね〜(もちろん、各公演のキャストは当日発表ですが)。2月8日付けで、ザ・スワン/ザ・ストレンジャーと王子役のダンサーが発表されていました。

【ザ・スワン/ザ・ストレンジャー】
リチャード・ウィンザー、ジョナサン・オリヴィエ
【王子】
ドミニク・ノース、サム・アーチャー

マシュー・ボーンの『SWAN LAKE』日本公演サイト


今月のダンマガは、公演のレポに加えインタビューが多いような気がして、読むのが楽しみです。「バレリーナ 美の秘密」は部尚子さん、「稽古場のダンサーたち」には柄本弾さんが登場。こちらも楽しみ〜。
posted by uno at 23:45| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

東京バレエ団『ジゼル』全国ツアー詳細

アッサンブレからDMが届きました。秋の東京バレエ団『ジゼル』全国ツアーのお知らせ&先行予約と、アッサンブレ通信です。こんなに早く全国ツアーのお知らせを送ってくれるとは思いませんでしたよ〜。今回は、東京以外の公演もアッサンブレの先行予約を実施してくれるそうです。アッサンブレに申し込んだ後、各主催者から直接連絡がくるとのこと。

木村さんは横須賀以外に、愛知県の春日井公演に出演。それだけか〜、、、。斎藤&木村が横須賀、春日井の2公演、吉岡&後藤が川口、福山の2公演、上野&高岸が5公演です。詳細未定の石巻公演のキャストが気になるところ。
大分でワークショップ有り。春日井だけオケ無しのテープです。大阪、兵庫での公演がないのが意外かな、と。

■ 東京バレエ団『ジゼル』全国ツアー

【川口公演】(埼玉)
9月10日(金)19:00 会場:川口リリア
ジゼル:吉岡美佳
アルブレヒト:後藤晴雄
S席:7,000円 A席:6,000円
一般発売:5月23日(土)

【横須賀公演】(神奈川)
9月12日(日)15:00 会場:よこすか芸術劇場
ジゼル:斎藤友佳理
アルブレヒト:木村和夫
S席:8,000円 A席:6,500円
一般発売:5月8日(土)

【浜松公演】(静岡)
9月15日(水)18:30 会場:アクトシティ浜松
ジゼル:上野水香
アルブレヒト:高岸直樹
S席:9,000円 A席:7,000円
一般発売:4月25日(日)

【津公演】(三重)
9月18日(土)14:30 会場:三重県文化会館
ジゼル:上野水香
アルブレヒト:高岸直樹
S席:9,000円 A席:7,000円
一般発売:5月30日(日)

【春日井公演】(愛知)
9月19日(日)18:00 会場:春日井市民会館
ジゼル:斎藤友佳理
アルブレヒト:木村和夫
S席:7,000円 A席:5,500円
一般発売:6月12日(土)

【大分公演】(大分)
9月21日(火)18:30 会場:iichikoグランシアタ
ジゼル:上野水香
アルブレヒト:高岸直樹
GS席:9,000円 S席:7,000円
一般発売:6月19日(土)
※8月26日(木)に、東京バレ団ダンサーによるバレエ・トーク&ワークショップがあります。

【福山公演】(広島)
9月26日(日)15:00 会場:ふくやまリーデンローズ
ジゼル:吉岡美佳
アルブレヒト:後藤晴雄
SS席:8,000円 S席:7,000円
一般発売:5月8日(土)

【富山公演】(富山)
9月28日(火)19:00 会場:オーバードホール
ジゼル:上野水香
アルブレヒト:高岸直樹
S席:9,000円 A席:7,000円
一般発売:6月5日(土)

【越谷公演】(埼玉)
10月3日(日)15:00 会場:サンシティホール
ジゼル:上野水香
アルブレヒト:高岸直樹
S席:10,000円 A席:8,000円
一般発売:4月11日(日)

※【石巻公演】(宮城)も決定しておりますが、公演詳細未定のため、ご案内できる場合は後日お知らせいたします。


未定の石巻公演を含め、全国公演は10公演。とりあえず木村さんがアルブレヒトを踊る横須賀と春日井は行く予定として、どこかでヒラリオンを踊ったらどうしよう、と。そこまでは事前に発表されないだろうしなぁ、、、。折角のアッサンブレの先行予約ですが、利用するかどうか微妙に迷います。地方公演は、直接主催元で取ったほうが良い場合もあるし。今回のアッサンブレの先行予約では席番の指定はできないそうです(いつものことですが)。横須賀芸術劇場のチケットセンターなら、電話で座席を確認しながら取ることができます。春日井のほうは、「全席指定チケットの電話予約については、座席の指定ができません」とあるので、アッサンブレで申し込んでみようかな、と(直接窓口で購入すれば、席を指定できるそうです)。川口も遠くないし、見に行きたい気もするな〜。

既に判明していた斎藤さんだけでなく、吉岡さんもジゼルにキャスティングされていて本当によかった。お2人とも私にとってはとても大事なジゼルなので。後藤さんもアルブレヒト・デビューですよね。吉岡&木村も見たかったけど、吉岡&後藤の並びも嫌いじゃないので、こちらも楽しみです。
小出さんや、佐伯さん、長瀬さんの名前がないですね〜、、。東京公演もこの3組なんでしょうか。豪華オールキャストで見られたら楽しいだろうな〜。

ところで、わりとハードなスケジュールだと思うんですが、東京公演はどこに入るんでしょうか。土日が空いているのは、9月の最初の週か10月の2週目しかありません。8月には<ベジャール・ガラ>と『ドン・キ』があるし、10月にはオーストラリア・バレエ団の日本公演が始まるし、さらに11月の1週目からBBLの日本公演も始まります。NBSさんも結構忙しそうですね、、。というか、こっちのお財布も大変、、、。まぁでも、大変だけど、やっぱり楽しみなほうが大きいですけどね〜♪
posted by uno at 17:43| Comment(13) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

東京バレエ団『ジゼル』【浜松公演】/後藤和雄さん出演情報

東バ『ジゼル』の全国ツアー(のはず)の、浜松の情報が出ていました。キャストの記載は無し。

■ 東京バレエ団『ジゼル』 【浜松】

9月15日(水)18:30
会場:アクトシティ浜松 大ホール
S席:9,000円 A席:7,000円 B席:5,000円 学生席:2,000円

一般発売:4月25日(日)

電子チケットぴあ

今のところ判明しているのは以下の通り〜。

◆9月12日(日)15:00 よこすか芸術劇場
斎藤友佳理/木村和夫

◆9月15日(水)18:30 アクトシティ浜松 大ホール

◆10月3日(日)15:00 サンシティ越谷市民ホール 大ホール
上野水香


で、浜松公演の情報を調べていたら、後藤和雄さんのゲスト公演を見つけました。浜松シティバレエの『くるみ割り人形』にゲスト出演するようです。何を踊るかはわからないんだけど、、。

■ 浜松シティバレエ第15回発表会『くるみ割り人形』全2幕、他

4月3日(土)15:30
4月4日(日)15:30
会場:アクトシティ浜松 大ホール
料金:無料(要チケット)
浜松シティバレエ:053-454-0857

【ゲスト】
大柴琢磨、沖潮隆之、岸田隆輔、後藤和雄、下島功佐、長清智
中武啓吾、保井賢、山内一優、山科諒馬、吉田邑(50音順)

「シティバレエ」繋がりということで、以前→こちらの記事で紹介した武蔵野シティバレエの今年の公演ですが、演目は『新版 眠れる森の美女(仮題)』(振付:中原麻里)とのこと。「新版」というのが気になりますね〜。
posted by uno at 23:34| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バレエの神髄』追加公演決定

『バレエの神髄』の追加公演(東京)が決定していたようです。知らなかった〜。しかも、WEB先行発売が今日(26日)からでした。一般発売は4月16日(金)。やっぱり人気なんですね〜。
既に発表されていた東京公演とは会場が違います。

■ 『バレエの神髄』 <追加公演 決定>

7月8日(木)18:30
7月10日(土)15:00
7月11日(日)15:00
会場:文京シビックホール

<追加公演> 7月15日(木)18:30
会場:新宿文化センター
S席:14,000円 A席:11,000円 B席:8,000円
C席:5,000円
WEB先行発売:3月26日(金)
一般発売:4月16日(金)

【予定プログラム】

「眠りの森の美女」よりローズ・アダージョ    
音楽:P.チャイコフスキー/振付:M.プティパ
エカテリーナ・ハニュコワ、キエフ・バレエ

「侍」
音楽:鼓童/振付:M.ラブロフスキー
岩田守弘

「海賊」よりパ・ド・トロワ
音楽:R.ドリゴ/振付:M.プティパ
エレーナ・フィリピエワ、セルギイ・シドルスキー、ヴィクトル・イシュク

「阿修羅」
音楽:藤舎名生/振付:岩田守弘
ファルフ・ルジマトフ

「ディアナとアクティオン」
音楽:C.プーニ/振付:A.ワガノワ
ナタリヤ・ドムラチョワ、岩田守弘

「ライモンダ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:A.グラズノフ/振付:M.プティパ         
吉田都、ロバート・テューズリー、キエフ・バレエ

「シェヘラザード」                   
音楽:N.リムスキー=コルサコフ/振付:M.フォーキン
ファルフ・ルジマトフ、エレーナ・フィリピエワ、キエフ・バレエ

光藍社
posted by uno at 21:54| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

蔵健太さん、日本公演の予定。

蔵健太さんのブログによると、東京公演での蔵さんのキャスティングが決定したそうです。

6月26日(土)18:00 ベンヴォーリオ
6月28日(月)18:30 マキューシオ

残念〜、、、。私が見に行く日は入ってませんでした…。ん〜、できれば蔵さんのマキューシオが見たかったんだけどなぁ…。まあ、まだ変更になる可能性もあるとは思いますが、とりあえず残念だな、と。

Kenta Kura Official Blog

そういえば、電子チケットぴあにコジョカル&コボーとか、吉田&マックレーの『ロミジュリ』のチケットが残っていました。あれ? 完売になったものだとばかり思ってたんだけど、戻りチケットでしょうか。

電子チケットぴあ
posted by uno at 23:24| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBAバレエ団トゥールビヨン公演『ジゼル』にデルフィーヌ・ムッサン

NBAバレエ団のトゥールビヨン公演『ジゼル』に、パリ・オペのデルフィーヌ・ムッサンがゲストで出演するようです。ムッサンのパートナーを務めるのは秋元康臣さん。お〜、なんだかレアな組合せですね。どんな感じになるのか、ちょっと気になります。

■ トゥールビヨン公演『ジゼル』

演出・振付:安達哲治
(原振付:ジュール・ペロー、ジャン・コラリ)

6月19日(土)18:30
   ジゼル:原嶋里会
   アルブレヒト:秋元康臣
6月20日(日)15:00
   ジゼル:デルフィーヌ・ムッサン
   アルブレヒト:秋元康臣

会場:メルパルクホール
S席:6,000円 A席:5,000円 学生券:3,000円
一般発売:3月29日(月)

eプラス
posted by uno at 22:49| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ベジャール、パリ・オペ、DVD 【追記】

『ベジャール、そしてバレエはつづく』のDVDが発売になるそうです。ゆうさんのブログ「Side B-allet」で教えていただきました。ありがとうございます! 実は映画は見に行っていません。たぶん泣いちゃうだろうな〜と思ったし、何より映画館が苦手なもので、、、。苦手っていうか、どうしても気が進まないんですよね…。映画は嫌いではないんですが。でも、ジルのポスターは欲しかったので、前売り券は購入しました。なんだかな〜、自分。
というわけで、このDVDの発売を待ちわびていました! ゆうさんが紹介してくださった紀伊国屋書店Forest Plusによると、初回1,000BOXのみコレクターズ仕様とのこと。特典はアウターケースとオリジナルフォトカード5枚セットだそうです。一応、他も見てみたんですが、初回限定BOXはForest Plusにしかなかったので、ここで購入することに。もしかしたら、他でも限定BOX仕様なのかもしれないけど、念のため。

【6月2日(水)発売】
DVD「ベジャール、そしてバレエはつづく」

紀伊國屋書店Forest Plus 4,133円(18%OFF)
 【特典・その他】:キャスト・スタッフインタビュー/リーフレット/アウターケース&オリジナルフォトカード5枚セット(初回1,000BOXのみ)

HMV 3,982円(マルチバイ価格)

TOWER RECORDS 4,536円

【追記 3/30】Amazonにも情報が出たので追加しました。こちらもBOX仕様のようです。
Amazon 3,730円(26%OFF)



同じくバレエ映画、『パリ・オペラ座のすべて』も予約しました。こちらは、先日のパリ・オペの公演会場で先行発売してましたよね〜。かなり豪華な仕様なので惹かれたんですが、ちょっと迷っちゃったんですよね。でも、結局ネットで予約。定価の26%OFFのAmazonで購入することに。
パリ・オペのほうは、どのサイトでも【完全限定生産デラックス版】となっています。

【5月28日(金)発売】
DVD『パリ・オペラ座のすべて』

Amazon 5,284円(26%OFF)

HMV 5,641円(マルチバイ価格)

TOWER RECORDS 6,426円

紀伊國屋書店Forest Plus 5,641円(21%OFF)
posted by uno at 23:29| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

東バ、パリ・オペ、blog更新

なんか、東京バレエ団blogの木村さんの登場率は、何気に高い気がする(♪)。

頭の中は脳内アルブレヒトでいっぱいなわけですが、そんな中、東京バレエ団blogの「稽古場より」が更新されました。今回の担当は小川ふみさん。ここのところキャスト表に載る役どころを踊っているので、舞台でも認識できるようになりました。メインは『オネーギン』のリハーサルの様子。友佳理さん(タチヤーナ)と平野さん(グレーミン)のパ・ド・ドゥとか、同じく吉岡さんと武尊さんのパ・ド・ドゥとか、かなり珍しい組合せですよね〜。楽しみ♪ そして、井上さんのアラベスクも本っ当、見事!
でも、何より最後のショットですよ! オレンジ色のフワフワクッションの持ち主は、もしや…と思ったら木村さんじゃないですか〜! 何気に木村さんがblogに登場する率が、高いような気がするんですよね〜。みんなに愛されてるってことかなぁ、とか。他のプリンシパルよりも若手との絡みが多いのかもしれないですね〜。ポーズも気になるけど、Tシャツの「MOTHER」の文字も気になる(笑)。(なんか有名なブランドなんですか?)

東京バレエ団blog

パリ・オペの日本公演blogも更新されました。『ジゼル』に入ったら更新されないな〜と思っていたら、『ジゼル』はまとめてレポート。ムッサンとペッシュの写真もいい感じ。2人の『ジゼル』も見たかったな〜、と。
ウィルフリードを演じていたジャン=クリストフ・ゲリが、今回の日本公演をもって退団するんだそうです。ちょっと素敵だったので、気になってたんですよね〜。楽日のカーテンコールでは、ル・リッシュがクリストフ・ゲリを舞台に登場させるというサプライズもあったようです。レポの写真を見てみると、どうやら楽日は1幕の登場人物もカーテンコールに登場したみたいですね。ん〜、やっぱり楽日って楽しそうだなぁ〜。

パリ・オペラ座バレエ団2010年日本公演blog

今日はお休みでした。何も予定がなかったので、家でのんびり。午前中はちょこっと病院に行きました。「次(の予約)も一応3ヵ月後くらいに入れとく?」(先生)、「そうですね〜、一応」(私)くらいの、軽〜い感じです。ただ、スケジュール帳を持たずに行くので、3ヵ月後のバレエの予定を診察室で「ん〜」と思い出さなくてはならないんです。チケットを取ってあるものは大体わかるけど、取ってないけど見たいな〜と思ってるものが危ないんですよね〜。まあ別に、あとから変更もできるから、間違えても大丈夫なんですけどね。

もうね〜、頭の中は木村さんのアルブレヒトですよ。木村さんならあの場面をどう演じるんだろう、あの場面は、じゃああの場面は、、、という妄想が(笑)。脳内アルブレヒトが止まりません。
東京公演もゲストなしと考えていいんでしょうか(違ったときが怖いので、まだ疑っておこうかと…)。越谷は水香さん、横須賀は友佳理さんと木村さんということは、ゲストなしなら東京でもこのキャストが組まれるんじゃないか、と。今、東バには5人のジゼルがいるんですよね。友佳理さん、美佳さん、小出さん、水香さん、佐伯さん(一般には非公開)。ファンとしてはとても楽しい(お財布は大変だけど)。それに対して、私が知る限りアルブレヒトは高岸さんと長瀬さん(これまた一般には非公開)だけ。ちょっとバランスが悪いよなぁ、と。今回、どんなキャストが組まれるのか、とっても気になります。
水香さんのパートナーはやっぱり高岸さん?木村さんが友佳理さんと踊るなら、美佳さんは誰と踊るんでしょう。小出さんのパートナーは?佐伯さんと長瀬さんのデビューは実現するでしょうか。主演意外にもヒラリオンやウィルフリードなど、気になる配役がいっぱいです。

そうそう、前回の記事で、興奮のあまり間違ったことを書いてしまいました。「横須賀で2回、木村さんが見られる」と書いたんですが、『オネーギン』は神奈川県民ホールでしたよ〜。お恥ずかしい…。今日、朝目が覚めて、ふと「あれ?」と思ったんです(何故そのタイミングだったのかは謎です)。相当、舞い上がってたみたいです(苦笑)。
posted by uno at 23:14| Comment(0) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

木村さんのアルブレヒト!

横須賀芸術劇場のサイトに、東京バレ団『ジゼル』の公演情報が出ました。なんと、友佳理さんのジゼルと木村さんのアルブレヒトです!! やたー♪

■ 東京バレエ団『ジゼル』【横須賀】

9月12日(日)15:00
会場:よこすか芸術劇場

ジゼル:斎藤友佳理
アルブレヒト:木村和夫

S席:8,000円 A席:6,000円 B席:5,000円 C席:3,500円
一般発売:5月8日(土)

横須賀芸術劇場

ついに、ついに木村さんのアルブレヒトです。ずっとずっと、「木村さんにアルブレヒトを!」と訴え続けてきたわけですが(単にブログ上で訴えてただけです)、ようやく実現します。はぁ〜、言葉にならん。今年は2回も横須賀で木村さんを見られるんですね。ありがたいわ〜、横須賀。
【訂正】 『オネーギン』は神奈川県民ホールなので、横須賀で2回は間違いでした、、。完璧に舞い上がってるわ…。

そして、友佳理さんがジゼルを踊ってくれるのも嬉しい。よかった、また見られて。友佳理さんが踊るということは、美佳さんも踊ってくれるんじゃないかな〜、と。東京公演のキャストが気になります。
とりあえず、なんだかホッとしました。舞い上がりそうなほど嬉しいんだけど、同時にホッとしている部分もあるというか。もう、「木村さんにアルブレヒトを!!」とモヤモヤしなくてもいいんだなぁって。いや〜、でもやっぱり、舞い上がりそうに嬉しいのが一番かな♪
posted by uno at 01:55| Comment(6) | バレエ日記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする