2009年10月28日

ルグリ×ド・バナ、リハーサル。

東バblogで、やっとルグリ×ド・バナのリハーサルの様子がレポされました。最初の写真の黄緑色のレオタード、ド・バナ作品の衣裳かと思ってビックリしちゃいましたよ〜。

世界初演となる「ホワイト・シャドウ」には、5人の男性による“五大陸”、3人の女性による“海”などのパートがあるようです。コール・ドは男女10名。五大陸の男性陣は、(写真左から)氷室さん、宮本さん、松下さん、岡崎さん、小笠原さんに見えるんだけど、ちょっと自信ないです。海は川島さん、奈良さん、高木さん。ルグリと水香さんがミーティングをしているらしい写真があるんですが、水香さんも出演するんでしょうか? Aプロは1回分しかチケットを取っていないんですが、こんなに東バのダンサーが活躍するなら、もう一回見てもいいな〜と思っちゃった。
なんか2月って、なんだかんだ言って毎年忙しいような気がするんだけど、気のせいかなぁ、、、。他の月より日が少ないから、余計に忙しく感じるだけでしょうか。

10月22日は飯田さんのお誕生日だったそうで。おめでとうございます〜。花束はわかるんだけど、チュチュもプレゼント? もう東バの舞台で踊ることはないんだろうけど(マジックキューピーはやってくれると思う)、「ボレロ」のリズムにスキンヘッドの飯田さんがいると、なんていうか、アクがあって面白かったんですよね〜。

レポの最後に嬉しい報告が。小出さんがスタジオに戻ってきたんだそうです! 舞台復帰はもう少し先になるのかな〜。何の作品で復帰するのかも、すごく気になります。はぁ〜、それにしても、楽しみだな〜♪ それも含め、来年の3月以降の東バのラインナップが早く知りたい。ラインナップが発表されないことには、予想して楽しむこともできないですからね〜。確か去年は11月頃にラインナップが発表されたので、今年ももうそろそろじゃないかと思っているんですが、、、。待ち遠しいです。

東京バレエ団 blog
posted by uno at 23:05| Comment(2) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

最近知ったこと…。

え〜っと、実は最近知ったことがあるんですが、新幹線にもツアーが存在するということを、恥かしながら今まで知りませんでした…。ツアーといったらバスか飛行機だと思っていて、新幹線が安くなることはないと思っていたんです。ビックリだよ〜。自分が知らなかったことにもビックリしました。まあ、自分でホテルを選べなかったり、ツアー会社と電話の遣り取りがあったりで、私的にはかなりの不便さは感じたんですが、それでもかなり安くなったので助かりました。大阪くらいの近場だと、それほど大幅には安くはならないようですが、今回は広島までのツアーだったので、自分で手配するより1万円以上も安く済みました。それだけ安くなるんだったら、多少の不便さも我慢できるかな、と。東バの岩国公演を見に行くためなんですが、岩国までのツアーはなかったので、広島に泊まることにしました。初日は広島を観光して、翌日に岩国を観光しようかなと思っております。思いかけず広島を観光することになりそうですが、高校の修学旅行以来なのでちょっと楽しみかも。

今後も大阪くらいだったら自分で取ろうかな〜と思ってしまいます。出来れば自分でホテルを選びたいし、自分の決めた時間で行動したいので。電話の遣り取りでほぼ希望通りの電車を取ってもらえそうなんでうが、取れたかどうか返事待ちというのがモヤモヤします。1ヶ月前に取れば、取れないものなんてほとんどないとは思うんですが、、、。自分で全て手配したほうが旅行気分を満喫できるという性質なもんで、できれば自分でやりたいんですよね〜。電車の時間とか乗り継ぎとか、調べるの大好きだし。でも、今回ばかりは1万円以上の差には抗えませんでした。

知らなくて驚いたことと言えば、祭典会員のシステム。ずっと勘違いしていて、会員になっていなかったんです。あの20万円前後の年会費とは別に、公演ごとにチケット代を払うと思ってたんですね。「それは無理…」と思って、いつも見向きもしていなかったんですが、よく説明を読んでみたら、「違うじゃないか」と。それからは結局、継続してしまっているわけです。次も恐らくBBLがトップバッターで入ると思うので、継続してしまうと思います。バレエフェスもないし、パリ・オペもないとなると、継続する人は減ってしまうのでしょうか。NBS的には、何か打つ手は考えてあるのかなぁ。シュツットガルト? 私としてはベルリン国立バレエをそろそろ呼んでほしいんだけどな〜。
まあ、新幹線のツアーを知らなかったのと、祭典のシステムを勘違いしていたのとでは、ちょっと話が違うような気がしますが、私にとっては同様の衝撃だったんです。

昨日(一昨日だったかな?)、アッサンブレの年会費が引き落とされました。この時期に引き落とされるということは、この時期に入会したということかな? 入会時期は関係ないんでしたっけ? 入会した頃は、こんなに東バに通うようになるとは思ってなかったな〜。とりあえず、今年も無事に引き落とされてホッとしました。
posted by uno at 23:51| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

日本バレエ協会『ジゼル』【2010都民芸術フェスティバル】

2010都民芸術フェスティバルの参加公演である、日本バレエ協会『ジゼル』の詳細が出ていました。メアリー・スキーピング版というのは有名なんでしょうか? 恥かしながら私は初めて聞きました。「1841年のパリに於ける初演時の楽譜をほぼ全曲にわたって使用して復刻されました。<中略> 限りなく初演時の舞台に近い構成を持つ興味深い「ジゼル」といえます」とのこと。へぇー、そうなんだ〜、見てみたいなぁ、と。
キャストも豪華。ジゼルは、酒井はなさん、永橋あゆみさん、島田衣子さんです。どの日も見たい。小林貫太さんのヒラリオンも気になります。まだ日本バレエ協会のサイトには何も情報が出ていないんですが、そのうちペザントやミルタなどのキャストも発表されるかもしれないですね。

■ 2010都民芸術フェスティバル
日本バレエ協会 メアリー・スキーピング版 『ジゼル』

【2010年】
3月27日(土)18:30
ジゼル:酒井はな
アルブレヒト:青木崇
ヒラリオン:沖潮隆之
3月28日(日)14:00
ジゼル:永橋あゆみ
アルブレヒト:法村圭緒
ヒラリオン:原田公司
3月28日(日)18:30
ジゼル:島田衣子
アルブレヒト:秋元康臣
ヒラリオン:小林貫太

会場:東京文化会館
S席10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円 C席:4,000円 D席:2,000円
一般発売:11月2日(月)

都民芸術フェスティバル2010
電子チケットぴあ
posted by uno at 23:20| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林紀子バレエシアター『くるみ』、ゲストはテューズリー/他

小林紀子バレエシアター『くるみ割り人形』の情報が、電子チケットぴあに出ました。ゲストはロバート・テューズリーです。名前の順番から言って、島添さんと高橋さんが金平糖の精なのかな〜、と。

■ 小林紀子バレエ・シアター『くるみ割り人形』全幕

12月26日(土)18:30
12月27日(日)17:00
会場:メルパルクTOKYO
S席:9,000円 A席:7,000円 B席:5,000円
一般発売:11月3日(火)

【出演】 島添亮子、高橋怜子、ロバート・テューズリー、中尾充宏、大森結城、横関雄一郎/他

電子チケットぴあ


松本道子バレエ団『ラ・シルフィード』にゲストで出演する大嶋正樹さんですが、同時上演の『バレエ・コンサート』のほうにも出演するようです。なんと、演目は「ロミオとジュリエット」。大嶋さんのロミオ、気になる〜!! 他に、牧の菊地研さんも出演します。

■ 松本道子バレエ団『ラ・シルフィード』『バレエ・コンサート』

12月24日(木) 中京大学文化市民会館 オーロラホール

『ラ・シルフィード』
シルフィード :矢頭早弓
ジェームス :法村圭緒(法村友井バレエ団)
マッジ :小林貫太(小林恭バレエ団)
エフィ :夏目美和子
グルーン :大嶋正樹(アンジェリーク)

『バレエ・コンサート』
「ダイアナとアクティオン」
  鶴田頌子、河島真之
「ロミオとジュリエット」
  大島淑江、大嶋正樹
「エスメラルダ」
  武澤真美恵、小林貫太
「ライモンダ」よりチャルダッシュ
  及川 司津 幸田 律
「ライモンダ」よりグラン・パ
  中嶋彩、菊地研(牧阿佐美バレエ団)

松本道子バレエ団
posted by uno at 22:42| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

【今日】BShi ギエムのドキュメンタリー&東バ『ベジャール・ガラ』

いよいよ今日、BSHi「ウィークエンドシアター」で東バの『ベジャール・ガラ』が放送されます。何が楽しみって、芸術劇場ではカットされてしまった『ギリシャの踊り』です! 我が家は、ハイビジョンは見られるけど録画できないという中途半端な状態にあるんですが、幸い職場の同僚が録画してくれることにまりました。でも一応、今日の放送も見るつもりです。楽しみだな〜♪ 
放送されるのは2月9日(月)の公演です。キャストは↓こんな感じ。

◆主な配役◆

「ギリシャの踊り」
I.イントロダクション 
II.パ・ド・ドゥ(二人の若者):高橋竜太-小笠原亮
III.娘たちの踊り 
IV.若者の踊り 
V.パ・ド・ドゥ:吉岡美佳-中島周
VI.ハサピコ:井脇幸江-木村和夫
VII.テーマとヴァリエーション 
ソロ:後藤晴雄
パ・ド・セット: 西村真由美、高木綾、奈良春夏、福田ゆかり、岸本夏未、川島麻実子、阪井麻美
VIII.フィナーレ: 全員

「中国の不思議な役人」
無頼漢の首領:平野玲
第二の無頼漢―娘:宮本祐宜
ジークフリート:柄本武尊
若い男:西村真由美
中国の役人:首藤康之

「ボレロ」
シルヴィ・ギエム
平野玲、松下裕次、長瀬直義、横内国弘


東バの放送の前に、ギエムのドキュメンタリーも放送されます。こちらも楽しみです。

■ NHK BShi 「ハイビジョン・ウィークエンド・シアター」

10月24日(土)23:00〜翌03:00
シルヴィ・ギエム 〜 限界への挑戦 〜
東京バレエ団『ベジャール・ガラ』
ライズ・アンド・フォール シルヴィ・ギエムと3人のダンサーたち

※ 正確な時間はサイトでご確認下さい。
ハイビジョン ウィークエンド・シアター
posted by uno at 21:43| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷桃子バレエ団『ドン・キホーテ』

今日(24日)は谷桃子バレエ団創立60周年記念公演4『ドン・キホーテ』の発売日でした。結局、谷桃子バレエ団も一度見たきりで、なかなか2度目の鑑賞が叶いません…。決して気に入らなかったわけではなく、是非もう一度見てみたいと思ったんですが、次の公演を見逃してしまうと、なんとなく次々と見逃してしまうような気がします。「いいな」と思ったバレエ団は、とりあえず2・3回続けて見たほうが、より面白さが増すと思うんですが、まあ色々な兼ね合いで…。その点、小林紀子バレエシアターや井上バレエ団は、会場で次の公演のチケットを販売していたりするので、思わず買ってしまうこともあり、次が続きやすいかもしれない。まあ、次の公演までの日程にもよりますから、必ずどのバレエ団もできることではないと思いますが、、。
『ドン・キ』も結局まだ迷ってます。その次の『リゼット』や『レ・ミゼラブル』のほうが、ちょっと惹かれるんですよね〜。
『ドン・キ』のキャストは、HPのほうに詳しく出ています。

■ 谷桃子バレエ団創立60周年記念公演4 『ドン・キホーテ』

【2010年】
1月23日(土)18:00
1月24日(日)14:00
会場:東京文化会館

S席10,000円 A席:8000円 B席:6,000円 C席4,000円 D席:3,000円 E席2,000円
一般発売:10月24日(土)

【主な出演者】
キトリ:林麻衣子(1/23)/永橋あゆみ(1/24)
バジル:齊藤拓(1/23)/今井智也(1/24)
ドン・キホーテ:桝竹眞也(ゲスト)
サンチョ・パンサ:岩上純
エスパーダ:三木雄馬
大道の踊り子:宮城文(1/23)/三浦梢(1/24)

電子チケットぴあ
eプラス
谷桃子バレエ団
posted by uno at 14:52| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

山海塾『HIBIKI』DVD発売/他

山海塾のDVD『HIBIKI』が12月1日に発売されます。『卵熱』に続く、映像化第2弾ですね。フェスティバル/トーキョーの『卵熱』の会場でも販売されるんだろうな、と。私としては、『HIBIKI』はまだ実際の舞台で見てないので、先に映像で見たくないんですよね〜。どの舞台もそうだというわけではないんですが、山海塾に関しては先に生の舞台を見たいと思っているので。『KAGEMI』も撮影が終了しているようなんですが、発売はまだまだ先なんだろうな〜。早く見たい。『HIBIKI』よりも先に撮影を開始したはずの『TOKI』が、まだ発売されていないのも気になります。作品の発表順に発売しようということなのかしら、と思ったりもするんですが。

io-factory


発売つながりというわけではないんですが、『テレプシコーラ』の最新巻(第2部 B巻)が明日(23日)発売です。なんとなくコンビニでダヴィンチを手にとって『テレプシコーラ』をパラパラと見ていたら、最新巻の情報が。最近、漫画を何巻まで買ったかわからなくなることがあって、『テレプシコーラ』も2冊買ってしまったことがあるんです…。とりあえず自宅の本棚を確認してから家を出ないと、最近は不安で買えません。

posted by uno at 00:11| Comment(0) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

東バ『くるみ』はコジョカル&コボーに変更。

東バの『くるみ』にキャストの変更が出ました。コジョカル&マックレーから、コジョカル&コボーに変更になったそうです。マックレーの降板は怪我ではなく、「英国ロイヤル・バレエ団側の事情により」とのこと。同時期に上演されるウェイン・マクレガーの新作にシングル・キャストで出演するため、来日できなくなったんだそうです。マックレーは見たかったけど、私としてはコジョカルとコボーのペアで見られるのは嬉しくもあります。バレエフェスで見た2人のパートナーシップは、やっぱり素敵だったし。コジョカル&マックレーよりも、コジョカル&コボーのほうが、今後見る機会が減っていくような気がします。まあそれは、年齢的に当然の流れであるわけで。
『真夏の夜の夢』でオベロンを踊ったマックレーはとても素敵だったので、今やプリンシパルとなった彼の成長が楽しみだったんですけどね〜。しかも、前回のロイヤルの日本公演のときは、怪我で降板してしまって見られなかったので、楽しみにしてたんですが…。救いなのは、今回の降板の理由が怪我ではないということでしょうか。「キャスト変更」の文字を見たときはドキッとしたんですが、怪我ではなくてホッとしました。
マックレーも見たいし、コボーも見たい。というのが、今の私の本音のような気がします。なので、すごく残念ではあるけど、コボーがパートナーなら気持ちを切り替えて楽しむこともできそうです。
『真夏』のときは、マックレーがコボーの代役だったんですよね。今回は逆になりましたね。

■ 東京バレエ団『くるみ割り人形』キャスト変更

11月20日(金)19:00
11月21日(土)18:00
11月22日(日)15:00
クララ:アリーナ・コジョカル
王子:スティーブン・マックレー  ヨハン・コボー

NBS

そして今日、『くるみ』の祭典チケットが届きました。席はまあまあ良いほうだと思います。初日の平日だから、競争率は一番低かったのだろうな、と。因みに、追加で取った土日の席は、どちらもす〜ごい端っこでした、、。まあ、仕方ないか。
posted by uno at 23:08| Comment(2) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YAGPガラ、出演者変更

『YAGP 2010 Japan Gala』ですが、今日またサイトを見に行ったら、セバスチャン・マルコヴィッチは怪我のため来日できなくなったとのアナウンスがありました。そっか〜、残念。この間のNYCBの公演で見られなかったので楽しみにしていたんですが、、、。あまり長引く怪我ではなく、早くよくなるといいですね。

で、私は今日チケットを取りました。電子チケットぴあではあまり好みの席が出てこなかったので、カウンターへ。ぴあが持っている列の中から、好きなところを選ぶことができました。「大体どこでも大丈夫ですよ〜」くらいの勢いだったんですが、まだあまり売れてないのかな〜、と…。
YAGP2010 Japan Gala


明日(20日)はスタダン『ジゼル』の発売日です。ゲストはイヴァン・プトロフ。

【10月20日(火)一般発売】
■ スターダンサーズ・バレエ団 ピーター・ライト版『ジゼル』
1月23日(土)17:00
ジゼル:白椛祐子 / アルブレヒト:イヴァン・プトロフ
1月24日(日)14:00
ジゼル:林ゆりえ / アルブレヒト:福原大介
  ※両日とも、開演30分前よりプレトーク有り(約15分)

会場:ゆうぽうとホール
SS席:10,000円 S席:8,000円 A席:6,000円 B席:4,000円
一般発売:10月20日(火)
電子チケットぴあ
posted by uno at 00:19| Comment(2) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

スタダン『ジゼル』にイヴァン・プトロフ

スターダンサーズ・バレエ団の1月の『ジゼル』に、ロイヤルのイヴァン・プトロフがゲストで出演するそうです。今日、スタダンからDMが届きました。ん〜、ちょっと見たいなぁ〜、プトロフ。前々回のロイヤルの日本公演のときに、マルケス&プトロフの『シンデレラ』を見て以来のプトロフです。見るならロイヤルの公演で見たい気もするけど、久しぶりにスタダンの公演も気になる。というのも、東バを退団した長谷川智佳子さんがスタダンに入団したらしいということを、綾瀬川さんの「綾瀬川的生活」で教えて頂いたからです(ありがとうございます♪)。今、長谷川さんは、スタダンにおいてどんな感じの位置付けなんだろう。まだ名前のある役は踊らないのかなぁ、、。あ〜、見たいな〜、長谷川さん。東バの公演ばかり追いかけていて、なかなか他の日本のバレエ団の公演に行けてない自分って、こんなんでいいんだろうか…。って、いつも思うんだけど、結局東バに通ってしまうんですよね。林さんと福原さんのペアも見てみたいんだけどな〜。

■ スターダンサーズ・バレエ団 ピーター・ライト版『ジゼル』全2幕

【2010年】
1月23日(土)17:00
ジゼル:白椛祐子 / アルブレヒト:イヴァン・プトロフ
1月24日(日)14:00
ジゼル:林ゆりえ / アルブレヒト:福原大介
  ※両日とも、開演30分前よりプレトーク有り(約15分)

会場:ゆうぽうとホール
SS席:10,000円 S席:8,000円 A席:6,000円 B席:4,000円
一般発売:10月20日(火)

電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】
posted by uno at 23:24| Comment(4) | バレエ日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする