2008年08月31日

横須賀のチケット取りました。

東バの横須賀公演のチケットを取りました。
ぴあもeプラスもあまり良い席が出てこなかったので、横須賀芸術劇場の予約センターに電話をして取りました。電話が繋がったのが10:05くらい。なかなか良い席が残っていたので、その中から希望の場所を取ることができました。対応もスムーズで、「座席は段差のあるところからがよろしいでしょうか?」と話が早い。ありがとうございましたー。

因みに、ぴあもeプラスも今日はすぐに繋がったんだけど、どちらもT列しか出てこなかったので、その辺りしか持っていないのかもしれないですね。予約センターでは、私の電話が繋がった時点で、まだM列より前(通路より前)のセンターブロックが残っていたし、通路のすぐ後ろのN列でもセンターブロックが残っていました。支払いはコンビニでもクレジットカードでも大丈夫だし、座席は確認できるし、これから取ろうとお考えの方は一度横須賀芸術劇場に電話をしてみた方がいいかもです〜。確か、1階席の段差はH列からです。

横須賀芸術劇場

東バの『ジゼル』は得チケが出てますね。S・A席相当の席を9,500円だそうです。座席選択なのがいいですよね〜。どの辺りの席が残っているのかを見るのが好きなんです。e+MOVIEでは、マラーホフとルグリのアルブレヒトの映像が見られます。

■東京バレエ団『ジゼル』 得チケ<至高の対決シート>
eプラス受付中〜9月4日(木)18:00

マラーホフ版『眠り』の公演情報も出ていました。プレオーダーは9月11日(木)から。指揮:デヴィッド・ガーフォース、演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団だそうです。

■東京バレエ団 マラーホフ版『眠れる森の美女』
プレオーダー9月11日(木)12:00〜9月17日(水)18:00
posted by uno at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

マラーホフ版『眠り』上演決定

来年の1月に、東京バレエ団によるマラーホフ版『眠れる森の美女』の上演が決定したそうです。今日付けでNBSのHPで発表されました(同じくらいにアッサンブレからメルマガも届いた)。主演はヴィシニョーワとマラーホフです。やった〜♪ 久しぶりにヴィシとの全幕が見られるんですね♪ 小出さんと後藤さんが主演の日もあります。しかも、その日のカラボスはマラーホフ!!楽しみすぎる〜。既に発表されているベジャール・シリーズ以外に、まさか公演があるとは思っていなかったので、すごく嬉しいです。
1月10日(土)の『眠り』が終わったら、12日(月・祝)には横須賀の『ニューイヤー・ガラ』、13日(火)は新潟。結構ハードですね、、、。
東バのサイトの方には、カラボスとリラの精のキャストも出ています。田中結子さんのリラの精が楽しみー♪

■東京バレエ団 ウラジーミル・マラーホフ振付・演出『眠れる森の美女』

【2009年】

1月8日(木)18:30
1月10日(土)15:00
オーロラ姫:ディアナ・ヴィシニョーワ
デジレ王子:ウラジーミル・マラーホフ
リラの精:上野水香
カラボス:高岸直樹

S席:14,000円 A席:12,000円 B席:10,000円 C席:8,000円
D席:6,000円 E席:4,000円 エコノミー席:3,000円 学生券:2,000円
Sペア券:27,000円 Aペア券:23,000円

1月9日(金)18:30
オーロラ姫:小出領子
デジレ王子:後藤晴雄
リラの精:田中結子
カラボス:ウラジーミル・マラーホフ

S席:11,000円 A席:9,000円 B席:7,000円 C席:5,000円
D席:4,000円 E席:3,000円 エコノミー席:2,000円 学生券:1,000円
Sペア券:21,000円 Aペア券:17,000円

一般発売:9月20日(土)

NBS
東京バレエ団

アッサンブレからのメールには、上映会とクリスマス会のお知らせもありました。メールによると、『ドン・キ』の会場でもお知らせが出ていたということなので、これは書いても大丈夫かな、と。11月の『くるみ割り人形』の公演終了後に、ヴェルサイユ公演の上映会があるそうです。クリスマス会は12月の『ザ・カブキ』の公演終了後。これからアッサンブレに入会しても間に合うんじゃないでしょうか〜。

そして、明日30日(土)は『ザ・カブキ』の発売日。明後日31日(日)は横須賀の『ニューイヤー・ガラ』の発売日です。

東京バレエ団『ザ・カブキ』
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】

東京バレエ団『ニューイヤー・ガラ』【横須賀】
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】
posted by uno at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

兵庫芸文からDM/後藤和雄さん

『新潟中越沖地震チャリティバレエガラコンサート』の新潟・東京公演に出演予定だった後藤和雄さんですが、怪我のため出演することができなくなったそうです。……悲しい。後藤さんの『ラ・シルフィード』、見たかったな、、、。3週間の治療が必要とのことなので、10月の小林紀子バレエ・シアターには間に合ってくれると思うんですが、、、。

ところで、『新潟中越沖地震チャリティバレエガラコンサート』のブログが2つ存在することを、私は今日まで知りませんでした。いつも見ている方のブログに、「こちらのブログとは別にあるアーツ企画の公式ブログの方で」と書かれていてビックリ。内容はほとんど同じみたいですけど。
→ こちら と こちら


兵庫県立芸術文化センターからDMが届きました。そろそろハンブルク・バレエの発売情報が出るだろうと思って、届くのを待っていたんです。東バの『ベジャール・ガラ』のチラシも入っていて、主なキャストが発表されていました(その前にコメントでも兵庫のキャストを教えて頂きました。ありがとうございます♪)。宮本さんの「祐」の字が間違ってますよ〜、芸文さ〜ん。

■東京バレエ団『ベジャール・ガラ』 【兵庫/兵庫県立芸術文化センター】

2009年1月18日(日)15:00

「ギリシャの踊り」 後藤晴雄
「中国の不思議な役人」 役人:中島周/娘:宮本祐宜
「ボレロ」 シルヴィ・ギエム

9月11日(金):会員先行電話予約
9月14日(日):一般発売

ハンブルク・バレエの方も会員先行予約があります。しかしその日は東バの『ジゼル』が13:00からなんですよね〜。10:00から家で電話をかけていたら、公演に間に合わなくなる。どうしようかな、、、。
神奈川の『椿姫』を、1公演だけNBSに申し込んでみました。たぶん良い席を持っているのは民音さんだと思うんだけど、発売日に電話がすぐ繋がるとは限らないし、NBSがどの辺りの席を持っているのかも気になったし、とりあえず1公演だけお願いしてみることにしたんです。残りは民音さんで取ろうと思います。

■ハンブルク・バレエ 【兵庫/兵庫県立芸術文化センター】

『椿姫』
2009年2月26日(木)18:30
『人魚姫』
2009年2月28日(土)18:00
2009年3月1日(日)14:00

9月13日(土):会員先行電話予約
9月14日(日):一般発売
posted by uno at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

東京バレエ団『ニューイヤー・ガラ』全貌 【追記】

しつこつ調べていた東バの『ニューイヤー・ガラ』ですが、公式サイトで発表がありました。その前にアッサンブレからもメールが届いた。そして、コメントでも教えていただきました(ありがとうございます♪)。私が調べたのなんてほんの一部で、かなり本格的な全国ツアーが組まれていました。
東京の『ベジャール・ガラ』のキャストも一部追加で発表されています。長瀬さんの「ギリシャの踊り」は、やっぱりな〜という感じ。もしかして、海外で既に踊ってきているのかもしれないですね。どんな感じになるのか楽しみです。「ペトルーシュカ」は若い娘だけ発表されて、友人は未定。ちょっとぉ、そこが大事なんですけどー。「ペトルーシュカ」は首藤さんの日だけ見に行こうと思っているので、木村さんがどちらの日に友人を踊るのかが大事なんです(踊ればの話)。これまでのパターンでいけば、吉岡さんが娘の日に踊るはずなんだけどな〜。大嶋さんがいないので、新しい友人が誰になるのかも気になります。もし7日(土)に新しい友人がキャスティングされて、それが平野さんだったらどうしましょう…。7日(土)は見に行かない予定なんです。だって、6日間連続で鑑賞はちょっとシンドイです。

【追記】兵庫のキャストを追加しました。
【追記A】岡山のキャストを追加しました。(9/15)
【追記B】福岡のキャストを追加しました。(9/22)
【追記C】北上のキャストを追加しました。(10/11)
【追記D】沖縄のキャストを一部追加しました。(11/18)

■東京バレエ団『ニューイヤー・ガラ』 全国公演日程

【横須賀公演(神奈川)/よこすか芸術劇場】
2009年1月12日(月・祝)15:00
「エチュード」:上野水香/高岸直樹/木村和夫
「ギリシャの踊り」:中島周
「ボレロ」:後藤晴雄
よこすか芸術劇場
一般発売:8月31日(日)
電子チケットぴあ
eプラス 【座席選択】

【新潟公演/新潟県民会館】
2009年1月13日(火)19:00
「エチュード」:吉岡美佳/高岸直樹/中島周
「ギリシャの踊り」:後藤晴雄
「ボレロ」:上野水香
UX新潟テレビ21

【広島公演/広島厚生年金会館】
2009年1月15日(木)19:00
「ギリシャの踊り」:後藤晴雄
「中国の不思議な役人」:木村和夫/小笠原亮
「ボレロ」:シルヴィ・ギエム
テレビ新広島
プレリザーブ8月28日(木)11:00から
eプラス

【福岡公演/福岡サンパレス】
2009年1月16日(金)18:30
「エチュード」:小出領子/木村和夫/後藤晴雄
「ギリシャの踊り」:中島周
「ボレロ」:上野水香(予定)
問合せ:RKB毎日放送

【西宮公演(兵庫)/兵庫県立芸術文化センター】
2009年1月18日(日)15:00
「ギリシャの踊り」:後藤晴雄
「中国の不思議な役人」:中島周/宮本祐宜
「ボレロ」(ギエム)
問合せ:芸術文化センターチケットオフィス

【岡山公演)/岡山シンフォニーホール】
2009年1月19日(月)19:00
「ペトルーシュカ」:小出領子/後藤晴雄
「ドン・ジョヴァンニ」:上野水香
「ボレロ」:シルヴィ・ギエム
問合せ:山陽放送 企画事業推進部

【北上公演(岩手)/さくらホール】
2009年1月24日(土)13:00
「エチュード」:吉岡美佳、高岸直樹、後藤晴雄
「ギリシャの踊り」:長瀬直義
「ボレロ」:上野水香
問合せ:北上市文化交流センターさくらホール

【函館公演(北海道)/函館市民会館】
2009年1月25日(日)18:00
「エチュード」「ギリシャの踊り」「ボレロ」
問合せ:函館市民会館

【札幌公演(北海道)/札幌市民ホール(仮称)】
2009年1月27日(火)18:30
「ペトルーシュカ」「ドン・ジョヴァンニ」「ボレロ」(ギエム)
問合せ:道新文化事業社

【名古屋公演(愛知)/愛知県芸術劇場】
2009年1月31日(土)18:00
「ギリシャの踊り」「中国の不思議な役人」「ボレロ」(ギエム)
問合せ:中京テレビ事業
電子チケットぴあ

【那覇公演(沖縄)/沖縄コンベンションセンター】
2009年2月19日(木)19:00
2009年2月20日(金)19:00
「エチュード」
「ギリシャの踊り」
「ボレロ」:上野水香
問合せ:沖縄タイムス社

そして、追加で発表された東京公演のキャスト。

2月6日(金)19:00
  「ボレロ」 シルヴィ・ギエム
  「ペトルーシュカ」 青年:首藤康之/若い娘:吉岡美佳
  「ドン・ジョヴァンニ」 バリエーション6:上野水香
2月7日(土)18:30
  「ボレロ」 シルヴィ・ギエム
  「ペトルーシュカ」 青年:後藤晴雄/若い娘:井脇幸江
  「ドン・ジョヴァンニ」 バリエーション6:吉岡美佳
2月8日(日)15:00
  「ボレロ」 シルヴィ・ギエム
  「ギリシャの踊り」 ソロ:中島周
  「中国の不思議な役人」 役人:木村和夫/娘:小笠原亮
2月9日(月)19:00
  「ボレロ」 シルヴィ・ギエム
  「ギリシャの踊り」 ソロ:後藤晴雄
  「中国の不思議な役人」 役人:首藤康之/娘:宮本祐宜
2月10日(火)19:00
  「ボレロ」 上野水香
  「ギリシャの踊り」 ソロ:中島周
  「中国の不思議な役人」 役人:木村和夫/娘:首藤康之
2月11日(水・祝)
  「ボレロ」 後藤晴雄
  「ギリシャの踊り」 ソロ:長瀬直義
  「中国の不思議な役人」 役人:中島周/娘:首藤康之

東京バレエ団 SCHEDULE
posted by uno at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

今日は小林でした。

小林紀子バレエ・シアターの公演に行ってまいりました。いや〜、楽しかった。毎回、本当に満足度の高いカンパニーです。満足度が高いと言えばプログラムもです。1,000円と安いわりには、内容が充実している。安いのは多分、カラーの写真がないからかな〜と(薄いし)。シンプルなデザインのB5版で、表紙の色が違うだけ。パ・ド・ドゥ一つとっても、作品全体、振付家、作曲家の解説、そして抜粋したパ・ド・ドゥの解説まで、とても細かいです。対談が載っているのも面白い。今回はヨハン・コボーでした。因みに、対談中のコボーの写真は、DANZAの表紙と同じ服。

先にマクミラン作品からパ・ド・ドゥを3つ。休憩を挟んで『ラ・シルフィード』全2幕(途中休憩有り)の上演でした。「ロミオとジュリエット」はバルコニーつき。「エリート・シンコペーション」はピアニストの中野孝紀さんが舞台上で演奏。「マイヤリング」は寝室のセット。幕が開くたびにガラリと雰囲気が変わって、とても楽しかったです。

『ラ・シルフィード』もとても面白かった。男子のキルトは、緑・青・黒・赤などが基本の色で、デザインもそれぞれに可愛い。なんていか、私の思うスコットランドの色合いでした。ラコット版の赤と青のキルトよりも、断然私は好きです。それに対して、女子の衣裳はまあまあだったかも。チェックのワンピースという感じで、あまりキルトっぽくはなかったかな〜。可愛いんですけどね。

デヴィッド・ホールバーグがとっても好かったです。7月にABTのガラで見たときよりも、全然輝いてました。あのときも素敵だなぁとは思ったんだけど、今日の方がキラキラしてたな〜。ABTのときは「ほぉ〜」だったけど、今日は「きゃ(♪)」くらいには私の中で昇格。とても綺麗な青い瞳は、どこか寂しげというか、ただの王子様じゃない気がするんです。ホールバーグの目が少し妖しげな感じがするのは、瞳が小さいからじゃないでしょうか。目が大きいからなのか、白目の面積が広くて、そのせいで瞳が小さく見えるんです。そうすると、ちょっと危険な感じがしませんか?そこがいいんですけどね〜(♪)。
シルフィードの島添さんは期待を裏切らない素晴らしさだったし、中村誠さんのグァーンは「日本人の普通の青年」という感じがして可愛かったし(褒めてます)、エフィの萱嶋さんはちょっとお化粧が濃い気がしたけど、なんとも可愛らしい人だったし、大和雅美さんのマッジはす〜ごく格好良かったし(特に最後!)、本当に楽しかったです。

雑な感想ですみません、、、。あとでちゃんと書こうと思ってるんですが、そう思って結局書かないことが最近ほとんどです…。
会場で、次回公演のチケットを取りました。まだゲストは決まってないみたいです。できればコボーにレイクを踊ってほしいんですが、どうなるでしょうね。

そういえば今日の会場で、初めてナチョのカラーのチラシをもらいました。すごく綺麗で、やっぱり2回見ておきたいな〜と思ってしまった、、、。でも、ナチョを2回行くと、斎藤さんの「瀕死の白鳥」が見られなくなっちゃうんです。結局まだ迷ってて、『エリアナ・パブロワを偲んで』のチケットは取っていません。あ〜、迷う…。
posted by uno at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

ドン・キ2日間、行ってまいりました。

20日(水)と23日(土)の2日間、東バの『ドン・キ』に行ってまいりました。22日(金)も見に行くはずだったんだけど、ちょっと予定変更。今回はポリーナ1回、上野さん1回に絞りました。両日ともとっても楽しかったです。ポリーナとウヴァーロフは何て言うんでしょう、2人ともオットリしているというか、高い能力を持ちながら実に控えめでスマートな存在感が親しみがあって、和みました。2人ともいい人なんだろうな〜って。サイズは目立ってましたけど。ウヴァーロフの脚が綺麗で、その脚が空中で作るフォルムがまた綺麗で、ウットリしました。ポリーナはかなり日焼けしてましたね(笑)。キトリだし(関係ないか?)、そんなに気になりませんでしたけど。2人の雰囲気もなかなかよかったと思います〜。

上野さんと高岸さん主演の『ドン・キ』も楽しかったです。ゲスト無しの公演はまた違う楽しさがありますよね。特に、ゲスト公演の合間の自前公演というのは、初役が多いのでいろいろ楽しいです。上野さんと高岸さんの2人はとても調子が良いようで、特に高岸大将なんて多分あれ絶好調ですよ。魂と気合のバジルでした。まだまだあんなに踊れるんだな〜。大将すごい(って、年寄り扱いしすぎですよね、、、)。

いろいろ書きたいことはあるんですが、何と言っても平野さんのガマーシュでしょ〜。もう最高でした。キトリとバジルの踊りそっち退けでガマーシュばかり見てしまうこと多々あり。想像以上にいろいろ楽しませてくれました。そして、ガマーシュの召使の佐々木源蔵くんがまた面白くてね〜。見覚えのある召使だと思ったら、去年の『ドン・キ』でも彼が召使でした。しかし確実にパワーアップしてます。平野さんとの息もピッタリ。ついでに宮本さんとの絡みも楽しげでした。

書き出すと止まらなくなるので(そのくせ本気で書こうと腰をすえると、全然書けないんですが…)、この辺で。あ、木村さんのエスパーダは最高でした(♪)。なんか、幸せでした、本当。しかもメルセデスは井脇さんだし。2人が本当に互いを信頼して、安心しきって踊っている、いい空気が出ていました。木村さんのバジルが見たいのは勿論なんだけど、エスパーダもこれからも見られるといいなぁと思いました。。


明日は小林紀子バレエ・シアターの公演を見に行きます。コボーは日本に来てるのかしら?もしかしてカーテンコールに出てきてくれたりしたら、ちょっと嬉しいな〜、と。
posted by uno at 01:38| Comment(6) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

新潟のキャスト/23日(土)発売のチケット

相当しつこくてすみません。新潟の「ボレロ」は上野さんだそうです。何が嬉しいって、「エチュード」に中島周さんのお名前があること!木村さんが出ないのは残念だけど、中島さんがそろそろ本格的にクラシックでも活躍してくれることを祈るばかりです。というわけで「ギリシャ」は後藤さん。もしかしてハサピコは…(しつこい)。

■東京バレエ団『ニューイヤー・ガラ』 【新潟】

2009年1月13日(火)19:00
会場:新潟県民会館 大ホール

S席:12,000円 A席:10,000円 B席:5,000円 B席学生:3,000円(会館のみで扱い)
一般発売:9月18日(火)

 【主な出演者】
「エチュード」
 吉岡美佳、高岸直樹、中島周
「ギリシャの踊り」
 後藤晴雄
「ボレロ」
 上野水香

UX新潟テレビ21 イベント情報


明日発売のチケットをいくつか。『エリアナ・パブロワを偲んで』は、まだ迷ってます。ナチョを2回見たい気もするし、斎藤さんの「瀕死」を見ておいた方がいいような気もするし。う〜ん…。

【8月23日(土)発売】

■関内ホール・横浜開港150年記念プレ・バレエ公演
エリアナ・パブロワを偲んで〜バレエの名作集/パキータ

11月22日(土)16:00
11月23日(日)16:00
会場:関内ホール
(演目・キャストの詳細は→関内ホールで。)

電子チケットぴあ
eプラス

レニングラード国立バレエ〜ミハイロフスキー劇場

→電子チケットぴあ 【東京】 【神奈川】
eプラス

■『奇才コルプの世界

2009年1月20日(火)18:30 オーチャードホール

電子チケットぴあ
eプラス
posted by uno at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横須賀キャスト&ワークショップ

東バ、横須賀の『ニューイヤー・ガラ』のキャストが出ていると教えていただきました。ありがとうございます〜!!まさか発売日前にキャストを出してくれると思いませんでした。助かる〜。というわけで、横須賀行きはほぼ決定かなと思っております(♪)。

東京バレエ団『ニューイヤー・ガラ』 【横須賀】

2009年1月12日(月・祝)15:00
会場:よこすか芸術劇場

「エチュード」
  上野水香/高岸直樹/木村和夫
「ギリシャの踊り」
  中島周
「ボレロ」
  後藤晴雄

こちら

気になるのはハサピコかな〜。東京でも横須賀でも、どこでもいいんで、一度くらい井脇-木村で見たいです。

上記のページで、東バのダンサーによるワークショップのお知らせもありました。11月23日(日・祝)って、、、。シュツットガルトのチケット取っちゃいましたよ。ナチョのアフタートークも11月23日だし、この日は大人気ですね。

東京バレエ団 ワークショップ参加者募集!

2008年11月23日(日・祝)13:30から、1時間半程度
会場:横須賀芸術劇場大リハーサル室
出演:東京バレエ団団員(高橋竜太、平野玲、氷室友、小笠原亮、高木綾、佐伯知香)

内容(予定):
 (1)ダンサーによるトーク(本公演の見どころ紹介)
 (2)ダンス体験(参加していただきながら、踊ることの魅力を体験します)
 (3)ダンサーによる実技パフォーマンス
※内容は今後変更になる場合があります。

募集は50名程度。(2)のダンス体験は30名程度だそうです。10月31日必着。
posted by uno at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

今度は函館。【追記あり】

しつこくてすみません、、、。今日3回目の投稿になってしまいましたが、また東バです。函館でも『ニューイヤー・ガラ』があります。もしかしたら岩手の北上でもあるかもしれないんですが、まだちゃんとした情報が見付からないので、もう少し待ってみようかな、と。
函館の演目は、「ボレロ」「春の祭典」「ドン・ジョバンニ」「火の鳥」などを予定しているそうですが、これ全部上演するのかしら?海外公演で踊りこんできたであろう「春の祭典」と「火の鳥」を、東京でも上演してくれたらよかったのに、、、。まだチケット代金がわからないので、ギエムが出るかどうかは不明です。

東京バレエ団 ニューイヤーガラコンサート 【函館】

2009年1月25日(日) 函館市民会館 大ホール

一般発売:10月4日(土)予定

函館市文化・スポーツ振興財団 鑑賞事業

 【追記 8/22】
コメントで教えて頂いたんですが(ありがとうございます♪)、函館の予定演目が「ボレロ」「ギリシャの踊り」「エチュード」に変更になっています。うぅぅ、、、「春の祭典」と「火の鳥」が…。今度のツアーは、ギエム参加の「ボレロ」「ギリシャ」「中国」路線と、ギエム不参加の「ボレロ」「ギリシャ」「エチュード」路線、この2つでいくのかもしれないですね。

1月12日(月・祝)『ニューイヤー・ガラ』【横須賀】
1月13日(火)『ニューイヤー・ガラ』【新潟】
1月15日(木)『ベジャール・ガラ』【広島】
1月18日(日)『ベジャール・ガラ』【兵庫】
1月25日(日)『ニューイヤー・ガラ』【函館】
1月31日(土)『ベジャール・ガラ』【愛知】
posted by uno at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島のキャスト

さっき新潟公演の記事を書いたところなんですが、広島の予定キャストが出ていたので書いておきます〜。変更の可能性もあるとは思いますが。

シルヴィ・ギエム&東京バレエ団『ベジャール・ガラ』

1月15日(木)19:00 広島厚生年金会館

「ギリシャの踊り」
後藤晴雄
「中国の不思議な役人」
役人:木村和夫/娘:小笠原亮
「ボレロ」
シルヴィ・ギエム

一般発売:9月6日(土)
問合せ:TSS事業部 082−253−1010
テレビ新広島 イベント

というわけで、また自分がわからなくなってきたので、まとめてみました。

1月12日(月・祝)『ニューイヤー・ガラ』【横須賀】
1月13日(火)『ニューイヤー・ガラ』【新潟】
1月15日(木)『ベジャール・ガラ』【広島】
1月18日(日)『ベジャール・ガラ』【兵庫】
1月31日(土)『ベジャール・ガラ』【愛知】
posted by uno at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする