2007年12月02日

東京バレエ団、ベジャール追悼公演決定

東京バレエ団による、モーリス・ベジャール追悼公演が行われるようです。NBSのトップページの「What's New」ではなく、「Schedule」の方にいつの間にやらアップされています。私は全く気が付いていなくて、今日「Ballet一色」のほみさんのところで知りました(ありがとうございます〜♪)。

 →NBS

追悼という言葉は口にするのが辛い、とても悲しい響きなんですが、ベジャール作品を見られるのはやはり嬉しいです。しかも久々の『火の鳥』。そして火の鳥は両日とも木村さんです。うぅ、ありがとう。

<モーリス・ベジャール追悼特別公演>
「ギリシャの踊り」「火の鳥」「春の祭典」


2008年
5月10日(土)15:00
5月11日(日)15:00
会場:東京文化会館

S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円 C席:5,000円
D席:4,000円 E席:3,000円 

一般発売:2008年1月19日(土)

『ギリシャの踊り』
ソロ:後藤晴雄(10日)/中島周(11日)
2人の若者:長瀬直義-横内国弘(10日)/高橋竜太-小笠原亮
パ・ド・ドゥ:小出領子-松下裕次(10日)/吉岡美佳-平野玲(11日)
ハサピコ:上野水香-高岸直樹(10日/11日)

『火の鳥』
火の鳥:木村和夫(10日/11日)
フェニックス:高岸直樹(10日)/後藤晴雄(11日)

『春の祭典』
生贄:吉岡美佳-中島周(10日)/井脇幸江-長瀬直義(11日)


なかなか面白いキャストです。そして一番気になるのは、大嶋正樹さんのお名前がないこと。大嶋さんは『ギリシャ』のソロも『春の祭典』の生贄もレパートリーに入っています。2005年の『ギエム最後のボレロ』ツアーのときに初めて踊っているはす。どちらもとても良くて、これからどんどん踊って深めていってほしいと思ったものです。プリンシパルにもなったことだし、ここで大嶋さんがキャスティングされないのは違和感が満載。気になる、気になるよ〜。大嶋-古川の若者のパ・ド・ドゥが見られないのは、かなり残念です。

後藤晴雄さんの『ギリシャ』のソロは、おそらく初役。これは楽しみです。私はまだ後藤和雄さんの『ギリシャ』が忘れられないけど…(いい加減しつこい)。小出-松下のペアは新しいですね。想像がつかないところが、また何とも楽しみです。井脇-木村のハサピコが見たかった…。上野さんのハサピコはまだ見たことないです。長谷川さんにもパ・ド・ドゥかハサピコを踊ってほしかったな、、、。
やっと木村さんの火の鳥を見ることができます。しかも今の木村さんで見られるというのは、とても良い時期なんじゃないかという気がする。
長瀬さんの生贄は大抜擢ですね。もしかして海外ツアーで踊っているのかな?ちょっとわからないんですが、とりあえず楽しみです。化けるかどうかは、まだわからないですね。
私としては、平野さんに『ギリシャ』のソロか生贄を踊ってほしかったです。どっちも行けると思うんだよな〜。


小林十市さんの日記に、2004年にベジャールと一緒に撮った写真が掲載されています。穏やかで良い表情。良い写真ですね。十市さんは『魔笛』を舞台では踊っていないんだけど、リハーサルではモノスタトスのソロを踊ったんだそうです。十市さんのモノスタトス!それは見てみたい。ベジャールの『魔笛』はとても好きな作品の一つです。また見たいなぁ。

 →小林十市Website
posted by uno at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする