2006年04月24日

DVD『小林十市のボーイズ・クラス』

早速見ました。 『小林十市のボーイズ・クラス』

私の予想していた以上にレッスンDVDでした。でも、バレエを習っていない(しかもボーイズじゃない)私でも楽しめました。小林十市さんが好き、東バの古川和則さん、宮本祐宜さんが好きという方にはお勧め。

「強い足腰、強いつま先をつくる」ことに重点を置いたレッスンで、東バの古川さんと宮本さんがモデルを務めています。小林さんは時々登場して、ポイントを説明したり、アドバイスをしたり、古川さんと宮本さんに振りを指示したりします。

えーっと、、、とにかく小林さんが素敵です。物腰、語り口調、すべてがそこはかとなくエレガント。声も素敵ですよね〜。
そんな小林さんを堪能できるのが、インタヴューを中心とした15分の特典映像です。
○今回のDVDのレッスンの特徴について
○SAB(スール・オブ・アメリカン・バレエ)でのレッスン
○ベジャール・バレエでのレッスン
○ジル・ロマンから学んだこと
○指導者としての自分について
などなど、ゆっくり淡々と語ります。
楽しいのは、古川さんとのピルエット競争。ピルエットで何回まわれるかを二人で競う訳なんですが、小林さんの回転が相変わらずとっても綺麗。普段の古川さんの姿を見られるのも嬉しい。そう言えば、古川さんの声を初めてちゃんと聞いた気がする。『M』の時に「四!」くらいは台詞があったけど。最近、東バの宮本祐宜さんが好きな私にとっては、宮本さんをじっくり観察できたのも収穫でした。
posted by uno at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする