2006年04月22日

パリ・オペラ座バレエ『白鳥の湖』4月21日

パリ・オペラ座バレエ団『白鳥の湖』
2006年4月21日(金)18:30東京文化会館


行ってまいりました。私にとっては初めての、生パリ・オペ全幕。
会場の熱気がいつもと違うと感じたのは私だけでしょうか?期待感で溢れていましたね〜。舞台が始まっても客席のテンションは高かったです。

斯く言う私も「パリ・オペ見たぁ〜」という感動を味わって帰ってまいりました。舞台はシンプル、衣装は華やかで豪華、とちらも洗練されたセンスが素敵なんだけど、それプラス、質。いい物使ってるなぁというか、お金掛かってるなぁという感じがして、そこで既に感動。セットの移動がスムーズで静かで滞りがない。ロイヤルの『シンデレラ』なんて、セットの移動が酷かったじゃないですか。私が見た日なんて、上から何やら部品が「ゴトッ」って落ちてきたんですよ。

ニコラ・ル・リッシュがとっても好かったです。
やっぱり、あの存在感が全然違いますね。そして、甘い雰囲気と綺麗でダイナミックな踊り。一言で言うなら「柔らかなダイナミック」。ジャンプの高さには、会場から感嘆の声が起こりました。
第3幕のグラン・パ・ド・ドゥの後、王妃に駆け寄って、「僕、この人がいい!」みたいなところは思わず顔が笑いました。感情を抑えられない子供っぽさが、なんとも可愛かった。そんなジークフリートに対して、「本当に愛してるんだな?じゃあ誓えるか?誓ってみろ。じゃあ結婚するな?本当だな?」とでも言っているかのようなロットバルトは、かなり意地悪。でも面白い場面でした。

アニエス・ルテステュは男顔のクールビューティーですね。格好よかったです。オデットを見て格好いいと思ったのは初めてかも。私は彼女、とっても好きです。硬質で清潔感があって、気高くて。私的にはオディールの方が好かった。とにかく美しくて、格好よくて、だからこそ残酷。父ロットバルトの魔法でオデットそっくりに姿を変えられた、なんてところに悲劇性は微塵も感じさせない。

ヌレエフ版はロットバルトの役割が大きいんですね。家庭教師ヴォルフガングの時から、何やら不敵な訳知り顔。第3幕のグラン・パ・ド・ドゥでは、ロットバルトも絡んできます。本来なら王子がするはずのサポートをロットバルトがやるし、ヴァリエーションまでありました。すごく面白かった。ロモリはとても好かったです。時々「おぉ!」と思うほど素敵な表情を見せる時も有り。でも、イレールとかベラルビのロットバルトが見てみたいな…。そのイレールですが、会場で見てましたね。素敵過ぎました…。

そしてこの日会場を沸かせたのは、第1幕のパ・ド・トロワ。
ドロテ・ジルベールはキラキラ輝いて、健康的で、気合も十分。踊りに広がりがあって、何て言うかすべてに前向きな感じが元気をくれますね。明るさが彼女の取り得の一つですよね。見ていて清々しかったです。去年の『ルジマトフのすべて』の時は、やや元気がないような感じがしたので、今回の彼女の姿を見てやっとスッキリしました。

その他、エミリー・コゼット、エマニュエル・ティボー、マロリー・ゴディオンなども好かったし、白鳥たちのフォーメーションも個性的で面白かった。一糸乱れぬという訳ではなかったけど。

ただ、舞台がやや狭かったようで残念でした。もうちょっと広い舞台で見たかったですね。

4月21日(金)のキャストはこちら
posted by uno at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ・オペ行ってきました。

帰りが遅くなりましたので、とりあえず今日のキャストだけ、、。
パリ・オペラ座バレエ団『白鳥の湖』
2006年4月21日(金)18:30東京文化会館

オデット/オディール:アニエス・ルテステュ
ジークフリート王子:ニコラ・ル・リッシュ
家庭教師ヴォルフガング/ロットバルト:
ウィルフリード・ロモリ

<第1幕>
パ・ド・トロワ
エミリー・コゼット、ドロテ・ジルベール
エマニュエル・ティボー
<第2幕>
4羽の大きい白
エミリー・コゼット、オーレリア・ベレ
ローラ・エッケ、ローレンス・ラフォン
4羽の小さい白鳥
ファニー・フィアット、マチルド・フルステー
ジェラルディーネ・ウィアール、ミュリエル・ズスペルギー
<第3幕>
チャルダッシュ
ノルウェン・ダニエル、ブリュノ・ブシェ
スペインの踊り
ナタリー・リケ、ナタリー・オーバン
カール・パケット、クリストフ・デュケーヌ
ナポリの踊り
メラニー・ユレル、マロリー・ゴディオン

会場で『小林十市のボーイズ・クラス』を購入。やっと発売されたんですね。待ってましたよ〜。『パリ オペラ座バレエと街歩き』(840円)という本も買ってもしまった。「厳選レストラン&サロン・ド・テ ガイド パリの街歩きマップ付き」だそうです。パリ・オペのダンサー10人のインタヴューが載っています。

一つ嬉しい発売情報がありました。ローラン・プティ振付の『スペードの女王』(ボリショイ・バレエ)のDVDが5月に発売されるそうです。

ボリショイ・バレエ団『スペードの女王』
振付:ローラン・プティ
出演:イルゼ・リエパ、ニコライ・ツィスカリーゼ、
   スヴェトラーナ・ルンキナ/他
プティ振付『パッサカリア』を同時収録
80分/6,825円
posted by uno at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする