2006年04月13日

東京バレエ団『ベジャール・プロ』4月13日

東京バレエ団『ベジャール=ディアギレフ』
<ベジャール・プロ>
200贈年4月13日(木)東京文化会館

【主な配役】
『ペトルーシュカ』
青年:後藤晴雄
若い娘:吉岡美佳
友人:木村和夫
魔術師:高岸直樹
三つの影:高橋竜太、平野玲、中島周
四人の男:氷室友、辰巳一政、長瀬直義、小笠原亮
四人の若い娘:小出領子、高村順子、門西雅美、長谷川智佳子
『ギリシャの踊り』
T.イントロダクション
U.パ・ド・ドゥ(二人の若者):大嶋正樹、古川和則
V.娘たちの踊り
W.若者の踊り
X.パ・ド・ドゥ:小出領子、中島周
Y.ハサピコ:井脇幸江、木村和夫
Z.テーマとヴァリエーション
ソロ:首藤康之
パ・ド・セット:佐伯知香、高村順子、門西雅美、
長谷川智佳子、西村真由美、乾友子、吉川留衣
[.フィナーレ:全員
『ボレロ』
上野水香
大嶋正樹、古川和則、平野玲、中島周

ベジャール・プロ初日に行ってまいりました。簡単な感想を。
首藤さんの『ギリシャの踊り』の素晴らしさに尽きます!なぜ今まで踊らなかったんだろうというくらいの当たり役ではないでしょうか。揺るぎないステップと、迷いのない全ての踊りは、これが初めてとは思えないくらいの完成度でした。全ての動きが美しくて、やっぱり古典も踊ってほしいと思ってしまいました。

上野水香の『ボレロ』は結構好かったんですが、発展途上という感じ。期待が高かった分、やや肩透かしの感有り。でも本当に悪くはなかったので、これからの発展に期待です。

『ペトルーシュカ』の後藤晴雄さんは、ここ数年の間に本当に成長したなぁと感心(偉そうですみません…)。前のように少し不安を感じながら見ることがなくなりました。最近は着地も柔らかくて、足音が静かなのもよいです。

細かい感想は明日の公演も見てから書こうと思います。
できれば『ギリシャの踊り』を最後に持ってきてほしかったですね。まあ、舞台装置の関係もあるだろうし、「『ボレロ』は最後」みたいな空気があることは否めませんが。

eプラスで、東京バレエ団『ベジャール・プロ』愛知公演のチケットを特別販売しています。半額以下です。

東京バレエ団『ベジャール・プロ』
4月19日(水)18:30開演
会場:愛知県芸術劇場大ホール
A席9000円→3600円 B席7000円→2800円

posted by uno at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリショイ・バレエ団 キャスト変更…

今日の東京バレエ団のキャストを確認しようとNBSのサイトに行ったところ、ボリショイ・バレエ団のキャストに変更が出ていました。

ウヴァーロフが来ないそうです、、、。

来日が危ぶまれる噂も聞いていましたが、実際に決まるとショックですね…。代役はプリンシパルのウラジーミル・ネポロージニーだそうです。

で、納得いかないのは、「ボリショイ・バレエ団側のやむを得ない事情により」そのほかのキャストにも変更が出ていることです。

ニコライ・ツィスカリーゼが見たくてチケットを取った12日(金)の『ファラオの娘』が、セルゲイ・フィーリンに替わってるんです!!フィーリンも見たいけど、見たいけど…、ツィスカリーゼのタオールが見たいんです〜!

更に気になるのは、ガリーナ・ステパネンコが一度もニキヤを踊らなくなってしまったことです。替わりにガムザッティを踊ります。それはそれで豪華ですけど、、。でも・・・アレクサンドローワのガムザッティも見たかった…。
posted by uno at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする