2006年04月09日

東京バレエ団『ディアギレフ・プロ』4月9日

東京バレエ団『ベジャール=ディアギレフ』
<ディアギレフ・プロ>
2006年4月9日(日)ゆうぽうと簡易保険ホール

【主な配役】
『牧神の午後』
牧神:首藤康之
ニンフ:井脇幸江
『薔薇の精』
薔薇の精:木村和夫
少女:吉岡美佳
『ペトルーシュカ』
ペトルーシュカ:首藤康之
バレリーナ:小出領子
ムーア人:後藤晴雄
シャルラタン:高岸直樹
町の踊り子:西村真由美、佐伯知香

今日は『牧神の午後』のセットのチープさが、慣れたせいか気になりませんでした。首藤さんも井脇さんも、今日の方が好かったな〜。単に昨日より舞台に近い席だったから、迫力があっただけかもしれないけど。息遣いが聞こえるのが好きなんです。
ニンフたちがいなくなってからの二人のパ・ド・ドゥ(って言うのかな?)がとっても素敵。井脇さんの視線の演技が◎。

『薔薇の精』が楽しかったです〜♪
吉岡さんの可愛らしさにビックリ!!本当に可愛かったなぁ。前髪を下ろしている吉岡さんは、少女というよりお人形さんみたいでした。伏し目がちの表情が特に◎。
木村さんの薔薇の精、最高でしたよー。顔がニヤけて止まりませんでした♪ 人のいいお兄さんみたいな雰囲気がチラホラ出ちゃうのね。そこが好いんですよね〜。時々ヒラリオンに見えてしまいました。

『ペトルーシュカ』のカーテンコールで見せる、首藤さんの素の雰囲気が妙に素敵。『牧神の午後』のカーテンコールは最後まで牧神とニンフの演技のままだったから。あれはあれで面白くて好きなんだけど。なんでしょうね〜、いつまでもシャイでピュアな印象がありますね。はにかんだ表情が好きなんです。そういえば、ジル・ロマンも少し似た感じのはにかんだ笑顔を見せますよね。ああいう空気を持ったダンサーが好きなんだな、私って。実際はどうかは別として、ストイックな雰囲気を持ったダンサーが好きです、自分。
posted by uno at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京バレエ団『ディアギレフ・プロ』4月8日

東京バレエ団
『ベジャール=ディアギレフ』<ディアギレフ・プロ>
2006年4月8日(土)ゆうぽうと簡易保険ホール

【主な配役】
『牧神の午後』
牧神:首藤康之
ニンフ:井脇幸江
『薔薇の精』
薔薇の精:大嶋正樹
少女:高村順子
『ペトルーシュカ』
ペトルーシュカ:首藤康之
バレリーナ:長谷川智佳子
ムーア人:平野玲
シャルラタン:高岸直樹
(以下はアッサンブレのメールからの情報です。
変更がなければの話…)
宮廷の御者:古川和則
乳母:大嶋由賀子
馬丁:長瀬直義、田中俊太朗
ジプシー:高木 綾、奈良春夏
お祭り好きの商人:横内国弘
町の踊り子:門西雅美、加藤文

最初にマイナス面を言うのもなんですが、『牧神の午後』のセットのチープさにがっかり…。パリ・オペのビデオ『ディアギレフの夕べ』を見ていたので、今日の簡潔さには驚きました。まぁ、でもあんなもんなのかな〜。背景幕一枚と、舞台の中央に牧神が寝そべる岩が一つ。しかも、舞台の前半分くらいしか使ってないんじゃないかな?幕が開いた途端にテンションがやや下がりました…。せっかく前奏でウットリしてたのに(「牧神の午後への前奏曲」大好きなんです)。余計なお世話だと思いますが、明日以降見に行かれる皆様、幕が開いた時のチープさにお気を付け下さい。あと、ニンフたちの衣装もちょっと…。

首藤さんの牧神は素敵でした。もともと首藤さんの、美しくて表情のある手がとても好きなので、牧神特有のあの手のポーズがすごーく好かったです〜♪ 井脇さんのニンフも美しかった。大人の女のニンフでしたね。相変わらず凛としていて素敵です。初めてプロにお願いしたというメイクは、確かにいつもと違っていました。ほとんど横向きなので(カーテンコールも)あんまりよく見えなかったんだけど、綺麗でしたよ〜。

大嶋さんの薔薇の精が素晴らしかったと思います〜。ちょっと体がマッチョかなぁとは思いますが、それは分かっていたことで、、。ニンフの衣装で少し不安になっていたんですが、薔薇の精は比較的控えめな色でホッとしました。ドぎついピンクだったらどうしようかと思った。窓から登場した瞬間から、怪しい空気を漂わせていました。最初のジュテも美しかった。踊りが柔らかくて、着地がしなやか!足音が静かで好かったです。中性的な薔薇の精なんだけど、害のない中性さではないんですよね。危険な香りがプンプンするところが好い。得難いキャラクターだなぁと。高村さんの少女も衣装が似合っていて可愛かったんだけど、如何せん大嶋さんばっかり見ちゃって、、。

牧神も好かったんだけど、今日見た感じでは、私はペトルーシュカの首藤さんにとりあえず一票かな〜。クニャクニャ・ギクシャクと関節のない人形みたいな動きがすごかったです。でも、それよりもペトルーシュカの孤独がね、切なかったですよ…。
なんか、黒いタイツの悪魔みたいキャラクターが出てくるんだけど、あれなんていう役なんですかね?踊りは綺麗だったけど被り物してて誰か分からなかったんです。カーテンコールで被り物を脱いできてくれました。中島周さんでしたよ〜。ずるい、格好よかった。高橋竜太さんもいた気がする。

プログラムに、薔薇の精を踊るリハーサル中の木村さんの写真があるんですが、これが素敵!!必見です(私的に)! 明日の木村さんの薔薇の精も楽しみだな〜♪
posted by uno at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする