2006年04月12日

ちょっとモヤモヤしてます…

え〜っと、『HS06』のeプラスのプレオーダーですが、一応希望のチケットが取れたんですが、キャンセルしちゃいました…。いつもは当選時に座席番号を教えてくれるのに、今回は教えてくれなかったんですよ〜。抽選に外れた人もいるのかもしれないと思うと、誠に自分勝手だなとは思いつつ、やっぱり席が分からないのはちょっと…。今後eプラスのプレオーダーはこの路線で行くんでしょうか?それとも公演によって違うんですかねぇ?

なんだか4月は忙しいですね〜。公演も多いし、チケットの発売も多い。パリ・オペの公演は、まだキャスト変更が出るかもしれないと思うと落ち着かないし。BBLの松本公演の詳細もまだサイトに載らないし。いよいよバレエ・フェスの詳細も発表されて、7・8月の予定をあれこれ考えなきゃいけないし。

バレエのことだけ考えている分には幸せなんだけど、ややプライベートが落ち着かなくて…。ゴールデンウィーク中に同窓会も予定されていて、行きたくないのに「行く」と言ってしまったし…。その他にも色々考えてしまうことがあって、バレエだけに集中できないんですよね、、。どれもこれもくだらない問題なんですけどね〜。雑念なくバレエだけのことを考えていたいのにな、、。

このモヤモヤがなければ、4月の忙しさはむしろ楽しいんですけどね…。
posted by uno at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京バレエ団『ディアギレフ・プロ』4月10日

東京バレエ団『ベジャール=ディアギレフ』
<ディアギレフ・プロ>
2006年4月10日(月)

【主な配役】
『牧神の午後』
牧神:首藤康之
ニンフ:井脇幸江
『薔薇の精』
薔薇の精:大嶋正樹
少女:高村順子
『ペトルーシュカ』
ペトルーシュカ:首藤康之
バレリーナ:長谷川智佳子
ムーア人:平野玲
シャルラタン:高岸直樹

平日の公演でしたが、<ディアギレフ・プロ>最終日ということもあってか、会場は結構熱い拍手を送っていました。『ペトルーシュカ』はいいですね〜。物語自体は明るい話ではないけど、バレエ見たな〜っていう楽しい気持ちで終わることができます。しかも東京バレエ団が好きな私にとっては、見たいダンサーがいっぱいいて困ってしまいました♪
シャルラタンの高岸さんは、妖しい存在感があって素敵でした。メイクで顔が見えなくても、やっぱりオーラはバッチリ!同じことを後藤晴雄さんにも感じました。ムーア人もメイクで顔は分からないし、衣装で体系も隠れているんだけど、すごく後藤さんが格好よかったんですよね〜。平野さんも素敵だったんだけど、、。高岸さんにしろ木村さんにしろ、そして後藤さんも含めてプリンシパルはやっぱりプリンシパルなんだなぁと思ったわけです。
乳母の大島さんがとっても可愛かった!伸びやかで明るい、とても好い踊りをしますよね〜。相手役の古川さんも、役に成りきり過ぎてて面白かった。踊っていない時も二人のやり取りが気になってついつい見ちゃいました。古川さんが踊る場面はやっぱり流石。その後ろで踊る高橋竜太さんも格好よかった。高橋さんみたいな人が群舞の要所をバッチリ締めてくれていると安心です。本当はもっと活躍してほしいけど。12月のベジャール版『くるみ割り人形』では、是非ビムを踊ってほしい!!
町の踊り子の西村さんもやっぱり好き。馬丁の長瀬さんと田中俊太朗さんも若いコンビで好かったですね。お二人とも東バの若手の中では背が高いみたいだし、是非これからも頑張ってほしいなと。ちょっと勢いに任せている感じがしなくもなかったけど、まあお祭り気分ってことで(酔っ払いだし)いいかなぁ〜。楽器を持ってプラプラしてる宮本さんも笑顔が最高◎。踊ってほしかったなぁ。中島周さんの黒タイツの悪魔(仮装行列かなんかですかね?)も、キレがあって踊りが綺麗。中島さんって、『真夏の夜の夢』のパックの時にも思ったけど、ノーブル以外も結構ハマりますよね。

薔薇の精の木村さんと大嶋さんはそれぞれ違う魅力で楽しめました。
木村さんはやっぱり人のいいお兄さん的。いつも感じる暗い(←褒めてます)ウェットな雰囲気は、やや影を潜めていました。ある意味とても中性的だったのかも。いつもの怪しい男の空気は消していましたね〜。
大嶋さんはセクシー!あの悩ましい、艶めかしい表情は、やりたくたってできるもんじゃないですよね〜。

東京バレエ団と一緒に踊る首藤さんを見られたことが、とても嬉しかったです。『牧神の午後』での井脇さんとのペアも久しぶりだったし、後藤晴雄さんと踊る姿も懐かしかった。言っても仕方のないことだけど、辞めないでほしかったな〜。今の首藤さんの活躍も好きだけど、東バで踊る首藤さんもやっぱり見たいです。

そんな首藤さんが、プログラムのインタヴューで気になることを言っていました。まだまだ踊ってみたいベジャール作品がいっぱいある、『中国の不思議な役人』の“娘”、『そして、ワルツ』『エロス・タナトス』『ディオニソス』のデュトランポスの踊り…。是非々実現させてほしいです!!その時はやっぱり、東京バレエ団と組んで“ベジャール・プロ”ですかね〜。
posted by uno at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

東京バレエ団『ディアギレフ・プロ』4月9日

東京バレエ団『ベジャール=ディアギレフ』
<ディアギレフ・プロ>
2006年4月9日(日)ゆうぽうと簡易保険ホール

【主な配役】
『牧神の午後』
牧神:首藤康之
ニンフ:井脇幸江
『薔薇の精』
薔薇の精:木村和夫
少女:吉岡美佳
『ペトルーシュカ』
ペトルーシュカ:首藤康之
バレリーナ:小出領子
ムーア人:後藤晴雄
シャルラタン:高岸直樹
町の踊り子:西村真由美、佐伯知香

今日は『牧神の午後』のセットのチープさが、慣れたせいか気になりませんでした。首藤さんも井脇さんも、今日の方が好かったな〜。単に昨日より舞台に近い席だったから、迫力があっただけかもしれないけど。息遣いが聞こえるのが好きなんです。
ニンフたちがいなくなってからの二人のパ・ド・ドゥ(って言うのかな?)がとっても素敵。井脇さんの視線の演技が◎。

『薔薇の精』が楽しかったです〜♪
吉岡さんの可愛らしさにビックリ!!本当に可愛かったなぁ。前髪を下ろしている吉岡さんは、少女というよりお人形さんみたいでした。伏し目がちの表情が特に◎。
木村さんの薔薇の精、最高でしたよー。顔がニヤけて止まりませんでした♪ 人のいいお兄さんみたいな雰囲気がチラホラ出ちゃうのね。そこが好いんですよね〜。時々ヒラリオンに見えてしまいました。

『ペトルーシュカ』のカーテンコールで見せる、首藤さんの素の雰囲気が妙に素敵。『牧神の午後』のカーテンコールは最後まで牧神とニンフの演技のままだったから。あれはあれで面白くて好きなんだけど。なんでしょうね〜、いつまでもシャイでピュアな印象がありますね。はにかんだ表情が好きなんです。そういえば、ジル・ロマンも少し似た感じのはにかんだ笑顔を見せますよね。ああいう空気を持ったダンサーが好きなんだな、私って。実際はどうかは別として、ストイックな雰囲気を持ったダンサーが好きです、自分。
posted by uno at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京バレエ団『ディアギレフ・プロ』4月8日

東京バレエ団
『ベジャール=ディアギレフ』<ディアギレフ・プロ>
2006年4月8日(土)ゆうぽうと簡易保険ホール

【主な配役】
『牧神の午後』
牧神:首藤康之
ニンフ:井脇幸江
『薔薇の精』
薔薇の精:大嶋正樹
少女:高村順子
『ペトルーシュカ』
ペトルーシュカ:首藤康之
バレリーナ:長谷川智佳子
ムーア人:平野玲
シャルラタン:高岸直樹
(以下はアッサンブレのメールからの情報です。
変更がなければの話…)
宮廷の御者:古川和則
乳母:大嶋由賀子
馬丁:長瀬直義、田中俊太朗
ジプシー:高木 綾、奈良春夏
お祭り好きの商人:横内国弘
町の踊り子:門西雅美、加藤文

最初にマイナス面を言うのもなんですが、『牧神の午後』のセットのチープさにがっかり…。パリ・オペのビデオ『ディアギレフの夕べ』を見ていたので、今日の簡潔さには驚きました。まぁ、でもあんなもんなのかな〜。背景幕一枚と、舞台の中央に牧神が寝そべる岩が一つ。しかも、舞台の前半分くらいしか使ってないんじゃないかな?幕が開いた途端にテンションがやや下がりました…。せっかく前奏でウットリしてたのに(「牧神の午後への前奏曲」大好きなんです)。余計なお世話だと思いますが、明日以降見に行かれる皆様、幕が開いた時のチープさにお気を付け下さい。あと、ニンフたちの衣装もちょっと…。

首藤さんの牧神は素敵でした。もともと首藤さんの、美しくて表情のある手がとても好きなので、牧神特有のあの手のポーズがすごーく好かったです〜♪ 井脇さんのニンフも美しかった。大人の女のニンフでしたね。相変わらず凛としていて素敵です。初めてプロにお願いしたというメイクは、確かにいつもと違っていました。ほとんど横向きなので(カーテンコールも)あんまりよく見えなかったんだけど、綺麗でしたよ〜。

大嶋さんの薔薇の精が素晴らしかったと思います〜。ちょっと体がマッチョかなぁとは思いますが、それは分かっていたことで、、。ニンフの衣装で少し不安になっていたんですが、薔薇の精は比較的控えめな色でホッとしました。ドぎついピンクだったらどうしようかと思った。窓から登場した瞬間から、怪しい空気を漂わせていました。最初のジュテも美しかった。踊りが柔らかくて、着地がしなやか!足音が静かで好かったです。中性的な薔薇の精なんだけど、害のない中性さではないんですよね。危険な香りがプンプンするところが好い。得難いキャラクターだなぁと。高村さんの少女も衣装が似合っていて可愛かったんだけど、如何せん大嶋さんばっかり見ちゃって、、。

牧神も好かったんだけど、今日見た感じでは、私はペトルーシュカの首藤さんにとりあえず一票かな〜。クニャクニャ・ギクシャクと関節のない人形みたいな動きがすごかったです。でも、それよりもペトルーシュカの孤独がね、切なかったですよ…。
なんか、黒いタイツの悪魔みたいキャラクターが出てくるんだけど、あれなんていう役なんですかね?踊りは綺麗だったけど被り物してて誰か分からなかったんです。カーテンコールで被り物を脱いできてくれました。中島周さんでしたよ〜。ずるい、格好よかった。高橋竜太さんもいた気がする。

プログラムに、薔薇の精を踊るリハーサル中の木村さんの写真があるんですが、これが素敵!!必見です(私的に)! 明日の木村さんの薔薇の精も楽しみだな〜♪
posted by uno at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団4月6日

ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団
『カフェ・ミュラー』『春の祭典』
2006年4月6日(木)国立劇場大劇場


ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団の初日の公演に行ってまいりました。

『春の祭典』がすごかったです〜。『カフェ・ミュラー』も好かったんですが、とにかく『春の祭典』の印象が強くて、、。土を踏み鳴らして踊る群舞の圧倒的な力強さは、言葉を失います、本当に。最初に女性の群舞が踊り始めた時には感動というか、興奮というか、とにかくクラッとしましたよ。ベジャールの『春の祭典』が大好きな私ですら、その地位が揺らぐほどの感動でした。
クライマックス、群舞の迫力が心地よいベジャール版とは逆に、群舞が見つめる中、犠牲の乙女がソロを踊ります。これがすごい!ダンサーという存在が羨ましくなりました。あんなふうに表現ができるなんて。
『カフェ・ミュラー』は、とても繊細で切ない世界がわりと好みなんですが、私としてはもっともっと踊ってほしかったです。ピナ・バウシュの存在感はやっぱりすごい。彼女が踊ると目が離せなくなります。踊っていなくても、白い衣装を着た彼女の姿が目の端に絶えず存在し続けるんです。まるで、少女のようでしたね。

もし、まだ迷っている方がいたら、是非見に行くことをお勧めします!『春の祭典』は必見ですよ〜。って、私が言うまでもないですかね、、。これが20年振りの再演。次も20年先だったら、私はいくつになっているんでしょうか…? あ〜、もう一回見たいなー。でも、年をとってからもう一度見るのもいいかもしれない。そういう意味では『カフェ・ミュラー』の方が、年をとってから見たいかも。

『カフェ・ミュラー』の後、25分の休憩を挟んで『春の祭典』なんですが、休憩中も幕は下りず、舞台に土を敷きつめる様子が見られるみたい。私は休憩中ずっとロビーに出ていたので、戻った時にはほぼ作業は完了していました。残念〜!興味のある方は見てみて下さいね〜。

会場ではプログラム(1,500円)の他に、ポストカード(10枚組み)やポスター、カタログ(写真集?)などが販売されていました。ポストカード買っちゃった〜。とっても素敵でしたよ♪
posted by uno at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ公演2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

第11回世界バレエフェスティバル詳細決定!

やっと発表されましたね〜。
NBSのサイトにて、第11回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ詳細決定だそうです。

ジル・ロマンが来る〜!

よかったぁ。多分来るだろうとは思っていたけど、実際に決まってホッとしました。

そして、ハンブルク・バレエ団からは、
ジョエル・ブローニュとアレクサンドル・リアブコ
そうきましたか〜。できればアッツォーニとリアブコの夫婦ペアで見たかったけど、ブローニュも楽しみです。『ニジンスキー』でニジンスキーの母エレオノーラを演じていた姿が印象的。ダンスマガジンでの彼女のインタヴューは忘れられません。『ニジンスキー』の最後、エレオノーラがニジンスキーの額にキスをするシーンについて、「とても短い場面ですが、私はこの場面にありったけの思いをこめています」と答えているんですが、あの場面にグッときた私には忘れられないコメントです。

予定演目の中の「椿姫」「幻想〜白鳥の湖のように」などのノイマイヤー作品がとっても楽しみ。「椿姫」は両プログラムに重複しているので、ハンブルク組みとルグリ&オーレリで見られそうですね。他に「椿姫」を踊りそうなペアっています?その辺詳しくないんで…。「幻想〜」はルグリかな〜。ハンブルクの二人には私がまだ見たことがないノイマイヤー作品も踊ってほしいです。「かもめ」とか。

え〜っと、納得できないのは、全幕特別プロの『白鳥の湖』に上野水香が出演することですよねぇ? なんで?なんで?? ザハロワが「予定」となっていた時から、こりゃ多分ザハロハは踊らないなとは思っていたけど、だからって代わりが上野水香ってのは、これは納得いかないですよ〜。例えばそれが、「東バの公演にウヴァーロフがジークフリートでゲスト出演。オデットは東バの女性ダンサー」っていうなら話は別ですよ、普通に楽しみにしますけど、この場合はちょっと、、。私の心が狭いんでしょうか?まったくササチューは何を考えているんだ…。

【発売日】
第11回世界バレエフェスティバル
5月13日(土)10:00 2演目セット券前売開始
5月20日(土)10:00 一斉前売開始

世界バレエフェスティバル全幕特別プログラム
5月20日(土)10:00 一斉前売開始

発売が公演の3月前とは、NBSにしては遅いですね。チケット代は例によって値上がり。なんとも思わなくなった自分がいます…。

NBS
posted by uno at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

明日はピナ・バウシュです。

世界バレエフェスティバル全幕特別プロ『ジゼル』大阪公演は、チケットぴあではプレリザーブがあるんですね〜。eプラスはプレオーダーはないようです。

世界バレエフェスティバル全幕特別プロ『ジゼル』
2006年8月19日(土)大阪フェスティバルホール
チケットぴあプレリザーブ
現在受付中〜4月7日(金)09:00

新国立劇場バレエの『ジゼル』はまもなくプレリザーブ開始。
チケットぴあプレリザーブ
4月13日(木)18:00〜18日(火)09:00

新国の『ジゼル』は見に行かないかも…。プジョル&ペッシュでも迷っていたんですが、オスタ&ペッシュとなると更に行かない気配が濃厚です。お金と時間に余裕があればオスタとペッシュも是非見てみたいんだけど、、。

ところで、スターダンサーズ・バレエ団の『くるみ割り人形』のチケットは、eプラスのプレオーダーで無事に購入しました。第2希望でしたけど。8月の予定も決まってまいりました。あとは、世界バレエフェスのチケットが無事に取れるといいんだけど〜。

明日はピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団の公演に行ってきます。初ピナです。楽しみだな〜♪ 
上演時間は『春の祭典』約35分『カフェ・ミュラー』約45分。休憩を挟んでも2時間で終わりそうですね。
posted by uno at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マチュー・ガニオ『パキータ』降板。

NBSのサイトでパリ・オペのキャスト変更が出ていました。

『パキータ』に出演予定だったマチュー・ガニオが、怪我のため来日することが出来なくなったそうです。代役は、ジェレミー・ベランガール

パリ・オペラ座バレエ2006日本公演
『パキータ』4月29日(土)13:30
パキータ:ドロテ・ジルベール
リュシアン:ジェレミー・ベランガール

ん〜、ちょっと残念ですね、、。ドロテ&マチューのペアを楽しみにしていたので…。ガニオはリハーサル中に怪我をして、完治にはかなり時間がかかるとのこと。心配です。ベランガールは決して嫌いじゃなくて、むしろ好きな方なんだけど、ドロテ&マチューのキラキラとして可愛らしい、フレッシュな空気を期待していたので、、。でも、『エトワール・ガラ』ではコンテンポラリーしか踊らなかったので、ベランガールのクラシックも楽しみではあります。

NBS
posted by uno at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

『HS06』チケット取りました。

チケットぴあの先行予約で『HS06』のチケットを取りました。
朝10:00から、電話のみの受付で先着順。
意気込んで電話したら、あっさり10分もしないで繋がっちゃいました。早速発券してみたら、かなり前だけど端っこという複雑なお席…。ちなみにXC列でしたので、段差はありません…。チケットぴあの先行予約は、早く繋がってもいいことないですね。前も同じような経験有り。
色々考えて、12時半頃もう一度電話して別の日のチケットを取ったところ、今度は段差のある列で、やっぱり端っこ。遅く繋がった方がいい席って納得いかない〜。いい席と言っても、私にとっていい席ってだけで、人それぞれどの辺りの席を好むかは違いますから、なんとも言えないけど〜。

eプラスでは、世界バレエフェスティバル全幕特別プロの『ジゼル』大阪公演(ヴィシニョーワ&マラーホフ主演)の詳細が発表されていました。

一般発売:4月8日(土)
世界バレエフェスティバル全幕特別プロ『ジゼル』全2幕
2006年8月19日(土)17:00
大阪フェスティバルホール
S席13,000円 A席11,000円 B席9,000円 C席7,000円 D席5,000円
eプラス

そろそろ東京公演も詳細が発表されるかもしれないですね。
posted by uno at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

吉本泰久さんが怪我をされたそうです…

23日の日記にコメントをいただきました。
〈みいこ様ありがとうございます。〉

先日のTYバレエの『ドン・キホーテ』にバジル役で出演された吉本泰久さんが、舞台で怪我をされたようです。ご自分で立ち上がることが出来ない状態だったとのこと…。非常に心配です…。
ちょっと転ぶくらいは見たことがあるんですが、そこまでの事態には私は遭遇したことがありません。見ているお客さんたちもさぞ生きた心地がしなかったのではないでしょうか…。
5月には『こうもり』のウルリックもあることだし、吉本さんのお怪我の具合が気になりますね…。その前に、バレエシャンブルウエストの『タチヤーナ』のレンスキーもありますね。

吉本さんのお怪我が深刻ではないことを祈るばかりです、、。
posted by uno at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする