2006年02月17日

『マラーホフの贈り物2006』も得チケ…。

seesaaブログは今日もメンテナンスでした、、。

『マラーホフの贈り物2006』も、イープラスで得チケが出ましたね〜。
プログラム付きとペア券の2種類です。

<得チケ・プログラム付き>
2月24日(金)Aプログラム
3月8日(水)・9日(木)Bプログラム

<得チケ・ペア券>
2月28日(火)Bプログラム

2月18日(土)10:00から発売です。

NBSでは「マラーホフのサイン入り『ヴォヤージュ』生写真プレゼント」の企画とかやってるし、チケット余っちゃってるのね…。やっぱり平日は厳しいんですね〜。今までも平日公演は売れ残ってたんだろうけど、イープラスやその他のチケットサイトで得チケが出されるようになって、妙に「余ってる感」が漂ってしまっているような気がする…。
まぁ、よく考えたら日程も悪いですよね。Bプロは平日のみ。でも最近多いですよね、このパターン。一方のプログラムが平日公演のみってやつです。シュツットガルトの『オネーギン』も、今度のボリショイも、BBLも…。まぁ何か理由があるんだろうけど、不親切だよなー。フリーターで平日休みが多い私にとっては、実はあまり問題はない訳ですが…。

明日から東京バレエ団の『眠り』が始まりますね。私は明後日から参戦です。NBSのサイトで発表されている以外のキャストも気になるところです。
posted by uno at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリカ&エルマン・コルネホ姉弟ゲストの『ライモンダ』

踊る阿呆に見る阿呆さんで知ったんですが、ABTのエリカ・コルネホとボストン・バレエのカルロス・モリーナが結婚されたそうです。おめでとうございます〜♪ 
naomiさんがトラックバックをして下さったので、もう一度宣伝しておこうと思いまして。

セェリ・ユース・バレエ団
国際交流公演Reviews
エリカ・コルネホ(ABTソリスト)
エルマン・コルネホ(ABTプリンシパル)
『ライモンダ』3幕

後藤和雄(元東京バレエ団プリンシパル)
根岸愛希(元新国立劇場バレエソリスト)
『バヤデルカ』影の王国

2006年7月15日(土)17:00開演
会場:グリーンホール相模大野
全席指定5,000円/当日5,500円

是非々、無事に出演してほしいです。最近キャストの変更が多いし…。変更なんてことにならないでね〜。

【追記】後藤和雄さんはセェリ・ユース・バレエ団の7月の公演には出演されないようです。(5/2)
こちらの日記
posted by uno at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マラーホフの贈り物2006』演目変更。

やっとseesaaブログのメンテナンスが終わったようです。
今日はほぼ1日使えなかった…。

『マラーホフの贈り物2006』に演目の変更が出ていますね。(キャスト変更じゃなくてよかった…)。変更になったのは、Aプログラムのラカッラとシリル・ピエールの演目のみです。

ルシア・ラカッラ/シリル・ピエール
ジョン・ノイマイヤー振付「椿姫」
 ↓
バル・カニパローリ振付「椿姫」

ジェラール・ボボ振付「弦楽のためのアダージョ」
 ↓
ジェラルド・アルピノ振付「ライト・レイン」

カニパローリ振付の「椿姫」は、DVD「マイ・ベスト・セレクション」に収録されてました。同じパ・ド・ドゥかしら?結構素敵な作品なので、楽しみ。ノイマイヤーの「椿姫」は、「エトワール・ガラ」の時に見たし。「弦楽のためのアダージョ」は楽しみにしてたので、ちょっと残念だな〜。でも「ライト・レイン」は、確か2002年の『マラーホフの贈り物』で評判が良かったようなので、気持ちを切りかえて楽しみにしたいと思います。

posted by uno at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする