2006年02月10日

第11回世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ 日程

既に話題になっていますが、第11回世界バレエフェスティバルの全幕特別プロの日程が発表されましたね〜。

■7月29日(土)『ドン・キホーテ』〈全幕〉
タマラ・ロホ/ホセ・カレーニョ
■7月31日(月)『白鳥の湖』〈全幕〉
スヴェトラーナ・ザハロワ/アンドレイ・ウヴァーロフ
■8月15日(火)『ジゼル』〈全幕〉
アリーナ・コジョカル/マニュエル・ルグリ
■8月17日(木)『ジゼル』〈全幕〉
ディアナ・ヴィシニョーワ/ウラジーミル・マラーホフ
□8月19日(土)『ジゼル』〈全幕〉【大阪】
ディアナ・ヴィシニョーワ/ウラジーミル・マラーホフ

気になるのはチケット代と、アッサンブレの優先予約があるかどうかです。
ちなみにチケット代は、前回の第10回の時はS席14,000円でした。最近の傾向からすると、値上がりしそうな気配ですよね〜。しかも、それに麻痺している自分がいる…。
一応東京バレエ団の共演だし、アッサンブレシートはあるんでしょうか?かなり数が少なそうだけど…。もし優先予約があるなら、勿論アッサンブレで申し込もうと思います。
東バファンの私としては、脇キャストも気になるところです。
・サンチョ・パンサは飯田さんがやってくれるんだろうか?
・エスパーダは高岸さんがいいな。
・武田明子さんのキューピッドを見ることができないのが悲しい…。
・『白鳥』の道化は…大嶋さん?古川さん?それとも新顔?(ってことはないか…)
・『白鳥』のスペインは是非井脇さんと木村さんで!
・ロットバルトの胸のアップリケが久しぶりに見たい、、。
・ウィリはもしかして日替わりかしら?ドゥ・ウィリも気になる。
・木村さんのヒラリオン、何度見ても飽きない。

などなど……妄想は尽きません。
posted by uno at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする