2006年02月07日

ダンツァAB月号

無事にダンツァの2月・3月号を入手しました〜。
5日(日)、NHKホールに行ったついでにチャコットに寄りました。まだ積んでありました!よかったぁ〜。無料の冊子だし、できればお金を払って定期購読はしたくない…。

表紙&巻頭インタヴューは上野水香
話題はもちろんベジャールの「ボレロ」について。インタヴューの最後にこれから先のことを聞かれて、「ベジャールさんの他の作品やノイマイヤー作品にも挑戦していきたい」と答えていました。頼む!!頼むからノイマイヤーだけは踊らないで下さい…。東バにいる限りやっぱりいつか踊るんだろうか…?案外好かったらどうしよう…。それはそれで微妙な気持ちです…。

そのほかのインタヴューは
新国立劇場バレエ団 湯川麻美子
アメリカン・バレエ・シアター アンヘル・コレーラ
コレーラは、好きなブランドを聞かれて「ポール・スミス」と答えていました。そういえば、写真のシャツがポール・スミスだ。

日本の若手ダンサーを紹介する「未来のエトワール」は、新国立劇場バレエ団の八幡顕光さん。「カルミナ・ブラーナ」で抜擢された人ですよね。

次号・2006年4・5月号は、3月25日(土)発行。
特集は 牧阿佐美バレヱ団50周年 だそうです。
posted by uno at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ雑誌・読物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする