2006年02月17日

『マラーホフの贈り物2006』も得チケ…。

seesaaブログは今日もメンテナンスでした、、。

『マラーホフの贈り物2006』も、イープラスで得チケが出ましたね〜。
プログラム付きとペア券の2種類です。

<得チケ・プログラム付き>
2月24日(金)Aプログラム
3月8日(水)・9日(木)Bプログラム

<得チケ・ペア券>
2月28日(火)Bプログラム

2月18日(土)10:00から発売です。

NBSでは「マラーホフのサイン入り『ヴォヤージュ』生写真プレゼント」の企画とかやってるし、チケット余っちゃってるのね…。やっぱり平日は厳しいんですね〜。今までも平日公演は売れ残ってたんだろうけど、イープラスやその他のチケットサイトで得チケが出されるようになって、妙に「余ってる感」が漂ってしまっているような気がする…。
まぁ、よく考えたら日程も悪いですよね。Bプロは平日のみ。でも最近多いですよね、このパターン。一方のプログラムが平日公演のみってやつです。シュツットガルトの『オネーギン』も、今度のボリショイも、BBLも…。まぁ何か理由があるんだろうけど、不親切だよなー。フリーターで平日休みが多い私にとっては、実はあまり問題はない訳ですが…。

明日から東京バレエ団の『眠り』が始まりますね。私は明後日から参戦です。NBSのサイトで発表されている以外のキャストも気になるところです。
posted by uno at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリカ&エルマン・コルネホ姉弟ゲストの『ライモンダ』

踊る阿呆に見る阿呆さんで知ったんですが、ABTのエリカ・コルネホとボストン・バレエのカルロス・モリーナが結婚されたそうです。おめでとうございます〜♪ 
naomiさんがトラックバックをして下さったので、もう一度宣伝しておこうと思いまして。

セェリ・ユース・バレエ団
国際交流公演Reviews
エリカ・コルネホ(ABTソリスト)
エルマン・コルネホ(ABTプリンシパル)
『ライモンダ』3幕

後藤和雄(元東京バレエ団プリンシパル)
根岸愛希(元新国立劇場バレエソリスト)
『バヤデルカ』影の王国

2006年7月15日(土)17:00開演
会場:グリーンホール相模大野
全席指定5,000円/当日5,500円

是非々、無事に出演してほしいです。最近キャストの変更が多いし…。変更なんてことにならないでね〜。

【追記】後藤和雄さんはセェリ・ユース・バレエ団の7月の公演には出演されないようです。(5/2)
こちらの日記
posted by uno at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マラーホフの贈り物2006』演目変更。

やっとseesaaブログのメンテナンスが終わったようです。
今日はほぼ1日使えなかった…。

『マラーホフの贈り物2006』に演目の変更が出ていますね。(キャスト変更じゃなくてよかった…)。変更になったのは、Aプログラムのラカッラとシリル・ピエールの演目のみです。

ルシア・ラカッラ/シリル・ピエール
ジョン・ノイマイヤー振付「椿姫」
 ↓
バル・カニパローリ振付「椿姫」

ジェラール・ボボ振付「弦楽のためのアダージョ」
 ↓
ジェラルド・アルピノ振付「ライト・レイン」

カニパローリ振付の「椿姫」は、DVD「マイ・ベスト・セレクション」に収録されてました。同じパ・ド・ドゥかしら?結構素敵な作品なので、楽しみ。ノイマイヤーの「椿姫」は、「エトワール・ガラ」の時に見たし。「弦楽のためのアダージョ」は楽しみにしてたので、ちょっと残念だな〜。でも「ライト・レイン」は、確か2002年の『マラーホフの贈り物』で評判が良かったようなので、気持ちを切りかえて楽しみにしたいと思います。

posted by uno at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

それなりに有意義な休日でした。

今日はお休みでした。
な〜んにも予定がないので、家でゴソゴソお片付けです。
とりあえず、靴を捨てた。昔お気に入りで捨てられずにいた靴たちを、紙袋に2つくらい捨てました。すっきりした〜。
オークションで欲しかった商品も無事に落札したし、
パソコンで振込も済ませたし、
ネットで購入したスニーカーも届いたし(また靴増えちゃいましたけど…)、
アマゾンからDVDも届いたし(バレエもの)、
なんか、諸々すっきりしました。

というわけで、今日はあまりバレエネタはありません、、。
あ、そうそう。モーリス・ベジャール・バレエ団のセット券申込書もFAXしました。今日から受付開始です。先着順ではないけど、忘れないうちに済ませちゃった。
そういえば、NBSのサイトがリニューアルされていました。別にデザインは変えてくれなくてもいいから、もっと情報を早く詳しくまめに更新してほしいですよね。いや、デザインも重要ですけど。内容はどこか変わっていたのかなぁ?いつもあまり見ていないので、実はよく知らないんですよね…。
光藍社のサイトでは、ダンス写真展のお知らせ。
「アーノルド・グロッシェル ダンス写真展 時を駆けるダンサーたち」
詳細はこちらのページです。
posted by uno at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

BBL先行予約 と ディアギレフ・プロ先行予約

NBSからダイレクトメールが来ました。
内容は、
NBSニュース
モーリス・ベジャール・バレエ団チラシ&DM先行予約
東京バレエ団〈ディアギレフ・プロ〉追加公演チラシ&DM先行予約
マラーホフ直筆サイン入り『ヴォヤージュ』生写真プレゼントのお知らせ

モーリス・ベジャール・バレエ団のFAX受付は明日15日(水)から。『バレエ・フォー・ライフ』と『愛、それはダンス』のセット券のみの受付です。東バの『ディアギレフ・プロ』も同じ用紙で15日からの受付だそうです。

やっと来ましたね〜。それにしても、DMが到着したのは昨日13日。受付開始の2日前って、ちょっとギリギリですよね。先着順ではないし、受付期間は19日まで5日間あるから問題は無い訳だけど…。昔はもうちょっと早かった気がするんだけどな…。パリ・オペが遅れた関係で、色々ずれ込んでるんですかね、、、?

非祭典会員の私は、BBLの公演はDM先行予約を利用することになります。東バの『ディアギレフ・プロ』はアッサンブレの優先予約があるので、そちらで申し込みます。って、迷っていたはずなのに、すっかり追加公演も見に行く方向で話が進んでおります…。だって、アッサンブレが最優先とか書かれると、いい席取れるかな〜とか期待しちゃうじゃないですか、、。

さらに、マラーホフの生写真プレゼントのお知らせ。
期間中、『マラーホフの贈り物』のチケットをお買い上げの方に、
直筆サイン入り「ヴォヤージュ」生写真プレゼント!
プレゼント期間:2月15日(水)〜22日(水)
対象となる入場券:S=¥16,000 A=14,000
申し込み:電話03−3791−8888
電話で「写真つきで」と申し込んで、チケットは当日代金引換だそうです。
posted by uno at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

服部有吉&首藤康之 仙台公演が予定されています。

『服部有吉&首藤康之パートナーシップ・プロジェクト2006』仙台公演が予定されているようです。

仙台公演 【予定】
2006年8月8日(火) 一回公演
会場:仙台市民会館

オフィスクロコのこちらのページからの情報です。
→追記:仙台公演は無くなったようです…。オフィスクロコのサイトからも情報が消えていました。(3月31日)

ハンブルク・バレエからの出演者は増えそうにないですね…。去年の『アール・ハッター』の時に結構な人数で来てたので、今年も期待してたんだけど。いや、今回のメンバーが不満な訳ではないです。彼らは固定のメンバーみたいなものだし、プラス誰か来てくれると私的に盛り上がるなぁって、、。
次のハンブルク・バレエの日本公演はいつになるんでしょうね〜。NBSが主催してくれればもう少し頻繁に呼ぶんだろうけど、民音さんとの繋がりは固そうだしね…。とりあえず、夏のバレエフェスにハンブルクから誰が来るのかを早く知りたいです。
posted by uno at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ボッレ〜!!

やっと見ました。
録画しておいたトリノオリンピック開会式
いや〜、録画しといて良かったよ。きっと期待する程は踊らないんだろうな〜と思っていたロベルト・ボッレ。大活躍でしたね〜♪ 格好よかったぁ♪ って、私は惚れ惚れしましたけど、実際評判はどうだったんでしょう、、。そりゃあ、ツっこみたい所はいろいろありますけど、まぁその辺は気にしないということで…。

最初は赤・青・黒・白のタキシード風の衣装に赤い山高帽。そして白塗り。白塗りしても、ボッレの端正な顔立ちは健在。むしろ際立ってた?あのお顔立ちだからこそ耐えられる白塗りだったのかもしれません。タキシード風の衣装を脱ぐと全身白タイツに、モヒカン・・の被り物…。左胸に赤い心臓があって、そこから体中に血管のように赤と青の管(紐)が張り巡らされています。あの衣装を着こなしていたボッレに天晴れでしたね。
一旦退場したボッレは、「未来の乗り物」(実況の方はそう仰ってました、、)とやらに乗って再び登場。(ちなみに、この退場する時のボッレの表情が素敵♪)。真っ赤なバイクが土台になったようなこの「未来の乗り物」ですが、大友克洋のコミック『AKIRA』を連想させました。

変てこな格好させられてたけど、やっぱり踊りはとっても綺麗でした。希望を言うなら、ルネサンス時代のシーンで王子として踊ってほしかったな〜。

最後のパヴァロッティ、すーごく素敵だったんだけど、途中で番組終わっちゃうのはどうにかならなかったんですかね?録画してた私はともかく、寝ずに見ていた人たちとしては、あの尻切れトンボは憤懣やるかたないですよね〜。
posted by uno at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

チャコットDance Cubeを読みました。

チャコットのDance Cubeをやっと読みました。

なんと言っても、イレールのロットバルトの写真!素敵すぎますね〜♪ 特に、ニコラ・ル・リッシュとのツーショットの方が好き。なんで日本公演では踊ってくれないんだろー。オーレリとガニオの『白鳥の湖』も見たかったな。それを言うなら、オーレリ&ルグリの『白鳥』も見たいけど。
『白鳥』第3幕の6人のフィアンセの中にマチュー・ガニオの妹がいて、兄妹で踊るシーンがあったとのこと。いいですね〜。妹さんも美人なのかな?兄妹でエトワールになったら素敵ですよね。

ルジマトフとシェスタコワの『ラ・シルフィード』の写真も◎。シェスタコワが可愛いですね〜。『バレエの美神』のときも思ったんだけど、ちょっとほっそりしたかしら?次のダンスマガジンでは、シェスタコワの写真がいっぱい見られるといいな〜と思ったりしました。
posted by uno at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

第11回世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ 日程

既に話題になっていますが、第11回世界バレエフェスティバルの全幕特別プロの日程が発表されましたね〜。

■7月29日(土)『ドン・キホーテ』〈全幕〉
タマラ・ロホ/ホセ・カレーニョ
■7月31日(月)『白鳥の湖』〈全幕〉
スヴェトラーナ・ザハロワ/アンドレイ・ウヴァーロフ
■8月15日(火)『ジゼル』〈全幕〉
アリーナ・コジョカル/マニュエル・ルグリ
■8月17日(木)『ジゼル』〈全幕〉
ディアナ・ヴィシニョーワ/ウラジーミル・マラーホフ
□8月19日(土)『ジゼル』〈全幕〉【大阪】
ディアナ・ヴィシニョーワ/ウラジーミル・マラーホフ

気になるのはチケット代と、アッサンブレの優先予約があるかどうかです。
ちなみにチケット代は、前回の第10回の時はS席14,000円でした。最近の傾向からすると、値上がりしそうな気配ですよね〜。しかも、それに麻痺している自分がいる…。
一応東京バレエ団の共演だし、アッサンブレシートはあるんでしょうか?かなり数が少なそうだけど…。もし優先予約があるなら、勿論アッサンブレで申し込もうと思います。
東バファンの私としては、脇キャストも気になるところです。
・サンチョ・パンサは飯田さんがやってくれるんだろうか?
・エスパーダは高岸さんがいいな。
・武田明子さんのキューピッドを見ることができないのが悲しい…。
・『白鳥』の道化は…大嶋さん?古川さん?それとも新顔?(ってことはないか…)
・『白鳥』のスペインは是非井脇さんと木村さんで!
・ロットバルトの胸のアップリケが久しぶりに見たい、、。
・ウィリはもしかして日替わりかしら?ドゥ・ウィリも気になる。
・木村さんのヒラリオン、何度見ても飽きない。

などなど……妄想は尽きません。
posted by uno at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

東京バレエ団【アッサンブレ情報vol.3】

東京バレエ団クラブアッサンブレから、3回目のメールマガジンが届きました。

■INDEX
1.〈ディアギレフ・プロ〉追加公演決定!
2.ウラジーミル・マラーホフからのメッセージ
3.メディア情報
4.バレエ団近況

『ディアギレフ・プロ』の追加公演ですが、アッサンブレの優先予約があるそうです。近々、案内が送られてくるらしい。どうしよっかな〜。両プログラムとも両日チケット手配済み…(しかも大阪も行きます)。さらに追加する意味はあるんだろうか…。でも行っちゃいそうで怖い、自分が、、、。

マラーホフのインタヴューによると、マラーホフ演出の『眠れる森の美女』では、デジレ王子の踊るシーンが増えているらしい。まぁ、そりゃそうだろうなって感じですが、楽しみです。

メディア情報
日本経済新聞 1月26日(木)夕刊 『眠れる森の美女』についての吉岡美佳のインタヴュー
朝日新聞 夕刊 毎週金曜日(2月3日、10日、17日、24日) 上野水香の連載エッセイ
読売新聞 2月7日(火)夕刊 吉岡美佳とマラーホフのインタヴュー
マキア(集英社)4月号(2月23日発売) 上野水香の連載コラム
ダンスマガジン(新書館)4月号(2月27日発売) 表紙に上野水香のオーロラ姫

バレエ団近況によると、後藤晴雄さんがCMに出演されるそうです!撮影は2月2日。詳細は近日中にホームページ等で発表とのこと。楽しみだな〜♪
posted by uno at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アッサンブレ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする